2017/05/03/12:00 | ゲームレビュー

1-2-Switch【レビュー・評価】尖りに尖った使い所が限られた新感覚パーティゲーム


1-2-Switch/Switch

2017年3月に発売されたSwitch「1-2-Switch」を今回はレビューします。

Switch「1-2-Switch」はJoyコンを使ったミニゲームが28種類収録されたバラエティゲームです。

良いところ

目と目を合わせて楽しむ斬新なゲーム性

本作に収録されているゲームの多くはTV画面を見ながらプレイしません。相手の目と目を合わせてプレイするんです!

普段、相手と目を合わせる事なんてほとんどないから最初は照れましたが、我慢してプレイすると新たな体験があったから驚きました!

分かりやすいのが「ガンマン」。このゲームは見つめ合って早撃ちするというものなんですが、Joyコンを射程範囲内に上げた状態でボタンを押さないと失格になってしまうんです。

そのためリアルガンマンをしているかのようで、相手の目と目を合わせてプレイする照れ臭さと相まって盛り上がりました。

フェイント満載の「帰ってきたガンマン」も面白く、これだけで本作が提供したかった面白さを理解出来ると思います。

HD振動の機能を活かしている!

ニンテンドースイッチの大きな特徴となっているHD振動。それまでのゲーム機とは違って細かな振動機能が搭載されているんですが、本作ではそんなHD振動をフルに活かしたゲームが収録されています。

一番分かりやすいのが、「カウントボール」です。これはJoyコンの中に入っているボールの数を当てて行くというルールのゲームなんですが、HD振動によって本当にボールが中に入っているかのような感覚を味わえたから驚いた!

傾けたらコロコロとボールが転がるかのような振動が発生し、壁に当たったらその衝撃が手に伝わってくるんです。

ここまで繊細な振動は今までのゲーム機では体験出来なかったので、驚きました。

Joyコンの機能を活かしている!

それ以外にもJoyコンに搭載された機能を活かしたゲームが満載だったりします。

例えば「乳しぼり」。これは牛の乳をしぼっている感覚を疑似体験出来るものなんですが、再現度が半端なくて驚きました!

Joyコンを片手に持って上から下に下ろし、その間にRSとLSボタンを押していく操作感覚。そして、HD振動によるミルクが出ている感が非常に説得力があって本当に乳しぼりをしているかのようでした。

モーションIRカメラを活かした「大食いコンテスト」も印象的です。

このゲームではJoyコンのモーションIRカメラを口に近づけてパクパクと食べる動作を取って行く事でスコアを稼ぐ事が可能で、擬似的な食事をゲーム性として落とし込んでいる事に驚きました!

親切なガイドとテンポの良さ

収録されているゲームすべてに親切なガイド映像が用意されています。

いずれもゲームのルールを映像と音声で分かりやすく、スタイリッシュに伝えていて、視覚的に覚えられるのが良いと思いました。

これだったらゲームのルールを覚えるのが苦手なでも安心です。

テンポの良さも優れていると思いました。ロード時間はほぼ存在せず、ゲームをプレイ中でも+ボタンを押せば瞬時に選択画面まで行けますからね。

まるでダウンロード専売タイトルかのように動作はサクサクしています。

工夫して楽しめる

このゲームは工夫次第で色んな楽しみ方が出来ます。良くも悪くもゲーム側に厳しい縛りがないため、プレイヤー同士でアレンジして楽しむ事が出来るんです!

各ゲームをリプレイしているとゲーム側がアレンジした楽しみ方を教えてくれるので、それをヒントに色々楽しんでみましょう!

人がプレイしているところを見るのも楽しいので、YouTuberさんにとっては最高の遊び道具になると思います。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

3人以上いないと楽しめない

このゲーム、1人では全く楽しむ事が出来ません。収録されているゲームの大半は2人以上でプレイするものになっていますし、1人用のやりこみ要素は存在しませんからね。

任天堂のゲーム史を辿ってみても前例のないくらいパーティゲームに特化して作られています。

一応、1人でも両手にJoyコンを持って擬似的な対戦は出来ますが、虚しくなるだけなのでやらない方が良いです。

かと言って2人で楽しめるのかというと微妙だったりします。このゲームはギャラリーが居て初めて成立すると言っても過言ではなく、人がやっているところを含めて楽しい作品なんですね。

2人でプレイしてもこっ恥ずかしさが生まれてしまい、100%フルには楽しめません。

人を選ぶゲーム性

前述の通りプレイしていると恥ずかしさが生まれてくるので人を選びます。

特にテンションマークが沢山あるゲームは恥ずかしいポーズをしないといけないので、プレイするのを拒否する人も出てくるでしょう。

特にギャラリーが少ない状態だとそのような状況が生まれやすいです。

中身が薄い

収録されているゲームのほとんどは中身が薄いです。3人以上で楽しんでも1ゲーム10分持つかどうかというレベル。

人によってリアクションが異なるので別の人とプレイしたらまた楽しめますが、中身が薄いのは否めません。

普通に楽しむ場合、この内容で約5,000円は高過ぎると思いました。約5,000円の価値を感じるには色んな人と楽しむかプレイヤー自らが新しい楽しみ方を見つけ出さないと厳しいです。

全体のまとめ

3人以上で集まってプレイすると今までにない体験が味わえる対戦・コミュニケーションツールに化け、イノベーションを感じました。

工夫次第では同じゲームでも別の楽しみ方が見つかるので、能動的に楽しむと予想以上に楽しい作品です。

しかし、2人以下でプレイすると面白さが大きく落ちてしまい、中身も薄いので人を選び過ぎる作りなのは否めません。

リアルの人間関係に恵まれた人向けの内容なので、ニンテンドースイッチの機能を活かしているとは言え購入する際はその辺りを気を付けたほうが良いと思いました。尖りに尖った使い所が限られた新感覚パーティゲーム。

こんな人には特におススメ。
・新感覚パーティゲーム好き。
・人間関係に恵まれた人。

こんな人にはおススメできない。
・ぼっちプレイヤー。
・恥ずかしがり屋さん。

1-2-Switch/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約5時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(18)

  1. Kiyoppy より:

    恥ずかしがり屋さんではないけど、ぼっちなので厳しいです。このゲームは普段画面しか見ていない、僕には最初は目と目を合わすのに違和感がモリモリでした。5人でやると面白いですが、僕はWiiパーティーシリーズが好きかな。

  2. たけし より:

    確かに1人でするものでも長くプレイするものでもないですね。
    でも、子供達と遊ぶにはバッチリでした。

  3. トモフミ より:

    恥ずかしがり屋なぼっちなので評価する立場ではないですが、このゲーム内容で5,000円はやっぱ高すぎると思いました。しかしこのゲームを完全に否定するわけではなく、ガンマンやソード、コピーダンス、乳搾りなどところどころ光るゲームもあったので、ゴリラやスタイル歩きなどの微妙なものや被っているのを外して、本体同梱もしくは安くするか、またはjoyコンを生かしたWiiスポーツのテニス(画面を見て遊ぶゲーム)のようなゲームもせっかくのパーティミニゲーム集なのだから入れても良かったのではと思いました。WiiのローンチにWii Sportsやおどるメイドインワリオを楽しんだものからするとこのスイッチのローンチのゲーム(WiiUもですが)は値段の割に物足りないですよ(ㆀ˘・з・˘)

    • kentworld より:

      開発工数を考えると5,000円は割高ですね。
      遊びの提供という面でだいぶ高値を付けていると思いました。
      本体同梱したらSwitchの良さが広まりそうだと思うんですが、
      3DSのプリインストールアプリが思ったほどの成果を挙げられなかったのかな?
      あの時とは考えが変わってきている気がします。

  4. むぐお より:

    1人用を前提としてないにもかかわらずこのソフト結構売れたみたいですね
    俺はもうゲオ行きになりましたがマリカーまでのつなぎになりました!
    面白いんですが若干判定が曖昧で勝ち負けに納得がなーってなりますね
    なんだかんだこのソフトより、人とやるのはぷよぷよの体験版で十分盛り上がってしまいました

    • kentworld より:

      かなり尖った作品なのに一定数売れていて任天堂ブランドの強さを感じました。
      僕は一応、手元に残しています。
      今後、役に立つかもしれませんからね~。
      ぷよぷよテトリスの体験版は地味に役立ちますw

  5. アレイサ より:

    ちょうど昨日、私の祖母と1-2-Switchで遊びました。
    祖母は90代ですが、カウントボールくらいならできるかな?と思ってさせてみたのですが、とんでもなかった!(笑)
    カウントボールどころか、乳搾り、ひげそり、皿回し、金庫破り、宝箱、ソーダなど、とにかくいろんなゲームで遊べました!
    特に上手だったのが、卓球!感覚をつかむのが早く、母よりも上手でした(笑)
    (卓球を遊んでいる様子を、Twitterに挙げています!躍動的です…(笑))

    買った当初は、値段の割りに、特にやり込める要素もなくがっかりしていましたが、逆に言えば、まどろっこしい要素が一切なく、思いついたときにパッと取り出して、パッと遊べるように、シンプルさに磨きをかけていたんだなあと思うようになりました。

    先日は、2歳半の男の子といっしょに遊びました。(ソーダですが…!)

    「2歳から90歳まで遊べるゲーム」であることを思うと、このゲーム、中々に素晴らしいのではないでしょうか?!そして、それを作るためにしっかり吟味したからこその、このお値段なのでは?と思えるようになりました。 

    ま、それでもちょっとお高いのですが、私はこのゲームを通して豊かな体験ができたので、満足です!

    • kentworld より:

      90代の方と遊べるとは凄いですね!
      確かにゲームによっては遊べそうな気がします。
      マリオカート8 デラックスのオートハンドル、アクセルといい、
      こういう機能は誰でも遊ぶためには必要ですよね。改めてそう感じました。

      このゲームは体験費がかなり含まれているんだなと思います。
      従来の作品みたいに開発工数やボリュームで価値を決めるのを見直すべきなのかと思ってしまいました。

  6. nicond より:

    一つ一つのゲームのアイディアと、joyコンの機能が生かされていて面白いと思いました。
    特に「カウントボール」は、本当にボールが入ってる感じがする不思議な感覚が気に入りました!

    ギャラリーありきなので、3人でも最低限ですよね。ただswitchはどこでも持ち運べるので、まだ救いはあると思います。

    全体的にパーティゲームとして特化しすぎていて、5000円は厳しいですね。プリインストールにできなかったのかと思ってしまう。せめて無料版があれば…

    • kentworld より:

      Joyコンでこんなにも新しい事が出来るのか!?と、ファーストインパクトが大きい作品ですよね。
      カウントボールは変なポーズをしないで楽しめるので場所を選ばないのが有り難いですw

      ここまで割り切った作りなのは、Switchのハードコンセプトがあったからこそでしょうね。
      5,000円の元を取るのは大変ですが、今後も細く長く活用していきます!

  7. MaruMine より:

    「ニンテンドースイッチ」を堪能したい人はこれを買うべきじゃないかと思いますね
    ジョイコンの機能の使用例見たいなもので開発者としても持っておくべきだと思います
    よくこれで5千円は高いと言われてますがパーティグッズをそろえる事を考えると凄く安いと思います
    通販でいろいろゲーム系のグッズをいろいろ揃えると5000円じゃすまないですし場所も取りますし遊んだ後のかたずけも面倒、だけどこれにはそんな煩わしい事は一切ない
    良い一品だと思います

    • kentworld より:

      今のところ、本体の機能を活かしたパッケージタイトルってそんなに出ていませんからね。
      開発者はこのゲームに触れることでインスピレーションが生まれると思います。
      爆乳プロデューサーもこのゲームの影響は受けていそうです。

  8. くっぞこ より:

    こんにちは。
    スイッチのデモンストレーション的なソフトという事で、
    気になっていたんですけど、1人用のモードがないらしいので手に入れてません。
    やり込み要素だとか小難しい仕様などは、
    テレビゲームをあまり遊ばない人にとっては、ただややこしいだけだと思うので、
    そういう方々にはシンプルなのは良いとは思うんですけどね~

    • kentworld より:

      完全にパーティツールとして割り切って作られていて、
      従来のゲームユーザーとは全く異なる方面に売り出そうとしているように感じました。
      この感覚はWii Sportが出た頃を彷彿します。

  9. 771 より:

    女の子にモデルウォークをしてもらえたので
    5000円の元は十分取れたように感じました。

    ゲームをあまりやらない人にも
    勧めやすいっていうのは
    かなり嬉しいところですね~!
    1ゲームが短いので
    色々な人に回しながら
    できるのでありがたいなと感じました。
    メーカーとしては
    おそらく一部の層にのみ特化して
    作っているのかなと思いました。

    • kentworld より:

      えぇ!?それは羨ましい!
      5,000円の元は十分に取れたと思いますw

      僕も今後、色んな人とこのゲームを楽しんで元を取りたいですね~。
      仰る通りかなり割り切って作られていると思います。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

面白いけど思っていたのとは違った。スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団 レビュー
携帯機ではまだ早過ぎた…リトルビッグプラネット ポータブル レビュー
ペーパーマリオ スーパーシール【レビュー・評価】見かけによらず尖ったゲーム
ぐるっとスプラッシュ!【レビュー・評価】ありそうであまり無かった回転謎解きゲーム!
Until Dawn: Rush of Blood【レビュー・評価】PS Move2本がほぼ必須だが、期待通りのクオリティで満足度は本編以上!
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH【レビュー・評価】水で服を濡らすつもりがシリーズ伝統の爽快感も落としてしまったキャラゲー
タイムトラベラーズ【レビュー・評価】ノベルゲーからムービーゲーに変貌!
フランス製スーパードンキーコング!レイマン オリジン レビュー
風のクロノア2 〜世界が望んだ忘れもの〜【レビュー・評価】よりダイナミックな2.5Dアクションに!
マーダード 魂の呼ぶ声【レビュー・評価】化ける可能性はあったコスパが低い意欲的なアドベンチャーゲーム