2017/07/12/12:00 | ゲームの話

10周年の人気ゲームシリーズを大特集!みんな当ブログと同級生!

今年で当ブログ「M☆G☆M+etc…」も10周年!そこで、当ブログと同級生の人気シリーズを今回の記事では特集します。

シリーズ化して10周年!

アサシンクリード

海外で人気が高いオープンワールド型のステルスアクションゲーム。

国内では2007年11月にXbox360ソフトとして第1作目が発売になりました(2ヵ月後にはPS3版が発売)。

1作目はグラフィックこそ素晴らしかったもののゲーム内容は洗練されておらず、イマイチな印象でしたが、そこからシリーズを重ねるごとに肥大化。今ではすべてを把握するのが困難なほど複雑な内容になりました。

セールスは1作目から好調。今ではUBIソフトの看板タイトルになり、年末の風物詩となっています。

アンチャーテッド

海外で人気が高いアクションアドベンチャーゲーム。国内では2007年12月に1作目が発売になりました。

当初はB級映画の側面が強く、知る人ぞ知る作品でしたが、2作目で大幅進化。2009年のGOTYを獲得するほど各地で注目を集めました。

その後はSIEの看板タイトルとして成長。海外はもちろん、国内でも一定数のファンを取り込むことに成功しました。

コラボレーション無双

大量の敵をなぎ倒して行く一騎当千アクションゲーム、「真・三國無双」。

本シリーズをベースに人気キャラクターを乗せたコラボレーション無双が始まったのも今から10年前になります。

シリーズ1作目はPS3「ガンダム無双」でした。当時はPS3の目玉タイトルが不足していたので、かなり重宝されていましたね。

その後は「ガンダム無双」だけに飽き足らず、北斗の拳、ワンピース、ゼルダの伝説、ドラゴンクエスト、アルスラーン戦記、ベルセルク、ファイアーエムブレムと数多くのアニメ、ゲームとコラボしていくのでした。

中には単発では終わらずシリーズ化しているものもあって、一騎当千アクションだけでこれだけ多彩なシリーズ展開が出来るのはコーエーのお家芸だと思います。

世界樹の迷宮

大自然のダンジョンが舞台の3DダンジョンRPG

ウィザードリィ」タイプのゲームですが、可愛いSDキャラクターやニンテンドーDSのタッチスクリーンを活かしたマッピング、美しいBGM、ゲームブック風のテキストが注目を集め、口コミで人気が拡大しました。

今ではアトラスの人気シリーズとなり、定期的に新作が発売されています。

レイトン教授

レベルファイブが贈る謎解きアドベンチャー。

シリーズ1作目は2007年2月に発売されました。それから間髪をいれず、9ヵ月後には2作目が発売。

当初は「脳トレ」にストーリー要素を加えたような内容でしたが、シリーズを重ねるごとに世界観やストーリーが作り込まれ、固定ファンの取り込みに成功しました。

海外でも人気が高く、レベルファイブをパブリッシャーとして大きく成長させたシリーズの1つです。

バイオショック

海外で人気が高い一人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。

シリーズ1作目は2008年2月にXbox360ソフトとして発売されました(それから10ヵ月後にはPS3版が発売)。

初期2作はホラー色や探索要素が強い内容でしたが、3作目の「インフィニット」はリニア式のストーリー重視に大きく生まれ変わりました。

いずれの作品も世界的に高評価で、次回作の登場が待たれるところです。

ルミナスアーク

イメージエポックが贈るシミュレーションRPG。

今はなきイメージエポックの1作目で、人気声優の起用やキャラクターデザインを中心に話題となりました。

本作を皮切りに人気タイトルを続々と手掛けたイメージエポックは3年後、パブリッシャーとして華々しくデビューしますが、僅か4年で倒産。ポストレベルファイブにはなれませんでした。

オプーナ

コーエーが贈るRPG。2007年11月に発売されました。なんと「スーパーマリオギャラクシー」と同日w

セールス的には散々なものでしたが、発売前のビッグマウスっぷりや斜め上のキャラクターデザインなどでネット上を中心に話題となり、知名度だけは高い作品です。

最近はコーエーもネタゲーとして認め、PS4/PSV「無双☆スターズ」ではネタ枠として参戦し、「オプーナを最初から使える権利」を初回特典として付けていました。

スポンサーリンク

ブレイクしてから10周年!

モンスターハンター

人気ハンティングアクションゲーム。2004年に生まれましたが、本作の人気を決定付けたのはPSP「モンスターハンターポータブル 2nd」(2007)やPSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」(2008)からでした。

この頃になると発売週から爆発的な売上を記録し、PSPを持ち寄ってのマルチプレイが定着したものです。

その結果、据え置き機よりも携帯機メインの展開となり、アイルーをマスコットキャラクター化するなど、より一般層向けにシフトしました。

コールオブデューティ

全世界で人気が高いFPS。2003年に生まれましたが、出世作はPS3/Xbox360「コールオブデューティ4 モダン・ウォーフェア」(2007)になります。

本作はPS3/Xbox360のマシンパワーを活かした大迫力の爆撃シーンが話題となり、FPSの新たな基礎を作り上げました。

その結果、「コールオブデューティ」シリーズだけではなく他社製のFPSも本作を意識したような形式となり、飽和状態に。

あれから10年が経ち、PS4/XboxOne「DOOM」(2016)やPS4/XboxOne「タイタンフォール2」(2016)など、ようやくPS3/Xbox360「コールオブデューティ4 モダン・ウォーフェア」のお決まり事をぶち破るような作品が現れてきました。

逆転裁判

カプコンが贈る人気アドベンチャーゲーム。1作目は2001年に発売されましたが、大ブレイクしたのはDS「逆転裁判4」(2007)になります。

それまでも口コミで良さが広まり、廉価版がジワ売れしていましたが、発売週から大きく売れるようになったのは本作からです。

しかし、皮肉にもユーザー評価はシリーズ最低と言って良いほど低く、その後はシリーズを立て直すため何年もナンバリングタイトルは発売されませんでした。

番外編

初音ミク

初音ミクの誕生も今から10年前の2007年になります。

元々は音声合成技術、ボーカロイドのキャラクターの1人だったんですが、そのルックスや歌声がニコニコ動画を中心に人気が爆発。様々なメディアミックス展開によって人気が浸透しました。

初ゲーム化は2年後のPSP「初音ミク -Project DIVA-」になります。当初は発売が遅く感じられましたが、実際にはそんな事はなく、セガの人気シリーズとして定着しました。

全体のまとめ

こうして見ると、今でも馴染みのあるシリーズが沢山ありますね。この10年の間に様々なシリーズが生まれたんだなぁと思います。

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-07-27)
売り上げランキング: 143

 

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(26)

  1. 街毛 より:

    ここらへんもう10年なんですね。そのなかにPS3が入ってくるわけか。やっぱり時間って過ぎるの早いですね…

    洋ゲーが市民権を得るようになったのがこのくらいですか。CODとアサクリは日本でも段々定着してますよね。

    個人的にはレイトンと逆転裁判4が思い出深いな。DSの脳トレブームに無事に乗っかった二作で、五年後にコラボするなんて予想してなかった。逆転裁判は息を吹き返すまで相当かかったけど。

    この中でブームや映像美がきっかけではなくヒットした世界樹の立ち位置は独特に見える。

    • kentworld より:

      大人になると時間の経過が早いですねぇ。
      僕も10年経っていることに驚いていますよ。
      レイトン教授はあそこまで出世するとは思わなかった。
      1作目を初めてみた時、僅か5年で逆転裁判とコラボするとは想像も出来ませんでしたね。
      世界樹は地味な印象だった3DダンジョンRPGのイメージを覆したと思います。
      今も多数の3DダンジョンRPGが生まれているのは世界樹のおかげでしょうね。

  2. kou より:

    アンチャ、世界樹、初音ミク。この辺りのメンツが同級生なんて不思議な気分です。

    いつか、俺らの世代のSFCなんかのように、彼らのタイトルを初ゲームとして親しんだ層と話がしてみたいです。

    • kentworld より:

      このブログの読者にもそのくらいの世代の方はいますね。
      もう少しブログを続けたらもっと増えるかもしれません。

  3. つぐみ より:

    色々10年前のゲームもあるんですな、アニメだと天元突破グレンラガンが10周年だったかと思います。時の経過は早いですね。
    おまえが信じる、おまえを信じろ!から10年か・・・早いもんだ

    逆転裁判は1くらいの小気味よさが良くて2も3もダラダラ長かった思い出。
    世界樹も3あたりから、余計な要素が増えてしまった気がします。

    あと光栄さんのなんでも無双病の開始時期だったんですな、無双に面白さを感じない自分もコラボならできるかな?と買ってみて

    やっぱ無双系は無理だわ・・・

    となってましたw

    • kentworld より:

      本当にそうですね。10年前ってまだ記憶に新しいので。
      逆転裁判は同感です。最近はますます、長くなっているようですよw

      コーエーはコラボ無双以前も派生作品を連発していた印象です。
      一体、年に何本出しているのか。

  4. C-rex より:

    こうしてみると、名作ばっかりだなあ。今のゲームも良いですが、この時代も良いですね。

    逆転裁判4をプレイしましたが、思ったほど悪くなかったです。ただ、4はキャラの扱いが悪かったこと、カプコンの保守的な体質が新体制を築けなかったことが問題でしたね。これはうちのブログでも書きました。
    黒歴史というレッテルを貼られている4ですが、僕はこれは間違いだと思います。新要素やぶっ飛んだ世界観のように、良い要素もいくつかあります。なので、黒歴史という、クソゲーかのようなレッテルを貼ってしまうのは過少評価だと思いますし、本当の黒歴史になるべきは実写版です。

    • kentworld より:

      逆転裁判4のレビューはC-rexさんのブログで拝見しました。
      このシリーズはキャラゲーの側面が強いので、
      そこを疎かにするとファンから大バッシングを食らうんですね。
      ネット上ではゲームとして面白くてもストーリーやキャラクターがファンの期待に応えられないと必要以上に叩かれる傾向があります。

      • C-rex より:

        おっしゃる通り、逆転裁判はキャラゲー要素がかなり強いですね。体感としては、魅力の4割はキャラです。

        逆転裁判4の場合、何が問題かというと、「中途半端に過去の栄光をひきずったこと」「強引なファンサービス」なんですよね。ここら辺は記事で書いたので、参照していただければ幸いです。

  5. 伯爵 より:

    〜この記事を読んでる時の私〜

    (゜ロ゜)ミクが無い…?

    (´;ㅿ;`)ミクさんが全然出てこない…

    ( `皿´)ミクが無いぞオラアアアア

    (*´︶`*)ホッ

  6. ジョエリー より:

    アンチャーテッドやバイオショックってもう10年前なんですね。自分はどちらも最近プレイしたゲームなので、全くそんな感覚はありませんでした。今の時代にプレイしても大きな違和感が無いのが凄いですね。
    逆転裁判に至っては4から10年経つとは・・。外伝もあるとは言え10年で5、6しかナンバリングが発売されてないんですね。それ程までに評判が悪かったという事ですか。個人的にはそこまで悪い作品には感じませんでしたね。まぁ1〜3に比べればかなり劣ると思いますが。それよりも自分は5の方が合わなかったです。ただ6でかなり持ち直した感はあります。

    • C-rex より:

      5は欲張ったせいでうまく軌道修正できなかった感じがしますね。あと、完全新規ファン向けに作ったから、なんとなく違和感がありますよね。評価できる点もありますが。

    • kentworld より:

      それだけ、アンチャーテッドやバイオショックは時代の先端を渡っていたということなんでしょうね。
      リマスターでグラフィックが向上すれば今でも通用するって凄い。
      逆転裁判は4以降、やたらとスピンオフタイトルが発売になっていましたね。
      時間稼ぎの時期はかなり長い印象でした。

  7. シロマ より:

    アンチャーテッドシリーズに触れたのは去年からなんだけど10年の歴史がある作品なんですね。
    他に紹介されている作品も有名どころばかりだし特にコールオブデューティと逆転裁判は今年中には触れてみたいです。

    • kentworld より:

      え?もう10年なんだ!?って感じですよね。
      アンチャーテッドの1作目はリマスター版だったら今でも映像美は色褪せていないと思います。

  8. nicond より:

    アサクリオリジンズは10周年記念作になるんですね!だから大幅な変更を試みたのか。

    「コラボ無双は見た目以外全部同じ」なんて言われてますが、結構気になってしまうんですよね〜
    個人的に、ガンダムゲームに求めているのが無双系の爽快感なので、ガンダム無双新作の発表が待ち遠しいです。

    モンハン2ndGは周りでも流行ってました。PSPを持っていなかったので、完全に置いていかれてしまいました^_^;PSPを代表するゲームとしてTVでも取り上げられていましたね。

    • kentworld より:

      アサシンクリードは10周年記念作になるので、それもあって気合を入れているんでしょうね!
      10周年に相応しい内容であってほしいなぁ。

      コラボ無双はワンピース海賊無双までは題材にあったアクセントを盛り込んでいたんですけどね。
      ワンピース海賊無双が叩かれてからは保守的になっている印象です。
      ガンダム無双はあまりプレイしたことないですが、あの爽快感は題材とはマッチしていますね。

      モンハンは一緒にプレイする人がいたら結束力が深まるけど、
      そうでなかったら蚊帳の外なのが辛い。気持ちはよく分かりますよ(^_^;)

  9. トモフミ より:

    おお、あのソフトもこのソフトも10年なんですね~。今回のラインナップを眺めると小6時代にファミ通を眺めていた自分を思い出します(^_^)
    project divaは当時、憧れてたなぁ。PSPがほしくなったソフトの一つです。
    モンハンもそうでした!でもプレイしてみてあれほど、私に合わないソフトだったとは当時は知る由もないですが…(;’∀’)
    逆転裁判は黒歴史の始まりですね。私は当時、やってみて難しくて挫折しました。3DSの頃には挽回しましたけどね(笑)
    何気にコラボ無双も10年前だったとは!?これは意外でした!

    • kentworld より:

      そっか・・・10年前になるとトモフミさんは小学生になるのか。
      小学生でファミ通ってどんな印象だったのか気になります。
      時期的にPSPのゲームに憧れるのは分かりますよw
      逆転裁判は小学生には少し難しいかな?
      コラボ無双は10年の歴史があるんですね。
      あまりにも作品数が多くてもっと前の印象もありますがw

      • トモフミ より:

        あの当時はこんなケントさんなどのような丁寧なゲームブログはなかったし私自身もインターネットをフルに活用していなかったのでファミ通を毎週買って熟読してましたよ!ファミ通アドバンスから週間ファミ通に入りました。今と比べたらあまりスマホゲームが台頭していなくコンシューマーが踏ん張っていたのでその点ではとても読み応えのあるゲーム雑誌でした。でもあの頃からゲームクリエイターとユーザーの求めているゲームが乖離しているのではないかなとふと思ったことがあります。今はインディーズゲームが台頭したおかげで各ゲームメーカーが結構、ユーザーフレンドリーなゲーム作る姿勢もしくは多様性があがったので今のゲーム情勢は改善されてきていると思います。

        • kentworld より:

          むしろ、10年前はもっとゲームブログが盛んだったんですよ~。
          丁寧なのかは置いといてw
          10年前はDSブームで、混沌としていましたねぇ。
          コアなゲームとカジュアルなゲームの両極端というか。
          インディーズゲームは業界に良い風穴を開けてくれましたね!
          もっと日本でも浸透して欲しいと思います。

  10. Kiyoppy より:

    この時期のPS3はゲーム熱と洋ゲー熱が高まっていた時期でしたね。今は少々抑え気味になってきていますが、やはり10年も経つとマンネリする部分もあるので冷静になっていると思います。
    次の10年は革新的なゲームが出てくる事を期待しています。

    • kentworld より:

      特にコールオブデューティなどのFPSはこの10年、マンネリ化が深刻でした。
      でも、最近になって少しずつ変わってきているので、
      今年のFPSラッシュには期待したいですねー

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

やめられない!とまらない!ファークライ4・セカンドインプレッション
ホリデーシーズンの購入予定タイトルをドーンと発表!2016年下半期の期待ゲーム
レイトン ミステリージャーニーは3DS版かスマホ版、どちらが買いなのか?
とんでもステージが満載!読者が投稿したスーパーマリオメーカーのステージをレビュー!
PS4版を買って良かった!シェア機能最高!トライアルズフュージョン・セカンドインプレッション
クソゲーではなく凡作。ソニックトゥーン 太古の秘宝・セカンドインプレッション
5人で集まってWii UとWiiの対戦ゲームをプレイしてみた!
やはりこれは微妙だ…プレイステーション オールスター・バトルロイヤル・セカンドインプレッション
これは買うわ!PS4/PS3の隠れた良作をやらせてもらいました♪
安定しているが、僕は前作ユニティの方が好き!アサシンクリード シンジケート・セカンドインプレッション