2017/07/10/7:00 | ゲームレビュー

黄金の太陽~失われし時代~【レビュー・評価】GBA初期とは思えない圧倒的ボリュームで贈るドラクエ型ゼルダ!


黄金の太陽 失われし時代/GBA

2002年6月に発売されたGBA「黄金の太陽~失われし時代~」を今回はレビューします。

GBA「黄金の太陽~失われし時代~」はファンタジーRPG、GBA「黄金の太陽~開かれし封印~」の続きを描いた作品です。

開発は「マリオゴルフ64」や「マリオテニス64」等でお馴染みのキャメロットが担当。

良いところ

前作を大きく上回るボリューム

ボリュームはGBA初期のタイトルとは思えないくらい凄かったです!

本作は「黄金の太陽~開かれし封印~」の続きを描いた作品で、簡単にいってしまえば黄金の太陽2部作の後編にあたります。

基本は前作と同じく謎解き要素が強い王道のRPGですが、エナジー、ジン、フィールド、モンスター、アイテムなどあらゆる物が前作から大きく増えており、ボリュームの方は前作の倍近くになっていました。

そのため遊び応えは半端無く、初回プレイにかかる時間は60時間を優に超えると思います。

前作から僅か10ヵ月でこれほど大きな規模のゲームを発売するとは恐れ入りました。ちなみに128Mbのロムカセットを採用していたんだとか。

前作の良い点はそのまま引き継ぎ

前作の良い点はそのまま引き継いでいました。

戦闘時だけでは無く、フィールドマップでも”謎解き”として使える「エナジー」。

セットするとクラスが変わりステータスや使えるエナジーが変わる「ジン」などは健在なので、前作をプレイ済みの方は安心して楽しめると思います。

逆にいえば前作から変化が無いともいえますが、まあ今作は黄金の太陽2部作の後編(ディスク2のような物)に当たる事だしその辺は仕方が無いかも。

前作をさらに上回るグラフィック

グラフィックは前作をさらに上回るクオリティでした。

特に戦闘時に使える召喚技はハード性能の限界を越えた!といっても過いでは無い程”派手派手”で、初めて見た時の衝撃を未だに覚えています(何とGBAでは珍しいポリゴンを使っているらしい)。

圧倒的なボリュームといい、この作品は大作RPGという言葉がふさわしい内容になっていると思います。

前作の敵側を描いたストーリー

今作の主人公は前作の敵役となっているため、全く逆の視点からストーリーが語られます。

そのため前作プレイヤーにとっては2倍楽しめる内容になっていました。

プレイしている時は前作の主人公と合流したらストーリーがどうなるのか常に気になってプレイしていましたね(物語の視点が切り替わっているため、前作の主人公は喋ります!)。

これは2部作だからこそ実現出来た事なので、結果的に分けて発売したのは良かったと思います。

BGMに名曲が多い!

前作同様テイルズオブシリーズでお馴染みの桜庭統さんが作曲をしているだけあって、どの曲も良い感じです。

今作から加わった曲の中では個人的にポピーチ村の音楽が好き!

ちょっと暗めの曲なんですが、秋の夜長にはピッタリなアジアンテイストな曲でよくこの曲を聴きながらお月見をしていた物です。

アジアンテイストと言えば、今作は全体的にアジア系の集落が目立っていました。ファンタジーと言えば中世のイメージが強いだけに新鮮です。

前作との連動

前作のクリアデータがあればレベルや持っているジン等を引き継ぐことが出来ます。

また、データを引き継ぐことで専用のイベントが発生したり隠しダンジョンに行く事も可能になるので、前作プレイヤーとしては2倍楽しむ事が出来ました。

通信ケーブルでデータ転送を出来ない場合、めちゃくちゃ長いパスワードを入力しないといけなかったのは面倒でしたが。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ダンジョンが長い

本作には何十個ものダンジョンが存在しますが、その中にはクリアに2時間以上かかってしまうほど長いダンジョンがいくつかありました。

具体的な名前を出させて頂くと、エアーズロック、ガイアロック、アクアロック、マグマロック辺り。

黄金の太陽」シリーズのダンジョンはパズル要素・謎解き要素が強いので、あんまり長いダンジョンだと途中でダレて来ますね。

前作のダンジョンは丁度良い歯ごたえだったけど、今作はちょっとやり過ぎのような気がする。

会話のテンポ

前作でイマイチに感じた会話のテンポは相変わらずでした。

どこか回りくどいキャラクターの掛け合いといい、「黄金の太陽」シリーズは面白いストーリーをセンスの悪いイベントシーンで台無しにしている気がする。

後半のバランスがやや大味

ボリュームが大きいRPGにありがちですが、後半のバランスはやや大味に感じました。

特にはぐれメタルのように経験値を多めにくれる敵は比較的簡単に倒せてしまうので、バランスが崩れていると思います。もう少し経験値を稼ぐ有り難みが欲しかった。

全体のまとめ

全体的に前作から肥大化した内容になっており、ゲーム後半は戦闘バランスが少し大味に感じてややダレて来る部分はあったものの今作も良作といって良い内容でした。

黄金の太陽2部作の後編にあたる作品のため今作からのプレイはおススメできませんが、前作楽しめたのであればぜひこちらもプレイしてみましょう!GBA初期とは思えない圧倒的ボリュームで贈るドラクエ型ゼルダ!

こんな人には特におススメ。
・SFC時代の古き良きRPGをやりたい人。
・ゼルダの伝説シリーズが好きな人。
・大ボリュームなRPGをやりたい人。

こんな人にはおススメできない。
・ドラクエのシンプルなダンジョンが好きな人。

黄金の太陽 ~失われし時代~/お気に入り度 ★★★★★★★★☆☆星8個
プレイした時間・・・約70時間

 

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(12)

  1. riko より:

    パスワードはよく間違って面倒くさくなってシルバーで諦めた記憶があります。
    ストーリーは失われし時代、キャラは開かれし封印の方が好きでした。
    今10時間ほど漆黒なる夜明けの方やっていますがシステムはしっかりしていて安心しました。
    ストーリーは前作やった人じゃないとおいてきぼりはされないがモチベーション上がりにくいような気がするけど。自分が上がりすぎなのでしょうか。

  2. kentworld より:

    >rikoさん
    僕はパスワードゴールドで頑張ったけど、
    めっちゃ大変でしたねー><
    今では考えられないほど大変でした。
    漆黒なる夜明け、もうそんなに進めたんですか!
    僕は忙しくてまだ2時間程度しかやっていません・・・
    記事にも書きましたが黄金の太陽のストーリーは
    センスの悪い会話イベントのせいで
    ちょっとイマイチに感じてしまう所がありますね・・・。

  3. トモフミ より:

    DSの黄金の太陽もストーリーがつながっていますか?それともGBAはこの2部作で一応、終わっているのですか?ちょっとそれが気になってます。ストーリーが一区切りついてないとこういうRPG系をプレイする場合だと困りますのでお願いします。(VCではGBAの2作しかないので話が一区切りついているならいつかトライしてみたいです)

    • kentworld より:

      繋がってはいますが、親子世代が変わっています。
      一応、ロビンとガルシアのストーリーはGBA版の2作で完結しますよー。

      • トモフミ より:

        二部作ということもあって、GBAシリーズだけでも完結しているのですね。今だったらVCで2作合わせて、1,400円ぐらいなのでGBAのFE三部作が終わったら手を出してみようかと思います。

        • kentworld より:

          はい!躊躇せず購入したら良いと思います。
          1,400円程度でこんな大作RPGを楽しめるって良い時代になったなぁ。

  4. Koo より:

    はいはい!お世話様ですこんにちは、Kooです。 m(_ _)m
    『ゼルダBotW』『シレン』に引き続き、『黄金の太陽』記事まで上げていただきありがとうございます!(?)

    身も蓋もないですが今作って、不満点言い出すと結構あるんですよね。
    ・ストーリー
    王道だけど凡。台詞演出は酷い。世界観の謎や未回収伏線が多い。DS続編で回収するかと思えば結局謎のまま。

    ・ダンジョンの冗長さ
    その長さまるでBotWより前のゼルダ。
    巨大ダンジョン入ったときの「うわーまたデッカいひっろいダンジョンだ・・。ストーリー先が気になるのに。ここクリアしないとだめなのかよ。ダレるわ!青沼さんいい加減マンネリだよ改善してー!」これと同じことをGBA作品で感じるというえげつなさ。いや黄金の太陽に青沼さんは関係ないですが(笑)
    というか、これ逆に凄いことのかなとも思いました。たかがGBAの、割りと硬派王道RPGの、たかが1つ1つのダンジョンに入るたび毎回そういうゼルダに感じてた感情にさせられてたって、逆に凄くないですか!?(笑)あの任天堂の大作シリーズゼルダですよ

    ・職種のバリエーションが折角豊富で面白いのにジン統一職種じゃないとクソ弱いから意味がない!
    コレが一番残念でした。ただ各職種の固有エナジーの威力強くするだけで解決する問題だっただけに。通信対戦という折角RPGにしては面白いモードあっただけに。面白味が半減で残念でした;

    3DSで是非この辺りの要素改善させた2部作リメイク出してほしいんですがねー・・

    • Koo より:

      然し、Kentさんのアンケートにて記入させていただきました通り私が今作(正確に言うと今2部作でしょうか)を最高級のRPGだと推す最大の理由、それは
      「グラとBGM」ではありません。じつは。
      「テンポが良い上でのグラとBGM」なんですよね。

      SE・BGMが良い。桜庭氏の神曲揃い。今でも通勤時は戦闘BGM集を聴いてます。というか個人的には桜庭サウンドの全盛期が正に今作です。
      グラフィックが良い。言うまでもないですね。今でも定期的に召還獣エフェクトシーン集観てます。
      そしてもう1つの大事な魅力はバトルテンポだと思うんです。
      「バトルテンポがいいのにグラも曲も神だから凄い」または「グラも曲も神なのにバトルテンポもいいから凄い」って理由で今作を推してます。

      最近のRPGに精通していないためニワカ褒めになってるかもしれませんが、他のRPGやってから今作やるとビックリするのがバトルテンポのスピードです。ザコ敵戦だと10秒余裕で切りますもん。
      ランダムエンカウントのRPGには、その煩雑さの対策として敵に出会わなくできる魔法や、逃げるといった選択肢が用意されてますが、RPGって戦闘を楽しませるゲームのハズじゃないのかと思うんです。そこ放棄したら本末転倒では?と。
      で今作はテンポ速いおかげでバトルが苦にならないと。
      でも、それだけじゃ苦にならないだけであってバトルが楽しみ!にはならない。楽しみにさせるのが、迫力の戦闘グラフィックと、BGMでしょう。それが今作には両方備わっています!これがデカい。(不満点の戦闘バランスの大味さと職種の豊富さを活かす調整がなされていれば、ホントに凄いものになっていたのではと。実に惜しい!)

      本来RPGの目指すべき理想ってそこじゃないのかとも思っていて。もちろんストーリーも大事、イベントカットシーンで高精細なムービー流れるのも魅力の1つでしょう。
      ですが、まずはゲームとして大切なバトルありき、バトルのテンポ・BGM・迫力3拍子揃ってこそ、RPGじゃないのかなと。

      それで、こんなRPGってなかなかないのでは?あったらKentさんのオススメRPGをぜひお聞きしたい!ってことで今回コメント致しました。
      今時それが普通でたくさんあったらホントごめんなさい、個人的にRPGってあまりこの辺両立できてないイメージだったので。
      たとえばドラクエだったら戦闘グラが、ファイファンだったら戦闘テンポが、イマイチってイメージなのです。
      最近のRPGだとそんなことない両立できてる!って感じでしたらご指摘ください。無知晒しで恥ずかしいですが。
        
        
      しかし今回、シレンゼルダ黄金の太陽と、レビュー記事にコメントしてきて改めて思うのが
      3作品とも、どこかで遠からず近からず繋がっていると思わされるゲーム性なことで。示し合わせたわけじゃなく結果的に好きなゲームがこの3つなので、不思議な感じです。

      別にこの3つが最高の神ゲーだとか言うのではなく・・なんというかとにかく触っていて気もちいいんです。

      例えばシレン2の戦闘テンポはかなり良いほうだと思うのですが、もしかしたらそれよりテンポよくてUIも優れたローグライクが世に存在するかもしれない。
      ですが、あのシレンが「ツシッ!」と殴る音、武器の空振る音、おにぎり頬張る音、巻物読む音投げる音放つ音振る音転がす音、
      64ならではの擬似的な3Dグラのあのキャラや敵モンスのデザインや色合いのあたたかみ、レベルアップしたときの爽快感を加速させるあの掛け声・・・etc 
      といった楽しみの上では、シレン2には敵わないのではないか。というのが、超~わたくし”個人的な”ゲーム観です。

      GBA黄金の太陽も、他にもっと戦闘テンポが速くバランスも整ったRPGはいくらでもあるでしょう、ですが魅力的なエナジー・特殊武器のグラフィック、サウンドエフェクト、行動をテンポよく小気味よく選択・決定するときのあの効果音、召還獣の異次元のカッコ良さ・・・etc
      といった要素を備えた上では敵うものなし、と。

      考えれば考えるほど面白いゲームって、本来テンポとグラと”音”が有機的に絡み合って触って気持ち良くなるものだと行き着きます。ゼルダ・マリオ・カービィ然りです。
      このゲームは、BGMがイイ!なんて簡単に言うけれど、本来はバックミュージックなんてゲームには不要であって。SE(サウンドエフェクト)重要なんだと。
      うしろでクラシック演奏の壮大な楽曲が流れてれば良いゲームか?批判を恐れずに言えば、”否”です。操作してるときに一体感を感じれる、気持ちいいと感じれる効果音がピュインッ♪と一瞬だけ鳴る、だけど、それこそがゲームプレイングってもんじゃないでしょうか。

      (ちなみに私はポケットモンスターシリーズですと赤緑・金銀の至上主義者なのですが、上記のようなBGM・SE要素がかなり当てはまるからなんです)

      • kentworld より:

        BGMは本当に良いですよね!

        桜庭さんが手がけたゲームミュージックは色々聴きましたが、
        僕も挙げるとなったら黄金の太陽。それも失われし時代ですね!
        全体的にアジアンテイストのBGMがお気に入りです♪

        戦闘はたしかにテンポが良かったですね。
        1ターンで終わるような緩いバランスなのもあるとは思いますが、サクサクと進んでいた感じがします。

        ランダムエンカウントって調整が大変ですよねぇ。
        僕はエンカウント率が高いゲームは出来る限り下げるアイテムを使います!
        黄金の太陽ではどうだったかな?あまり苦じゃなかった気はします。
        BGMや演出に迫力があって、テンポが良いのは大きな要因でありましたね。

        バトルのテンポ・BGM・迫力

        この辺を抑えたRPGですか?
        うーん、そうだなぁ・・・
        GC「バテン・カイトス2」はどうでしょうか?
        前作と比べて戦闘のテンポが良くなっているし、BGMも桜庭さんで迫力もある!

        シレンゼルダ黄金の太陽。みんな好きな作品ですよ!
        いやぁ、kooさんとは共鳴していますねぇ!

        これらシリーズの共通点はそうですね。手触り感は大きいと思います。
        いずれも任天堂系列のタイトルだからでしょうか。
        どれも任天堂チェック(マリオクラブ)は受けていると思うので、そこで共通しているのかもしれません。

        あとは2000年前後一つの頂点に達したというのも大きいでしょうねぇ。
        いやぁ、懐かしい。あの頃は個人的な第一次ゲームブームでしたもん。
        ちなみに近々、シレン2もレビューしようと思っています。
        ブログ開設10周年になるので、この作品に関してはぜひ、触れておきたいなと思ったんですね。

        あと、近々、とても大きな秘密を明かしますので、ぜひ、kooさんにも読んで欲しいと思います。
        きっと、物凄い勢いでコメントされると思いますよ!w

    • kentworld より:

      おお!お久しぶりです!

      夏頃、気まぐれで黄金の太陽のレビュー記事をリメイクして公開してみましたが、
      まさか、このタイミングでKooさんからコメントを頂けるとは思いませんでしたw

      不満点は挙げだすと割りとある作品でしたね。
      ストーリーに関してはテキストがねぇ・・・あれは読んでられなかったw

      ダンジョンに関しては長すぎましたよね。
      前作はそこまで長くなかったのに、今作は大長編で、
      攻略本を購入した時はどれだけマップが入り組んでいるのか気になって仕方がなかったですもんw

      黄金の太陽は任天堂ハードに欠けていた大作RPGの穴を埋める役割があったので、
      キャメロットも気合を入れすぎてしまったんでしょうね(^_^;)

      そうそう、ジンって同一種で重ねがけをした方が強くなるので、
      カスタマイズの自由度を自ら下げているようで勿体なく感じました。
      ゲームバランスに関しては改善の余地がありますね。

      • Koo より:

        >まさか、このタイミングでKooさんからコメントを頂けるとは思いませんでしたw
        >近々、とても大きな秘密を明かしますので、ぜひ、kooさんにも読んで欲しいと思います。

        あ、すみませんなかなかコメントする時間が取れなくてOTZ。コメントしたい記事はストックしておいて、後からこういう感じで時間あるときコメントさせていただいてますwですが!ブログ自体はいつも読んでます。毎日!

        昨日のコメントの終わりに追記で↓を書こうとしたんですが、長文すぎたので削除してました;

        ——
        P.S.
        ブログ本編のほうでは、何かこう集大成というか最終章というか、クライマックスって感じですね。どんな重大発表であろうが、ブログが終わりを迎えることになろうが、
        私は見届けますよ!10年、読者で在り続けたブログですもん。オフ会で一度しかお会いしてはいませんが、それでも10年間の一人のゲーマーの青年の辿った道筋。最後まで見届けます。

        コメントで皆さん色んな予想をされてるし、大体の予想が、目星が付けられてはいますが・・・(苦笑)
        まああえて詮索せず、発表のときを待ちたいと思います!
        ——

        その秘密の発表というのが、例の「Kooさんにまだビックリしてもらえるような隠し玉もありますよ」とやらのことですよね?
        じつは今年頭の歴史を振り返る第一回目の記事から、何がカミングアウトなのかずっと妄想してましたよ(笑)ずっと楽しみで。
        それこそこないだのオフ会で帰り道、kamomeさんとずーっと「kentさんの秘密マジでなんなんすかね?岩田さんか宮本さんかソニーの関係者か?性転換か?wオフ会中にヒントでももらえばよかったねー」と談義してましたー。コメント欄でもやっぱみんな同じようなこと予想しててめっさ笑いました。

        繰り返しですがコメントできてないだけでいつも読んでますのでー。
        とにかく今のブログですが、色々な模索を経て理想の形に近づかれたようでよかったです。とくにコメント欄でしょうか?
        kentさんとそのゲーム仲間の皆様が和気藹々と談義されている御様子、その理想郷。いつも傍目から覗いておりますー。ちょっぴり羨ましくもありますが・・!

        そうですね、2000年前後。たしかにゲームが1つの到達点、完成形を見せた感はあります。
        個人的には任天堂好きで。GBや64に傾いてたユーザーだったので、どうしてもマリオ時オカ、マリカスマブラスタフォ、シレン2、007でのゲーム体験が自分のなかで至高というか、根源になってしまっていて
        その尺度からその後プレイするゲームをはかってしまうという、もしかしたらあまりよろしくないゲーム思想、プレイスタイルになっているかもしれないですね・・・。

        ともあれ、シレン2だけでなく、kentさんが第十回でおっしゃった「ボクノゲーム人生で欠かせないタイトルをレビューします」とのこと、そちらも楽しみにしております。

        • kentworld より:

          そうだったんですか!?

          じっくりとコメント文を練られていたんですね。
          しかも、さらに長文だったとは!?
          沢山の時間を費やしての投稿、ありがとうございます!
          Kooさんの熱意は並大抵のものではないですよ。

          最近の記事では何だか、凄い展開に持っていってしまいました。
          それだけ皆さんにお知らせしたいことがあって、
          少なくとも、今、読んでくださっている全員には読んで欲しい記事があるんです。
          果たしてKooさんの予想は当たっているのかどうか!?
          なんか、当てられてしまう気がするなぁw

          >その秘密の発表というのが、例の「Kooさんにまだビックリしてもらえるような隠し玉もありますよ」とやらのことですよね?

          そうですそうです!ようやく明かす時が来ました!

          オフ会のあとも話をされていたんですね!w
          自分の知らないところで予想されていたとは、何だか嬉しくなってきましたw

          本当にブログは理想的な形に持って行けています。
          あとは・・・もう少しアクセス数が増えてくれたら言うことなしです笑

          2000年前後は確かに一つの到達点でしたね。
          最近は収まりましたが、実は僕もその頃の思い出が強く、
          色々と比べてしまうところがあるんですよねぇ。

          レビュー記事に関しては最近、型にはまり過ぎない書き方に変えていき、
          表現の幅が広まってきたので自分が思い入れのあるタイトルは
          特集記事のような側面でも書けるようになってきたので期待していてください!
          シレン2に関しては沢山の愛を注いだ記事にしますよー!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

対戦ツールとしては最高!スーパーストリートファイターIV レビュー
Tricky Towers(トリッキータワーズ)【レビュー・評価】物理演算を上手く活かした落ち物パズルの意欲作
星のカービィ トリプルデラックス【レビュー・評価】ギミックが強調された実質オムニバス形式のカービィ!
成長要素も存在する、昔ながらの骨太アクションゲーム!光神話 パルテナの鏡 レビュー
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DS)【レビュー・評価】手軽に楽しめる王道のオムニバスRPG
零~濡鴉ノ巫子~【レビュー・評価】素材は良いけど、料理の仕方がイマイチ
メトロ2033【レビュー・評価】荒削りながらもユニークな舞台設定とそれに伴うアレンジが素敵なFPS
リトルビッグプラネットカーティング【レビュー・評価】何でもかんでも踏襲するべきではない!
ファイアーエムブレム覚醒【レビュー・評価】現代のユーザー向けに覚醒!
スプラトゥーン2【レビュー・評価】完全体スプラトゥーン、ここに現る!