2017/07/03/7:00 | ゲームレビュー

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー【レビュー・評価】半熟なオープンワールドゲーム

M☆G☆M+etc...
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー/Wii

2009年11月に発売されたWii「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」を今回はレビューします。

Wii「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」はシリーズでは初となるアクションアドベンチャーゲームです。

良いところ

豊富な寄り道

本作のマップはオープンワールドに近い形式となっています。

めちゃくちゃ広いわけではありませんが、エリア間の切り替えはシームレスになっていてWiiソフトとしては高い技術で作られていると思いました。

注目したいのが、豊富なサブイベント

街などには様々なサブイベントが用意されていて、本編とは関係のない遊びが楽しめるんです。ミニゲームも色々用意されており、300以上の称号を集める楽しさもあるので、そちらがメインと言えるかもしれません。

もちろん、「ファイナルファンタジー」らしいメインストーリーも存在。そちらは短めですが、フルボイスのイベントシーンが満載でナンバリングタイトルの番外編みたいな感じで楽しめます。

高レベルなグラフィック

2fa5faa4.jpg

グラフィックは高レベルに感じました。

もちろん同時期に発売されたPS3「ファイナルファンタジーXIII」と比較すると物足りない印象を持ってしまいますが、比較さえしなければグラフィックはWiiソフトの中ではかなり綺麗な部類だと思います。

イベントシーンはほとんどリアルタイムムービーになっていますが、動きに不自然さはさほど感じられず、表現面に関してはさすがスクウェア エニックスです。

そんな綺麗な映像をスクリーンショットとしてSDカードに保存が出来たので、ブロガーとしては嬉しかった(当時としては珍しい機能だったんです)。

ほとんど無い読み込み時間

読み込み時間はほとんどありません。

PS3/Xbox360のゲームではそれほど珍しくないですが、本作では移動中別のエリアに移る時や、イベントシーンからプレイヤブルイベントへの切り替え時にはロード時間が全く発生しないので、ストレス無く快適にゲームをプレイする事が出来ます。

これはWiiでは地味に凄い事で、とにかくテンポは凄く良かった!

良質な音楽

レト高原などで流れるBGMが非常に心地良くって個人的に気に入りました。

その他のBGMもかなりの良曲で、作曲者である岩崎英則さんは良い仕事をしていると思います。さすがPS「聖剣伝説 LEGEND OF MANA」に関わった人だけの事はありますね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

爽快感の無いアクション

70f3dff3.jpg

アクションゲームなのに爽快感は全然ありませんでした。

本作では物体を引き寄せて持ち上げるWiiリモコンのポインター操作と振る操作を活かしたアクションを主に使ってゲームを進めて行きますが、このアクションがまぁ、全く爽快感が無くって何度もやっていると退屈になってきます。

なのに、攻撃手段はこれだけなので敵を倒す場合は嫌でも使って行かないとダメだし、ミニゲーム(プレイアブルイベント)のほとんどがこのアクションを使った物なので、このゲームでは爽快感をほとんど味わう事が出来ませんでした。

Wiiリモコンの機能を活かしたアクションではあるので沢山使わせたいのは分かりますが、釣りのミニゲームでは普通に釣竿を持ってやりたかったし、戦闘ではを使いたかった。

ジャンプも自由に出来ず、アクションゲーマーとしてはアクション面ではちょっと物足りなかったです。

使いにくいカメラ

bddd173c.jpg

十字キーを使ったカメラ調節は、移動中はまだしも戦闘中はかなり厄介でした。

Wiiの大神も十字キーを使ってカメラ調節をしますが、あの作品の戦闘はほとんどカメラが固定化しているからな・・・。

寄り道をする必然性

寄り道が沢山用意されているのは良いのですが、個人的には寄り道をする必然性をほとんど感じられませんでした。

寄り道をしていくとゲームを有利に進める事が出来るアイテムを貰えますが、この作品はストーリーだけを追って行くとほとんど戦闘をする機会が無くて簡単にゲームをクリアする事が出来るので、そこまで主人公を強くする必然性が無いんですよね。

ゼルダの伝説」シリーズではある程度主人公を強くしないと厳しいから積極的に寄り道をしたくなりましたが、この作品はゲームをクリアする事自体は簡単なので、寄り道をする気にはほとんどなれませんでした。

寄り道をすると勲章が沢山もらえて達成率が表示されるので、その達成率を上げる事をモチベーションにすれば良いのかもしれませんが、これもゲームの中で完結してしまうのでイマイチモチベーションアップには繋がりませんでした。

Wiiに実績やトロフィーシステムが搭載されていればやる気になったのに・・・。

物足りないリアクション

もう一つ寄り道をする気になれない理由として、住人のリアクションが物足りない事が挙げられます。

超能力を使って住人にイタズラをしても、大したアクションを起こさないんですよね。もっとオーバーなリアクションを取ってくれれば色々とイタズラをしたくなるのに。

まあ、この辺りを下手にいじるとCEROレーティングで「C」区分以上になってしまうから出来なかったのかもしれませんが。

あと、話しかけられる住人自体が少ないのも気になりました。

腕が疲れる

物体を持ち上げる、ダッシュする、扉を開ける…

これらのアクションを起こすにはWiiリモコンを振らないといけません。どのアクションも頻繁に使用するので、長時間遊んでいると腕が痛くなります。

Wiiの操作を活かした作品にしたい気持ちは分かりますが、ちょっと振る操作を要求される場面が多すぎるような気がします。

全体のまとめ

コンセプトは良いと思いますが、色々と練り込まれておらず、半熟なオープンワールドゲームになっていました。もう少しキャラクターを動かす楽しさと寄り道をする必然性が欲しかった・・・。

アクセサリ、戦闘もおまけ程度の出来で、開発期間が長い割に色々と作り込みの足りなさを感じてしまいました。2009年にプレイしたゲームの中でもかなりガッカリした記憶があります。

こんな人には特におススメ。
・箱庭ゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・サブイベントを無視する人。
・海外産のオープンワールドゲームに慣れている人。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー/お気に入り度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5つ
プレイした時間・・・約30時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(7)

  1. 神天堂 より:

    売れなかった一番の原因は
    他機種で来月に本編のFF13が出るのに
    Wiiでは外伝のお茶を濁された感が
    Wiiの数少ないゲーマー層には不満だったんでしょう。
    春に出せてれば比較もされずに済んだのに
    商機を逃した感は否めません。

  2. kentworld より:

    >神天堂さん
    とはいえ、FFXIIIをやった後に
    この作品をやると色々劣って見える恐れがありますからね・・・(^_^;)
    FFXIIIでもチョコボに乗れるようですが、
    ビックリするくらいクリスタルべアラーが劣って見えました。
    まあ、最後までやってみた感じ、
    どうしても本編の外伝的なお下がり感を持ってしまいましたね。
    FFXIIIも購入予定なので、どれだけ向こうに力を入れているのか
    確かめてみるつもりです。

  3. kentworld より:

    >私は信者でもGKでもありませんさん
    文の方訂正しました。
    今後ともよろしくお願いします。

  4. nin より:

    フラジールと同じなんですね。
    お金掛かってそうな数少ないタイトルなのに…残念な出来、と言う。
    こう言うこつこつとした積み重ねで、やっぱりサードは駄目なんだな、とますます売れなくなる感じ。
    年初めに出たFFCCの影響も大きそうだけど。

  5. kentworld より:

    >ninさん
    フラジールほどでは無いですが、
    もう少し作り込んで欲しい作品でした。
    まだサードソフトの中では頑張っている作品だと思うけど、
    もう少し頑張れたんじゃないか?とは思ってしまいますね。
    サードのソフトでも頑張って作られていた
    朧村正や王様物語、モンハン3を見習ってほしいですね。

  6. d より:

    懐かしいですね
    確かに荒削り感が半端なかったですが小学生の自分は楽しんでましたなぁ
    海で「どこまで行けるんだろう…?」と端まで泳ぐとサメに打ち上げられて称号(でしたっけ?)をゲットできた時は「想定されていたのか…」と驚いたり…
    無意味な寄り道をひたすらしまくっていましたね
    大人になった今はそういう遊び方ができないかもしれません…
    Wiiで出た他のクロニクルシリーズの「小さな王様と約束の国」と「光と闇の姫君と世界征服の塔」も合わせて楽しんでました
    ただ両方Wiiウェアだったのでもうダウンロードできないのかな…?

    • kentworld より:

      このゲームは能動的に楽しむのが一番なので、
      僕も子供の頃にプレイしたらもっと楽しめたかもしれません。
      当時の時点でも大きかったですからね・・・
      Wiiウェアのソフトはまだダウンロード出来たと思います。
      Wi-Fiコネクションのサービスは終了しましたが。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

遊び方次第で良作にも駄作にも!巨人のドシン1 レビュー
良くも悪くもストーリー重視の作り。ファイアーエムブレム 暁の女神 レビュー
実質1,000円なら十分価値アリ!はじめてのWii レビュー
原作の2ゲームはDSじゃ無くても遊べるのでは?ゲーム&ウォッチコレクション2 レビュー
エイリアン アイソレーション【レビュー・評価】敵に見つかってしまう恐怖感が最凶のステルスホラーゲーム
コール オブ デューティ ブラックオプスII【レビュー・評価】マンネリの打破を目指した作品
キャンペーンは凄いが、マルチプレイは…コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 レビュー
マリオカート7【レビュー・評価】手堅く3DS向けにまとめて来たコミュニケーションツール!
デュアルハーツ【レビュー・評価】戦闘以外は良く出来た3Dゼルダライクゲーム
やや薄味だが遊び要素が盛り沢山!レッド・デッド・リデンプション レビュー