2017/07/20/7:00 | ゲームレビュー

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム


コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア/PS3 / Xbox360

2007年12月に発売されたPS3/Xbox360「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」を今回はレビューします。

PS3/Xbox360「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」は現代戦が舞台のFPS(ファーストパーソンシューティング)です。

2017年7月にはリマスター化したPS4「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード」が発売。

良いところ

現代戦を追体験出来る!

お、お、お、おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!

なんだこれは!?

これはゲーム開始から10分経過した時の感想です。

このゲームを初めてプレイした時、衝撃が走りました。FPSはこんなにも進化していたのかと。

それまでの僕はN64以来FPSを触っておらず、1世代スキップしていたんですが、たったの10年で驚くほどの進化を遂げていたんです。

グラフィックのクオリティは言わずもがな。本物と見間違えてしまうほどリアルな炎・煙の表現。一本一本丁寧に作られた草・木の枝。すべてが高品質に感じました。

それでいてフレームレートは60fpsと非常に滑らかで、高パフォーマンスのゲームに感じます。

衝撃的なシーンの数々

すげぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~!!!!!

ゲームはここまで進化していたのか!?

キャンペーンモードではそう感じてしまうほど衝撃的で迫力のあるシーンが満載でした。

アル・アサド大統領が親米派のアル・フラニ大統領を公開処刑するシーン。

核爆弾の爆発に巻き込まれ苦しそうに倒れるシーン。

ミサイルが空高く飛んでいくシーン。

一人称視点のリアルタイムで描かれるからこその衝撃が詰まっています。

快適にストーリーを楽しめるための配慮

このゲームはストーリー主導で作られていると思いました。

そのため快適にストーリーを楽しんでもらうための配慮が満載で、FPSに新しい風穴を吹き込んでいます。具体的にどんな配慮があるのか箇条書きで挙げさせて頂くと・・・

・やられてもほとんど一瞬でリトライ出来る。チェックポイントも非常に多い。
・自動回復制を採用。回復アイテムを探す必要はなし。
・次にやるべき事と目的地のレーダーが表示されるため、テンポ良く進められる。
・初心者に優しい照準アシスト機能を搭載。銃を構えると敵に標準を合わせてくれる。
・チュートリアル体験後、プレイヤーの腕に合った難易度を教えてくれる。

これらの配慮によって非常にテンポ良くストーリーを追体験する事が可能で、濃い時間を味わえるようになっています。ゲームクリアまでのプレイタイムは6時間程度ですが、それ以上の充実感がありました。

中毒性抜群のマルチプレイモード

本作はキャンペーンモードの他に、中毒性抜群のマルチプレイモードを搭載しています。

マルチプレイモードは最大18人のプレイヤーと同時対戦する事が可能なんですが、経験値を稼いでレベルアップしていく方式を採用しているため中毒性が高く感じられました。

経験値は敵を倒す事で入手が可能で、レベルが上がるごとに使える武器やスキル、遊べるモードがアンロックしていくためモチベーションを保ちやすいんですね。

マッチングの速度も早く、すぐに大人数でオンライン対戦が可能ですし、やられてもサクッと復活出来るのでつい夢中でプレイを続けてしまいます。

この中毒性はヤバすぎる!

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

レール移動している感が半端ない

○○をしろ!

○○へ行け!

ダダダダダッ~!!!!!!!!!

キャンペーンモードは非常にテンポ良く進められる反面、ストーリー主導過ぎてレール移動している感が半端ないです。

一応、メインルートから逸れた民家などに収集アイテムがあってそれを集める要素はありますが、やらされている感を持ってしまう場合もありました。

音声が英語のみでストーリーが分かりにくい

音声は英語のみなので、ストーリーが分かりにくく感じました。

このゲームはリアルタイムでストーリーが進むためドンパチしながら字幕を読む必要があって忙しく、慣れるまではどちらかにしか集中できません。

また、翻訳もイマイチに感じてしまい、それもストーリーの分かりにくさに拍車をかけています。

全体のまとめ

FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム。

人対人のFPS、2つのスティックを使った操作、萌えが一切ない海外ゲームなどなど、乗り越えるべき壁は非常に多く、アシスト機能が付いているとは言え敷居はまだまだ高いと思いますが、その壁を乗り越えてでも楽しむべき作品だと感じました。

さすが全世界で1,400万本を売り上げた化け物ソフト!他のソフトとは面白さの格が全く違います。参りました。降参!

こんな人には特におススメ。
・FPS好き。
・ハリウッド映画好き。
・ネット環境がある人。

こんな人にはおススメできない。
・戦争物にどうしても慣れない人。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア/お気に入り度 ★★★★★★★★★★ 星10個
プレイした時間・・・約20時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. 狛犬 より:

    いよいよ明日。
    俺の睡眠時間が消失するXデーがやってまいります。
    新作はX360版のほうがオンラインに繋がりやすいと評判ですよ。
    にしても、COD4は俺のゲーム観に最大の影響を与えた作品の一つです。
    続編もとにかくヒットしてもらいたい!

  2. kentworld より:

    >狛犬さん
    オンラインは相当長く遊べますからね^^;
    ワールドワイドではXbox360版の方が売れていますし、
    やっぱり今回もXbox360版を買った方が良さそうですね。
    もちろん僕も買うのはXbox360版ですw
    何かファミ通に前作が国内で累計30万本近く売れたから
    今回は50万本は売れるかもしれないなんて事が書いてあったような気がw
    まあ、流石にそこまでは売れないでしょうけど、
    前人気は国内でも非常に高い(秋葉原で海外版購入者の行列ができたらしい)ので、
    そこそこヒットしそうです^^

  3. Kiyoppy より:

    先週キャンペーンモードをクリアしましたが、確かに字幕しかないのでストーリーはざっくりしか分かりませんでした。ただ、現在でも充分通用するクオリティではありました。
    僕はMW2から入ったので、ストーリーの繋がりがおおよそは理解できたので、MWRを買って良かったかな、とは感じました。
    オンはさすがに武器バランスが偏っていたり、芋が強かったりとゲームの練度は最新作より低めですが、それでも面白さは保証できます。

    • kentworld より:

      これが10年前に発売されたんですよ。
      僕はMW2発売直前に購入して、びっくりしました!
      このゲームがきっかけでまた、FPSを色々やるようになったんですよね。

  4. なぐも より:

    僕はオフ専でキャンペーンしかやらなかったのですが、個人的にはイマイチでした….確かに演出は映画みたいで良かったのですが、敵の無限湧き箇所が非常に多くて達成感が無いというか….
    敵を倒しながら少しずつ進むのが好きだったのになあ。次のworld at warはそこまで無限湧きは無かったので良かったです。それ以降はこのシリーズをプレイしていないのですが後の作品も無限湧きは結構あるのでしょうか?

    • kentworld より:

      無限湧きは確かに一部で見られましたね。あそこはベテランプレイだと難関でしたw
      でも、そこを乗り越えた時の達成感が溜まりませんでしたね~。
      僕はブラックオプスII以来、プレイしていないんですよー(^_^;)
      なので、記憶は曖昧だったりします・・・

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

Outlast(アウトラスト)2【レビュー・評価】粗さも含めて前作から正統進化
気軽に楽しめる骨太ゲーム!Dokuro レビュー
だれでもアソビ大全【レビュー・評価】マイベストポータブルパーティゲーム!
世界樹の迷宮II 諸王の聖杯【レビュー・評価】四季が美しい昔のゲームを思わせる歯ごたえを味わえる作品
ファイナルファンタジーXV【レビュー・評価】オープンワールドという道具を使って男同士の友情を描いた新しいFF!
ゴーストトリック【レビュー・評価】ピタゴラスイッチでストーリーを進める新機軸のアドベンチャーゲーム!
サルゲッチュ【レビュー・評価】実はマリオ64ライクなゲーム
リンクの冒険【レビュー・評価】尖りに尖った異端児過ぎるゼルダ
任天堂らしさが満載!毛糸のカービィ レビュー
より万人向けの作りに。王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~ レビュー