2010/02/16/7:00 | ゲームレビュー

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2【レビュー・評価】一人でも長く遊べる傑作FPS!

0efd7c5b.jpg
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2/PS3 / Xbox360


2009年12月に発売された

PS3/Xbox360「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」
今回はレビューします。「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」
現代戦が舞台のFPS(ファーストパーソンシューティング)です。


良いところ


0662738d.jpg

圧倒的な迫力のグラフィック


本物と見間違えてしまうほどリアルな砂嵐・吹雪の表現、

真っ赤に燃える夕焼け空など、FPSの命とも言えるグラフィックは
前作からさらにパワーアップしており、フレームレートも60fpsと非常に滑らかに動くので、
まるで本当に自分が戦争で戦っているかのような気分にさせてくれました。
舞台が現代なので、身近にあるオプジェが多数登場したのも馴染みやすくて良かったです。



1ac6a6e6.jpg025fd6c1.jpg
名シーンの数々


テロリストとなって空港を襲撃する過激なシーン、

宇宙から見た核ミサイルの爆破シーン、車に乗って飛行機の中に突入するシーンなど、
前作以上に衝撃的かつ迫力のあるシーンが満載で、
HD機のスペックの高さに対する有難味を存分に味わえました。
初プレイの時は、とにかく開いた口が塞がりませんでしたね!


ここまで凄い映像を見させられたら後遺症が起きそうで怖い・・・。
ちなみに前作よりも過激なシーンが増えているため、
CEROレーティングは「C」から「D」に引き上げられています。
小さなお子さんがプレイするのには刺激が少々強いので、
せめて中学校に入るまではプレイしない方が良いかもしれませんね。



親切なチュートリアル


キャンペーンモードのプロローグでは操作方法を
イチからマスター出来る
チュートリアルを体験出来、その後に体験出来る研修ではプレイヤーの腕に合った
難易度を教えてくれるので、とても親切に作られているように感じられました。
音声が日本語で常に目的地が画面に表示されるのも、敷居を下げていてgood!



初心者に優しいアシスト機能


前作同様本作には銃を構えている方向に敵が見えると

自動でそっちに照準が向かうアシスト機能が付いているので、
FPSが苦手な人にもおススメできる作品だと思いました。
ゲームプレイ中は何度この機能に助けられた事か・・・。
また、相変わらず自動回復の方式を採用しているため変な回復アイテムが存在せず、
この辺も初心者に優しいシステムだと感じました。



ミスしてもすぐにやり直せる快適さ!


このゲームのキャンペーンモードは基本的に
死んで覚える感じで進めていきますが、
ミスをしてもすぐにやり直せる(ロード時間が短い)ので、
あまりストレスを感じられませんでした。また、ゲームオーバー時には画面テロップに
政治家や軍人思想家の名言が表示されるので、地味に勉強にもなります(笑)


人対人のFPSはマスコミの間でよく批判の的になりますが、ここで学べる事もあるんですね。
ちなみに難易度自体は前作よりも下がっており、ベテランモードでも
シリーズの中では比較的簡単にクリアできるようになっています
(それでも、十分難しい難易度だと個人的には思いますが)。



大量に用意されたチェックポイント


前作同様チェックポイントが大量に用意されているので、

ミスをしてもあまり前に戻されず、ストレスが溜まり難い作りになっています。
ゲーム再開時に発生するロード時間の短さと言い、
この作品は非常にユーザーの事を気遣って作られているように感じられます。



80152447.jpg748bc154.jpg
何度も楽しめるスペシャルオプス


本作には前作にあったアーケードモード(スコアアタック)が無くなった代わりに

1人、または2人で協力して短いミッションをクリアして行く
スペシャルオプスモードが収録されています。


ここで楽しめるミッションではキャンペーンモードで登場したマップ
登場して再利用にもなっているし、スペシャルオプスオリジナルのマップや
前作のマップも登場したりするので、懐かしさ・新鮮さを味わえ、
サブモードとは言えキャンペーンモード並みに長く遊べます。
リプレイ性は前作にあったアーケードモードよりも高いと言えそうですね。


ちなみに2人でプレイすると相棒が瀕死状態になった時に助ける事が出来ますが、
このシステムのおかげで面白さがアップするだけでは無く難易度も下がるので、
環境が整っていれば2人でやる事をお勧めします。
 

e6ce618c.jpgdd1dc941.jpg

中毒性抜群のオンラインモード


本作のメインモードと言っても過言では無いオンラインモード

前作同様経験値を稼いでレベルアップしていく方式を採用しており、
レベルが上がるごとに使える武器やスキル、遊べるモードがアンロックしていくため、
モチベーションを保ちやすく非常に長く遊べます。

戦法もスキルシステム支援攻撃のおかげで非常に幅広く、全く飽きる気配がありません。



また、対戦中は審判が日本語で状況を教えてくれるため状況を把握しやすくなっており、
今作から敵を倒せずに何度も死ぬと発動するデスストリークが追加されているので、
前作よりはオンラインの敷居は下がっている気がします。
中毒性は相変わらず高く、ハマればキャンペーンモードの
10倍は遊んでしまうので、オンライン環境がある場合は絶対にプレイしましょう!



個人的に合わない&気になったところ



吹き替えの声優


音声の日本語化自体はゲームを分かりやすくしていて良いと思いましたが、

声優の声が若いため、どこか違和感を感じてしまいました。
「ギアーズオブウォー」シリーズのように音声を
日本語にするのであれば、もう少し声優に拘って欲しかった。



コロコロ変わる主人公


約5、6時間
でクリアできるキャンペーンモードの主人公は前作以上に

コロコロ変わるので、初回プレイ時は音声が日本語とは言え
ストーリーについていくのが大変でした。クリア時間は短いので、
ストーリーを理解したい場合は繰り返しプレイする事をおススメします。



ペラペラな説明書


Xbox360版
の場合、説明書のページ数はたったの12ページしか無く、

オンラインモードの説明、ストーリーのあらすじ、登場キャラクターの紹介などは
ほとんど書かれていないので、非常に不親切だと感じました。
せっかくゲーム自体が親切設計なだけに勿体ない。





キャンペーンモードのボリュームは前作から減少してしまいましたが、
リプレイ性の高いスペシャルオプスモードがそれをカバーしており、
オンラインモードも前作より長く遊べる作りになっているので、
トータルでの満足度は前作以上にありました。


迫力あり!ボリュームあり!親切設計!とほとんど文句を付けるようなポイントが無く、
海外で爆発的に売れるのも納得の出来!ゲーマーだったらプレイするしか無いでしょう!
ストーリーは前作をプレイしていると思わずニヤリとするシーンも存在するので、
ストーリーも楽しみたい方は前作を先にプレイしてから購入する事をお勧めします!


こんな人には特におススメ。
・FPS好き。
・ハリウッド映画好き。
・ネット環境がある人。


こんな人にはおススメできない。
戦争物にどうしても慣れない人。


コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2/お気に入り度 ★★★★★★★★★★ 星10つ
プレイした時間・・・約50時間

※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちらをご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. 狛犬 より:

    アメリカの都市圏だけでなく、ハイソサエティな住宅街や郊外のダイナータウンまでもが戦場となったこなど、
    有り得ないリアルの描写がたまりません。
    つうかキャンペーンモードの音楽がすごいです。海兵隊のラミレスを操作しているときの悲壮な戦いは、あの音楽抜きに語れません。
    マルチプレイヤーはアンロック要素が格段に向上しましたが、パーク3コマンドーとタクティカルナイフ、アキンボのせいで
    至近距離の戦いが大幅にバランス崩壊したことが痛すぎます。
    一年間やっても納得感のあった前作のマルチプレイヤーモードのバランスを崩さない進化をすべきだったと言えます。

  2. kentworld より:

    >狛犬さん
    >アメリカの都市圏だけでなく、ハイソサエティな住宅街や郊外のダイナータウンまでもが戦場となったこなど、
    有り得ないリアルの描写がたまりません。
    前作よりも戦場の舞台が身近になったので、よりリアルに感じられましたね。
    >つうかキャンペーンモードの音楽がすごいです。海兵隊のラミレスを操作しているときの悲壮な戦いは、あの音楽抜きに語れません。
    FPSってあまり音楽が耳に残りませんが、
    今作のサウンドは地味に豪華ですよねw
    動画サイトでBGMを聴いてこようかなー
    >マルチプレイヤーはアンロック要素が格段に向上しましたが、パーク3コマンドーとタクティカルナイフ、アキンボのせいで
    至近距離の戦いが大幅にバランス崩壊したことが痛すぎます。
    何か最近MW2をやったら自動更新が入りました。
    もしかしたら修正パッチが来たのかも?
    あんまり調べていないので分かりませんが・・・。
    でも、HDDを搭載したゲーム機は
    不具合が見つかっても後から修正できるのが良いですよね。
    レビューで悪いところを指摘したら
    その後修正パッチが来た!何て事は良くあるから
    下手に欠点を指摘できないですw

  3. ズースカ より:

    ケントさんブログの読者層にはFPSやる方は少なそうですね。
    キャンペーン。
    コロコロ変わる主人公は、確かにわかりにくい。
    と、ワタシも思っていたのですが、二周目やってるとき、これはこれでいいんだなと思いました。
    いろんな場所で同時進行している作戦を体験するためや、”一兵卒は捨て駒にしか過ぎない”という虚しさを感じるには、マッチしていましたね。
    ロシアの空港での最後や、セーフハウス(邸宅でPCデータダウンロード)での最後のシーンでは、”一兵卒は捨て駒にしか過ぎない”をまざまざと感じてしまいました。
    ま、一部スーパーマンもいますけどね(笑)
    プライス大尉とか、ソープとか。
    マルチ。
    MW1のマルチはほとんどやっていないので違いは良くわかりませんが、確かにショットガンのアキンボで走り回る西部劇な人をよく見かけますね。PC版で個人サーバ立ててる人の中にはショットガン禁止、アキンボ禁止などうたっているところもあるようなので、バランスを崩しているのは確かなようです。
    FPSって見た目はどれも同じに見えるけど、やってみるとぜんぜん違いますよね。
    XBOX360の体験版にあるFPSをかなりDLしてやってみましたが、MWシリーズは人間の動きがリアルですばらしいです。

  4. kentworld より:

    >ズースカさん
    はははw確かに他の記事と比較するとコメント少ないですね・・・。
    うちのブログではこう言うゲームをやられる方が少ないのかな?
    まあブログデザイン的にもちょっとイメージが合わないですもんね(笑)
    僕は今後もこう言うゲームはどんどんやって行こうと思っていますが。
    キャンペーンの展開の早さは
    慣れるとむしろ気持ち良いのですが、
    初心者にとっては厳しいかなぁと思ったので書いてみました。
    色々親切な作りの作品ですが、
    肝心の展開が速いことからまだまだ慣れは必要な気がしますね。
    展開の速さに意図がある事はよーく分かっていますけどね。
    セーフハウスでの最後のシーンはかなり印象に残りました。
    あそこの最後は残酷でしたよね(笑)
    アキンボはアップデートで何とかすると聞いたんですけどね。
    最近あったアップデートは違ったのかな?
    アキンボはまだ使った事ありませんが、
    動画サイトでその強さはよーく分かりました(笑)
    >FPSって見た目はどれも同じに見えるけど、やってみるとぜんぜん違いますよね。
    本当にそうですよね。
    レフト4デットもコールオブデューティもバッドカンパニーも
    みんな独特の良さがあります。
    みんな同じように見えてしまうのは確実に損していますね。
    MWシリーズのモーションは本当に凄いですよね。
    違和感を全く感じられませんでした。

  5. チキ より:

    このゲームは今プレイしても凄いですね!
    圧倒的なテンポの良さで次々と大迫力のアクションを体験させてくれますから止め時を失いましたよ。
    空港を襲撃するシーンはショッキングでしたね。
    ただ、プレイキャラが一般市民を撃つとゲームオーバー扱いになるのは違和感がありました。
    これって確か日本語版で加えられた規制なんですよね。
    別に非武装の一般市民を虐殺するテロリストシムをプレイしたいとは思いませんが、プレイキャラがテロ組織に潜入して一般市民を撃たなきゃいけない状況に立たされたことに感情移入するには必要な演出だと思うんですよ。
    なのでゲームオーバー扱いになるのは残念でした。
    それと空港のシーンでは伝説の誤訳「殺せ。ロシア人だ。」を聞けたのが感慨深かったですw
    このゲームは難易度ノーマルでも死にやすいけど大量に用意されたチェックポイントのおかげで心が折れずに頑張れました。
    撃たれるとすぐに目の前が真っ赤になったり画面が極端に揺れたりするのはエイムし難くて困りましたけどねw
    >声優の声が若い
    これはkentさんのレビューを読んで気になっていたんですけど僕は特に違和感なく楽しめました。
    誰が喋っているのか、自分が誰を操作してるのか分からなくなることは時々ありましたがw
    このゲームが面白かったのでモダン・ウォーフェア3も近い内にやりたいですね。
    そろそろ新作が公式発表されそうですし、僕の中ではCOD熱が高まってきました!
    新作のタイトルはインフィニット・ウォーフェアで、宇宙が舞台になるなんて噂もありますね。

  6. kentworld より:

    >チキさん
    2016年になっても楽しむ事が出来ましたか!
    このゲームが出たのは、もう、6年以上も前なんですよね。
    空港の襲撃シーンは凄かったですが、
    規制で叩かれやすいところだったりします。
    当時、凄く叩かれて話題になっていたんですよ。
    あのシーンは国内版だとほとんど見ているだけでしたね。
    >殺せ。ロシア人だ。
    これも悪い意味で話題になってしまいましたw
    声優は違和感ありませんでしたか。
    前作の流れでプレイしていたらどうしても若く感じてしまって。
    こんな感じでネット上では叩かれがちな作品ですが、
    ここまでアトラクション性の高いFPSは当時なかったので、
    その部分に大興奮しながらプレイしておりました。
    フレンドとスペシャルオプスやマルチプレイも楽しんで、
    年明けまで楽しんでいましたよ♪
    モダンウォーフェア3はアトラクションの面ではさらにパワーアップしています。
    もう、ストーリーは付いていけなくなりましたけどね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

デススマイルズ【レビュー・評価】間口は広いものの、ハマれる人は限られている
シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん【レビュー・評価】現代のオタク文化を絡めたギャグコメディが好きなら!
閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-【レビュー・評価】飛び出す胸がパワーアップ!
スプラトゥーン2【レビュー・評価】完全体スプラトゥーン、ここに現る!
エターナルダークネス 招かれた13人【レビュー・評価】ホラー度は高いものの後半の息切れが残念
メトロ ラストライト【レビュー・評価】前作プレイ前提だが、通してプレイすると素敵な体験を味わえるストーリーFPS
イース セルセタの樹海【レビュー・評価】疾走感のある良質なアクションRPG!
メダルオブオナーウォーファイター【レビュー・評価】少々壊れているけど見所は多い!
オトメディウス ゴージャス!【レビュー・評価】強化システムは面白いが、バランスが悪い
ゴッド・オブ・ウォーIII【レビュー・評価】PS3の底力を見せつけた大人のアクションゲーム