2017/07/04/7:00 | ゲームレビュー

風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~【レビュー・評価】大作RPG路線が裏目に出てしまった失敗作

bc4bdfdc.jpg
風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~/Wii

2008年6月に発売されたWii「風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~」を今回はレビューします。

Wii「風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~」は世界観が和風のローグライクゲーム(ダンジョン探索型RPG)です。

2011年1月にはバランス面が調整され、追加要素が加わったPSP版が発売されています。

良いところ

大作RPG感覚で風来のシレンを楽しめる

これまでに発売された「風来のシレン」シリーズは、アーケードスタイルに近いゲームデザインでした。

ランダム生成されたダンジョンを探索し、ゴールを目指す。1プレイは長くても1~2時間程度で、クリアしたらレベルは1に戻ってしまいます。

これを繰り返してアイテム収集や強化を行うのが楽しい作りとなっていました。

本作の場合は重厚なストーリーやレベル継続システムによってステージクリア形式のゲームデザインに変更され、ゲームクリアまでに何十ものダンジョンに挑んでいきます。

その間にはイベントシーンが挿入されて、まるで大作RPG感覚で風来のシレンを楽しんでいるかのようでした。

進化したグラフィック

グラフィックは前作から大きく進化していました。

十字キーで操作できるダンジョン探索型RPGでここまでグラフィック面を進化させる意味はそんなに無いと思いますが、前作からかなりグラフィックの質がアップしています。

背景はより描き込まれ、キャラクターの等身がアップして3Dポリゴンで描かれるようになりました!

オープニングなどではシリーズ初のプリレンダリングムービーを収録。

風来のシレンシリーズの方向性を考えると要らない気もしますが、キャラクターが美形に描かれており、見応えがあります。

ちなみにボイスは収録されていませんが、シリーズの雰囲気を考えると正解だと思います。

圧倒的なダンジョン数

本作に収録されているダンジョンは30以上!過去の作品は多くても10程度だったので、大幅にダンジョン数が増えています。

クリア前のダンジョンもかなり多いので、これまでの作品とは違ってクリアするだけでもかなり時間がかかるようになりました。僕の場合、通常クリアだけで30時間以上もかかっています。

仲間の操作が可能

今作では仲間キャラを操作する事が可能になりました(もちろんこれまでのようにオートで行動させることも可能)。

さらに、1ターンに全キャラを操作して戦える全員操作モードという機能を搭載。

この機能は主にボス戦で役立つんですが、ピンチ時にはまるでターン制のシミュレーションRPGをプレイしているかのような感覚を味わえて、不思議のダンジョンシリーズの新境地を開拓したと言っても過言ではありません。

このシステムは次回作では削除されていますが、ぜひもっと磨いて復活させて欲しい。
※3DS「世界樹と不思議のダンジョン」では別の形で復活しました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

テンポの悪さ

キャラクターまで3Dポリゴン化してしまったからか、今作のテンポはとにかく悪い!

1マス進むのですらモッサリしており、無駄なモーションがかなり多く、これまで発売された作品をプレイした後だとあまりのテンポの悪さに驚くと思います。

このシリーズは繰り返しプレイするという作業的な部分があるので、テンポが悪いのはかなり痛い。

僕はどの「風来のシレン」シリーズもハマったら2、3時間ほど続けてやってしまうんですが、このゲームの場合テンポが悪くて音楽にメリハリが無いので1時間継続プレイが精一杯です。

レベル継続システムが要らない

本作はPS2「トルネコの大冒険3」のようにレベルが引き継がれる仕様になっています。

しかし、すべてが裏目に出てしまい、「風来のシレン」の良さをぶち壊していました。

特にダメだと思ったのが、ゲームバランスが極端になって詰みやすくなってしまった事。

ゲームオーバーになったら相変わらずアイテムはすべて失うため、中途半端なところでやられたらさあ大変!弱い装備で強敵と戦わないといけなくなるので一気に不利となります。そのため序盤のダンジョンからのやり直しを強いられてしまうんです。

一方、ゲームオーバーにならず、順調に武器や盾を強化出来たら極端に難易度が下がるので、緊張感がなくなってしまいます。

「風来のシレン」シリーズはレベルよりも装備依存のゲームバランスなので、レベル継続にするのであればその辺りのバランスをもっと調整しないとおかしくなるというのに何をやっているのか・・・

初心者への救済措置としてゲームオーバーになっても半分しかアイテムを失わないイージーモードが用意されているけど、これはゲームバランスの放棄と言っても良いでしょう。

お金が溜まり難い!

本作ではお金が溜まりにくいバランス調整となっています。

というのも物の売り値が買い値の10分の1、あるいは5分の1しかなく、ダンジョンによって入手できるギタンの金額もある程度固定されているからです。

このバランス調整のせいでただでさえアイテムロスト時の難易度上昇が凄まじいのに、ますます難易度を高めてしまっています。

理不尽なくらいモンスターの厄介さを高める属性システム

本作には新たに属性の概念が追加されました。

姿を消す透明能力を持つ属性、通常攻撃を喰らうとかなしばりに遭う可能性がある属性など、ほとんどのモンスターが何らかの属性を持っていますが理不尽なくらい厄介さが高まっているので無くて良かったと思います。

仲間が一人だけやられてもゲームオーバー

本作では仲間を連れていけますが、これまでの作品とは違って一人でもやられたらゲームオーバーになりアイテムをすべて失います。

という事は、最悪の場合シレンが持っているアイテムに加えてそれぞれの仲間に持たせていた補正値+99の武器と盾も失ってしまう事になります。

そんな事が起きた日にはショックのあまり立ち直れないかもしれませんね。

さすがに僕はそこまで酷い目には遭いませんでしたが、そこそこ鍛えた3人分の武器と盾、そしてアイテムを失って心の骨が折れた事が2、3回あります。

無駄に長いストーリー

ストーリーは無駄に長く感じました。本作はこれまでの作品と比較してストーリー性が高く、クリア前は物語を楽しみながら進めて行く形になりますが、ストーリーに突出した面白さを感じられず、終盤にはちょっとダレてきます。

風来のシレンシリーズにストーリーはそんなに要らないのかも。

度が過ぎたクリア後のダンジョン

クリア後にはアイテム持ちこみ不可で入るとレベルがになってしまう従来のシリーズにあったようなダンジョンに挑戦できます。

それは良いのですが、999階まであるダンジョンはちょっとやり過ぎだと思います。こんなむちゃくちゃなゲームバランスで誰がやる気になるのか。

その他気になった事

・ワイド画面非対応。
・画面がリアルになった事で視認性が悪くなった。
・Wi-Fiのダンジョン対戦が階段探しゲームと化していて面白くない。

全体のまとめ

ストーリー性を高め、レベル継続性にする事で大作RPGを良くプレイする若いユーザーを取り込もうと思ったんでしょうが、バランス調整が悪く完全に失敗しています。

クリア後にはアイテム持ちこみ不可で入るとレベルが1になってしまう従来のシリーズにあったようなダンジョンに挑戦出来るのでこれまでの作品にあった面白さは健在なんですが、テンポの悪さもあってそれでも従来のシリーズと比較したら面白さ的に見劣りします。

光る部分はあるのですが、全体的にはが目立つ作品。運が悪いと理不尽な目に遭いまくってしまい、ディスクを割ってしまうかも!?大作RPG路線が裏目に出てしまった失敗作。

こんな人には特におススメ。
・綺麗な映像のシレンがやりたい人。
・残酷なアイテムロストを求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・従来のシレンを求めている人。

風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~/お気に入り度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5個
プレイした時間・・・約45時間

 

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(18)

  1. マージ より:

    良く考えたら、まだ4も完全にクリアしてなかった…
    トルネコ、シレンと不思議のダンジョン系はプレイしてきた僕ですが、残念ながらこの作品は駄作の部類に入ってしまう気がします…

  2. kentworld より:

    >マージさん
    このゲームは評判悪いですもんね(笑)
    僕はクリア後もそこそこ遊んだくらい
    何だかんだでやりました!
    悪い部分が沢山あるんですが、
    実は光る部分も散見されて
    世間ほどは悪く評価していなかったりしますw
    シレン4の完全クリアは僕もまだしていません。
    だって難し過ぎるもんw

  3. アリム より:

    私はこれクリア前に挫折しました・・・。kentさんはクリアされたんですね!さすがシレンジャーですわ(笑)

  4. kentworld より:

    >アリムさん
    クリアしないとファンを名乗れませんからねw
    クリア後は結構面白くなって来ましたよ。

  5. Koo より:

    こんにちは!お世話になっておりますシレンシリーズ大好きKooです。こないだのオフ会も、Kentさんとシレン語り合いたくて参加したようなものでした(笑

    今作は残念ながら、やっていることが全て裏目でしたね・・。

    ただ1つ注意したい点として、3ってどうしても「レベル継続、アイテムロストしないゆとりプレイがダメ」と批判されがちですが、実はそこじゃないのでは?と思うんです。
    レベル継続はゆとりだと言いますが、そもそもストーリーに沿ったダンジョンクリア型のつくりになってるんだから
    それ自体は妥当な判断というか、レベルリセットしたらクリア不可能になるからむしろ継続させなきゃ死ぬって話なんですよね。
    今作は次のダンジョンに進んでも、1Fから相変わらずマムルとチンタラってわけじゃなく、レベル継続前提のモンスが登場するので。
    そこを勘違いしてレベルリセットされないなんてゆとりだ!と誤解されがちなんですよね。
    もちろんKentさん仰る通り、シレンはレベルリセットされつつ合成で武器強化するというハクスラ要素が魅力でもあったので継続制には反対ですが、
    3でこれだけの大英断(?)を下しておいて、じゃあ次の4からは叩かれたからリセット制に戻しますよーみたいな制作側の姿勢に疑問を抱きます。

    そしてアイテムロストについてですが、実は自分はロストしない「イージーモード」を選択したんですよね。きっと、こうなることを予測したんだと思います。
    結果、「俺はお前みたいなゆとりじゃないからハードモードを選択し、緊張感を味わいながらクリアしてやる」と息巻いていた”私の兄”を差し置いてスムーズにクリアしクリア後ダンジョンを楽しんでました(笑)兄貴は絶望しながら途中で挫折してました。

    ただ、トルネコ3とDS1のつくりを見てきて、発売前から懸念はしていましたが
    実際ここまでバランス調整・仕様の見直しが成ってなかったのはさすがに予想できませんでした。
    あのギグニ状態で仲間即殺害ゲームオーバーにはイージーを選択した私ですら背筋が凍りました(制作者の正気を疑う意味で)。

    言い方は悪いですが、間違いなくシリーズ存続にトドメをさしましたよね。然し、なんだかんだで今作も百数十時間はプレイしてるのが何というか・・うん(苦笑)
    光る部分もありましたよね。札は悪くないかと。龍脈はもっととっつきやすいように練ってほしい(9年前のゲームなので後の祭りですが・・)
    一番の問題は次回策で、3の良い要素を全撤廃してることですよね。仲間全操作、二刀流とかは素晴らしいのに・・。

    あとはスタッフ人事についてですが、若い新人さんにシレン任せるのではなく初代や2をつくった敏腕ディレクターさんに・・・
    加藤正人さんのようなRPG系の脚本家ではなく初代や2の世界観を描いたシレンワールド生みの親のシナリオライターさんに・・・

    と、多分シレンシリーズ語り出すと止まらないのでここらで終わりにします(笑)延々語っちゃうので(メールとかでKentさんに私のシレン愛聞いてほしいくらい 笑)
    シレン2のリメイクが出るまでは死ねません。(>_<

    • kentworld より:

      どうも!シレンの記事を公開したらコメントしてくれるかなーと期待していましたw
      レベル継続性は当初、ゆとり仕様になるかと思っていましたが、
      実際にはそうではなく、バランスが極端になったのが問題だと思います。

      そうそう、レベル継続前提のモンスターが出現するところがまた問題なんですよ。
      いくらレベルが高くても盾無し防御0の状態で戦ったらひとたまりもありませんから。

      次回作は叩かれすぎてしまったせいで原点回帰をしていましたね。
      PSPに移植されたとは言え3は黒歴史扱いにされている気が。

      イージーモードにして正解だと思います。
      それにしてもお兄さん、話だけを聞くと哀れじゃないですかw

      実はこのゲーム、発売日を4ヵ月延期したんですよね。
      それでバランス面は改善されたと思ったんですが、この有様なのでビックリしました。
      一体、この4ヵ月の間、何をやっていたのか。

      すごく愛が詰まったコメントをありがとうございます!
      評価が低い3のレビューだけではなく、2のレビューもいつか公開出来るよう頑張ります!
      本当にリメイク、発売されてほしいですよねぇ。愛はこのコメントから凄く伝わってきます。

      • Koo より:

        いえいえ。どうも、ありがとうございます。シレン愛だけはムダにあります!(Kentさんの愛の大きさには負けそうですが)
        見事に私の心が見透かされていましたね(笑)シレンの記事だ!と飛びついてしまいましたー!w

        私の兄は昔から、近作マリオのクリアできない救済措置のお助けプレイですとか、いわゆるイージーモードのような仕様を嫌い
        昔ながらの硬派なスーファミのアクションゲームなどを好んでるんですが、そんな兄でさえ
        シレン3のアイテムロストとギグニ→ゲームオーバで挫折してしまうくらいなのですから(笑)相当滅茶苦茶な調整だったということですよね・・。

        これ、トルネコ3やシレンDS1から目に付いたのでなんでだろうと気になって以前調べてみたんですが
        スタッフ人事に目を向けると、初代や2やGB12に関わっていたディレクターさんがシレンから離れてるのが最大の原因なんですよね~。恥ずかしながら、スタッフロールとか全然気にしてなかったので知りませんでした。
        http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/dungeon 
        https://www.nintendo.co.jp/nom/0010/03/ この辺りの記事の、長畑さんや富江さんですね。

        とはいえ、若いスタッフにシレンを任せて、その間に
        彼らがポケダンの青赤や時闇といった名作をつくってくれたので何とも言えないところです><;

        • kentworld より:

          僕もシレンは大好きですが、最近は新作がご無沙汰なので、今はKooさんには勝てる気がしませんw
          昔はファンブックなどを積極的に集めていたんですけどね~。
          あ、20周年の記念展には行きましたw
          お会いした時に写真を見せればよかったですね。

          お兄さんはマゾゲーマーでしたか。
          そんな方でも挫折するとは、シレン3のバランス調整は破壊力抜群ですね。

          長畑さんや富江さんは当時、よくインタビューで見かけました。
          3では参加されていなかったんですか?
          それだったらバランスもおかしくなるわけだ。
          彼らが参加しているのであればポケダンの青赤や時闇はプレイするしかなくなってきましたよw
          情報ありがとうございます!
          まあ、まずは世界樹と不思議のダンジョン2をプレイしますけどねー!

        • Koo より:

          URLうまく貼れてなかったようですみません。
          http://news.nicovideo.jp/watch/nw2075381
          https://www.nintendo.co.jp/nom/0010/03/
          https://www.famitsu.com/game/extra/special/2000/shiren2/shiren2_01.html

          このへん読むといかに初期作が優れモノだったかがわかりますので大変タメになります。

          • kentworld より:

            色々、ありがとうございます!
            最後の記事だけ読んだことがありませんでした。
            じっくり読ませて頂きますね(^_^)
            中村さんの天才ぶりは以前からご存知でしたが、長畑さんがここまで天才とは思いませんでした!なんという記憶力を持っているのか…

  6. くじら より:

    あれ、これってWiiが先に発売していたのですね
    PSPで遊んでがっかりしたことしか覚えてないです、、、

    • kentworld より:

      実はWii版がオリジナルなんです。
      PSP版は徹底的にチューニングしたハズなのに、それでも評価低いですよね。

  7. トモフミ より:

    不思議のダンジョンシリーズって今となってはあまり据え置き向けではないですよね。やっぱりDSやPSPなどの携帯機で気楽にできる方がシリーズの方向性としてはいいですね。もっさりなのは何千回も戦闘を繰り返すゲームではやめてほしいです(笑)
    本作独自の全キャラ操作モードは楽しそうですね。これはダウンロード専売ゲームなどで外伝的な位置づけで発展させてほしいです。私はFEやファミコンウォーズが好きなのでシミュレーションのようなローグライクRPGは興味あります!

    • kentworld より:

      そうですね。なので、携帯機メインで展開するようになったのは正解だと思います。
      何千回もプレイするからこそテンポが重要なんですよね。
      全キャラ操作モードは新鮮でした!確かにダウンロード専用タイトルで挑戦してみるのも良さそう。
      今作は大ヒットしていたら可能性があったかもなー。

      • トモフミ より:

        ダンロン3でおまけとして不思議のダンジョンネタをやったので、ダンロンのキャラを使ってシミュレーションローグライクRPGを出したら面白いかもしれませんね。チュンソフトさん、お願いします(笑)

  8. ナッツ より:

    ガチ勢ではないにしろ自分も当時シレンシリーズが大好きで当然1も2もプレイして3も楽しみに待ってました・・・が、kentさんが挙げられたような理由で大変ガッカリしました。一番はレベル継続システムですね。チョコボなど他のダンジョン系は差別化のために継続はまあアリかなと思ってましたが、本編がそれをやっちゃだめでしょと・・・。継続システムの悪い部分はkentさんが述べられているのと完全に同感です。
    新規ユーザーが入るどころかブランド崩壊の危機でしたね。もともとコアゲーマー向けなのにチュンソフトは何を考えていたんでしょうか。
    その後の4はけっこう楽しめました。5はタイミングを逃してまだ遊んでないのですが。
    シレンシリーズもどこかへいってしまったうちに20周年も過ぎ、新作出す気は無さそうですね泣

    • kentworld より:

      レベル継続システムは本当に要らなかったですね。
      簡単になるのはまだしも、ゲームバランス崩壊で詰みやすくなってしまうとは。
      当時、挫折した人をあちこちで見かけました(^_^;)

      このゲームのせいでシレンシリーズの売上は大きく落ちましたよねぇ。
      今ではスッカリご無沙汰です。それだけダメージが大きかったのか。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

気軽に楽しめる骨太ゲーム!Dokuro レビュー
ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝【レビュー・評価】ワリオのイメージが確立!
Hey! ピクミン【レビュー・評価】カジュアルに寄せた淡々としたピクミン
草刈りゲーからの脱却に成功!戦国無双 Chronicle レビュー
ファイアーエムブレム覚醒【レビュー・評価】現代のユーザー向けに覚醒!
任天童子【レビュー・評価】お…これは地味に面白いぞ!
超お買い得!ナムコミュージアム バーチャルアーケード レビュー
絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode【レビュー・評価】狂気に満ちたストーリー重視のファン向け和製シューター
ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国【レビュー・評価】シミュレーションRPGの新たな可能性を感じられた作品
ドラゴンクエストIX 星空の守り人【レビュー・評価】育成やソーシャル性を重視したスマホゲーの先駆け!