2017/07/11/7:00 | ゲームレビュー

ライオットアクト2【レビュー・評価】協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS

M☆G☆M+etc...
ライオットアクト2/Xbox360 (Z指定)

2010年7月に発売されたXbox360「ライオットアクト2」を今回はレビューします。

Xbox360「ライオットアクト2」は巨大都市 パシフィック シティを舞台に様々なミッションをクリアして行くオープンワールド型アクションゲームです。

開発はRuffian Games(ルフィアンゲームズ)が担当。

良いところ

縦横無尽にフィールドを駆け抜けられる

本作で「良い!」と思ったのが、縦横無尽にフィールドを駆け抜けられる事です。

アクションはTPSをベースに作られていますが、全体的に移動速度が早く、ジャンプ力も高いので、簡単にビルの屋上まで登ることが出来ます。

適当にジャンプしながらマップを走り回って目に入ったミッションを攻略する。これが本作の正しいプレイスタイルでしょう。

アイテム集めが楽しい

アイテムの一つであるアジリティオーブ。これを集める事でジャンプ力のレベルがアップして今まで行けなかった所にも行けるようになったりします。

なので、徐々に行動範囲が広がっていく楽しさを感じられるようになっているんですね。

ジャンプ力が高く、キャラクターを動かしているだけでも楽しいので、何も考えず、無我夢中でアイテムを集めてしまいます。

↑高いビルによじ登って”てっぺん“を目指すと言う楽しみ方も存在します。ぶら下がれる場所は決まっているので、それを探しながら登って行くのが地味に楽しい。

↑最高レベルに達するとウィングスーツが使用可能になって空を飛ぶ事が出来るようにもなります。

操作には少しコツが要りますが、N64「スーパーマリオ64」の羽マリオで空を飛ぶような楽しさと似ていてとても気持ち良いです。

最大4人での協力プレイが可能

本作は最大4人でのマルチプレイが可能で、みんなと広大なマップを走り回って一緒にミッションを攻略する事が可能になっています。

協力プレイならではのルールは特に存在しないので時々フリーダムな展開になってしまう事もありますが、それがまた良かったり。

親切なナビゲート機能

ナビゲートは親切に感じました。

自由度が高いゲームは時々何をやったら良いのか分からなくなってしまいますが、本作の場合はナビゲーターが”今やるべき事”や”ゲームのアドバイス”をしてくれるので、目的を見失うことはまずありません。

いつでも降下地点にワープ出来たり序盤のミッションには道しるべ的な物が表示されるなど、全体的に親切な作りですね。

3種類の対戦モードを搭載

本作には最大16人の同時プレイが可能な対戦モードも収録されています。

遊べるルールは「デスマッチ」「チームデスマッチ」「ロケットタグ」の3種類で、「デスマッチ」「チームデスマッチ」はTPS部分の出来が悪いためそこまで面白くありませんが、「ロケットタグ」は”鬼ごっこ”的な楽しさを持ったルールでかなり面白く感じました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

全体的にチープな作り

全体的にチープな作りに感じました。

まずはグラフィック。オープンワールドゲームである事を考慮に入れてもイマイチです。

キャラクターの表示は小さいので迫力に欠けますし、モデリングやモーション、エフェクトも微妙に感じました(その分、沢山のキャラクターが表示されますが)。

銃撃戦もTPSとして見るとかなり厳しい。大ジャンプを駆使して縦横無尽な戦いが出来るのは良いんだけど、全体的に淡々としている印象で長いことプレイしていると飽きてしまいます。

ストーリー性が低すぎる

ストーリーはあってないようなものです。

ムービーシーンはオープニングとエンディングにしか存在せず、それ以外は日本語音声の通信会話で淡々としたやり取りが行われるだけでアッサリしています。

本作は協力プレイありきで作られているため、あまりストーリー要素を盛り込めなかったようですね。

個人的にストーリー要素はともかく、もう少しアトラクション的な仕掛けを盛り込んで欲しかった。

淡々とジャンプアクションや銃撃戦、車の運転を繰り返しているだけでしたからね。

ミッションのバリエーションが少ない

リングをくぐる、タイムアタック、機械を起動する、敵を倒す。

大きく分けるとこれだけしかミッションのバリエーションが無いため、単調に感じてしまう事もありました。

ストーリーはあってないような物だし、一人プレイの場合はモチベーションを保ちにくいです。

全体のまとめ

協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS。

配色が地味でZ指定なのでスルーされがちだけど、面白さの本質は掴みやすく、意外と万人向けだったりします。

周りにXbox360フレンドがいたら誘って一緒にプレイするとそれなりに楽しい作品でした。

こんな人には特におススメ。
・Xbox360のフレンドが多い人
・マリオ64が好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・ネット環境を持っていない人
・グラフィックに拘る人。
・ストーリー重視の人。

ライオットアクト2/お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6個
プレイした時間・・・約25時間

 

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(2)

  1. y.crash より:

    なんてことだ・・・
    ・ネット環境を持っていない人
    ・グラフィックに拘る人。
    ・ストーリー重視の人。
    全部当てはまるwww
    まあ、ストーリーとグラフィックは妥協してもいいんですけど
    ネット環境だけはどうにも・・・w
    ・Xbox360のフレンドが多い人
    に関しては、本当に少ないのが自分ですwww
    まるで向いてないです、ライオットアクト2・・・w
    どうしようwww

    • kentworld より:

      これはオフラインでプレイしたらかなり淡白です。
      最近発売されたゴーストリコンワイルドランズみたいな感じですね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

魔神少女エピソード2 -願いへの代価-【レビュー・評価】価格は倍増しているが、その分だけの代価はあって良い作品!
キルゾーンシャドウフォール【レビュー・評価】面白さよりもストレスが勝った新世代FPS
アサシン クリードIII レディリバティ【レビュー・評価】見かけ倒しの凡作
大神伝 ~小さき太陽~【レビュー・評価】名作に追い付こうとする努力は感じられるが、DSでは色々と厳しかった
シャンティ-海賊の呪い-【レビュー・評価】良い意味で1990年代を思わせる良質な探索型2Dアクションゲーム
Farpoint(ファーポイント)【レビュー・評価】VR黎明期に生まれた本格的なFPS!ただしゲームプレイは平凡
クラッシュ・バンディクー【レビュー・評価】少々不親切な奥スクロールのスーパードンキーコング
ペルソナ4【レビュー・評価】複数のジャンルが絶妙に絡みあったお手本のようなJRPG
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝【レビュー・評価】新鮮味はほとんど無いが高品質な作品!
ロックマンゼロ3【レビュー・評価】さらに改良されてGBA屈指の2Dアクションゲームに進化!