2017/04/02/7:00 | ゲームレビュー

ベヨネッタ【レビュー・評価】魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!

567016b8c3.jpg
ベヨネッタ PlayStation3 the Best
ベヨネッタ Xbox 360 プラチナコレクション

2009年10月に発売されたPS3/Xbox360「ベヨネッタ」を今回はレビューします。

PS3/Xbox360「ベヨネッタ」は記憶を失った魔女、ベヨネッタが主人公のクライマックス・アクションゲームです。

開発はプラチナゲームズが担当。2014年9月にはWii U版が「ベヨネッタ2」とセットで発売。
※レビューしたのはXbox360版です。

良いところ

攻撃を華麗に避ける楽しさ

「ベヨネッタ」は戦闘に重点を置いた一本道のアクションゲームです。

使用出来るはとても多彩で、プレイヤーによって全く戦い方が異なると言っても良い程でした。

中でも特筆したのが、敵の攻撃をギリギリで避ける事で発生するウィッチタイムというアクション。これが発生する事で周囲がスローモーションになり、敵の隙を見つける事が出来るんです。

このアクションによって敵の攻撃を避ける楽しさが加わり、ベヨネッタの華麗さをより強調するシステムにも感じられ、ゲームのコンセプトにマッチしていると思いました。

ベヨネッタのカッコ良さ

本作の主人公であるベヨネッタ。彼女はスタイルが抜群という事もあってアクション一つとっても非常にカッコ良く、特にムービーシーンでは彼女の派手なアクションに見とれてしまいます。

ゲームをプレイしているとセクシーなスタイルを強調したムービーシーンのカメラアングル、様々な角度から押されるシャッターシーン、そして投げキッスでノックアウトしてしまうかも!?

ゲームをクリアするとベヨネッタが好きな人にはたまらない”おまけ“が出現するのも良いですね。おまけが何なのか気になる方は、ぜひゲームをクリアしてみましょう。

ロード時間中に技の練習が可能

チャプターの切り替え時などに発生するロード時間中は技の練習が出来ます。

前述の通りベヨネッタでは沢山の技が用意されているため、ロード時間中に技の練習が出来るのは良いですね。

技を発動する事でコマンドが出て来るので、ロード時間中に色んな技を覚える事が出来ます。

初心者はボタン連打をしがちだけど、ロード時間中のコマンド技を見ていると予想以上に技の種類が多く感じられるでしょう。

例えば2.3回ボタンを押してからワンテンポ遅らせてボタンを押すと別の技が発動するとか。

オートマチック機能でアクションゲーム初心者も安心

難しそうなアクションゲームですが、初心者への配慮もしっかりありました。

難易度「イージー」や「ベリーイージー」ではオートマチック機能というボタン一つだけで様々なアクションを出せる機能が搭載されているんです!

この機能を使えばアクションゲームが苦手な人でも派手な技が使えて、自分のプレイに見とれる事が出来ると思います。

まあ、あまりにも勝手に動いてくれるので自分自身が操作をしている感覚が味わえず、やっていて面白くないと感じてしまうかもしれませんが、初心者へのハードルを下げる要素としては良かったと思います。

国産タイトルとしては頑張っているグラフィック

グラフィックは2009年の国産タイトルとしては頑張っています。

海外産のHDゲームと比較したら一歩劣りますが、派手なシーンが満載で、なかなかお金がかかっているように感じられました。

Xbox360版はこのクオリティで40~60フレームを実現しているのも凄い!

PS3/Xbox360で発売されるフォトリアル系タイトルはグラフィックの書き込みを重視するあまり、フレームレートが低めな作品が目立っていますからね。

ただ、全体的に灰色を基調とし過ぎてしまい、派手さに欠けるのは勿体なく感じました。

隠し要素が多い

実はこのゲーム、隠し要素がかなり多かったりします。

難易度は色々と用意されていますが、それぞれにご褒美が存在しますし、特定のコマンドを入力したり、普通は行かなような場所へ行く事で隠し要素が見つかったりします。

1周のプレイタイムこそ短めですが、すべての隠し要素を探したらそこそこ遊べます。

リプレイ性も高め。本作にはお金の概念があり、お金を使って様々なアイテムや技を購入する事が出来るんですが、すべてを購入するには周回プレイが必要になっているんです。

お金は高難易度モードで上手いプレイをすればするほど多く貰うことが可能。2周目以降は高難易度で挑戦するのも良いと思います。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

冗長過ぎるボス戦やステージ

アクションゲームとしては良く出来ているベヨネッタですが、ステージ構成は個人的に好きになれる物ではありませんでした。

ベヨネッタは「常にクライマックスなゲーム」と言われている通りクライマックスのような展開が連続で起きるんですが、実際には冗長過ぎるボス戦を連続して行ったり、無駄に長いレースステージやシューティングステージをプレイするだけなので、長い事プレイしていると”胃もたれ”が起きてしまいます。

第1ラウンド→第2ラウンド→クイックタイムイベント→第3ラウンド→ボタン連打でとどめ

↑さすがにこのようなボス戦を連続でやると途中でお腹いっぱいになってしまいます。

もう少し「ゴッド・オブ・ウォー」のように探索要素を入れるなどして気休め出来るポイントを増やして欲しかった。

・・・と言いたいところだけど、ゲームのコンセプトからしてそれは厳しいかも。

ちなみに難易度イージー以下でやると割とあっさり1戦1戦が終わるので、低難易度でプレイしたらこういう印象を持たないかもしれません。

出来れば難易度ノーマルでも敵の体力を減らすなどして1戦1戦を短くして欲しかった。

冗長過ぎるムービー

お腹いっぱいに感じてしまうもう一つの要因として、ムービーの長さもあります。

本作はチャプターの随所で長いムービーが挿入されるんですが、どれもストーリーを語るよりもベヨネッタのカッコイイアクションを魅せる事を中心に作られており、凄く冗長に感じてしまいました。

肝心のストーリーも結構”こじんまり“とまとまっていてあまり面白くないです。

ゲームをクリアした後には開発者はベヨネッタを魅せたかっただけなんじゃないかと勘繰ったりも。あれだけ長いムービーなのに、ストーリーは薄いですからね。

難易度イージー以下のモードでプレイするとゲームパートのプレイ時間が劇的に減るので、もはやベヨネッタのプロモーションムービーになってしまいます。

ですので、戦闘が冗長だからといって難易度を低くしても、今度はゲーム性が薄れてムービーゲーになってしまうという新たな欠点が出て来るんですよね。

爽快感がイマイチ

爽快感は意外と薄めでした。ベヨネッタのメイン技である格闘技・銃を使った攻撃は効果音の主張が弱く、イマイチ爽快感がありません。

たまに使用出来る武器に関してはそれなりにあるんですが、メイン技の爽快感があまり無いのはこの手のジャンルでは厳しいです。

ちなみにバイオレンス表現はやや強めですが、そのような表現は主にムービーシーンのみで、爽快感に繋がっているとは思えませんでした。

むしろ黄金の像のような敵ばかりなので、バイオレンス表現は違和感があります。

ロード時間が長い

ロード時間中に技の練習が出来るのは良いと思います。

ただ、そのロード時間がXbox360版でも長く感じます(PS3版はさらに長いらしい)。

こういった一本道の派手なアクションゲームではロード時間はテンポを大きく崩すものなので、これは痛いです。

全体のまとめ

アクションゲームとしての出来自体は良いのですが、ベヨネッタを魅せる事ばかりに力を入れており、そこに魅力を感じないと楽しめない作品。

個人的には同じ一本道のアクションゲームでも、探索・謎解き要素も強い「ゴッド・オブ・ウォー」の方が好み。魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!

こんな人には特におススメ。
・ベヨネッタに魅力を感じる人。
・戦闘を重視したアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・せっかちな人。
・探索・謎解き・アスレチック重視のアクションゲーム好き。
・ロリコン。

ベヨネッタ /お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6個
プレイした時間・・・約15時間

 

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(24)

  1. 狛犬 より:

    常にクライマックスだとお腹いっぱいになる好例でしたね。
    あと、オートマチックならキャラクターの360度向き補正が効き過ぎで…パンチ連打してるだけで敵を追尾しながら画面を動き回ったり大技出たりでは操作感も何もなかったり。
    連打しながら他人のプレイを見てるようで。
    マニュアルでも遊びの幅が狭く1周で飽きてしまい、随分コストパフォーマンスの低い出会いとなりました。

  2. to より:

    わたしは、ノーマルで挑戦してるのですが、
    なかなかに難しく、一戦するごとに死んでますw
    常に有利なポジションどりを考えたり、
    攻撃のパターンを読んだり、
    結局避けてチャンスを作らないと攻撃ができないので
    毎回大変な戦闘を繰り返すので、
    ムービーとお金で買える技なんかが
    モチベーションになってますw
    まだ、ドライブステージにも届いてないので
    楽しみです
    あっイベントスキップですが、
    R2+セレクト若しくはRトリガーにバックで
    メニュー開かずにスキップできますよ
    (しかし、wikiでも見ないと分からないという、、

  3. kentworld より:

    >狛犬さん
    オートマチックは自分も操作している感じがせず
    イマイチだったんですが、
    一番肝心なのはゲームが苦手な人がコレを使ってどう思うかですね。
    苦手な人がオートマチックでも楽しめているのなら・・・
    僕はあって良かったと思います。
    どうも僕は常にボスと戦うようなゲームは合わないみたいです^^;
    ゴッド・オブ・ウォーは合い間にアクションやパズル要素が強い
    ステージがあったから良かった(>_<)

  4. kentworld より:

    >toさん
    このゲームはノーマルでも難しいですね^^;
    僕も初回プレイはノーマルでやって
    死にまくってしまいましたw
    ハードモードなんてまったく無理です。
    ノーマルだと特に後半は本当に1チャプターだけで
    2、30分かかってしまい大変だと思いますが頑張ってくださいー。
    イベントスキップはそんな技が・・・。
    全く知りませんでした。
    もう少し分かりやすくして欲しかったなー( ゜∋゜)

  5. ナギ より:

    常にクライマックス‥他のゲームでもきいたことあるようなコトバですね~
    QTEやレースゲーム(リザルト評価一気に下がる)は苦手なので全体的に僕には厳しいゲームだとは思いますがアホ(ほめてます)な洋画のオヤクソクをやってるのは好きです(うっかり破壊とか例のセクシィ対決とか)
    そういうトコはDMCの血かなぁと思いました
    余談ですがネット内でベヨネッタの年齢(?)ネタが多いのを見るとなんだかなぁと思ったり。洋ゲー売れにくい理由の1つって女性キャラの年齢??

  6. ぷにぷに より:

    人によって好みは様々というのはもちろん承知しておりますが、このゲームはハマる人はとことんハマると思いますよ!個人的にはアクションゲームの最高峰と言っても過言ではないです!
    実績の中に「ダッヂオフセットでコンボを繋ぐ」という記述がありますが、このダッヂオフセットというテクニックを駆使することで、このゲームはただ避けて殴るだけのゲームから、華麗にコンボを繋ぐゲームへと変貌します。
    もともと自分はコマンドなんていちいち覚えるのが面倒だと感じるタイプの人間でしたが、このゲームは頭で覚えることは非常に少なく、体で覚えるタイプのゲームなのでハマることができました。これは俗に言う死んで覚えるタイプのゲームと通ずるものがあると思います。
    簡単な操作、いつでも中断可能という気軽さ、何より華麗に戦闘を行えたときのあの快感、このアクションゲームは本当に素晴らしいです!
    くどいようですが、人それぞれ好みがあるというのは十分承知しておりますのであしからずw

  7. kentworld より:

    >ナギさん
    プラチナゲームズの作品は、
    必ずと言って良いほど評価システムを入れていますね。
    あれ、アクション苦手な人にとっては逆に邪魔なシステムに感じます。
    映画のパロディはそこらかしこにあると思いましたよw
    その辺はちょっと開発者の自己満足に捉えてしまいましたが。
    年齢ネタ、そんなにあったんですか?
    まあ、気になる年頃ではあると思います。

  8. kentworld より:

    >ぷにぷにさん
    いえいえ、わざわざありがとうございます。
    コンボを繋げるのは好きなんですけどねー。
    なんか、そう言う楽しさを知る前に終わってしまいました。
    プラチナゲームズの作品って、
    プレイヤーのナビゲートが上手くないと思います。
    本当に伝えたい面白さをユーザーに
    気が付かせる努力が足りていないというか。

  9. 勉助 より:

     私はプラチナゲームは、駄目ですね。
     ベヨネッタ・ヴァンキッシュ・METAL GEAR RISING: REVENGEANCE
    の3本をプレイしましたが、メタルギア以外は
    途中でどちらも投げました。
     ベヨネッタは、魔女の行動・セリフすべてが
    空々しくて、ムービーを見るのがきつかったです。
    (これは私の趣味には合わなかっただけの話です。
    個性が強くなればなるほど、好き嫌いも大きくなる
    ものですから。)
     
     ケントさんの言うとおりプレイヤーのナビゲートが
    下手糞すぎて、どうすればいいのかさっぱり
    わからないんですよね。
     ヴァンキッシュなんて2面でいきなり超巨大な
    ボス敵がでてくるのはいいけど、どこに攻撃を
    すればいいのか分からないし、途中で弾切れを
    起こしてしまい、どうする事もできなくなるわで、
    もうこの時点でやる気がなくなりました。
     巨大なボスを出すのはいいけれど、ゴッド・オブ・ウォー
    みたいな爽快感はなくて、どうすればいいのか
    分からないままゲームオーバーになる事が多くて
    萎えましたね。
     まぁ繰り返しプレイして、上達する事にゲームの
    面白さを見出せる人向けのメーカーだと思います。
     私みたいな1週間に3時間程度しかゲームを
    プレイしない人は手を出さない方がいいですね。

  10. kentworld より:

    >勉助さん
    ベヨネッタは10代の美少女キャラクターが有り触れている中、
    大人の女性の魅力を描こうとしたのは良かったと思います。
    ただ、ムービーがプロモーションPV状態になっているのはねw
    開発者の自己満足を感じてしまいました。
    プラチナゲームズの作品は本当に取っつきが悪いです。
    面白さをプレイヤー自身に探してもらいたいと思っているのでしょうか?
    大抵の方は1周クリアで満足してしまいますので、
    それまでに面白さを理解出来るような作りにしないとダメだと思います。
    いくらその作品にとんでもない面白さが隠されていたとしても、
    1周クリアする時点で見つかるようにしないとね。
    そうしないと2周目もやる気になれませんし。
    一応、僕は2周やったんですけどねw

  11. ルノス より:

    やはりプラチナゲームズの作品は非常に賛否が分かれやすい、
    というのがこちらのコメント欄を見るだけでもよく分かりますね…
    この作品やVANQUISH、The Wonderful 101等は決して手放しでほめられるものではありませんでしたが、
    非常に自由度の高い操作性、プレイスキルの上達が実感できる難易度設定、ド派手な演出による大迫力の戦闘シーン、
    何よりもウィッチタイムやARモードなどを使った「こんなかっこいいプレイができる自分自身が最高にかっこいい」と思わせてくれるゲームデザインと、
    私がアクションゲームに求めていた要素がほぼ完璧に詰まっていた作品達だったので、
    そういった要素を不満・不親切に感じるといった人たちが決して少なからずいることにとても驚いた記憶があります。
    (決してそれらのゲームが合わなかったという方々を批判したいわけではないのですが、
    そう聞こえてしまっていたら申し訳ございません…)
    色眼鏡を抜きにしてみても十分にレベルの高い作品を作っている会社であることは確かなだけに、
    それらの作品が一部を除いて高い評価を受けていない(そしておそらくこれからも受けることがないであろう)ことは、
    今まで非常に楽しませてもらった身からすると残念でなりませんね…

  12. kentworld より:

    >ルノスさん
    すみません・・・プラチナゲームズの作品は、
    個人的には合ったり合わなかったりですねー。
    完全否定はしませんが、いずれも癖が強く感じます。
    個人的には非常に自由度の高い操作性、
    プレイスキルの上達が実感できる難易度設定、
    ウィッチタイムやARモードなどは文句ないんですが、
    全体的に冗長な戦闘をやらされてしまうところがイマイチでした。
    あとはムービーの長さと爽快感。
    ここが合っていたらまた印象が変わっていたんですけどね。
    ちなみに近いうちにワンダフルワンオーワンの感想も書きます。
    ベヨネッタとはまた違った感想になりますので、期待していてくださいw

  13. トモフミ より:

    以前はベヨネッタ2を購入するときに参考にさせていただきました(^^)ベヨ姐さんは最初はxbox360でその続編がWiiU単独ってなかなか壮絶な経緯を持ってますよね。販売元もセガ→任天堂に変わりましたよね、確か。
    この1のベヨ様のデザインも悪くはないですよね、2が良すぎるからで。こっちのデザインがより某ラノベのマージョリーに似てる(笑)

    • kentworld より:

      この記事の原型を参考にされたようですね。
      基本的な評価は変えておらず、読みやすくして見ました。
      1のデザインも悪くはないけど、特別好きにはなれなかった。

  14. つぐみ より:

    QTEは要らんかったですね。
    ベヨネッタは体験会で惚れてps3と箱丸本体買いましたがムービーはほとんどスキップしてました。
    2もムービー長くて辛かったですね。
    ベヨネッタはウィッチタイム決めてプラチナトロフィー(ゲーム内の評価で実績ではない方の)狙うのが楽しかったです。
    途中のシューティングステージとかは確かに要らんかったですねぇ

    とにかくウィッチタイム決めるのが楽しいゲームでした。
    ウィッチタイムのことを考えず、ただストーリー進めるだけなら、あまり醍醐味は感じられないゲームかな、とベヨネッタファンでも思います。

    • kentworld より:

      つぐみさんはベヨネッタの熱狂的なファンですよね!w
      このゲームのために本体を買ったというのだから凄いと思います。
      そんなゲームを厳し目に評価してすみません!w

      でも、2は楽しめたんですよー。
      3が出たら買いたいなぁ。

      • つぐみ より:

        ファンじゃない人の意見を聞けなくなったファンはただの狂信者ですからね
        みんな違ってみんな良いと思います(笑

        3が出るなら、ムービー少な目でよりアクションに重点を置いて欲しいですね
        ファンとしてはあんまりダラダラ続けて駄作になるのは見たくないので2で完結でも良いかなっと

        • kentworld より:

          ネット上には狂信者ばかりなので、安心しましたw

          ムービーの比率は気を配って欲しいですね。
          まだまだ改善の余地があるシリーズだと思います。

  15. Kiyoppy より:

    ロリコンな僕は楽しめないですね、BBAに興奮できないのでゲーム中は苦行だと考えるしかありませんね。カグラの未来ちゃんなら速攻で買っていたのに。

  16. ブルー より:

    ムービーゲームでお腹が一杯になるのはスクエニだけで、えぇんやでって感じさせられる一本(どんなだw)
    任天堂のゲーム機で、これが出来たのには当時驚きましたw
    爽快感は派手さに比べないものの、自分は癖になりましたね。
    しかし、Kentさんホライゾン、ゼルダやってるなかでベヨ1、2までやるとか凄すぎませんかねw

    • kentworld より:

      任天堂のゲーム機でベヨネッタは刺激が強かったですねw
      ベヨネッタ1は6年前にプレイしたんですよ。
      ベヨネッタ2は最近ですが、2日くらいでクリアしてしまいました。

  17. ベヨファン より:

    もしまたやる機会があるならばぷにぷにさんも言っているダッヂオフセットを是非使ってほしいです。
    感想がガラッと変わると思いますよ。
    戦闘に関してこれほどテンポが良くて爽快感のあるアクションゲームは他にないと思うほどなので真逆の意見見てついコメントしてしまいましたw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

龍が如く5 夢、叶えし者【レビュー・評価】5本分のゲームが詰まった超豪華な作品!
みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ【レビュー・評価】現代人が作った後期のファミコン風ゲーム
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム
逆転裁判3 【レビュー・評価】巨大なピースが完成する最終話が最高過ぎる!
Never Alone(ネバーアローン)【レビュー・評価】北極圏を知る教育アクションゲームとしてなら
トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~【レビュー・評価】中毒性の高さと癒し要素が融合した理想的なキャラクターRPG
アーケードモードが面白い!アラン ウェイク アメリカン ナイトメア レビュー
FPSなのにストーリーが分かりやすい!レジスタンス3 レビュー
任天堂ハードで発売されたゲームのレビュー記事一覧
ReCore【レビュー・評価】面白さの核はしっかりしているが、問題点だらけで完成度は低い