2013/06/04/8:30 | ゲームレビュー

ドンキーコングリターンズ【レビュー・評価】任天堂史上最凶の横スクロールアクション!

d1c5aaaf.jpg
ドンキーコング リターンズ/Wii


2010年12月に発売されたWii「ドンキーコングリターンズ」
今回はレビューします。Wii「ドンキーコングリターンズ」は
ドンキーコングが主人公の横スクロールアクションゲームです。
製作は「メトロイドプライム」で知られるレトロスタジオが担当。


良いところ


130602-1236-10
絶妙な難易度調整


本作に収録されているコースは、全部で70種類以上!
難易度は先に進めば進むほど“鬼”のように高くなって行き、1コースで10回ミスが
当たり前になって行きますが、なぜ自分がミスしたのか納得出来る
作りになっているためついついやり続けてしまいます。
僕は「魔界村」や「ロックマン」のような死んで覚えるアクションゲーム
好きなので、それに通じる物を持った本作は非常にハマりました。


130602-1237-30
初心者への救済措置が充実


難しい!と聞くとアクションゲームが苦手な方は
躊躇してしまうと思います。
でも、このゲームではお金を貯めたらクランキーコングのお店で
冒険を有利に進めるアイテムを購入出来るようになっており、
1コースで8回ミスをするとお手本プレイが使えるようになるので、
アクションゲームが苦手な人でもある程度は先に進めると思います。
・・・それでも後半のコースは難しいかもしれませんが。


130602-1242-16
ゲーマー向けのやり込み要素が盛り沢山



「K・O・N・G」パネル集め
⇒各コースの取り難い所に配置されており、すべてを集めると
 隠しコースが出現します。前作とは違って完全クリア必須アイテムに。

パズルピース集め
⇒各コースに5~9個隠されており、1コースですべてを手に入れると
 おまけモードのイラストなどがアンロックされていきます。
 パズルピースは各コースのボーナスステージや背景のオブジェに隠されており、
 後半のコースではクランキーコングのお店で売っている「オウム」を使って
 やっと適正難易度になるくらい難しい場所に隠されています。M☆G☆M+etc...

タイムアタック
⇒一度クリアしたコースで可能。リプレイ機能やゴールド、シルバー、ブロンズ、
 そしてスーパーゴールドと言ったランク機能も付いているのでついついプレイしてしまう。

ミラーモード
⇒すべてのコースをクリアすると出現。各コースが反転するだけでは無く、
 ディディコングの手助け、アイテムの使用が不可能になっており、
 体力も一つだけになっているから難易度はAAAランクになっています。

 ミラーモードのコースをすべてクリアすると達成率が200%になるので、
 完璧主義な方はミラーモードのコースもすべてクリアしなくてはなりません。
 ちなみにミラーモードのコースで「K・O・N・G」パネルを
 すべて獲得すると青メダルが貰えます。

このように「ドンキーコングリターンズ」にはゲーマー向けの
やり込み要素が大量に用意されているので、やり応えはスーパーファミコンで
発売されたシリーズ3作をさらに上回る物になっています。

130602-1242-50
パワーアップした手触り感


スーパーファミコンで発売されたシリーズ3作は

そこまで爽快感を重視した作品ではありませんでした。
一方で今作は敵を踏みつけるとWiiリモコンから爽快な効果音が鳴ったり、
GC/Wii「ドンキーコング ジャングルビート」で見られた”ボコスカアクション“も
存在するので手触り感・爽快感が大幅にパワーアップしていました。
このゲームは海外産タイトルのようですが、
プレイしているとそんな気はほとんどしませんでしたね。M☆G☆M+etc...


130602-1239-14
奥行きを活かした仕掛け


ハードがスーパーファミコンからWiiに変わった事でパワーアップしたのがここ!
本作にはタル大砲でステージの奥に行ったり、

ステージの奥から津波が流れて来るなど奥行きを活かした仕掛けが追加され、
ハードスペックが高くなった事に対する恩恵を感じられました。

巨大な球が転がって来たり、オブジェクトが爆発したりと
スーパーファミコン版には無かった迫力のある演出も盛り沢山で、
プレイ中は1つのアトラクションを体感しているような気分を味わえる事でしょう。

個人的に合わない&気になったところ


130602-1244-49
振る操作で煩雑化した操作方法


このゲームの操作はちょっと煩雑です。というのも今作では

ハンドスラップ、ローリング、そして新しく加わった”吹く”アクションは
いずれもWiiリモコンを下に振らなければならないからです。
ボタン操作に慣れていると戸惑ってしまいますね。

慣れたら少しはマシになりますが、これで面白さが向上しているとは思えず
単に操作が複雑化したようにしか感じられなかったので
Wiiソフトとは言えボタン操作だけにして欲しかった。
※ちなみに自分はモーション操作否定派ではありません。
 振る操作が面白さに繋がっていればしっかりと評価します。

130602-1241-38
パターン化したボーナスステージ



・トランポリンでジャンプして空中に浮かぶアイテムを入手する。

・タル大砲を行き来して空中に浮かぶアイテムを入手する。
ベルトコンベアを登りながらアイテムを入手する。
・高低差のあるマップに散らばるアイテムを入手する。
・発射すると上に向かって吹っ飛ぶタル大砲を使ってアイテムを入手する。

過去の作品ではボーナスステージによってそれぞれ違ったコースに
なっていましたが、今作の場合は上記のように完全にパターン化しており、
背景だけが変わって中身は同じのボーナスステージを10回はプレイしました。
終盤はちょっと飽きて来たのでもう少しバリエーションが欲しかった。M☆G☆M+etc...


130602-1234-59
もう少し頑張って欲しかったおまけモード


おまけモードではイラストを見る事が出来ます。
でも、絵柄がちょっと寂しく、種類も少ないので

「頑張ってパズルピースを集めたご褒美がコレか・・・」とちょっと思ってしまいました。
3Dキャラのモデルが見れるジオラマも「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの
フィギュアに慣れているとそこまで有難味を感じられなかった。



130602-1237-07
雰囲気ゲーとしての楽しさがやや薄れた


スーパーファミコンで発売されたシリーズ3作は、雰囲気ゲーとしても良さもありました。

でも、本作のBGMはデビット・ワイズ氏作曲では無く、
軽いノリだった「~ジャングルビート」に近い物に変わっているため
雰囲気ゲーとしての楽しさがやや薄れています。

過去作品のアレンジ曲や過去作品を踏襲した雰囲気のステージが
用意されていて頑張っている面もあるのですが、
それでも雰囲気ゲーとしてはやや物足りなかった。





スーパーファミコン版3作に思い入れのある者としては
変更点に色々と思う事はあるのですが、ゲームとしてのやり応えが
大幅にパワーアップしているので、トータルで見たら
過去作品と同等の評価をあげたくなる作品でした。

久しぶりに歯ごたえのある任天堂のアクションゲームをやりたい人は
ぜひプレイしてみましょう!難しい横スクロールアクションゲーム好きとしては
久しぶりにガッツリと楽しめた作品。まさか今になって
任天堂からこんな難しいアクションゲームが発売されるとは思ってもいませんでした。



こんな人には特におススメ。
・歯ごたえのあるアクションゲーム好き。
・「スーパードンキーコング」シリーズのファン。

こんな人にはおススメできない。
・「スーパードンキーコング」シリーズに雰囲気ゲーとしての価値しか見出せない人。
・ジャンプアクションゲームが極端に苦手な人。

ドンキーコングリターンズ/お気に入り度 ★★★★★★★★★☆ 星9個
プレイした時間・・・約25時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちらをご覧下さい。



※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif 

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

LIMBO【レビュー・評価】雰囲気ゲー、謎解きゲー好きにおススメ!
ライフ イズ ストレンジ【レビュー・評価】使い古された題材を没入感で昇華した名作!
アイルーでパズルー【レビュー・評価】そこそこ楽しいが、3,000円は高過ぎる内容
ロコサイクル【レビュー・評価】突っ込みどころ満載なバカで冗長なゲーム
ウォーキング・デッド【レビュー・評価】生死について考えさせる重苦しくも夢中で楽しめるインタラクティブドラマ
アキバズトリップ【レビュー・評価】秋葉原のファンアイテムとしてなら…
ファイアーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王【レビュー・評価】RPG色が強い簡素で平凡なシミュレーションゲーム
ディズニーエピックミッキー【レビュー・評価】面白そうな題材を地味な味付けで帳消しにした惜しい作品
安藤ケンサク【レビュー・評価】発想は面白いがやるまで魅力が伝わり難い!
サマーレッスン【レビュー・評価】スカスカの内容ですぐ現実に帰ってきてしまった