2012/12/23/8:30 | ゲームレビュー

ダークソウル【レビュー・評価】シームレス化によって冒険している感がアップ!

633bb1d1.jpg
DARK SOULS (ダークソウル)/PS3


2011年9月に発売されたPS3「ダークソウル」を今回はレビューします。
PS3「ダークソウル」は名作アクションRPG「デモンズソウル」の流れを組んだ作品です。


良いところ

0148f712.jpg
絶妙な難易度調整


各エリアに初見で訪れると、必ずと言って良いほど途中で

敵にやられたり、仕掛けによって死んでしまうと思います。
人によってはあまりの難しさに心が折れてしまうかもしれない。

でも、大抵は「なぜ死んでしまったのか?」分かる作りになっており、
プレイヤーが学習することで意外とあっさり攻略出来てしまいます。
所謂「死んで覚えるゲーム」ですね。僕は昔からそういう
ゲームが大好きなので、本作は相当ハマりました。負けず嫌いだったら、
悔しくて何度もプレイしてしまい気が付いたら膨大な時間が過ぎ去っていることでしょう!


6acfed01.jpg
中毒性の高さ


一度倒れてしまうと、それまで持っていた経験値やお金になる「ソウルポイント」と、

生者になったり、注ぎ火が行える「人間性」をすべて失ってしまいます
(ただし、倒れた場所に訪れると一度だけ血痕が残っていて、
触れると前回持っていたソウルポイント、人間性を回収することが可能)。

 このシステムによって一度倒れてしまっても
ソウルポイントや人間性を取り戻すためついもう一度
ダンジョンの奥に進んで取り戻したと思ったらまたすぐ死んでしまい、
気が付いたらもう一回!もう一回!と何度もやってしまいました。
前作と同じようなシステムですが、これを考えた人は本当に凄いと思う。


be27a111.jpg
最近のゲームでは珍しいくらい厳しいぺナルティ


ある場所では最大HPが死んでもずっと半分、4分の1、8分の1になってしまう
「呪い状態」、
死んでもずっと回復効果が半分になり、頭装備が装着出来なくなる「卵頭」という
恐ろしい状態異常にかかってしまう事があります。

どちらもアイテムを使えば何とかなりますが、序盤では入手が困難なだけに
凄く恐ろしいペナルティだと思います。ジワジワと効いてくるペナルティなので、
人によってはこれが原因で詰んでしまうかもしれない。
でも、最近のゲームではこんな厳しいペナルティが無かったので、
逆に新鮮でスリルを味わう事が出来ました。


37e5b28d.jpg3f43cfc8.jpg

探索する楽しさ



各エリアには秘密の部屋やアイテム、ショートカットポイントが

そこら中に散らばっています。あまりにも多いので、見慣れたマップでも
偶然隠し要素を見つけてしまう事も珍しくありません。

意外と多いのが、マップが暗くてよーく見ないと分からないこと。

狙ってやっているのかは分かりませんが、マップが暗い事によって
上手く抜け道を隠すことが出来ています。個人的にこういう探索要素が
強いゲームは好きなので、探索する楽しさは存分に感じられました。

ゲームクリアには直接関係のない隠しエリアも色々と存在するので、
冒険に詰まったら以前訪れたエリアに行って探すのも良いと思います。
フロムソフトウェアのゲームって何気に隠し要素が多いですよね。


7f6773f3.jpg
冒険をしているワクワク感


難易度が高い。探索要素が強い。この点だけでも

十分に「冒険をしているワクワク感」を味わえますが、
本作ではマップの繋がりがシームレスになって一つの広大なマップで
構成されているため、前作「デモンズソウル」以上にそれを感じられました。

マップの繋がりがシームレスになった事によって
沢山のショートカットポイントが生まれ、「それを探す楽しさ」や
「縁のなさそうなマップがつながっていた事による意外性」があったことも良かった!
また、鍵さえあれば序盤でもほとんどのエリアに訪れる事が出来るのも良かったですね。


62918310.jpg

前作の流れを組むオンラインプレイ



・定型文を組み合わせてダンジョンにメッセージを残す事が可能に!

 アイテムを使えば評価することも可能。
・死に様が分かる血痕が残るようになる。
・同じダンジョンで行動する他プレイヤーの幻影が発生するようになる。

・他のプレイヤーが強力な奇跡を使うと、自分の世界には共鳴サインが現われ、
 このサインの場所で共鳴する奇跡を使うと威力が上がる。
・自分が最後に休息した篝火に他のプレイヤーが
 注ぎ火を行なうと、その恩恵を自分も味わう事が出来る。

・最大3人の協力プレイが可能に!
・他世界のプレイヤーとの対戦が可能に!
・いずれかの主に誓いを立て、その主の命に応じる「契約」システムを搭載。

いくつかの変更点はありますが、前作にあったオンラインプレイは本作でも健在でした!
オンラインに接続すると各マップの床にメッセージが表示されて
冒険のヒントが分かる事もあるので、オフラインで
詰まったらぜひオンラインに接続してみましょう。


8e56b7fc.jpg
コアゲーマーも大満足のやり込み要素!


レベルを上げたり、武器や魔法を強化したり、各マップのアイテム回収をするだけでも

相当長く遊べるのに、より難易度が上がった引き継ぎ可能の
2周目が用意されているので、やり込むと物凄く長く遊ぶことが出来ると思います。


0ec8c8ee.jpg
良い意味で国産タイトルらしくない世界観


世界観は「デモンズソウル」のような中世ヨーロッパ風の雰囲気で、

前作同様良い意味で国産タイトルらしくない世界観に感じられました。
ちなみに音声は今回も英語。見た目だけをみると
本当に国案タイトルには見えません(笑)

ストーリー性が低い所や自由度が高い所も海外ゲームっぽい。

最近の国産タイトルはキャラクターやストーリーを
前面に押し出したゲームが多いので、こういうゲームは本当に貴重。


個人的に合わない&気になったところ


708feb12.jpg

移動の面倒さ



前作とは違ってマップの繋がりがシームレスになったせいで

移動が面倒になってしまいました。前作では「1-1」「1-2」「1-3」と
分けられていたのですぐに「1-3」に行ったり、「2-3」に行けたのですが、
本作では大抵は自分の足で今いるエリアから目的のエリアまで
いかないといけないので、後半になると面倒になってきます。

一応中盤以降は一部のエリアにワープ出来る機能が追加されるのですが、
ワープ出来るエリアはあまり必然性の無い所ばかりなので利便性は低いです。
ショートカットポイントが沢山用意されているとはいえ、
もう少し移動面では気を使ってほしかった。

修理アイテムを持っていない時にダンジョンの奥で武器が壊れてしまい、
鍛冶屋まで20分かけて戻った。なんてこともありましたからね。
※追記!アップデートによってワープできるポイントが増えました。
 そのため移動の不便さは中盤以降大幅に改善されます。


68a6f7d3.jpg

マッチングの悪さ



この記事を書いている時点では前作とは違って

なかなかマッチングされないため、オンラインの「協力プレイ」「敵対プレイ」は
滅多にできませんでした。前作よりも売れているだけにこれは納得できない。
Peer to Peer接続方式を採用しているのが原因みたいですが・・・。


14aaf8e4.jpg3318542b.jpg

所々で発生する処理落ち



敵が沢山出てくるなど少しでも負担がかかることを
行うと
処理落ちが発生して、カクカクしてしまったのは残念でした。
これが凄く重要な時に発生すると気が散る。
また、フリーズなどバグも多くて作り込みの甘さが目立ちます。




前作からのプレイヤーとしては改悪点が目立ちますが、
それでもあの絶妙な難易度は健在で、個人的にRPGで重視している
要素もしっかりと詰まっていたので大満足の内容でした。

難易度が高く、どこに行って良いのか分からなくなる時も多いため
前作以上に好みが分かれるタイトルだと思いますが、僕は好きです。
合わない人はとことん合わないけど、ハマる人は本当にハマる。

こんな人には特におススメ。
・死んで覚えるゲームが好きな人。
・ファミコン時代のゲームが好きな人。
・探索要素が強いゲームが好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・受験生などの時間が無い人(←プレイするとハマって人生棒に振ります)。
・死んで覚えるゲームが苦手な人。
・自由度が高いゲームが苦手な人。

ダークソウル/お気に入り度 ★★★★★★★★★☆ 星9個
プレイした時間・・・約55時間


※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

シャンティ ハーフジーニーヒーロー【レビュー・評価】第一印象は最高に良いが、マップデザインは不満
Wii Sports【レビュー・評価】間口は広いが、奥は浅い
デッドアイランド リップタイド【レビュー・評価】水辺でもゾンビ無双!
時空戦士テュロック【レビュー・評価】夏になるとプレイしたくなるストイックなサバイバルFPS
レゴシティ アンダーカバー【レビュー・評価】万人向け箱庭3Dアクション!
ラストランカー【レビュー・評価】快適でコンパクトな作りだが、全体的に洗練されていない惜しい作品
ルイージマンション【レビュー・評価】ルイージファン向けの作品
ポケモンカードGB【レビュー・評価】気軽にストーリーを楽しみながらポケモンカードのルールを学べる良作
プレイステーション オールスター・バトルロイヤル【レビュー・評価】もっとプレイしていて楽しいと思わせる仕掛けを!
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DS)【レビュー・評価】手軽に楽しめる王道のオムニバスRPG