2017/07/06/7:00 | ゲームレビュー

メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~【レビュー・評価】中毒性抜群の良質なタスクワークゲーム

d02a6d3c.jpg
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~/PS3 / PSV

2011年6月に発売されたPS3「メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~」を今回はレビューします。

PS3「メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~」は人気錬金術RPG「~アトリエ」シリーズのPS3向け3作目となる作品です。

2013年3月には追加要素を収録したPSVITA版が発売。

良いところ

中毒性の高さ

dc367ec9.jpg

中毒性は非常に高く感じました。

本作の目的は5年の間にアールズ王国の姫「メルル」が錬金術で開拓事業に乗り出し一定の成果を挙げる事です。

5年の間に出来ることはモンスターと戦う、調合をして新たなアイテムを生み出す、フィールドを探索して採集を行うなど様々。

しかも、開拓ポイント、人口、ギルドクエスト、レベル、王国ランクとモチベーションになるシステムが多いのでついついやり続けてしまい、ゲーム内の時間だけではなく、実際の時間もあっという間に過ぎてしまうほどの中毒性を持っています。

さらにその中毒性は、2周目からはさらに加速しました!

と言うのも2周目からはゲームの全貌を掴めている状態なので、段取りを掴みやすいからです。

「あのイベントを○年目の○日までにクリアするぞ~!」とか目標を立ててプレイすると、ついやり続けてしまいます。

マルチエンディングを採用

8ea060a5.jpg

本作には様々なエンディングが用意されています。

中には見るのが大変なものもあるけど、それが大きなモチベーションとなっていました。

前述の通り本作は効率良く作業をこなしていく楽しさがあるんですが、それもエンディングが複数用意されているからなんです。

「あのエンディングを見るためにあの条件を満たすぞ~!」といった感じでプレイしたらより楽しめるでしょうね。

快適性の高さ

5c2b0792.jpg

作業的な面が強い作品ですが、快適に楽しめる配慮が満載でした。箇条書きで挙げていくと・・・

・ロード時間が早い。
・街では瞬時に各施設へワープ出来る。
・開拓に必要なアイテムを選択すると調合画面に飛べるなど便利なショートカット機能が多い。
・2周目以降はイベントシーンをスキップ可能。
・イベント時にアイテムを渡す時にコンテナ、カゴの両方から渡せるようになった。
・アイテムを必要としてる人のいる場所にはアイコンが表示されるようになった。

こんな感じです。これだけ快適に楽しめる配慮がしっかりしているからこそ高い中毒性を生み出せている訳なので、とても大きな評価点だと思います。

魅力的なキャラクター

2f1ae5ea.jpg

さすがキャラクター性に力を入れているガスト製タイトルだけあって、今回もキャラの魅力は凄かった!

個人的に好きなのは幼女姿になったロロナ。もうね。ビックリするくらい、可愛いんです。

見た目はとてもアラフォーには見えないステルクとエスティ、気さくだけどどこか抜けているハゲルなど、それ以外のキャラクターも良い味を出しています。

主要キャラクターのほとんどに専用イベントが用意されているのも嬉しいですね。

ちなみに本作に登場するキャラクターの多くが前作、前々作にも登場するので、そちらをプレイしていればより感情移入が出来ると思います(もちろん未プレイでも楽しめます)。

演出面がパワーアップ!

abd136d4.jpg

演出面は前作からだいぶマシになりました。

前作は演出面が少し弱かったのですが、今作は中小企業が作ったPS3ソフトとしては一皮むけています。具体的にどうパワーアップしたのか箇条書きで挙げていくと・・・

・グラフィックが前作からパワーアップ!
・効果音の弱さを改善。
・演出面の弱さを改善。
・レベルアップ時の演出が派手に!
・寝て時間を進めると昼夜暗転の演出が入り、日数が経過した感じが出るようになった。
・課題を達成したら効果音が鳴るようになった。
・依頼を達成したら効果音が鳴るようになった。

こんな感じですね。特に終盤の戦闘シーンは派手な必殺技がバンバン飛び出てきてPS3のマシンスペックを上手く活かしたものになっていて驚きました。派手過ぎて、逆に大袈裟な印象を持ってしまうくらい。

ファンサービスを感じるおまけ

6e7956c9.jpg

今回もファンサービスを感じるおまけが満載でした!

一度ゲームをクリアすると数々のおまけモードが出現しますが、どのモードもファンにはたまらない物で感心してしまいます。

ダウンロードコンテンツもファンにとっては魅力的な物になっていてgood!

スポンサーリンク


個人的に合わない&気になったところ

イベントシーンが多過ぎる

f70c6308.jpg

これは前作もそうでしたが、イベントシーンが多過ぎる気がします。

もちろんキャラクターもウリにしている作品なのでイベントシーンを多くするのは分かるのですが、肝心のゲームがブツ切りになるほどの量なので少しテンポが悪く感じてしまいました。

a7f9ad11.jpg

やりたいことがあるのに連続してイベントシーンが入った時は、ちょっと邪魔に感じてしまいます。

あと、2周目以降はスキップ機能が追加されたのは良いのですが、イベントシーン自体を瞬時に飛ばすのではなく、文字を少し早めにスキップするだけなのでやや不満でした。

ポリゴンキャラの寸劇シーンは早送りすらも出来ないので、その辺も改善して欲しかった。

全体のまとめ

中毒性のあるゲーム性はそのままに、個人的に前作で不満だった演出面の弱さを改善して一皮むけた内容になっていました。

見た目からしてキャラクターや世界観を前面に押し出していますが、肝心のゲームも良く出来ています。さすが10年以上も続いているシリーズですね。中毒性抜群の良質なタスクワークゲーム。

こんな人には特におススメ。
・作業ゲーが好きな人。
・可愛いキャラクター・音楽が好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・オタクっぽい要素に抵抗がある人。
・作業ゲーが嫌いな人。

メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~/お気に入り度 ★★★★★★★★★☆ 星9つ
プレイした時間・・・約30時間

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. dwui より:

    確か幼女姿になったのはメルルではなくロロナですよ。
    でもキャラクターの魅力は凄いですよね。
    メルさんの絵の力もプラスされて最高でした。
    あと、携帯機との相性もいいと思うのでロロナのアトリエがVitaで発売されるのを期待しています。

  2. kentworld より:

    >dwuiさん
    うわぁぁぁぁぁ・・・なんという恥ずかしいミス!
    ロロナ、トトリ、メルルって
    みんな名前似ているからややこしいんですよw
    PSVITAへの移植は良いですね!
    スペック的にも出せるハズ!?
    マケナミアもPSPに出ましたし、きっとそのうち・・・。

  3. より:

    アーランドになっていきなり始まった、表現内容のちょっとした「暴走」。一転して深夜のアニメ番組に少し近くなってますね。岸田さん我慢出来なかったのでしょうか、アーランド1、2と表現内容は少しずつエスカレートしていった感じです。2からはモデルもリアルになったので尚更って感じです。そしてこの3では、ついにやり過ぎて「対象年齢の引き上げ」という前代未聞の事態となってしまいました。恋愛ゲームのイラストメインに担当していた人にアトリエを任せたのは、そういった意味では少々ミスったかな?とも…(笑)雑誌で見た所によれば彼は「足の匂いフェチ」な部分があるらしいです。ああ、これだもんアーランドの表現や人間関係ああなったのも無理ないかな、と。足の匂いフェチは僕も共感実は持てたり(笑)
    ただ、根本は、「ポケモンショック」発生の年からずっと出ているシリーズで、まともな内容も多めです。例えば根本の目標がどんなか、など。日常会話でもまともなの割と有りますしね。例えばこれならケイナによって周囲の人が幸せになるというイベントとか。

  4. kentworld より:

    >星さん
    アーランドシリーズから表現内容が大きく変わりましたが、
    このシリーズが盛り返したのもここからだったりしますので、
    アーランドシリーズがあったからこそ今のアトリエがあるとも言えるんですよね。
    まあ、そんな表現内容は置いといて、
    個人的には本作がゲームとし手は一番面白いバランスになっていると思いました。
    可愛い世界観もアトリエシリーズの魅力ですが、
    効率性重視のゲームデザインも醍醐味だと思うんですよね。

  5. より:

    このアトリエの主人公や前作の怪力な女性の名前って、絶対イラストレーターの彼から取ってますよね(笑)

  6. Koji より:

    アトリエシリーズの中ではメルルのアトリエが一番好きですね。
    主人公のメルルに華があるし、ゲームバランスも良好。
    星10個!

  7. より:

    この頃にはもう既にソニーの昔の名作はぜーーーんぶ消えていましたよね(上の写真のシリーズと同年生まれのみんなのGOLF除く)。モチベーション上がらん、という人も初代より楽しんでいた人達の中には居たと思います。ですが今年になりようやく昔の名作が見直され始め、僕も嬉しい限りです。
    Wii Uでの任天堂の不甲斐なさの為PS2~4と買いましたが、いずれもファミリーなゲームが発売される・される予定が立っていたからこそです。4は見知らぬ外国のゲームばっかだったり美少女ばっかだったりしたせいで購入意欲は2015年まで掻き立てられませんでした。クラッシュ、パラッパの復活という事でPS4の購入を考えている人は多いかと思います。やはり海外ですが昔ヒットした名作という所に凄さを感じます。あの関節の無い二足歩行のアヒル君、あみぐるみの彼などよりもクラッシュとかの方を喜ぶ人は多いかと思いますね。ソニックや太鼓の達人にしてもようやく出ますし。

    • kentworld より:

      最近は昔の名作が確かに見直されていますね。
      1990年代後半タイトルのリバイバルブームがやってきているといえるのかも。

      PS4はPS3よりも万人向けのハードになりそうです。
      ゲーム機としての使い勝手も雲泥の差ですし、SIEのやる気もある!

      • より:

        購入するソフトは、今の所は3のが多めになりそうな感じです。PS Moveを使ったゲームもやってみたいです。

        • kentworld より:

          PS3で欲しいゲームがどんどん見つかっているのかな?
          最初は興味なくても、よく調べてみると興味持つことがありますよね

  8. より:

    アトリエ決定音集
    ロロナ:ピヤ(イヤイヤイヤ)ン
    トトリ:プァーン
    メルル:ポリェン
    アーシャ:プァン(少し小さめの音)
    エスカロジー:カン
    シャリー:ピュリン
    ソフィー:クァン
    フィリス:プァーン(トトリとは違う音)

    同じシリーズでも決定音だけでこうも違うんですね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

朧村正【レビュー・評価】古き良き日本が好きな方へ!
ラストウィンドウ 真夜中の約束【レビュー・評価】手堅くまとまった無難な作品
3D映像が面白さと直結!パイロットウイングスリゾート レビュー
メタルギアソリッド3 スネークイーター【レビュー・評価】凄く中身が詰まった作品。しかし取っつきは最悪
パラッパラッパー(PS4)【レビュー・評価】リファインや拡張が足りない化石のような作品
ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス【レビュー・評価】気軽に楽しめる協力プレイゲームとしてなら
メタルギアソリッドV ファントムペイン【レビュー・評価】ステルスアクションとしての完成度はトップクラス
ドラゴンクエストXI(3DS)【レビュー・評価】過ぎ去りし時を求めた元ゲーマーが現役復帰するための特効薬
あくまで暇つぶし用。みんなのスッキリ レビュー
Submerged(サブマージド)【レビュー・評価】切なさを感じる浸水都市探索シミュレーター