2012/06/26/8:30 | ゲームレビュー

前作から一皮むけた!メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ レビュー

d02a6d3c.jpg
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~/PS3(通常版)  
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~/PS3 (プレミアムボックス)

2011年6月に発売されたPS3「メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~」
今回はレビューします。PS3「メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~」
人気錬金術RPG「~アトリエ」シリーズのPS3用3作目となる作品です。


良いところ


dc367ec9.jpg8ea060a5.jpg
中毒性の高さ


本作は、5年の間にアールズ王国の姫「メルル」
錬金術で開拓事業に乗り出し一定の成果を挙げる事が目的となっています。
5年の間に出来ることはモンスターと戦う、調合をして
新たなアイテムを生み出す、フィールドを探索して採集を行うと様々。

しかも、開拓ポイント、人口、ギルドクエスト、レベル、王国ランクと
モチベーションになるシステムが多いのでついついやり続けてしまい、
ゲーム内の時間だけではなく、実際の時間も
あっという間に過ぎてしまうほどの中毒性を持っています。

さらにその中毒性は、2周目からはさらに加速します。
1周目はゲームの全貌を掴めていないからどうしても手探りでプレイしてしまうのですが、
2周目からは大体分かっているので段取りを掴みやすいですからね~。

あのイベントを○年目の○日までにクリアするとか目標を立ててプレイすると、
ついやり続けてしまいます。エンディングの中には見るのが大変な物があるので、
すばやく作業をこなし、強い装備を手に入れる必要があるのもやりがいあってgood!


5c2b0792.jpg60817281.jpg
快適性の高さ


・ロード時間が早い。
・街では瞬時に各施設へワープ出来る。
・開拓に必要なアイテムを選択すると
 調合画面に飛べるなど便利なショートカット機能が多い。


・2周目以降はイベントシーンをスキップ可能。

・イベント時にアイテムを渡す時に
 コンテナ、カゴの両方から渡せるようになった。
・アイテムを必要としてる人のいる
 場所にはアイコンが表示されるようになった。

中毒性にさらなる拍車をかけているのが快適性の高さ。
前作よりもさらにショートカット機能が充実しているので、
サクサクと進める事が出来ました。作業的な面もある作品ですが、
テンポの良さ、そして豊富なイベントシーンがカバーしてくれます。


2f1ae5ea.jpg
魅力的なキャラクター


流石キャラクター性に力を入れているだけあって、今回もキャラの魅力は凄かった!
個人的に好きなのは幼女姿になったロロナ。
もうね。ビックリするくらい、可愛いんです。

見た目はとてもアラフォーには見えない「ステルク」「エスティ」
気さくだけどどこか抜けている「ハゲル」など、
それ以外のキャラクターも良い味を出しています。
主要キャラクターのほとんどにイベントが用意されているのも嬉しいですね。

ちなみに本作に登場するキャラクターの多くが
前作、前々作にも登場するので、そちらをプレイしていれば
より感情移入が出来ると思います(もちろん未プレイでも楽しめます)。


abd136d4.jpg
演出面がパワーアップ!


・グラフィックが前作からパワーアップ!
・効果音の弱さを改善。
・演出面の弱さを改善。
・レベルアップ時の演出が派手に!


・寝て時間を進めると昼夜暗転の演出が入り、

 日数が経過した感じが出るようになった。
・課題を達成したら効果音が鳴るようになった。
・依頼を達成したら効果音が鳴るようになった。

前作は演出面が少し弱かったのですが、
今作ではだいぶマシなレベルとなり、中小企業が作った
作品としては一皮むけた気がします。

特にそれを感じたのは、終盤の戦闘シーン。
必殺技の演出が前作よりもだいぶ派手になっていて、
PS3のマシンスペックを上手く活かしたものになっているんです。
派手過ぎて、逆に大袈裟な印象を持ってしまうくらい。


5c2b0792.jpg6e7956c9.jpg
ファンサービスを感じるおまけ


一度ゲームをクリアすると数々のおまけモードが出現しますが、
どのモードもファンにはたまらない物で、
ファンサービス“がしっかりしているなと感心してしまいました。
ダウンロードコンテンツもファンにとっては魅力的な物になっていてgood!


悪いところ


f70c6308.jpg
イベントシーンが多過ぎる


これは前作もそうでしたが、イベントシーンが多過ぎる気がします。
もちろんキャラクターもウリにしているゲームなので
イベントシーンを多くするのは分かるのですが、肝心のゲームが
ブツ切りになるほどの量なので少しテンポが悪く感じてしまいました。


a7f9ad11.jpg


やりたいことがあるのに連続してイベントシーンが
入った時は、ちょっと邪魔に感じてしまいます。
あと、2周目以降はスキップ機能が追加されたのは良いのですが、
イベントシーン自体を瞬時に飛ばすのではなく、
文字を少し早めにスキップするだけなのでやや不満でした。
ポリゴンキャラの寸劇シーンは早送りすらも出来ないので、その辺も改善して欲しかった。





中毒性のあるゲーム性はそのままに、個人的に前作で不満だった
演出面の弱さを改善して、一皮むけた内容になっていました。
見た目からしてキャラクターや世界観を前面に押し出していますが、
肝心のゲームも良く出来ています。流石10年以上も続いているシリーズ!

こんな人には特におススメ。
・作業ゲーが好きな人。
・可愛いキャラクター・音楽が好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・オタクっぽい要素に抵抗がある人。
・作業ゲーが嫌いな人。

メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~/評価 ★★★★★★★★★☆ 星9つ
プレイした時間・・・約30時間


※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(4)

  1. dwui より:

    確か幼女姿になったのはメルルではなくロロナですよ。
    でもキャラクターの魅力は凄いですよね。
    メルさんの絵の力もプラスされて最高でした。
    あと、携帯機との相性もいいと思うのでロロナのアトリエがVitaで発売されるのを期待しています。

  2. kentworld より:

    >dwuiさん
    うわぁぁぁぁぁ・・・なんという恥ずかしいミス!
    ロロナ、トトリ、メルルって
    みんな名前似ているからややこしいんですよw
    PSVITAへの移植は良いですね!
    スペック的にも出せるハズ!?
    マケナミアもPSPに出ましたし、きっとそのうち・・・。

  3. より:

    アーランドになっていきなり始まった、表現内容のちょっとした「暴走」。一転して深夜のアニメ番組に少し近くなってますね。岸田さん我慢出来なかったのでしょうか、アーランド1、2と表現内容は少しずつエスカレートしていった感じです。2からはモデルもリアルになったので尚更って感じです。そしてこの3では、ついにやり過ぎて「対象年齢の引き上げ」という前代未聞の事態となってしまいました。恋愛ゲームのイラストメインに担当していた人にアトリエを任せたのは、そういった意味では少々ミスったかな?とも…(笑)雑誌で見た所によれば彼は「足の匂いフェチ」な部分があるらしいです。ああ、これだもんアーランドの表現や人間関係ああなったのも無理ないかな、と。足の匂いフェチは僕も共感実は持てたり(笑)
    ただ、根本は、「ポケモンショック」発生の年からずっと出ているシリーズで、まともな内容も多めです。例えば根本の目標がどんなか、など。日常会話でもまともなの割と有りますしね。例えばこれならケイナによって周囲の人が幸せになるというイベントとか。

  4. kentworld より:

    >星さん
    アーランドシリーズから表現内容が大きく変わりましたが、
    このシリーズが盛り返したのもここからだったりしますので、
    アーランドシリーズがあったからこそ今のアトリエがあるとも言えるんですよね。
    まあ、そんな表現内容は置いといて、
    個人的には本作がゲームとし手は一番面白いバランスになっていると思いました。
    可愛い世界観もアトリエシリーズの魅力ですが、
    効率性重視のゲームデザインも醍醐味だと思うんですよね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君【レビュー・評価】ドラゴンクエストの世界を綺麗にフル3D化した作品
ドンキーコングジャングルビート【レビュー・評価】最高の爽快感を実現した隠れた2Dドンキーゲーム!
くるりんスカッシュ!【レビュー・評価】大作ゲームを遊んだ後の息抜きに!
グランド・セフト・オートV【レビュー・評価】相変わらずの車ゲーだが、相当な力作
GBAの隠れた名作探索アクションゲーム!メトロイドゼロミッション レビュー
Hyper Light Drifter(ハイパーライトドリフター)【レビュー・評価】ハードでサクッと楽しめる地味なレトロ風ゲーム
ソルト アンド サンクチュアリ【レビュー・評価】ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!
星のカービィ スーパーデラックス【レビュー・評価】カービィの可能性を感じさせてくれるボリューム満点の1作!
クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!【レビュー・評価】ややマイルドになって良作に進化!
N64最後の名作!どうぶつの森 レビュー