2017/04/26/7:00 | ゲームレビュー

二ノ国 白き聖灰の女王【レビュー・評価】レベルファイブの野望が詰まったPS3の貴重な王道RPG


二ノ国 白き聖灰の女王 オールインワン・エディション/PS3

2011年11月に発売されたPS3「二ノ国 白き聖灰の女王」を今回はレビューします。

PS3「二ノ国 白き聖灰の女王」はレベルファイブとスタジオジブリがコラボした大作RPGです。

2012年7月には完全版のPS3「二ノ国 オールインワンエディション」が発売。

良いところ

スタジオジブリによる魅力的な世界観

スタジオジブリ監修だけあって、世界観は非常に魅力的でした!

全体的に幻想的で、キャラクターデザインは温かさを感じられ、まるで過去に公開されたスタジオジブリ製作のアニメーション映画を見ているかのよう。PS3ソフトとしては異質な作風となっています。

本作ではそんな魅力的な世界観をフル3D化して冒険に出られるのだからたまらない!それも見下ろし視点では無く、TPSのような近い視点で冒険出来るのだから臨場感が半端無いです。

視点が近いため3Dポリゴンモデルは少々ぎこちない所が見られますが、全体的に完成度は高く、プレイ中はアニメキャラクターを操作しているかのようでした。

最近ゲームをプレイしていない人が本作に手を出したら、「ついにゲームもここまで進化したのか!?」と驚くこと間違いなし
(実際、従兄弟夫婦にやらせたら腰を抜かしていました!笑)。

世界観をさらに魅力的にしているのが、久石譲さんによる音楽。

特にワールドマップ、戦闘曲の壮大さは秀逸で、何度聴いても飽きません。今後「ニノ国」がシリーズ化したとしても、この曲を踏襲してもらいたいくらい。

洗練された戦闘システム

戦闘システムはPS3らしく洗練されたものでした。

戦闘システムを平たく言うと移動が出来るリアルタイムのコマンドバトル!

一つ一つの要素は「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」、「ポケットモンスター」にも存在するようなもので新鮮味は薄いのですが、マクロな視点から見ると斬新な組み合わせに感じました。

正直、レベルファイブのRPGにここまで洗練された戦闘システムが搭載されている事に驚き。

慣れるのに時間はかかりますが、慣れて来るとリアルタイムによる緊張感やイマージェン(モンスター)と人間キャラを交互に操作する戦略性の高さを感じて楽しくなってきます!

RPG好きには嬉しい数々の要素

・カジノでミニゲームを楽しむ事が出来る。
・船に乗る事が出来る。
・竜に乗って空を飛ぶ事が出来る。
・ツボが光っている場合、調べる事が出来る。
・モンスター(イマージェン)を育成する事が出来る。
・モンスター(イマージェン)を捕まえられる。
・倒すと経験値を沢山くれるレアモンスター(イマージェン)が存在する。
・魔法を使ってフィールドで謎を解く事になる場合がある。
・クエストが用意されている。
・闘技場的なサブイベントが用意されている。
・メッセージの効果音が「ドラゴンクエスト」っぽい。

本作にはRPG好きにはたまらない要素が満載です。

中にはPS2「ドラゴンクエストVIII」、PS2「ローグギャラクシー」など同じレベルファイブ製タイトルに搭載、もしくは熱望されていた要素が盛り込まれていて、これら作品の精神的続編の側面があると思いました。

逆に言えば王道過ぎるのですが、PS3でここまで王道なRPGは意外と少ないだけに重宝されるのではないでしょうか?

個人的には様々な街をはしごしてダンジョン探索する進行形式が嬉しかった!

当たり前のような事に感じますが、HD機になって開発工数が増してからは1つの街を拠点にダンジョン攻略するゲームが目立ってきましたからね・・・。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

やらされている感じがする

全体的にやらされている感がしました。画面に表示されるマップには常に目的地が表示され、さらに次にやるべき事が表示されるんですよ。

これだけでもやらされている感があるのに、遠回りさせられる展開が多いから困った困った。

例えば目の間に今、目指している物があるとします。目の前にお目当てのアメがあったら飛びつきますよね?

それなのに面倒なお使いイベントが発生して、遠回りさせられるんですよ。さらにそこから別のお使いイベントが発生して、二重で遠回りさせられているような気がしました。遠回りし過ぎて本当の目的が何だったのか忘れるレベル。

ミニマップに目的地が表示されることはライトユーザー向けの配慮としては良いのですが、遠回りさせられるゲーム進行によってやらされている感も増して、悪い部分も際立ってしまっていますね。

味方のAIが悪い

戦闘時は味方AIの力を借りますが、頭が悪く感じました。

特に後半はAIの悪さが際立ち、結局、主人公1人で何度も戦ってしまうケースが増えます。

そのせいで戦闘難易度が高く感じてしまい、ライトユーザー向けのハズがおススメできなくなっていると思いました(そもそもライトユーザーにこの戦闘システムは複雑過ぎる)。

どこか素人臭い脚本・演出

脚本・演出は素人臭く感じました。物語は王道ですが、肝心な所が唐突に描かれていたり、盛り上がりに欠けるシーンがあって日野クオリティ炸裂。

プロの声優を起用していないため棒読み気味なこともあって、見た目は大作っぽくても中身はどことなく素人臭さが漂っていてギャップを感じてしまいました。

レベル上げが面倒

レベル上げは面倒に感じました。

レベルが上がるスピード自体は問題ないのですが、モンスター(イマージェン)を進化させるとレベルがになってしまう仕様のせいでレベル上げに費やす時間がちょっと長かったように感じます。

もちろん進化させなくてもゲームを進める事は出来るのですが、それだとどこかで詰まってしまう可能性もあるので、普通の人は最低一回は進化させる必要があるんじゃないかな?

全体のまとめ

若干余計な仕様が散見されるものの、RPGとしては丁寧な作りで、絶賛こそは出来ないもののたまにはこんな作品も悪くは無いように感じました。

HD機では珍しい、王道過ぎる大作RPGがやりたい人はどうぞ。スタジオジブリ版「ドラゴンクエストVIII」として売っても違和感の無い作品。

レベルファイブの野望が詰まったPS3の貴重な王道RPG。

こんな人には特におススメ。
・王道のRPGをやりたい人。
・スタジオジブリ好き。

こんな人にはおススメできない。
・海外志向の人。

二ノ国 白き聖灰の女王/お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆ 星7つ
プレイした時間・・・約38時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(10)

  1. でらこ より:

    待ってました!
    遂にニノ国のレビューですね!
    ぼくもDS版は持っているので、PS3版も
    興味があったのですが、PS3が無いもんで・・・
    だけど、kentさんのレビューで内容が
    分かった気がします。
    リアルタイムの戦闘、難しそうですが
    DSには無かったので興味がありますね。
    戦闘で味方には命令できないんですか?

  2. kentworld より:

    >でらこさん
    このレビューで内容が分かったのなら良かった!
    味方キャラクターは操作する事が出来ますし、
    作戦で戦法を変えたり出来ますよー。
    戦闘はDS版をプレイしていても、
    新鮮に楽しめると思います!

  3. 匿名 より:

    DS版を250円で買って途中で終わると言うのを見てPS3版を500円買ってクリアしましたw
    一番悪いのは声優でもなくAIでもなく、肝心のストーリーの最後でしょうか、
    全然女王に共感できないと言うか(もうかなり忘れてる)えぇそんな思考なの?と思った覚えがあります、ここに来るまでは話も王道で悪くなかったですが最後の理由が適当過ぎるのでかなり3流感が強くなりました。
    更にDS版はあんなところで終わっていいの?と言う、どう考えても話がまとまらない場所で終わるみたいなので折角買ったので逆にいつかやろうと思っていますw
    ちなみに通常版とインワンはディスクに入ってるか無料DLするかの違いで同じみたいですよ。

    • kentworld より:

      日野シナリオが炸裂でしたねぇ。
      僕はその前から3流感を強く持ってしまい、シナリオは半分、流していました。

      PS3版はDS版のストーリーをベースにその後も描いているんですよね。
      確かにあそこで終わらせてしまったらどうなのかと思います。

  4. トモフミ より:

    今年あたりにニノ国Ⅱがでますけど、このゲームはDS版の続編ではなく移植版なのですか?
    私、気になります(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

    あと良くも悪くもRPGのシステム周りは、DQVIIIなどで培った影響で洗練されているのですね。私もこの目的地がいつも画面にあるやらされている感は同じレベルファイブの妖怪ウォッチシリーズでそう感じました。目的地や目的の表示はメニュー画面上にあればいいものだと思いますよ。フィールドマップでの冒険中にいつも表示されていたら正直、ウザいです。
    そこはいつも思うのですが、ライトユーザーを軽く見過ぎだと思いますよ。人に寄るかもしれませんが、それこそライトユーザーは目的がいつも表示されていると煩わしいと思うはずだと感じるのですよ!

    • kentworld より:

      二ノ国はDSとPS3で発売になりましたが、
      これらはドラクエXIに近く、シナリオは同じでグラフィックや戦闘システムが違うんですよね。

      トモフミさんもナビゲート周りは親切過ぎると感じましたか・・・
      僕はメニュー画面で分かるようにしたら良いと思っています。
      それだけでもやらされている感はだいぶ変わってきますからねぇ。

  5. 黒詩★紅月 より:

    セールでDL版を買ったが、続編がある和ゲーは無性にパッケージが欲しいですワンw
    いつか買うかも

  6. メトロキシド より:

    昔の記事にコメント失礼します。
    ds版は魔法の書がないと進められないらしいですけどps3版はどうだったでしょうか?(両方とも未プレイ)あとkentさんが仰ってる部分はレベルファイブゲーの特徴なんですよね…自分はけっこう前からそういうゲームをやってきたのであまり気にならないですけど。個人的にレベファのゲームはどれも面白いのですがそのぶん粗も多いのでもっと完成度を高めて欲しいなぁというのがレベファゲーの感想ですね。最後の方二ノ国全然関係ないコメントでしたけど長文失礼しました。

    • kentworld より:

      PS3版は魔法の書が内蔵されていて、一部はそれで解いていくところがありました。
      でも、全体的には印象に残っていません。
      確かにレベルファイブゲーって毎回、こんな感じですよね。
      妖怪ウォッチもそれで楽しめないところがありました。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

フェアルーン【レビュー・評価】十字キーと1個のボタンだけで遊べるレトロ風アクションRPG!
風のクロノア door to phantomile【レビュー・評価】ステージの立体感と世界観が素晴らしい!
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2【レビュー・評価】懐かしさとマンネリ感が付きまとうコンパクトなゼルダ!
Never Alone(ネバーアローン)【レビュー・評価】北極圏を知る教育アクションゲームとしてなら
がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻【レビュー・評価】昔の日本へ旅に出かける2Dアクション!
塊魂 ノ・ビ~タ【レビュー・評価】ダウンロードコンテンツを含めて初めて成り立つ突貫工事作品
Wii Sports【レビュー・評価】間口は広いが、奥は浅い
クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周【レビュー・評価】PSを代表する名作アクションゲーム!
ゾンビU【レビュー・評価】Wii Uの不便さを恐怖に変換した意欲作!
428 〜封鎖された渋谷で〜【レビュー・評価】洗練された群像劇で遊ぶ壮大なアドベンチャーパズル!