2013/07/06/8:30 | ゲームレビュー

ニンテンドーランド【レビュー・評価】ひとりでもみんなでも楽しめる幕の内弁当!

46
ニンテンドーランド/Wii U

2012年12月に発売されたWii U「ニンテンドーランド」を今回はレビューします。
Wii U「ニンテンドーランド」は任天堂の人気シリーズをモチーフにした
アトラクションが12種類収録されたバラエティゲームです。

良いところ

121209-0503-39
1人でもしっかり遊べるアトラクションを用意

見た目からパーティゲーム臭が漂ってくるニンテンドーランド。
でも、実際にはひとりでも十分に遊べたりするんです!
一人用でメインとなるのは、「ゼルダの伝説 バトルクエスト」、
「ピクミンアドベンチャー」、「メトロイドブラスト」といったチームアトラクション。
いずれも1人で遊ぶ場合はミッションクリア形式となっており、
それぞれ数十個のミッションが用意されています。

すべてのミッションをクリアするまでのプレイタイムは大体2~3時間
ミッションによって目標や敵キャラクター、ギミック、背景が異なり
それぞれ新鮮に楽しめるので、充実感はなかなかのものでした。

さらに各ミッションには条件を満たすことで与えられる「マスタークリア」という
やり込み要素が存在。操作方法が異なる武器、乗り物、キャラクターを
使って遊ぶことも出来るので、それらも含めてやり込もうとしたら
1つのアトラクションだけでもそこそこ遊べると思います。さらに・・・

121209-0507-45
ファミコンゲーム感覚で遊べるミニアトラクション

1人用専用のゲームとしては、チームアトラクション以外にも
6つのミニアトラクションが用意されています。いずれもクリアまでが難しく、
ゲームオーバーになると最初からやり直しなので、ファミコン時代初期にあった
何度も死んで覚えて先に進むゲームをやっているような感覚を味わえました。

良いところまで進んだ時にゲームオーバーになったときの悔しさ。 
後半のステージをプレイする時のドキドキ感。
これはまさしくファミコン時代に感じられた楽しさです!

さらにどのミニアトラクションもクリア後にプレイ出来る裏面が本番だったりするから恐ろしい。
そちらの難易度は、パーティゲームと思って手を出したら火傷しますよー。
ルールや操作自体はどれもシンプルですが、
熱中度は高く、ハマると何時間も遊んでしまいます。

121219-1403-14
多彩なマルチプレイモード

ミニアトラクション以外に用意された6つのアトラクションは
いずれも協力・対戦が可能で、Wii Uゲームパッドと
Wiiリモコン+ヌンチャクを使った非対称ゲームプレイが楽しめます。

特に面白いのが、「マリオチェイス」。このゲームでは1人がゲームパッドの
全体画面を見ながら鬼役をやって、残りのプレイヤーは子となって
TV画面を見て逃げ回ります。非常にシンプルなルールで難しい操作も
必要ないから万人が楽しめるし、Wii Uでウリとなっている
非対称ゲームプレイの良さも感じられるので、ある意味最強のゲーム。

プレイしないと良さが伝わりにくいのですが、
個人的にはWiiで言う「Wii スポーツ」のテニスと同じくらいの
斬新さと魅力を持ったゲームに感じています。

それ以外のゲームも複数ステージが用意されていたりと
ミニゲームとして片付けてしまっては勿体ない出来。
対戦ゲームが6種類と聞いたら少なく感じますが、これだけでもそこそこ長く遊べます。

6f65700b.jpg
Wii Uゲームパッドを活かした遊びが満載

Wii Uと言えば、テレビとゲームパッドの2つに画面がある事が特徴となっています。
本作では対戦ゲーム以外にも、特にミニアトラクションでは
ゲームパッドの画面とTV画面の2つを上手く活かした遊びが盛り込まれており、
Wii Uゲームパッドの魅力を十分に味わうことが出来ました。
どのミニアトラクションも、本気でクリアを目指すには2つの画面を活用しないと無理です。

121209-0501-36
コレクター要素で長く遊べる

各アトラクションで好成績を収めると手に入るコイン。
このコインがあれば専用のミニゲームをプレイすることが可能で、
クリアしていくと1ステージごとに任天堂キャラクターのフィギュアを貰えます。

この要素のおかげで各アトラクションをプレイする意欲が増し、
長く楽しめるようになっていると思いました!コインゲームは難易度が上がると
何十枚も1ステージにコインを投入することになるので、
すべてのフィギュアをコンプするには何千枚ものコインが必要になるでしょうね。

懐かしのBGMが満載!

任天堂の人気シリーズをモチーフにしたアトラクションが遊べるだけあって、
随所で懐かしのBGMが聞こえてきました。個人的には「ヨッシーストーリー」、
「ヨッシーアイランド」、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」、
「ゼルダの伝説 時のオカリナ」のBGMを聞けたのが嬉しかった。
プレイしていると、多くの方が「あ、このBGM懐かしい!」なんて感じることがあるでしょうね。

個人的に合わない&気になったところ

121209-0510-33
パチもん臭いデザイン

任天堂の人気シリーズをモチーフにしたアトラクションが楽しめるのは良いのですが、
どれもデフォルメのセンスが悪く、安っぽく感じてしまうのが残念です。
特にMiiに任天堂キャラクターのコスプレをさせているのは最悪。
とても公式ゲームとは思えないパチもん臭がします。

130114-0838-02
少々強引なアトラクションがある

もうひとつパチもん臭がする要因として、少々強引に任天堂の
人気シリーズを題材にさせたアトラクションが存在することです
例えばドンキーコングのクラッシュレースとか、どうぶつの森キャンディー祭りとか・・・。
元々Wii Uのデモンストレーション用ソフトとしての役割もあるとは言え、
あまり原作への愛を感じられなかったのは残念です。

121208-1538-35
少々ウザイガイド

初めてゲームを起動した時、アトラクションをプレイした時などは
ガイドが入るのですが、どれもテンポが悪く、少々ウザく感じました。
スキップも出来るのですが、初めてプレイするアカウントごとに
アトラクションの説明が入るのは勘弁して欲しいです。


任天堂ブランドを利用したミニゲーム集と甘く見ていましたが、
ひとりでも、みんなでも満足して遊べるゲームになっていました。
しかもWii Uならではの遊びが体験できるので、色んな良さが詰まった幕の内弁当のような作品。

こんな人には特におススメ。
・Wii Uの機能を知りたい人。
・任天堂ファン。
・みんなでワイワイ楽しみたい人。
・死んで覚えるゲームが好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・特に無し。

ニンテンドーランド/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約28時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)面白いと思ったらクリックしてね( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ネットハイ【レビュー・評価】外面は尖っているが、内側は凡庸
マリオ+ラビッツ キングダムバトル【レビュー・評価】マリオなのにマリオじゃないガチなシミュレーションRPG!
グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-【レビュー・評価】新たな戦略性を開拓したのは評価したいが…
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U【レビュー・評価】良いところは継承し、悪いところは改善したシリーズの集大成!
Hey! ピクミン【レビュー・評価】カジュアルに寄せた淡々としたピクミン
レイトン教授と奇跡の仮面【レビュー・評価】3DSならではを期待しなければおススメ!
ロックマン クラシックス コレクション 2【レビュー・評価】冷遇されていた作品たちが集うファン待望の一本!
スーパーマリオブラザーズ3【レビュー・評価】ファミコン後期の超大作にしてシリーズ最高傑作!
デッドスペース2【レビュー・評価】日本で出せないからこそ味わえるものが詰まった作品
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー【レビュー・評価】予想以上に高い完成度とボリュームで贈るFFのお祭りゲー!