2010/01/12/8:30 | M☆G☆Mコラム

RPG=観覧車×アクションアドベンチャー=ジェットコースター

a3b340e6.jpg




観覧車ジェットコースターの楽しさって、クリアに時間がかかるRPG
一本道のアクションアドベンチャーに似ている気がする。


観覧車
ゆっくりと回るため乗っていられる時間が長めでじわじわと味が出てくる。

RPG

レベル上げなどに時間を費やされる物の遊べば遊ぶほど自分が強くなり、
ストーリーが盛り上がってスルメのように味が出てくる場合が多い。
 
ジェットコースター
⇒一気にコースを1周して乗っている時は凄く楽しい物のすぐに終わる。


アクションアドベンチャー
⇒すぐにクリア出来てしまうけど、次から次へと
新しいギミックが出てきて物凄く濃い時間を味わえる場合が多い。


ね?似てるでしょ?あなたはゲームではそこそこ楽しい時間を長めに過ごすか
めちゃくちゃ濃い時間を短めに過ごす。どっちを望みますか?
僕は後者のめちゃくちゃ濃い時間を短めに過ごす方かな?


大人になってゲームに費やせる時間が少なくなってきたので、
学生時代とは違って短い時間でも密度の濃い時間を過ごすことを
望むようになって来ました。大人になって自由に使えるお金も増えてきたし、
今はお金よりも時間の方が欲しいんですよねo(^-^)o



と言う訳で、製作費が10億円で50時間遊べるゲームより、
製作費が10億円で10時間遊べるゲームの方が僕にとっては魅力的です。
確かに遊べる時間は短いけど、その分前者のゲームより
密度の濃い時間を過ごせそうですからね(^ε^)♪


僕は毎日を密度の濃い一日にしたいから、プライベートは短い時間でも
色々な事をするようにしたいと心がけています。
と言う訳で短い時間でクリア出来て密度の濃いゲームは大歓迎です!
まあ、価格に見合った満足感を得られない場合や短すぎる場合は困りますが、
基本的に15時間くらい遊べて内容が濃かったら良いです。


こう考える人って日本では凄く多いと思う。
なのに日本で人気の「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」
「ポケットモンスター」「モンスターハンター」はクリアするのに
時間がかかるからちょっとおかしな事になっていると思います(^▽^;)


まあ「ファイナルファンタジー」以外はみんな本編、もしくは主流になっているシリーズ
空いた時間にいつでも出来る携帯機で展開されているからまだ良いんでしょうけどね。
据え置き機の場合だったらジェットコースター型のゲームの方が
今の日本人のライフスタイルに合っていると思います。


僕は結構な数のゲームを買ってクリア率もそこそこ高いけど、
それってすぐにクリアできるジェットコースター型のゲーム
好んで買っているからなだけなんですよね。みんなが良くやる
クリアに50時間かかるような大作RPG年に2、3本しか買いません。
だって買っても積む可能性が濃厚ですもんw



※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(12)

  1. lemse より:

    確かに、時間はかかるんですが、内容のある
    アドベンチャーは時間をかけてもそれに見合う
    満足度が得られます。
    でも、でも時間がかかるから、年に数本プレイするのが限度ですが、それでいいです。
    じっくり味わい、また際プレイしても
    多くて80時間くらいです。
    でも、アクションは悲しいから反射神経が恐ろしく
    ないから、全然先へ進まない。たぶん200時間
    かけてもクリア出来でしょうから結果的にアクションのほうが時間がかかるしストレスたまることになりそうです。
    そんなこんなで、やるゲームは年間通して少量
    主義になってます。
    ただ、uno,chess,囲碁みたいに何度もでも
    やれるシミュレーションゲームはずっとやるから
    一番コストパフォーマンスが高くてつい新しいの買っちゃいます。

  2. アリム より:

    あー何で積みげーが増えるのかと思っていたら観覧車のゲームばっかり買っていたからなんですね(笑)

  3. 観覧車もジェットコースターもどちらも楽しいですよねー
    アンチャが大人気なので、買いたい気分が満載ですが、積みゲーの量が減らないので見送りです。
    2月のツインパックとかが狙い目でしょうかね?w

  4. kentworld より:

    >lemseさん
    あーアドベンチャーはストーリー重視なので
    逆に短いと批判の対象になってしまうと思います(笑)
    確かにアクションゲームは死んで覚えるタイプの物が多いですよね・・・。
    死んだら物凄く前に戻されちゃう事も多いですし・・・。
    でも、記事に書いた3本だったら大量にチェックポイントが用意されているし、
    初心者に優しいイージーモードが用意されているので大丈夫です!
    特にアンチャーテッドはイージーよりもさらに低い難易度のモードがあるので、
    流石にこのモードだったらどんなにアクションゲームが苦手な人でも
    ストレスなくやれると思いますよ^^
    と言う訳で騙されたと思って手に取っていただけたら・・・。
    僕もブログを書いていなかったら
    少量主義に走っていたかもしれません^^;
    ブログを始めちゃうとみんなとコミュニケーションがとれて
    ゲームを買うペースがどんどん増えちゃうんだよなー^^;
    lemseさんのおかげでシュタインズゲートの魅力が分かってきたし。

  5. kentworld より:

    >アリムさん
    観覧車ばかりはヤバいですよーw
    ちょっと前に世界樹II→シレン3のコンボで
    積みゲーがめっちゃ増えた事がありますw

  6. kentworld より:

    >Tugumiさん
    それぞれに良さがあると思います。
    昔は観覧車のゲームに価値を感じていたんですが、
    今はお金<時間なのでどうしてもジェットコースター重視なんですよねぇ。
    Tugumiさんにはアンチャーテッドをぜひやってもらいたいです(笑)
    太く短い作品ですぐに消化できますから、
    一瞬でも隙ができたらぜひ(笑)

  7. lemse より:

    >kentworldさん
    あー、どうもお忙しいのにレスにレス返して
    すみません。
    紹介していただいた3本のうち、アンチャと
    call of dutyは興味ありますよ。
    前にも申し上げたように、call of dutyはkentさんのゲーム紹介で
    親切設計のようなので、ただ前作のcall of duty4 modern warfareの方が安いのでそちらをやってみようかなと考えてます。
    アドベンチャーは短いと批判の対象になりますね。最近のアドベンチャーはどれも長いので大丈夫でしょうけど。
    それと、シュタインズゲートの体験版は1章部分なので、どうしても盛り上がりはありません、
    これで、中二病や盛り上がらない話で僕は
    しばらく手を出しませんでしたから。
    でもその後の
    ネットサーフィンで良作は間違ないと思い購入して正解でした。
    だだ、ゲームは必ず人を選びますから、合わない可能性もありますが、九割がた科学の真実とと、崩壊しない論理性なストーリーを
    愛するなら、まず大丈夫と思います。

  8. 狛犬 より:

    FALLOUT3はそのどちらでもなく、核戦争後のテーマパークですな。
    コースは無く好きな遊びができる半面、何処へ行っても荒廃しておりますw

  9. kentworld より:

    >lemseさん
    あーいえいえ、基本的にレス返しはするようにしていますので^^;
    コールオブデューティーは非常に親切な作品ですが、
    FPSと言うジャンル上どうしても2本のスティックの操作に慣れないといけないので、
    どちらかと言えばカバーアクションがある
    アンチャーテッドの方が取っ付きが良いと思いますよー。
    どうしてもコールオブデューティーが良いのであれば、
    「モダンウォー・フェア1」が廉価版で安いのでおススメです!
    シュタインズゲートの体験版はそうでしたか・・・
    どうやら一つ壁を乗り越えないと楽しめないようですね。
    まずはその壁を乗り越えるつもりでプレイしたらハマるかも。
    科学の真実と、崩壊しない論理性なストーリーですか・・・
    うーん同じようなストーリーの作品をやった事が無いので
    愛する事が出来るのかは分からないけど、
    抵抗は無いので多分大丈夫だと思いますw

  10. kentworld より:

    >狛犬さん
    フォールアウト3はジェットコースターでも観覧車でもありませんかw
    だとしたら本当に従来のRPGの域を超えちゃっていますよね。
    時間があったらぜひやってみようと思います。

  11. totomaru より:

    時間>お金の社会人にとっては、クリアまで数十時間の据置機のRPGはほとんど無理です。
    また、セーブポイントの間隔が広いのも、「なるべく死なない」を前提にしたゲーム構造からみたら、しょうがないのかもしれませんが、時間がない人にとっては遙か前のセーブポイントからのリスタートは罰ゲームでしかない感じです。
    数十時間あれば映画DVDが何十本見れるか、本であれば何冊読めるか、を考えると、それほどの価値が、ゲーム一本にあるのかと・・・・。
    とか言いながら、DSのドラクエ9は300時間近く遊んでいるんですけどね。
    アンチャーテッドとCoDのようなゲームは、自分にはぴったりでした。これらのようなシステムのゲームなら、今後も買う気が起こります。
    人それぞれですけどね。

  12. kentworld より:

    >totomaruさん
    日本の社会人ゲーマーが積みゲーを沢山作ってしまう要因のほとんどが
    観覧車タイプのゲームを沢山買ってしまっている事にあるんだと思います。
    少し前までの僕がそうでした。
    昔はクリアに必要な時間が長いほど良いゲームと思っていました。
    でも、自由に使える時間が少なくなる大人になってからは
    むしろ辛くなって来ました。
    なので、正直ちょっと前まで僕はゲーム離れをしかけていたんですよね・・・。
    そんな時に気が付いたのがジェットコースター型ゲームの存在です。
    何となくtotomaruさんと僕のゲーム事情が似ていたような気がしたので
    アンチャーテッドはおススメしたんですが、どうやらピッタリだったようで良かったです。
    僕のような人は比較的遊びやすい任天堂ソフトや
    親切なジェットコースター型のゲームが一番合っているような気がします。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。