2012/05/07/8:30 | M☆G☆Mコラム

作り手目線に立ち過ぎると作品を批判するのが難しくなってくる

0bedd917.jpg



昔からこのブログを読んでいる方はご存じだと思いますが、僕は創作が大好きです。
このブログを始める前までは毎日オリジナルの漫画を描いていたりしました。
1ページに2時間以上かけて、30ページほどの大作を
1ヵ月に1本のペースで作っていたんです。
なので、物作りの大変さは良く分かっています。


読もうと思えば2分程度で読めてしまう
30ページの漫画を描くだけでもこんなに時間がかかるのか・・・
だったら30時間でクリアできるゲームは
どれだけの時間とお金を費やして作っているんだろう?


きっと作っている方々は何度も徹夜などの辛い思いをして作っているんだろうな。
そんな開発者が一生懸命作ったゲームを「クソゲー」と一言で片づける。
そんな事、僕には出来ないよ・・・M☆G☆M+etc... M☆G☆M+etc...


↑少し前まではこんな事を考えていたりもしました。
でも、ある時「これじゃあ製作者も反省が出来ないだろうな」と思い、
ある程度ブログを書き慣れた頃には作品のダメな部分も
しっかりと指摘するようになったんです。お金を払っている訳ですしね。


ただし、「この作品には悪いところしか無い!クソだ!」
作品を全面否定する事はまずしません。どんなにダメな作品でも、
一生懸命良いところを探してフォローは欠かさずするようにしています
(総合的に見たら微妙、駄作。という評価をすることはもちろんありますよ)。
このような心掛けが出来るのも、僕が作り手目線に立てた事があったからでしょうね。


最近はあまり物作りをしなくなったので
みなさんと大して感覚が変わらなくなってきたけど、
少し自分の人生を振り返って昔の考え方を思い出してきました。


みなさんもたまには開発者が何度も徹夜で物作りをしている様子を
思い浮かべながらゲームやら漫画、アニメ、音楽、映画などを
楽しんでやってくださいね。物を作るのって大変なんだよ・・・。


768e6553.jpg



物凄く細かい街を描いた海外ゲームをやっている時。
物凄く沢山のアイデアが詰まったゲームをやっている時。
物凄く細かい背景が描き込まれた漫画を読んでいる時。
物凄く凝ったCG映像が挿入される映画を見ている時。


そんな時、僕は単純に「凄い!」と思いつつ、
これ作った人大変だったんだろうな~」と思っていたりします。
創作物に関して語る場合、多少は作者を尊重しつつ、語ってくださいね。



※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(8)

  1. ざるてぃす より:

    自分はゲームだけではなく、様々な作り手側の視点を紹介する番組が好きです。
    (カンブリアやガイアに夜明けなど)
    映画のDVDについてくるメイキングなんかも進んでみるようにしています。
    「製作者側はこんな想いでこの場面を創っていたのか! こういう意図が散りばめられていたんだ。 こういう葛藤があったんだ。」
    そういう苦労が観れて大変為になったりします。
    なので、どうしても批判的なものには敏感になってしまいがちですが、やはりそれではいけないですよね。
    製作者を甘やかしては彼らの為、ましてはユーザーの為にもなりませんよね。
    あくまで中立の立場で批評していく。これが我々にできる事なのかもしれませんね!(生意気に言ってみたw)
    やはりユーザーは、簡単にクソゲー扱いをせず、良い所も観る目を養ってほしいものですねw

  2. わっふる より:

    大人になると自分も働きだしたりするので、
    ゲームを作るという仕事の過酷さを更に意識してしまったりしわふよね。
    でも、それが仕事だし、お金をもらっている立場でもあるわけですし、
    ユーザーの様々な意見をしっかり受け止めるのもまた仕事なんだわふ!
    と私の場合は思ってしまうので、あんまり気にせずに褒めたり愚痴ったりわふー。
    作り手目線といえば、ソラの桜井さんのコラム&ゲームなんかは個人的に好きかもわふね。
    作り手目線らしい考え・感想で読んでて面白いですし、
    触れられないような部分については後に自分の作るゲームでこういうのはどうでしょう?ってのを書いてたり・・・
    そんな感じでなんか上手くやっているような気がするわふ。

  3. MMB. より:

    モノづくり、特にゲーム制作の大変さは良く理解しているつもりですが、
    中には苦労のベクトルが違っているというか、
    ユーザーの求めているモノと異なる方向に心血を注いでいるような作品があって、
    なんだかなーと思うことは良くあります
    やたらとグラフィックばかり凝ってゲーム性はさっぱりとか
    まぁそれはそれでアリなんだろうとは思うのですが、
    そればかりだとちょっと…

  4. 狛犬 より:

    なんでだろう…俺、胸が痛いよ!

  5. kentworld より:

    >ざるてぃすさん
    あぁ、メイキング映像は僕も好きですね。
    開発者の苦労が凄く伝わってきて、
    勉強になりますから。
    ネットを始めたての頃は
    開発者目線でモノを見る癖がついていたから、
    ネガティブな意見があまりにも多くてびっくりしました。
    みんなモノづくりの大変さを分かっていないのかって・・・。
    でも、批判的な意見も大切だなって
    その後思うようになって、だんだん中立の立場を分かってきました。

  6. kentworld より:

    >わっふるさん
    そうですね。大人になって働くと、
    尚更モノづくりの大変さが分かる!
    指摘するのは大切ですから、
    ドンドンしても良いと思います。
    でも、たまには褒めてあげないとね!
    開発者も人間ですから。
    桜井さんのコラムは僕も好きです。
    このブログのコラム記事も、
    あれをリスペクトしていたりしますからw
    作り手目線での考えは、凄くためになります。

  7. kentworld より:

    >MMB.さん
    それはありますね。
    そこに労力を注がず、こっちに注げよ!って思う事は。
    好きなシリーズの続編であったらガッカリ。
    ユーザーも目が肥えてきて、
    相当凄い映像じゃないと驚きが無くなってきているので、
    開発者も大変だなーって常に思っています。

  8. kentworld より:

    >狛犬さん
    ど・・・どうしたんですか?w
    まあ、指摘するのも大切なことですから!
    でも開発者も人間なので、たまには褒めてあげないとね!って思っています。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。