2010/05/27/8:30 | M☆G☆Mコラム

ある特定のゲーム機・ハードメーカーに執着する人は意外と多い気がする

ゲームで遊ぶ人はある特定のゲーム機・ハードメーカーに執着する人と
そうでない人の大きく分けて2タイプに分かれていると思うんですが、
実際どっちのタイプの方が多いんでしょうかね?
もちろんゲームファンとして正しいのは後者の方だと思いますが、
全機種持ちの人が少ないのを考えると意外と前者の方が多いような気がします。M☆G☆M+etc...


やっぱりゲーム機って普通のゲームファンであれば
1種類、もしくは特定企業の据え置き機&携帯機(DS&Wii or PSP&PS3)が
あれば十分だったりしますから、最初に買ったゲーム機のソフトばかりを買ってM☆G☆M+etc...
他のゲーム機には目もくれなくなるのも自然な流れのような気がします。M☆G☆M+etc...M☆G☆M+etc...


心の中では他社ゲーム機を「欲しいなぁ」と思いつつも、
「今持っているゲーム機で十分じゃん」M☆G☆M+etc...
「これ以上ゲーム機が増えたら部屋に収まらない」と自分に言い聞かせてM☆G☆M+etc...
既に持っているゲーム機のソフトばかり買ういわゆるゲハ脳とまでは
行きませんが、こう言う人は既に属性が出来ちゃっていますよね。M☆G☆M+etc...




昔、任天堂の岩田社長「ゲーム機は冷蔵庫などの生活必需品とは違っ
一度他社製品をお客様が買われても、魅力的なソフトを出せばうちのも買ってくれる」的な
発言をされていましたが、確かにそうだ。でも、あれほど魅力的なタイトルを発売した
Xbox360があの程度しか普及しなかったのを見る限り、既に現行機を持っているユーザーに
もう一つ新しいゲーム機を買わせる事ってかなり大変な事なんじゃないかと思っています。


今は実績やらトロフィーやらゲーム機に愛着を持ちたくなるような機能
あったりしますし、何だかんだである特定のゲーム機・ハードメーカーにM☆G☆M+etc...
執着する人は多いと思います。そして、その中からさらに
他社のゲーム機・他社ハードメーカーを
憎む人とそうでない人が生まれて来るんだと思いますM☆G☆M+etc...M☆G☆M+etc...


ハードメーカー各社はそれぞれ有力タイトルをサードパーティから奪い合っていて
競争に負けると自分が執着しているゲーム機にソフトが出なくなってしまうので、
自分が執着しているゲーム機・ハードメーカー以外の会社を憎むのも分かりますよ。
だけど、そう言う人ってやっぱりゲームが好きでは無くて、
ゲーム機やハードメーカーが好きになっていますよね。気持ちは分かるけど、
やっぱりゲームが好きだったらどこが出すゲーム機も好きになった方が良いですね。


もしそう言う病気のような物を持ってしまったら黙って嫌いなハードメーカーの
ゲーム機を買って面白いゲームをやればそんな物は治ると思います。M☆G☆M+etc...
僕も昔はそういう病気のような物を持っていましたが、
今はすべての機種で面白いゲームをやったのでほとんど治りました。M☆G☆M+etc...M☆G☆M+etc...


一つのゲーム機に執着してしまうこと自体は別に良いと思います。
でも、執着する事によってその他のゲーム機を憎んでしまうような事に
なるのであれば素直に憎んでいるゲーム機を買って
そのゲーム機の面白いゲームで遊びましょう!と言う話でした。



※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(54)

  1. ハードに執着する気持ち、全くわかりません(笑)
    ソフトメーカーならわかりますけど、ハードに特別な思い入れとかは湧いてこないですね~。
    強いて言うなら、任天堂の据置には手を出してないくらい(ソフトのラインナップが好みでないため)。
    ここの記事やコメントを見てると任天堂推しな雰囲気が強いので、若干自分の場違いさを感じることはありますw

  2. FARFA より:

    360は実際僕も欲しいとは思いつつ、
    なかなか手が回らないんですよねぇ・・・
    場所的なことだとかは重要問題ではなくて、
    まぁ時間的な理由がほとんどなんですよねぇ。
    据置機だけでなく、携帯機もあるわけで、
    積みゲーがいっぱいで・・・
    まぁ360に別に嫌悪感もあるわけでもないので、
    僕は近いうちに購入しちゃうんでしょうけどね(笑)
    ゲーム業界がますます発展して欲しいとは感じてます。

  3. 狛犬 より:

    俺も以前はPS3親派でしたねえ。主にPS、PS2で遊んできたため、何の迷いもなくPS3ユーザーに。
    任天堂ハードは、ゲーム少年時代からの古い仲ですから一番でなくとも買い続け…と言った具合で。
    Xboxが日本に来た頃は、PC畑がコンシューマを荒らしに来たと反感を感じ、また外資ということもあり、いい印象を持ちませんでした。
    そのユーザーまでも否定するゲハ厨とまでは行きませんでしたが。
    しかしながら、どうしてもやりたいDLCのために360を買って遊ぶうち、今ではメインマシンに。
    持ってみれば素晴らしいもんです。
    ちなみに現在の愛着ウェイト:
    X360…38、PS3…27、PSP…15、Wii…15、DS…5、
    (ゲームマシンとしての)PC…0、ケータイ…0

  4. ボム より:

    僕は現在全機種を持っていますが、
    どちらかと言えば高性能なゲームが好きでプレイしたいので、
    どうしてもPS3かXbox360にソフトが出て欲しいと思ってしまいます。
    Wiiで発売される『ゼノブレイド』なんかは、
    もちろん購入しますし、とても楽しみにしていますが、
    オーソドックスなRPGなので出来ればより高性能な
    PS3か360でプレイしたかったなぁと思ってしまいます。
    Wiiの性能が他に比べて低いからといって、
    Wiiが嫌いとか任天堂が嫌いなんてことは全くないんですけどね。

  5. 朝霧 より:

    私は前の件があるから憎んでいる人間に含まれても仕方がないですが
    魅力的なソフトは人によって変わりますからね。
    私は主にRPGとかですね。
    購入しているゲームの7割はRPGだし
    これでも360は買おうとは思ってましたよ
    TOVとかSO4とか(当時は移植されるとは思ってなかったですし)
    今後買うとしたらWiiですかねぇ
    朧とかテイルズとかスマブラやりたいですし

  6. TOM より:

    kentさんのように、任天堂が好きで、だから応援もするのは良いことなんですけどね~。例えゲーム機を全て持っていようが『無関心』では話になりませんから。
    しかし、ほとんどの人は一部のゲーム機しか持っていない以上、そのゲーム機を応援すること自体は至って自然ですよね。「○○で出してくれよ~」と思うのも当たり前ですし、気持ちもわかります。問題はその時に他のハードをけなすことですね。僕的には、ここまで行けば完全にアウトだと思っています。自分の魅力を伝えて自分の評価を上げるのではなく、他を貶して他の評価を下げる。卑怯この上ないし、ゲームハード脳以前に人としてアウトだと思います。
    しかし、皆が皆kentさんの言うように大人な発想で物事を考えられるわけではないので、この問題は人間である以上どうしようもない現実なのかなとも感じました。

  7. 音無き鯱 より:

    僕はPS3&PSP持ち(一応DSも)ですが、あくまで他のハードを持つ余裕がないだけですね。
    ゲームだけが趣味じゃないので、なるべくより多くのソフトが楽しめそうなハードを選んだって感じです。
    一つの据え置きしか持たない人ってそういう人は多いと思いますよ。
    ゲームだけが趣味なら全機種持ちでもおかしくはないんですけどね。

  8. kentworld より:

    >J・イラストリアスさん
    ごめんなさい。
    最近はちょっと任天堂を推し過ぎな空気は自分でも感じているんですが、
    それはスーパーマリオギャラクシー2とゼノブレイドと言う
    Wii向けの本当に珍しい大作が発売になるからなんです。
    自分はこの2本に相当な期待をしていまして、
    やり過ぎかなぁと思いつつも推しまくっているんですw
    ちょっと前まではPS3で楽しみなソフトが多かったので
    PS3を推しまくっていましたし、
    まあ時期によって推す物が違うブログなんだなと思っていただければw
    一応このブログではオールマイティでやって行きたいと思っていますので、
    場違いなんて思わないでくださいー^^;

  9. kentworld より:

    >FARFAさん
    どこかに偏っていても、
    それ以外を憎むような事が無ければ全然良いと思いますよ^^
    ゲームだけが趣味なんて人はいないと思いますし。
    この記事で言いたかったのは
    どこかのハードに執着して、それ以外を貶すのは良くないよねって事なので。
    ライバルがいるからこそ業界は発展する物ですし、
    SCEも任天堂もMSも頑張って欲しいです。

  10. kentworld より:

    >狛犬さん
    そうだったんですか・・・。
    でも、マイクロソフトをそう思う人もいそうですね。
    あそこは日本の会社ではありませんからw
    愛着ウェイト、なかなかバランスが良いと思います。
    それをすべて均等にするのは至難の業ですからね。
    Xbox360って買ってみると結構ハマりますよねw
    自分は値下げを機に買ったんですが、
    まさかこんなに好きなハードになるとは思いませんでしたもんw

  11. kentworld より:

    >ボムさん
    Wiiに関してはスペック面でハンデがあるので、
    体感操作に魅力を感じないゲーマーから見ると
    どうしてもそうなってしまいますよね・・・。
    スペックの高さが面白さと直結するゲームは特に。
    スペック重視の据え置き機派、
    お手軽性重視の携帯機派に近い物があると言えば良いのかな。

  12. kentworld より:

    >朝霧さん
    Xbox360は海外産タイトルに魅力を感じなければ
    特に今だとなかなか購入に踏み切れないのかもしれませんね。
    でも、ロストプラネット2にハマれれば
    純粋な海外ゲームもハマれるかもしれません。
    まあ買う買わないは個人の自由だと思います。
    問題は持っていないハードを憎むことですね。

  13. kentworld より:

    >TOMさん
    好きなゲーム機・ハードメーカーがあって、
    それを応援することは良いと思うんですよ。
    問題は応援する以外にも好きなゲーム機のライバルを貶す事ですね。
    これをやったらアウトですよねー。
    そう言う人は申し訳ないんですが、見下してみてしまいます(汗)
    「あぁ・・・分かりやすいな」って。
    自分も昔はそういう人間で、
    ずっと間違った人生を歩んでいましたw
    今思えばバカだったんだなーって思いますよw

  14. kentworld より:

    >音無き鯱さん
    そうですね。
    ゲームだけが趣味なんて人は少ないでしょうから、
    1、2機種だけ持って満足な人の方が多いと思います。
    それは全然普通の事だと思うので、悪い事ではないと思います。
    問題は持っていないハードを憎んでしまうことですね。
    それさえしなければ全然良いと思いますよ。
    誰だって偏りはありますし。
    まあ自分が本当にゲームが好きだったら
    全部揃える事に越した事はありませんが。

  15. トンヌラ より:

    こんにちは、㌧です。
    ゲーム好きなんで全機種持っています。
    だから、どの機種でどんなゲームが出ても安心。
    ただマルチだと、どっちを買っていいか悩みますが。

  16. ズン より:

    おい!!
    待ってくれ!!
    まだ、ピピンや3DOの話が終わってないぞ!ww

  17. victor より:

    ゼノブレイドとか、ラストストーリーとか一部でしょうけれど言われている気がします
    どうせならHD画質で、というのは気持ちがわからなくも無いですね
    仮にWiiがHD対応+クラコン同梱だったとしても、
    他に理由をつけて結局拒否する人もいそうで悲しい

  18. ズースカ より:

    概ね同意ですね。
    ただ、
    >もちろんゲームファンとして正しいのは後者の方だと思います
    の部分だけ、ちょっと違う。
    ワタシ的には、どっちもアリだと思いますね。
    やっぱり応援している機種が頑張ってる楽しいです。
    ただ、〆に「執着自体は悪いことではない」と書いてありますから、概ね同じかと思いますが。
    ワタシの経験的に、他機種をディスってる時間があるなら、他機種も買ってしまったほうが精神的にも良いし、経済的にも最終的には良さそうな気がします。
    かつて、セガきちがいだった頃はけっこう病んでた気がしますね(ゲームに対してはね)。セガと一緒に沈没して悟った部分が多いですが。
    今は360属性が高いです。
    確かに他機種で欲しいソフトは出ますが、それを病むほど360にゲームがないわけでもない。
    さらに、ライフスタイルによる部分が多分にあります(部屋の大きさ、家族との兼ね合い)。
    が、沈没しそうになったらさっさと逃げますよ。なかなか沈没しないのがMSの面白いところだったりしますがねw

  19. ottan より:

    Wiiの普及台数を考えると、
    PS3+Wii か 360+Wii って組合わせで持ってる人が多くて、
    単機種持ちで思考が片寄ってる人が多いっていうよりは、
    ゲハ脳的な人が単に声が大きいだけなんじゃないかと。
    それぞれのハードでゲーム自体を楽しんだ方がおもしろいとおもうのですが、
    自分のハードのよさを広めたいってのを通りすぎて、
    バトルを繰り広げること自体が目的になってしまってるんでしょうね。

  20. 期待してます より:

    「ゲーム好き」という人に、ゲームをプレイすることが好きではなく、ゲームについて語るのが好きという人が出現した為の、今の状況かと思います。事実このBlogでも、ゲームをプレイしてる時間より、ネットに関わってる時間の方が長いという人が多いかと。
    ネットの発達による、当然の流れではありますが、ハード信者による誹謗中傷合戦は、副産物でもあり、必然でもありますな。

  21. 短腿 より:

    今の私は、手軽なPSPばっかり。
    その前は、Xbox306とPS3で同じソフトが発売すると、目の前にある(弟のw)PS3版を買ってしまいます。
    でも、理想のゲームライフは他のハードも遊んでみたい。
    時々、レフト4デッドを買ってきた弟と一緒に遊んだり、ハードだけ借りてスターオーシャンを遊んだりしてたなぁw
    あぁ・・・、PCゲームは夢だな。
    ボーダーブレイク(アーケード)はお金と時間、両方が・・・orz
    自己問題の愚痴失礼w

  22. totomaru より:

    ゲーム機がどうのこうのと言うより、ゲーム機種が何種類もありそれぞれから多くのソフトが販売されるので、情報すら追いつきませんね。
    1,2ヶ月に一本ぐらいの程度でいいので、最良の自分にあったソフトを紹介してくれるサービスはないかなぁ、と思います。
    ただ、我が家に限っては、構造上、本体に無線LANぐらいは内蔵してくれないと・・・・。

  23. 僕の場合はお金がないのが大きいですかね。
    もちろん、ゲームをやる時間やらなんやらも関係してきますが、
    お金がないことには変えませんからね(´・ω・`)
    まあ、ひとまずは今のままでいいですけども。

  24. HooL より:

    理由、逆なんじゃないかな。
    多分どれかの機種とか、ソフトが好きで選んだ人ってそこで満足できるから何も言うことも書き込むこともないわけで、
    結局、目にするのは、何らかの不満やネガティブな理由で選んでる人だもの。
    ゲーム機の価格が高額になっていくのが嫌だからPS3はないョとか、
    オンラインでゲームをする環境が普及して欲しいからネット有料の360はないョとか、
    ゲームの表現力はもっと伸びていって欲しいからWiiはないョとかとか
    どっちにしろ、何かしら努力してまで、人に伝えたいことって、満足したことじゃなくて、不満の方が圧倒的に多いはずだから。
    読む方もそれに流されずに、プラスの部分だけ探して比べるってのもネット時代に大切なことなんじゃないかな。

  25. ひろ より:

    ひとによって好みがあるんだよ
    ゲーム好きでも、アクション好きや苦手
    RPG好きや、SLG好きや、ADV好き
    対戦が好きな人や嫌いな人
    ひとによってゲーム機の好みが分かれるのは
    当たり前です
    最近は、自分の好みを持ち上げるだけならいいけど、逆に嫌いなのを批判するからわるい。
    逆の好みの人にとったら、気分悪くなるでしょう

  26. 猫目石 より:

    まぁ、単純に欲しいからと言ってあれもこれもと手を出してられないってだけですね…
    家賃、光熱費、食費、同僚との交遊費(付き合い酒)等、一般の自活している会社員はとても全部のハードを買い、各々で出るソフトを買う様な事は出来ません
    貯金もしなければ将来設計も出来ませんし…
    自分の興味のあるゲームが出るハードを一つ買ったら他は我慢。よく『ゲーマーなら全ハードを買うべき』と言う方が居ますが、生活を犠牲にしてまでゲームに金を注ぎ込むのは、いつ解雇されるか分からない世の中だと言う事を理解しているまともな社会人ならば決してやらないでしょうね…既婚者ならそんな旦那は離婚ですよ(笑)

  27. lemse より:

    です。ただし、メーカーとして好きなので
    発売されるソフトしだい、ハードしだいで他のメーカのソフトも買います。
    もともとはビルゲイツの印象のせいで昔からマイクロソフトは好きではありませんので、XBOX360には良い印象はなかったです。
    けれど購入してみると
    デモや体験版が多くて楽しめましたが、最近
    うまく起動しなくなると、あまりソフトを購入したくなくまりました。
    まあ、メーカーが嫌いとうよりも動くかどうか
    心配ということですから、ハード自体の問題ですがやはりメーカーのイメージは悪くなりますね。
    sonyは以前は購入する電気製品はかたっぱし
    から壊れたので、悪い印象でしたがこのPS3と
    PSP3000は故障もないし、高性能の為
    今は一番使います。
    とうことで、メーカーの印象はハードの耐久性と
    好みのソフトとあとアフターサービスですね。
    任天堂のハードは一度も壊れたことがなく
    アフターサービスのお世話になったことはないのですが、対応が素晴らしいというのは良く聞きますね。
    いろいろ書いてますが、企業のイメージけっていに大きくかかわるのはアフターサービスかと
    思います。お世話になったことがない僕が感心するくらいなので。
    ただ、よいイメージの企業の製品を買うかは当然ながらソフトとハードの性能にかかわってきます。

  28. kentworld より:

    >トンヌラさん
    僕はマルチタイトルの場合基本的にXbox360版優先です。
    それはソニーよりマイクロソフトが好きだからとかそんなんではなくて、
    ゴールドメンバーでお金を払っているからです。
    マルチタイトルをXbox360版優先にすると、
    結構3機種の稼働率のバランスが良くなりますよー。

  29. kentworld より:

    >ズンさん
    え?www
    でも、そう言うマイナーハードに
    固執していた人っているのかな?
    市場が出来あがっているとは言えないハードに
    そう言う人はやっぱりごく一部かも。

  30. kentworld より:

    >victorさん
    そう言う人はGC時代には
    子供向け子供向け煩く言っていたんでしょうね。
    任天堂への批判は
    ここ数年子供向けからライト向け・健康器具に
    切り替わったような気がします。
    まあ、子供向けよりは同意出来ちゃうのが悔しいところですが。

  31. kentworld より:

    >ズースカさん
    ごめんなさい、
    「もちろんゲームファンとして正しいのは後者の方だと思います」と言う部分は
    後者の方が真のゲームファンですよ。と伝えたかっただけで
    単機種に固執している人を間違っていると言いたかったわけではないんです。
    それは最後の補足文でも書いたので、そう言われてしまうとは思ってもいませんでした。
    お互い昔はゲームに対しては病んでいたんですよね^^;
    ハッキシ言って昔に戻ってもう少しバランス良く
    ゲームやっていれば良かったなって思っていますよw
    Xbox360って不思議なハードですよね。
    日本では厳しい状況下に置かれているのに、
    他ハードのゲームを羨ましがるくらいソフトが出ていない訳でも無いですし・・・。

  32. kentworld より:

    >ottanさん
    Wiiは確かに普及台数が多いんですが、
    買う層がゲーマーばかりでは無いですからね・・・。
    ゲーマーへの普及率はPS3と同程度なんじゃないかな?と個人的は思っています。
    仮に持っていたとしても、HD機を持っている場合
    サブハードになっている所が多い気がします。
    自分の好きなハードを応援する場合、
    応援に集中するだけが良いと持っています。
    そこでライバルハードを貶してしまうと逆効果だと思うんですよね。

  33. kentworld より:

    >期待してますさん
    アハハハハ、僕もどっちかと言うとゲームよりネットやる時間の方が多いかもしれません^^;
    まあ今は昔よりも語り合う場が増えていますので、
    その分だけ悪口のような物を目にする事が
    増えてきたというのはありますな。

  34. kentworld より:

    >短腿さん
    なかなか自分の理想通りのゲームライフって送れないものなんですね^^;
    金と時間、スペース等の問題を何とか出来ればなぁ。
    まあそう言うのは仕方が無いですよw
    今は忙しい人が増えていますし。

  35. kentworld より:

    >totomaruさん
    ゲーム業界も移り変わりが激しいですからねぇ。
    注意深く観察していないと、あっという間に
    知らないゲームだらけになってしまいます。
    僕はゲーム雑誌やウェブサイトを積極的に
    見て回っているので自分に合ったゲームは簡単に見つけられるんですけどね。

  36. kentworld より:

    >ガイファスさん
    自分はバイトできるようになってから
    一つのハードに固執するのは止めるようになったかなぁ。
    金銭面でキツイ場合は新作に拘らずに
    中古ゲーム機・ゲームソフトや廉価版を目を向けると良いと思います。
    結構安上がりで済みますよ。

  37. 七市 より:

    買ってやってみて初めて分かるその機種の良さって沢山ありますねぇ。
    弟たちがPS3を買ってきて、私もたくさん実感しました。
    それまではPS2で十分だと思ってたし、画質、音質などもそのままで十分だと思ってた。
    確かに高画質など凄いと思ったけどわざわざ買う必要は全く無し、と。
    今思えば、ただ毛嫌いしてただけなんだと思います。
    いざ我が家にくると、その良さを目の当たりにして「買って良かった」と思いましたからね…。
    MG4、FF13はとっても感動しましたし(横から見てただけですが)
    とはいえ、メインはやはり任天堂です。
    馴染みやすさが違うんですよね。
    小さな頃から親に買って貰ったのも大事だけど自分で買った分、WiiとDSへの愛着はかなり大きいし、やりやすいソフトも多いですからねっ。
    因みに360は、それこそPS3があれば十分なので縁はない機種だなと思います。
    これもやってみたら、良いんだろうけどそれまで買うとなんだか飽和状態になりそうです(^^;)

  38. kentworld より:

    >HooLさん
    消去法で選んでいる人はいるかもしれませんね。
    今だとゲーマー内では
    Wiiはライト向け、Xbox360は売れていない、(国内では)今後にも期待できないから
    PS3しか無いよねーみたいな空気が強い気がします。
    それでも今世代機は
    一強皆弱みたいな雰囲気はないので、
    PS2時代よりは随分マシかもしれませんけどね。

  39. kentworld より:

    >ひろさん
    大抵のゲーム機には特徴があって
    どうしてもそのイメージだけを見てしまいがちですが、
    実際にはほとんどのゲーム機に多少の偏りはあっても
    色んなジャンルのゲームが揃っていますから、
    ゲーム機を一つのイメージでくくるのはどうかと思うんですよね。
    Wiiはライト向けゲームが多いから嫌い。
    PS3・Xbox360は洋ゲーが多いから嫌いとか、
    そうやって一つのイメージで見てしまうのが問題だと思います。
    好きな側から見たら「確かに多いけど、それ以外にも沢山あるよ!」と反論したくなりますよ。

  40. kentworld より:

    >猫目石さん
    自分がゲームが大好き!真のゲーマー!と思われたいのであれば
    全ハード買うべきでしょう。
    ゲームのために沢山のお金を使って、
    色々なモノを犠牲にしないといけないんですから。
    これは強制では無くて、俺を真のゲーマーと認めてくれ!
    と仰る方に与えられた試練のような物なんですよ。
    ゲームのために沢山のお金を使って色々なモノを犠牲にする。
    客観的に見るとそこまでゲームに愛があるんだな!と思ってしまいますから。
    とりあえずモノを買う事が客観的に一番愛を伝えられやすいなと僕は思っています。

  41. kentworld より:

    >lemseさん
    ハードの耐久性は重要ですね。
    まあ僕はそれ以上にソフトの面白さを重視していますがw
    現行の据置機に限るとどこも面白いゲームを出しているので、
    サポートの良し悪しで好感度が多少上下するとは言えみんな好印象です。
    肝心のソフトに面白い物がありますから。
    と書いてしまいましたが、まだソニーのサポートは受けた事が無いんですよね^^;
    ひょっとしたら今後ソニーに関しては故障でお世話になる時に好感度が上下するかもw
    任天堂のサポートは本当に最高ですよね。

  42. kentworld より:

    >七市さん
    そうなんですよね。
    買ってみないと良さって分かりませんから、
    買わずに(遊ばずに)批判してしまうのは良くないんですよね^^;
    これはゲームソフトでも言える事だと思います。
    ゲームに関してはまずはじっくり触ってみる事。なんでしょうね。
    Xbox360も素晴らしいゲーム機なので、
    変な目でだけは見てあげないでくださいねw
    このゲーム機でしか味わえない面白いゲームも揃っていますからw
    任天堂と言えば、これから新作ラッシュが始まりそうでワクワク^^
    今僕はスーパーマリオギャラクシー2にハマっております。
    このゲーム、凄いですよ。
    まあ詳しくは次の記事をご覧になっていただければw

  43. ゲーマーの声 より:

    全機種もつ必要なんかないよ
    じゃあ、iphoneやipadも買えってことになる
    正直、マルチ多いからPS3持ってれば360は要らないし、
    マリオやパーティーゲームやらないなら
    Wiiも要らないだろう
    マリオとか無双ってもう飽きてるし

  44. きぐまーれ より:

    今のところ
    PS3はXB360はワンセット考えないといけないですから、お互いたたき合うのは自らを滅ぼす事になると思います。
    日本人って選択肢を狭める方向に動くという感じですね。欧米は社会構造の違いはあるけど、どのハードを生かそうとするから、選択肢は広がる。その点はうらやましいです。というか市場は本来そうあるべきだと・・・・・。
    あとは叩きに感じるのは日本の「アンチ文化」じゃないかと思いますが(^▽^;)

  45. kentworld より:

    > ゲーマーの声さん
    自分は両機種持っていますが、必要が無いとは思った覚えがありません。
    マルチタイトルは劣化版を買わずに済みますし、
    ファーストから魅力的な独占タイトルが出ますし、
    ダウンロード専用ソフトなどのインターネットを使ったサービスも見逃してはいけません。
    Wiiについても偏見だらけの意見ですね。

  46. kentworld より:

    >きぐまーれさん
    HD機を普及させないと業界は発展しませんからね。
    そうですね。叩きあっていては意味が無いと思います。
    選択肢を狭めるような考え方は止めた方が良いですよね。
    こうして考えると日本人ってネガティブな人が多いのかなぁ。

  47. バラザム より:

    どこ派か?と問われれば最初はエポック社派でしたよ。小学校低学年時にカセットビジョンを買ってもらいましたので。
    子供社会では持っているだけでステータス!だったかはさておいて、皆よりは早くTVゲームに触れていた訳ですね。
    で、2年後くらいに近所の子にFCを遊ばせてもらいまして、ベースボールだったんですけど赤青2色の四角いキャラ、
    攻守の交代時には実際に座る位置を交代しなければならなかった(ホント)、カセットビジョンのベースボールとは
    レベルが違いましたΣ(゚д゚;)
    まぁ自分もしばらく後には誕生日にファミコンを買ってもらえる事に。
    世間ではゼビウスでの品薄感がやや薄れていた(らしい)ので店頭にはFC本体が普通に置いてあり、
    抱き合わせもなく買えるところだったのですが…、帰る自分の手にはスーパーカセットビジョンがありましたとさ。
    ほーらエポック社派だw
    だって絶対スーパーカセットビジョンの方がカッコ良いですよ、外観は!・°・(ノД`)・°・
    ただ、その時買ったルパン3世のゲームは結構面白く、ファミコンを選択していたら
    確実に(小学生には不向きな)バンゲリングベイを買っていたため選択に間違いはなかった、
    ともいえます。
    もっとも半年後にはスーパーマリオが発売されちゃうんですけどね(;^_^A

  48. kentworld より:

    >バラザムさん
    世代の違いを感じる話ですね^^;
    流石にエポック社がハードメーカーだった頃の話は
    あんまり良く分かっていません。
    と言うか、その頃にも「何々派」と言う物があったんだなーとビックリしております。
    この時代は任天堂がほぼ市場を独占していましたからね^^;
    見た目は確かにそうかも。
    正直、ファミコンは当時もあんまりカッコいいと思った事が無いです。
    任天堂ハードでカッコいいと思ったのはN64が最初かなぁ。
    少し荒れそうになったコメント欄の空気を変えてくださいましてありがとうございます(-^□^-)

  49. ほにょ より:

    >でも、そういうマイナーハードに固執していた人っているのかな
    はい、私です。
    私が最初に”自分のハード”として買ってプレイしたのは、3DOリアルでした。動機は実にシンプルなもので、ゲームがどうこうと言う以前に、あのパルテノン神殿みたいな機械を部屋に置きたかったからです。しかし間もなく”マルチメディア”と”ゲーム”の間を揺れ動く、独特の世界に引き込まれました。
    以来、PCエンジン(Duo-RX)、PC-FX、メガCD、バーチャルボーイ、ジャガー……いろいろなハードに手を出しました。その思い出はとても書ききれません。確実に言えるのは、それぞれのハードが他に代わるもののない個性を画面の中で見せてくれたことです。そして3DOとNEC-HEのハードはゲームプレイヤーとしての私にとっての故郷であり、”時を超えた手紙”の村は隣近所の通りであり、”チームイノセント”のITS通信衛星は、時々ネズミの出る実家のようなものなのです(つづく)。

  50. ほにょ より:

    (つづき)もちろん、それによって他のメジャーなハードのユーザーを批判したことはありません。それぞれが楽しく遊べばいいだけなので。プレイステーションの思い出もたくさんあります。ただ、故郷ではない。それだけです。
    その一方で、雑誌などのマスコミや、”業界の事情通”的な人物によるバッシングに怒ったことは何度かあります。3DOは常にサンドバッグ状態でしたし、NECに対しても、特に1997年の中盤あたりから雑誌などでの嫌みやからかいが目に見えて横行するようになりました。たぶん、この頃にNECがハードから撤退することが彼等の内輪で明らかになったんだろうなと思います。
    ビジネスに失敗した以上は叩かれるのはしょうがないのかも知れません。しかし、一部の雑誌の読者コーナーに、そのユーザーまでもを笑い者にするような担当ライターのコメントが載ったのには目を疑いました。それがどれも今までFXの記事を積極的に載せる、 “近い”ポジションの本だっただけに辛かったです。ブラックジョークと言えばそうなんでしょうし、”別にお前にゃ言ってない”と言うのならその通り。でも、いまだに消えないトラウマが残ったのは事実です(さらにつづく)。

  51. ほにょ より:

    (さらにつづき)歴史にもしもはありませんが、理想を言わせてもらうなら、ゲーム機は家電やパソコンのようではなく、楽器のように進化していったら良かったのになと思ってます。楽器屋さんに行くとギターだけでもいろんな種類のものが何十本とありますよね。その種類ごとに音色も違えば奉仕する音楽も違う。厳密に言えば一本として同じ音の出る楽器はない。でも、弾こうと思えば同じ曲が弾ける。そういうのの方が、取っつきにくいかも知れないけど”豊か”だったろうなぁと。
    そういう形の進化を遂げるには、一見無駄にも見えるたっぷりとした時間が必要なんだろうと思います。そう考えると、たかだか4~50年でここまで来たコンピューターゲームの進化は凄いけど速過ぎた。一歩一歩登るべき階段を七段抜かし八段抜かしで進んできたように見えるし、あまりにも過去を使い捨てにしてきた(まだつづく)。

  52. ほにょ より:

    (まだつづく)だからこそ”デジタル映像のシンセサイザー”を標榜するプレイステーションと同時に”デジタル映像のメロトロン”であるPC-FXが売られていたことに奇蹟を感じるし、メガCDなんかも惜しいと思うんですよ。”魔法の少女 シルキーリップ”というソフトがあって、これは70年代の魔女っ子テレビ漫画の世界を再現しようとしていたんですが、それがうまく行ったのは、やはりメガCD独特のいなたい発色や音声があったからだと思うんです。PCエンジンで続編の計画があったそうですけど(後に18禁でリメイク)、流れて正解だったと思います。PCエンジンだと80年代の感じになってしまう。あの70年代独特の、錆び付いたようなうら寂しい夕焼けは、メガCDでなければ再現できなかった。同様に、”キアイダンOO”や”ゲッP-X”もメガCDで出すべきだったと思います(次こそ最終回)。

  53. ほにょ より:

    そんなわけで、ハードの商品としての価値が、数値上のスペックとか市場でのシェアとか、対応ソフトの多さとか値段ばかりではなく、”味”で決まるようになったら良かったのにな、と思ってます。そしてバロック時代の音楽を演奏するために当時の楽器が今でも作られているように、昔のハードやソフトが再生産されて現役のハードと同じように選べるようになって、そのソフトのコンセプトによっては昔のハードが対応機種として選ばれるような時代が来ないかなぁと。ロックマンの新作のような例があるのも知ってはいますが……。個人的にはエミュレーターは情緒に欠けるような気がします。そしてエンターテイメントは情緒あってのものだと思うのです。
    長々とした駄話を連続投稿してしまい、申し訳ありませんでした。書きながら、3DOで最初に再生したこのソフトのことを思い出していました。
    youtube.com/watch?v=QJRFK8aFbdY
    そう、最初にプレイしたのは専用ソフトではなく、音楽CDだったんですね。1996年の夏の終わりのことでした。

  54. kentworld より:

    >ほにょさん
    こんな古い記事の、しかもコメント欄でのレスに反応してくださってありがとうございます。
    3DOは古いうえ、マイナーなのであまり存じておりませんが、
    インテリアや機械としての位置付けに興味を持ったんですね。
    この記事を書いた当時は僕もまだそこまでマニアックなゲーム世界の知識が無くて
    変な事を書いてしまいましたが、それから4年経って少しわかって来ましたよ。
    考え方が変わって申し訳ありませんが、
    今なら3DOに固執していたユーザーもいたんだなぁと思っています。
    >3DOは常にサンドバッグ状態
    少し前に一部、目にしました。
    ゲーム機のファンだったら不愉快極まりないでしょうね。
    最近ではXboxOneがそうなりつつあると思います。
    >しかし、一部の雑誌の読者コーナーに、そのユーザーまでもを笑い者にするような担当ライターのコメントが載ったのには目を疑いました。
    ハードはともかく、それらを楽しんでいるユーザーまでも批判してしまったらタチが悪いですね。
    しかもそれを商業誌でやっているとは。
    読者コーナーは裏通りのようなものですが、書いて良い事ではありません。
    >ゲーム機は家電やパソコンのようではなく、楽器のように進化していったら良かったのになと思ってます。
    確かにそれはありますね。
    今はマルチタイトルが増えて、各ゲーム機の個性が薄れつつあります。
    また、デバイス面にしても、モーションデバイスは否定されがちで、
    結局コントローラパッドに落ち着いてしまいます。
    1994年には様々な次世代ゲーム機が登場したものですが、
    今、改めて振り返ってみるとどのゲーム機も独自のカラーがあって個性的ですよね。
    今の僕だったら、全機種買ってしまったかもしれません。
    こんな古い記事にここまで長いコメントをありがとうございます。
    それだけの愛を持っているという事なんですね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。