2010/04/06/19:00 | M☆G☆Mコラム

グラフィックの向上は麻薬みたいなもの

7e9bc58e.jpg

ゲームの美麗グラフィックは癌、というより麻薬

(FANTA-G)※ソニーVS任天堂さん経由

いわゆるグラフィックの向上というのは、

私は「癌、というより麻薬」みたいなものだと思っています。

最初は驚きや興奮をもって受け入れるけど、しばらくすると慣れてしまって

刺激が足りなく感じて、さらに使用量が増える。もちろん、それによってお金はどんどんかさむ。

しかし体はグラフィックによってがんじがらめになる事によって縛られ、

自由に動けない(修正がやりにくい)。結果、パラメーター調整や

コマンド目押しタイプのアクションが多くなる。

デザイナーの現場でも「もっとリアルに!」という指示は出せても

「もっと手を抜いて」という指示は出しにくい。この場合の「手抜き」を、

単に楽をするためと捉えられると困るのですが。*本来、手抜きとは合気道の言葉で、

ふっと力を抜く事によって相手の攻撃を受け流す高等技術なんですが

一瞬しか表示されない壁の質感にこだわったり、遠くに見えるだけの

キャラのモデリングに時間をかけたりする結果、人件費がかさむ。

しかし、ソフトを一本20000円で売るわけにはいかないから、相場で売れば利益は減る。

この業界「他社がやっているからウチもやらないと売れないのでは」という雰囲気で

同じように開発費が上がっていることが多い気がします。

とても興味深い記事を見つけたので紹介します。確かにグラフィックの向上って

麻薬みたいなもので、一度凄い映像を見てしまったらそれが基準となってしまい、

さらに凄い映像を見ないと驚きませんよね?

12b7fb7d.jpg 969a8047.jpg

以前も書きましたが、僕は3月にPS3/Xbox360「バトルフィールド バッドカンパニー2」

PS3「ゴッド・オブ・ウォーIII」と言う物凄く莫大なお金がかかった

グラフィックがすげぇゲームをプレイしてしまったので、

今はこの2作の映像が僕の中では基準になってしまったんですよね・・・(^_^;)

78eed15b.jpg

a99ec0bc.jpg

6de7b3c3.jpg

両作品のゲーム画面。どちらも初めて見た時はすげぇ!と叫んでしまいました(ノ゚ο゚)ノ

でも、クリアしてしまった今はそこまで驚く事は無いかな。

「よく作り込んでるな~」と感心する事はありますけどね。

おそらくこれからもこの映像を上回る作品は発売になると思います。

そして、いつか上の2作もグラフィックが汚いゲームと思ってしまうんだろうなぁ。

どちらのゲームも一瞬だけしか表示されない壁なんかも細かく作られていて

物凄く手間がかかっていると思うんですけどね。

先日公開されたWii「ゼノブレイド」のファーストトレーラー。

上に貼ったゲームの映像が僕の中では基準になってしまっているので、

残念ながら旧世代機並みのスペックしか持っていない

Wiiソフトである「ゼノブレイド」の映像は僕にとっては綺麗に見えませんでした。

いや、この映像でも十分お金をかけているんでしょうけどね。

上に貼ったようなもっと凄い映像を見てしまったので全く驚く事が出来ないんです。

2007年11月「バイオハザードアンブレラクロニクルズ」・・・累計27、4万本

2010年1月「バイオハザードダークサイドクロニクルズ」・・・累計12、2万本

2008年6月「テイルズオブシンフォニア

             -ラタトスクの騎士-」・・・累計21、2万本(派生作品)

2009年12月「テイルズオブグレイセス」・・・累計18、9万本(本編)

ゲームデータ博物館より

Wiiの普及率がどんどん上がって行く一方で

Wiiのコアユーザー向け市場がどんどん縮小しているのも、

映像に煩いコアユーザーがHD機の映像に慣れてしまい

Wiiで遊ぶ気が無くなっている人が多いからなんじゃないでしょうか?

リンク先でも書かれてある通り、ゲームって他社が綺麗にしたら

自分の所も見習って綺麗にしないと許されない物なんでしょうね。

でも、このままお金をかけて映像を綺麗にして行っても

いつか必ず驚きが無くなってしまうと思います。

b42a3c4d.jpg

と言う訳でタッチペンやリモコンでグラフィックの向上以外の驚きを提示した

任天堂のやっている事は正しいなと今でも思っているんですが、

残念ながらタッチペン操作リモコン操作も主流にはなりませんでしたからね・・・。

最近はDSもWiiもゲーマー向けタイトルでは従来型操作の方が主流になっているので、

新機軸ハードではなく旧世代機のような存在になってしまったような気がします。

だから、WiiやDSの高スペック化を望んでしまうんですよねぇ(´・ω・`)

ニンテンドー3DSWiiの次世代機ではもっと新しい驚きを提示して

高スペック化を求めたくなくなるようなハードになって欲しい所です。

【人気ブログ】(_ _。)(。_ _)【ランキングへ】

f82a5544.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(46)

  1. victor より:

    私はHD機でもグラフィックの綺麗さでは感動しませんでした。
    綺麗といえば綺麗だけどびっくりするほどでは……みたいな。
    HD機の場合は「高性能なんだから綺麗で当たり前」という気持ちがあるから、
    どんなに綺麗なグラフィックでもそれほど感動しないのかもしれません。
    逆に他と比べて劣る性能でここまでできるのか!
    というケースの方が感動する事が多いですね。
    Wiiや携帯ゲーム機など。
    グラフィックで感動したといえばGCのスマブラDXですね。
    64と比べてかなり綺麗に進化していたので、
    「こんなに綺麗なものを上手く操作出来るだろうか?」
    と不安になった覚えがあります。

  2. wiiがんばれ より:

    確かにwiiリモコンを使った面白いゲームってないですよね。モンハンもマリカーもクラコンっでやったし。自分はwiiリモコンはまったく使ってないのでGCと同じにかんじています。リモコンをまったく使わない人にとってwiiってGCと全くおなじですよね。早くHDに対応してほしいです。

  3. グラフィックは最初スゲー!って驚いて、自分は終わりですかね。
    最近はやたらムービー重視のゲームが多いのが、個人的には残念な所。個人的にはWiiやDSのほうが新しい操作感で新鮮でしたよ。
    任天堂は間違ってなかったと思います。
    タッチパネルは結構活用されていたと思いますよ?
    おかげで操作が快適なゲームを多くみましたしね。
    確かに主流というほど流行りませんでしたが・・・。
    リモコン操作もよかったんですけど、生かし切れなかったのが残念でしたね。
    マリギャラ、ゼルダ、レギンレイブみたいに素晴らしいゲームもあるんですけどねえ・・・。
    今後良いゲームが出ることを祈ります。

  4. 全く同感ですねぇ。
    慣れって怖い・・。
    ある程度のスペックは必要ですよねぇ。
    携帯機はともかく据え置きは。
    wiiとps3XBOXとの差がありすぎですもん。
    もうチョイ差が少なければコアゲーマーもごっそりwiiだったでしょうねぇ。
    今のwii市場は勝ちハードなのに変ですもんねぇ

  5. riko より:

    どれも次世代機持っていないけどFF13よりトトリのアトリエのグラフィックの方が驚いたなあ。
    好みというのもあるけど売上げが10万もいかないシリーズでもイラストを忠実に表現ができるのかと思ったことはあります。
    DSはタッチペンより二画面の方が貢献したかなと個人的には思っています。

  6. カリメロ より:

    ジャンルやタイトルによると思います。
    マリオシリーズやノンゲームはwiiやps2の品質で十分だけど、
    FPSやレーシングシミュレーターや3DアドベンチャーはHD画質じゃないと買う気になりませんね。
    wiiのコアゲーが売れないのは画質が前世代だからでしょうね。
    wiiの後継機は是非HD化してほしいです。

  7. monoku より:

    私は、FF13のトレーラーを見た時も、実際にプレイした時も、「(ゲームとして)今までとあまり変わらないなぁ」と思いました。なので同じ金を使うなら別のところに使った方が、満足度は高いと思います。
    ただこれは人によって意見が分かれるところ。グラフィックも悪いより良い方がいいに決まってますしね。ただ費用の割に旨みが少ない気がします。
    もうひとつ言うと、グラフィックが悪いと、前評判と初動の本数に影響が大きいですよね。いくら面白くても買ってもらわなければ、どうにもならないですからね。この辺りが難しい・・・
    Wiiがライトユーザーの獲得を目指すなら、高スペック化は、それほど必要ないのでしょうね。
    ・ライトユーザーは多数だが、ゲームは少ししか買わない。
    ・コアユーザーは少数だが、たくさんゲームを買う。
    さて、どっちが儲かるか。それが問題だ。

  8. わっふる より:

    ああ、そういうのわかりますわ。
    私は最近よくある広大なフィールドとかシームレスだとか、そういうのでも同じこと感じてますね。
    そんな部分をアピールしても、既に他のゲームでやっているし・・・
    それに次世代機ならそんなの当たり前なんじゃないの?みたいな。
    もっと他に次世代機だからできる何かをやってほしいなと最近は感じてます。
    お金は買う側だし知らないよ、まあ頑張ってとしか・・・w
    グラフィックはしょぼくても、見せ方次第では個人的には許せます。
    メイドインワリオ、リズム天国とかがそうですかね。
    DSなんかは逆に中途半端な3Dポリゴンのゲームばかりだから余計に印象が悪い気がする。
    私も任天堂のやろうとしたことはある意味正しいと思います。
    ただ、DSはいいのですが、
    Wiiはすぐ新しい周辺機器とか、GCのソフトもできるのにGCのソフト出したりだとか、
    ネタ切れ?で今のようになったのが残念、違う意味で驚かされましたよ・・・w
    タッチペンもリモコンもまだそこまでソフト出してるわけじゃないんだし、もうちょい頑張ってほしいですね。

  9. frui より:

    HD機を持ってないので説得力がないかも知れませんが、ゲーム売り場のモニタで流れている映像を観る限りでは、グラフィックに驚いたりはしませんでした。むしろフォトリアルな方向のリアルなゲームは、難しそうとか見づらそうっていう印象が先行します。
    他のゲームやハードと比較する気にもなれません。前作にあたるゲームより退化してなければいいのでは?据置機→携帯機とか、レトロゲーム風にしたとか、そういうある程度特殊なケースを除けば、続編でグラフィックが落ちたゲームってあまりないですよね多分。
    それから、タッチパネルもリモコンも完全な主流とは言いがたいかも知れませんが、Wiiがトップに立って他社もモーションコントローラを追って採用したし、携帯機でもiPhoneの台頭などもあるし、これから先なくなることは無いと思います。いずれは「無いなんてあり得ない」状況になるんじゃないですかね。もちろんハードに準備されているという意味で、それを活用するかどうかはまた別の話で。
    しかしWiiリモコンやタッチパネルは、使わないと「WiiやDSで出す意味がない」と言われるのに、ブルーレイの大容量をフル活用しないゲームは「PS3で出す意味がない」と言われないのは…なんででしょうね?(笑)

  10. tanu より:

    グラフィックに関してはその通りだと思うので
    任天堂の方向性は間違ってないのでしょうが
    Wiiリモコンは初めからM+の性能が欲しかった。
    ケーマー向けのゲームを作るにはアバウトすぎます。
    リモコン操作が主流になれなかったのはリモコンの性能の低さの問題だと思ってます。
    マリカもM+対応ならシビアな操作ができたのではないかと。

  11. fro より:

    GOWトリロジーやってるとやっぱりグラはPS2に羽が生えた程度のグラだけど十分楽しめますからね。
    ただアサクリはHDだからこそできた傑作だし、やっぱりグラは重要視していまいますね。

  12. ゆうすけ より:

    WiiやDSがパラダイムシフトを目指した理由はまさしくこれですもんね。
    演出のアッパーさをこのまま極めていくといつか開発がパンクするんではないかという不安があります。
    任天堂にはふんばってもらいたいところ。
    今32ビット機のポリゴンみると、それはそれで味があるとおもいます。

  13. tttt より:

    まあ、任天堂だけの世界でゲームしてればグラなんて関係無いから良いんじゃないですかね?
    グラを追求したゲームもあるし、そうじゃないゲームもあるそれだけですからね。

  14. ズン より:

    ある意味でのゴール地点
    完全な実写のソフトまで
    後何年先かな?
    後、グラフィックで初めて驚いたのは
    ゲーセンのスペースハリヤーかな?
    最後に凄くなったなー
    と思ったのは、バイオ4かな?
    ムービーと普通の動きが同じなのに
    凄く新鮮さを感じました
    それ以後は特に感じてないかな?
    グラフィックが幾ら凄くても
    センスの問題もあると思いますね
    演出はやはりセンスです
    FCの忍者龍剣伝とかのムービーは今だとショボイですけど
    3の戦艦が上がってくる所等、今見ても十分に素晴らしいです

  15. うむ より:

    グラはさほど重要ではないかもしれませんが、Wiiの場合性能が低いので敵の数が少なかったり、AIの頭が弱かったりと
    ゲーム性が劣る事が問題だと思います
    子供向けの簡単なゲームなら問題ないのですが、やっぱり物足りないですね

  16. 64が一番良かった より:

    任天堂はリモコンの精度を高かくしたらもっとサードの対応ソフトが増えるんじゃないかと思いますね
    振るのはどうかと思いますがポインティングはいいと思います
    任天堂のゲームは昔から変化がなく同じようなソフトなので、マンネリ感があり飽きてしまいます
    ソフトも頑張って欲しいです

  17. ごりら より:

    マザーシリーズみたい味のあるグラフィックのゲームも増えてほしい。
    キレイな映像なら金をかけたら誰でも作れるような気がするし。

  18. TOM より:

    この記事は僕も以前見ていました。非常に興味深いですし、麻薬という例えも的確だなと思います。
    個人的には『グラフィック=面白さ』には直結しないと考えていますが、基本的に『SD画質ゲーム<HD画質ゲーム』なのは間違いないと思っています。よく「グラフィックの向上はいらんから、中身が面白くて興味をそそるようなゲームを作れ」という人もいますが、結局そのやり方では全く売れない(=一部の人しか求めていない)ことが近年に証明されてしまいましたからね・・・とはいえ金をかければグラが向上して売れるわけでもなく、アイデアさえあれば売れるわけでも無いのが悩み所なのかも。
    しかし『新型ゲーム機=グラフィックの向上』という事実はファミコン→スーファミの時点で流れができていましたからね。20年の流れを今さら否定する気はないのですが、PS3・360の現世代でそろそろ限界に達しているような。PS3以上の性能を持つゲーム機なんて想像できません。
    ゲーム機の技術の進歩が早すぎたのが、今の開発費高騰・ユーザーの画質慣れを招いた原因だと思います。(個人的に、ゲーム機の5年周期は早過ぎです)

  19. kentworld より:

    >victorさん
    Wiiや携帯機でもグラフィックが頑張っているゲームは
    感心する事はあるんですが、
    やっぱり天井が見えてしまっているから
    それが面白さに直結する事は少ないかな。
    一方HD機の場合特にFPSなどでは
    半端無い映像が面白さと直結している事が多くて
    感動以外の物を生み出している気がします。
    あとHD機の映像は環境次第で凄さが変わってきますからね・・・。
    まずHD機と言うからにはHD画質で見ないと凄いとは感じられないだろうし、
    テレビの大きさも大切だと思います。
    僕は26型のTVでHD画質でHD機をやっているんですが、
    最初は感動しまくりですw
    映像を見て操作が難しそうってのは良くありますね。
    最近ではファイナルファンタジーXIIIがそれでした。

  20. kentworld より:

    >wiiがんばれさん
    最近Wiiで発売になっているゲームは
    例えWiiリモコンを活かした作りになっていても
    クラコンと言う逃げ道を作っているのがアレですね。
    やっぱりゲーマーはコントローラでやりたがるものなので
    逃げ道を無くした方が良いんだけど、
    そうすると今度は売上が減ってしまう。
    この辺りは本当に難しいところです。

  21. 狛犬 より:

    俺は美麗さをウリにしたゲームの、例えば一瞬表示される壁がしょぼいものだと一気に興ざめしますね。
    反面、WiiでMH3をやっていた頃は何も不満に感じませんでした。
    つか開発者が今更どうにもならないものを愚痴るなら、もう辞めてしまえば?としか。
    変遷するニーズに対応していくのが普通っちゃ普通です。

  22. kentworld より:

    >リベンジャーさん
    ムービー重視のゲームは
    国産の大作では多いですね。
    でも日本のゲームはキャラクター性を
    重視しているから仕方が無い面もあるんでしょうね。
    ちなみに上で紹介したグラフィックがすげぇ
    ゲーム2作はあんまりムービーはありません^^;
    海外のゲームは日本のゲームほど
    ムービーを重視していないのが良いですね。
    グラフィックが暗めなのを我慢できれば、
    リベンジャーさんと肌が合うと思うんだけどなぁ。
    タッチパネル、Wiiリモコンを使ったゲームのヒット作は沢山出てきたので、
    失敗では無かったと思います。
    しかし、主流にはなっていませんよね?
    今回の記事では主流になれなかったと
    書いただけであって失敗だった。と言いたかったわけではないんです。
    どちらも中途半端な所に行きついてしまった感があります。

  23. kentworld より:

    >三十路ゲーマーさん
    ホント、慣れって怖いですよね^^;
    まあ逆に言えばHD機の映像を見た後にWiiの映像を
    しばらく見たらそれに慣れる事が出来ると思うんですけどね。
    そこまでしてやる人が少なくなっているから
    Wiiのコアゲーはどんどん売れなくなっているんでしょうね。
    Wiiのコアゲーが売れるようになる一番の条件はHD化でしょうね。

  24. kentworld より:

    >rikoさん
    トトリのアトリエは前作の絵を見た後だと「お」って思いますね。
    DSの2画面はどうだろう・・・。
    確かに2画面になった事で
    見やすくなったゲームはあったと思うけど、
    あれのおかげでゲーム性が変わった事は
    少ないと思うのでやっぱり2画面より
    タッチペンの方がゲームの面白さを
    変えると言う意味では貢献したんじゃないかな?

  25. kentworld より:

    >カリメロさん
    マリオ等のデフォルメキャラが登場するゲームは
    Wiiレベルのグラフィックでも十分ですね。
    それは、スーパーマリオギャラクシー2の絵を見ても分かります。
    逆にリアル系だと厳しくなってしまいますよね・・・。
    だから、上に挙げたバイオの2作目が
    大きく売上を落とすのも納得です。

  26. kentworld より:

    >monokuさん
    FF13はグラフィックの美しさと面白さが直結するゲームではありませんでしたね。
    もしあのゲームのムービーシーンを
    自分で操作出来たのであれば絶対に
    映像の美しさと面白さは直結していたと思います。
    FF13は面白さの向上とは関係の無い所にお金を使っていた気がします。
    キャラを動かす事の出来ないムービーシーンにお金をかけるんだったら
    フィールドに遊びの要素を入れるなどしてお金を掛けて欲しかった・・・。
    グラフィックの美しさって初動売上に結構影響しますよね。
    やっぱり入口って大切ですからねぇ・・・。
    見た目が悪いとクソゲーのレッテルが張られるし、難しいところです。
    Wiiの高スペック化はコアユーザーとしては望みたいんですが、
    本当は低スペックをカバーする魅力を
    もっと強化する事を望みたいです。
    今のWiiは低スペックをカバーするだけの
    魅力を持っていませんからねぇ。

  27. kentworld より:

    >わっふるさん
    メイドインワリオとかリズム天国は
    映像のチープさを逆にウリにしていて良かったですね。
    でもみんながみんなあの映像にしたら
    それはそれで問題だろうし難しいところですねw
    最近DSはローポリゲーがトレンドになっている感がありますね。
    あれはあんまりやらない方が良い気がする・・・。
    Wiiはホント周辺機器頼みで
    Wiiリモコンだけを使ったゲームをあんまり出せていないのが残念ですよね。
    GCソフトの移植や廉価版で繋いでいるのも明らかにネタ切れを感じさせて残念です。
    当初はこんな風になるとは思わなかったんだけどなぁ。
    スーパーマリオギャラクシー2に期待しましょうかね。
    HD機ではオープンワールドや
    シームレスは当たり前になってしまって
    もうウリには出来なくなってしまいましたよね。
    HD機は容量も十分あるし、高スペックだし
    もっと旧ハードでは出来ない何かをやれそうですし、
    こっちも頑張って欲しいですねw
    もうみんなもっと頑張れですよw

  28. kentworld より:

    >fruiさん
    映像を見るだけではそんなに驚く物では無いのかもしれません。
    だって綺麗な映像自体は映画で見慣れちゃっていますから。
    僕が上の2作で感動したのは
    実際にあの映像のクオリティで操作ができるからなんです。
    多分恵まれた環境でfruiさんが
    上の2作を実際にプレイしたらもっと感動するんじゃないかな?
    タッチペンやWiiリモコンは主流にはなれなかった
    書いただけで、失敗と言いたかったわけではないんです。
    仰る通り他社も真似していますし、ある程度は成功したと思っています。
    何と言うか、タッチペンもWiiリモコンも
    微妙な存在になってしまいましたよね。
    >しかしWiiリモコンやタッチパネルは、使わないと「WiiやDSで出す意味がない」と言われるのに、ブルーレイの大容量をフル活用しないゲームは「PS3で出す意味がない」と言われないのは…なんででしょうね?(笑)
    かつてPS1やPS2も大容量と言われていましたが、
    実際にその大容量をフルに活用したゲームは少なかったじゃないですか。
    PS3では映像が綺麗なゲームが発売になれば
    例え容量をすべて使っていなくてもみんなそれで許しちゃうんですよ。
    そう言う意味ではPS3でゲームを作るハードルは低いと言えそうですね。

  29. kentworld より:

    >tanuさん
    Wiiリモコンの精度の悪さも主流になれなかった要因の一つでしょうね。
    もう少し最初から高性能なリモコンを作って欲しかったです。
    残念ながらWiiリモコンはプロトタイプなんでしょうね。
    次世代機ではWiiリモコンとは
    比べ物にならない精度のリモコンを採用して欲しいです。

  30. kentworld より:

    >froさん
    ゴッド・オブ・ウォーは3クリア後に2を始めたんですが、
    圧倒的にグラフィックが劣っているはずの2の方が面白かったですw
    そう考えると、あれだけお金をかけて作った3って一体・・・って思ってしまいます。
    アサシンクリードは仰る通りHD機ならではの作品ですね。
    あの作品は街に沢山の人がいて
    それらしい動きをするので没入感が凄かった・・・。

  31. kentworld より:

    >ゆうすけさん
    ローポリは味はあると思うんですが、
    あれをマジでやってしまうと引く人は多いんでしょうね。
    見せ方次第ではありだと思いますが。
    みんながみんなどんどん映像を綺麗にできる訳ではありませんから、
    絶対にどこかで映像以外の驚きを提示しないとヤバいですよね。
    だから、任天堂にはもっと頑張って
    Wiiらしいゲーム、DSらしいゲームを出してもらいたいです。

  32. kentworld より:

    >ttttさん
    >グラを追求したゲームもあるし、そうじゃないゲームもある
    そうやってみんな割り切って考えれたら良いんですけどね。
    グラを追求しないゲームに
    それ以上の魅力を感じれたら良いんだけどなぁ。

  33. kentworld より:

    >ズンさん
    上の2作はまだ実写との違いが分かってしまいますが、
    それも数年したら違いが分からなくなってしまうんでしょうね。
    でも、これ以上近づけても
    驚きを感じる事は少ない気がします。
    バイオ4の映像は僕も当時凄く感動しましたねー。
    あの頃からかな?
    ムービーシーンとゲームシーンの
    違いが分からなくなってきたのは。
    僕がグラフィックで初めて驚いたのは
    スーパードンキーコングかな。
    それまでは綺麗だなぁと感じても
    驚く事はありませんでした。
    センスの問題は確かにありそうですね。
    ゼルダの伝説風のタクトにあった
    煙の演出は今見ても十分に素晴らしいです。

  34. kentworld より:

    >うむさん
    HD機は映像が綺麗になっただけと思いの方もいるでしょうが、
    仰る通りゲーム性の進化にも貢献しているんですよね。
    そこもWiiのコアソフトの売上ダウンの一因だと思います。
    でも一番はグラフィック(入口)でしょうね。

  35. kentworld より:

    >64が一番良かったさん
    任天堂のソフトでも
    3Dマリオシリーズは毎回新しい事をやっていると思うんですが、
    マリカ辺りはマンネリ化していますよねぇ。
    それは性能がGCからほとんど変わっていないのも大きいんでしょうね。
    次世代機ではもっと頑張って欲しいです。

  36. kentworld より:

    >ごりらさん
    映像がリアルになる事で
    個性が無くなってしまうのがちょっと残念ですからね。
    確かにHD機ではもっと味のあるグラフィックのゲームが増えて欲しいです。

  37. kentworld より:

    >TOMさん
    何だかんだで入口って大切なんでしょうね。
    グラフィックが綺麗な従来型ゲームと
    グラフィックは綺麗じゃないけどWiiリモコンの機能を活かしたゲーム。
    ゲーマーの大半は前者を選ぶんでしょうね。
    だから、ゲーマーがもっと冒険をするようになってくれれば!って思うんですが、
    DSやWiiの場合初期に独自のデバイスを
    活かした駄作を沢山生み出してしまったのが痛かったですね。
    僕もPS3以上の高性能なハードはあんまり想像できないですw
    これ以上性能が高くなっても、
    現状ではあまり驚かない気がしてしまいます。
    そう言えばPS2時代もこう考えていたなぁ。
    ゲームの周期は今のHD機の場合は
    5年は早過ぎる気がするので、もう少し遅らせても良さそうですね。
    日本ではまだそんなに普及していないですし・・・。
    海外では市場が成熟しているので5年で良いのかもしれませんが・・・。

  38. kentworld より:

    >狛犬さん
    一瞬だけしか表示されない物でも手を抜いたら興ざめてしまう。
    しかし、興ざめしないようにするにはそれに見合わない数だけのお金が必要。
    そう考えると難しい問題だなーって思います。
    今回取り上げた話は少し開発者の甘えを感じられる所はありますね^^;

  39. lemse より:

    綺麗になればなるほど、他との違いは分かりにくくなりますね。
    psやセガサターンの時代と比べると
    確かにHD画面は凄く綺麗になりましたが
    今のフルハイビジョンがさらに綺麗になっても
    以前のようにに劇的な違いは
    あらわしにくくなってくるでしょう?
    頂点には限界があるので、そういう選別はなくなっていって、いかに開発費を抑えることが出来る
    開発環境を構築できるかがひとつのクリアすべき課題ですね。
    任天堂はサードを取り込めなくてくるしんでいるのでWii HDではサードの開発費をいかに抑えられる環境を整備するかに時間を費やしているはずだと思われます。
    いつの日か同じよう画質でプレイする時がくるので、やはりターゲットマシンでの開発のしやすさが一番大切になってくるはずです。

  40. 全機種ファン より:

    毎回思うのですがこれって実に分かりやすいなぁと
    任天堂ハードだけでゲームをしているユーザーはグラフィックが面白さに直結しないとか結構多い印象
    私の知り合いにはそういう方々は大抵任天堂ハード限定ユーザーかそこまでゲームに思い入れがないユーザー、
    または学生や子供が多いです。
    そういうタイプにはぬいぐるみ集めや絵を描いたりしてる子も多いです。
    一方グラフィックも大事と言ってる方々は全機種持ち等のいわゆるコアなユーザーに多いです。
    いずれ目が肥えてきたり数々の作品をハードの関根関係無くプレイしていくと、
    グラフィックも大事なゲームがあるんだと言う当たり前のことに気付くとは思うんですよね
    アサクリとかモダフェアとかはWiiや携帯機止まりのユーザーにこそプレイしてみて欲しいし、
    高性能って素晴らしいってことを分かって欲しいですね
    因みにマリオギャラクシーがHD対応&実績、
    みたいなのがWiiに付いてれば最強だと思いますね。
    任天堂は儲かりまくってる割りにはあまり開発費掛けないのが
    なんだかユーザーとしてはケチだなぁと思ってしまうわけですよ。
    社員の給料が業界一とかボーナスが日本業界の中ではトップとか有名だけど、
    そんなことはユーザーからしてみれば関係無いので、もう少しお金掛けてグラフィックなりマシンなりの性能をあげて欲しい
    ボッタクリと言われても仕方ない気がする
    PS3とかマイクロソフト等が赤字だったり売れてなかったりであそこまでのコストパフォーマンスの高い満足感を提供してるのと比べると、
    そろそろ任天堂にもバチか当たっても良いかなぁって(笑)
    N64の頃の頑張って少数精鋭してたころが好きです(笑)

  41. くっぞこ より:

    こんにちは。
    絵の質というより、絵の表現力が上がらないと、
    面白くないゲームはありますよね。
    私が、ゲーム絵に驚いたのは、
    古いゲームですけど、SFC「F-ZERO」と、
    バーチャルボーイ「レッドアラーム」でした(笑)

  42. tree より:

    麻薬という表現はわかりやすいですねー。
    メーカーもお金ないですから、出てくるソフト自体が減ってきそう。(もう既にその傾向がありますが…)
    前にkentさんが任天堂はゲーマーを大事にしないと痛い目見るよ!と言ってましたが、
    ゲーマーしか相手にしてない所はさらにヤバイ状況なんじゃないか?と思ってしまいました。

  43. kentworld より:

    >lemseさん
    グラフィックの頂点を目指すゲームがあっても良いとは思うのですが、
    みんながみんなその道を目指したらダメですよね。
    でも、グラフィックの向上は麻薬みたいなもので
    一度綺麗な絵を見たらそれが基準となってしまいますからねぇ。
    みんな足を揃える事が出来れば良いんだけど・・・。
    この辺りは本当に難しい問題だなと思っています。
    任天堂の次世代機には、
    本当に沢山の課題があると思います。
    サードパーティが付いて来ないのは、
    N64時代からの悩みなのでなかなかこの問題を解決する事は難しい気が。
    GCも開発がしやすいと言われていたのに
    あまりソフトが揃いませんでしたからねぇ。

  44. kentworld より:

    >全機種ファンさん
    そうですね。
    そういう傾向はあるのかもしれませんね。
    やっぱりゲームは機種を問わずやらないと説得力がありません。
    この記事のコメント欄でグラフィックに関心の無い方は
    モダンウォーフェア、アサシンクリードはぜひやってみて欲しいですね。
    それでも、関心を持てないのであれば本物だと思います。
    任天堂に関しては、まあ楽をしている部分はありますからねぇ。
    痛い目に遭って欲しい。と言う気持ちはありますよ(笑)
    それも任天堂が嫌いで言っているのではなく、
    反省をして欲しいから言っているんです。
    任天堂は追いつめられないと本気を出さない会社ですからね。
    NewマリオWiiが売れているのをいいことに
    新作を出し惜しみなんかして・・・。

  45. kentworld より:

    >くっぞこさん
    表現力が上がった事によって
    実現できるゲームは沢山ありますもんね。
    でも、今以上に表現力が上がったからと言って
    新たに作れるゲーム何てそんなに無いと思うので、
    いい加減ここらでみんながみんな
    表現面の進化に拘るのは止めた方が良いのかもしれませんね。

  46. kentworld より:

    >treeさん
    何度も言いますが、ゲーマーは大事にした方が良いです。
    もちろん、ゲーマーだけの相手をするのも
    先細りが見えて行って良くないと思います。
    だから、一見するとゲーマーだけを相手にしているように見える
    ソニーだってトルネや人気映画とPS3本体を同梱したパッケージなどを発売して
    別の業界のユーザーを取り込もうとしているんでしょう。
    任天堂に関しても同様です。
    でも、両者には決定的な違いが。
    それは、ゲーマーへの満足度です。
    正直な話、ソニーの方がゲーマーが喜ぶような事をしています。
    それでかつ他の業界のユーザーを取り込もうとしている。
    非常に理想的な事だと思います。
    しかし、任天堂はと言いますと、
    ゲーマーを全く相手にしていない事は無いのですが、
    やっぱりライトユーザーの取り込みに力を入れていて
    ゲーマーからの満足度は低いです。
    個人的に一番理想的なのは
    ゲーマーのご機嫌をとりつつ新規層を取り込む事だと思うんですよね。
    どうか少ない予算でゲーマーを満足できるコンテンツを作って欲しいです。
    Wii だってもう少しグラフィックの向上以外の
    魅力を持っていたらゲーマーが満足するような
    ゲーム機になっていたと思うんですよ。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。