2010/04/27/7:00 | M☆G☆Mコラム

アドベンチャーゲーム=冒険をするゲーム?



いつも読ませてもらっているブログに、
ず~っと僕が疑問に思っていた事が丸々書かれていたので紹介します。

ゲーム残尿感 (マダムにゃんの部屋)



テキストを読んで、時に選択を行って進めるゲームのことを
「アドベンチャーゲーム」、と称するのは、私はものすごく抵抗がありますね。

「アドベンチャー、、、どこが冒険・・・」
こういうのは単なる記号だから、意味が通じればいいじゃん、というのは分かるんですが、
それにしては、 “アドベンチャー”というのはあまりにも意味がありすぎると思うんだなー。


アドベンチャーゲーム



アクションゲームが大好きな僕は、
「アドベンチャー」と言う言葉を聞くと物凄くワクワクしてきます( ´艸`)
だってアドベンチャーって「冒険」を英語で表した言葉でしょ?
しかし、日本では(リンク先の文の引用になってしまいますが)
テキストを読んで、時に選択を行って進めるゲーム(パート)の事を
「アドベンチャーゲーム(パート)」と言います。




良く考えたらこれっておかしくないですかね?
テキストを読んで選択を行うだけのゲームがアドベンチャーゲームって・・・。
恋愛アドベンチャーゲームとかありますが、恋愛しながら冒険をするゲームなんですか?w
あまりゲームをしない人からすると、本当に
そんなゲームを想像してしまうような気がしますw


アドベンチャーパートも同じように、”冒険をするパート”と
捉えてしまう人もいるような気がします。
でも、実際にはテキストを読んで時に選択を行って進めるパートの事なので、
本当にそう思っている人がいたらちょっと「アレ?」って思うんじゃないかな?


e02d1982.jpg



コマンド選択などでフィールドを移動して人と話をしたり、
オブジェクトを調べたりして謎を解くゲームだったら
まだ「冒険」をした気分を味わえるので分かるんですが、
テキストを読んで選択を行うだけのゲーム(もしくはパート)を
アドベンチャーゲーム(パート)と呼ぶのには違和感を持ってしまいます


9f3d66b2.jpg




だから、そう言うゲームはアドベンチャーゲームから切り離して
ノベルゲームと統一して呼んだ方がしっくり来るような気がします
この辺りはサウンドノベルである
SFC「弟切草」の登場によってかなり曖昧になって来ていますよね?w



※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(36)

  1. あー全然調べずに憶測で言うのも面白いかなと思い言ってみるんですが、アドベンチャーはアドベンチャーでもネイティブでは違う意味合いの使われ方があったりするんじゃないでしょうか、案外。
    冒険とは違う意味を持つ「アドベンチャー」…いや、知りませんが(笑)

  2. キシ より:

    これ、すごくわかります。
    僕も何となく違和感を持ちつつ今までこの言葉を使ってきました。
    思えば、スーパーマリオ1が当時「ファンタスティックアドベンチャー」を自称していたのも、
    それまでの真っ黒な一画面で完結するFCゲームから飛び出して
    野原、アスレチック、地下、海、城などあらゆるコースを冒険していくからなんでしょうね。

  3. 狛犬 より:

    黎明期のゲームのままの名称ですよね。
    同じ疑問を兄に投げたことがあります。その時の兄の返答を以下に。
    「8ビットでテキストベースのパソコン時代だと、ゲームと言えば1画面でキャラクタを動かしたり、パズル的なものをしたりとチマチマしたものばかりだった。」
    「テキストを用いて情景描写を行い、コマンドプロンプトに行動をテキスト入力するというゲームが登場し、
    初めてゲームに世界観やストーリーというものが現れ、当時の基準では、まるで自分が冒険をしているように思えたものだ。それは偉大な足跡といえる。」
    「ゲームの固有名刺それぞれにゃ、それなりの歴史がある。だからお前(狛犬)くらいのにわかゲーマーがどうこう言うまでもなく、ADVはADVなの!(最近アドベンチャーゲームをAVGと略する場合があるが、ADVが昔風)」
    ということだそうですよ。

  4. ユウジュ より:

    一番最初のアドベンチャーゲームと言われる「アドベンチャー」(洞窟探検ゲーム)がアドベンチャーゲームの由来らしいです。
    初期のアドベンチャーゲームは冒険を楽しむものだったことから、コマンド入力タイプのゲームをその後アドベンチャーゲームと呼ぶようになったみたいです。
    ネット調べなので信用性があるか分かりません。
    英語をそのまま直訳した意味でとらえるなら、RPGってジャンルも最初の意味からはかなりずれてますよね。
    こちらはレールプレイングゲームと言い変えられますがw
    最後にこじつけですが。
    男にとって、女性を攻略するのは未知の世界を冒険するのに等しい♪

  5. あい より:

    ノベルゲームだなんて味気ないじゃないですか
    やはりアドベンチャーですよ

  6. キティ より:

    アドベンチャーゲームというジャンルは「バイオハザード」、「アンチャーテッド」のようなゲームのことを指すのだとずっと思っていました。
    テキストを読んでいくゲームをアドベンチャーというのは自分も違和感を感じています。
    テキスト系はノベルゲームでいいと思いますよ。
    SFCの「弟切草」、「かまいたちの夜」で遊んでいた頃はサウンドノベルやノベルゲームと言っていました。

  7. まーる より:

    同感です
    アドベンチャーゲームとはどんなゲームかを理解した時はちとガッカリした
    テキスト読むだけのゲームをアドベンチャーゲームと呼ぶのは確かにおかしい

  8. TOM より:

    どうやら誤解があるようなので、少し長文で失礼します。
    実は、そもそも『冒険』という言葉は『危険を押し切って行うこと』・『日常ではあり得ない状況で、危険に身を置くこと』という意味であって、決して『旅に出る』という意味では無いんですよね。
    ゲームをしていて直訳すると誤解しがちですが、ドラクエなどのRPGにも『冒険の旅に出よう!』といった謳い文句がありますが、これも正確には間違った使い方です。ゲームで使われる『冒険』は、本来の意味から逸脱していると一般には思われています。なぜなら、どのように行動しても結末は同じだからです。
    しかしアドベンチャーゲームは、危険な選択肢を選べばバットエンド、あるいは相手もしくは自分に何らかの影響が出てゲーム進行。良い選択肢を選んでも、話が好転するとは限らない。そういう部分で見るとアドベンチャーゲームの『アドベンチャー』は決して間違ってはいません。
    多くの人が間違った意味で使っている言葉は多くあるので、仕方ないことだと思います。
    (例:失笑)『× 笑えないジョークを冷笑する』『○ 面白さのあまり思わず吹き出してしまう』

  9. 朝霧 より:

    個人的な感想だと管理しやすいってのもあるんじゃないですかね。
    アンチャーはTPSゲームと分類されてますし、基本的に戦闘部分で判断されている気がしますね。
    冒険をする。というのがADVならGOW3だったギアーズだって含まれる可能性だってあります。
    謎解きとかって冒険している感覚がありますし
    それに先ほどもいいましたけど
    ノベルゲームだと略すとNGですかね。
    RPGとかS・RPGなどをつけているタイプのゲームだとS・NGとかRPG+NGとか恰好がつかないとかそんな感じじゃないでしょうか
    最近のADV(まぁノベルゲーム)には選択肢がありますし、その選択によってどういう風に変わるのか、冒険風に言うと「あのスイッチは押せば何がどう変わるのか?」とかそんな風に解釈している可能性もあるのかも?
    それにいまさら変える事ってできないんじゃないですかね。
    定着しちゃってますし

  10. 未知 より:

     私自身、アドベンチャーとサウンドノベル両方持っていますが、名が違うだけでシステムは同じですよね。どちらかに統一してもいいと思っています。
     テキストゲー以外のアドベンチャーって何がありますかね?戦闘系ゲームはアクションとRPGに分類されてしまいますからね…。

  11. わっふる より:

    私もそれ疑問に思ってて、かなり前に他の呼び方とかないのかな~って調べたり考えたりしたんだけど、納得いく答えが見つからず。
    まあ、ゲームが面白ければ細かいことはどうでもいいんだよ!ってことにして考えるのやめましたよw

  12. ottan より:

    まぁ、歴史的経緯ですよね。
    個人的にはジャンル名が分裂する前からゲームやってるので、アドベンチャーという分類に違和感はないですが。
    逆に、メーカのマーケティング的都合であとからあとから ノベルゲーム、サウンドノベル、ビジュアルノベルなどなどジャンル名を増殖するのはやめてほしかった。

  13. ズースカ より:

    ワタシがADVのジャンル名を知ったころは、
    ・デゼニランド
    ・サラダの国のトマト姫
    ・惑星メフィウス
    などなど、本当に”冒険モノ”が多かったですよ。マイコンブームの頃ですね(笑) 良かったらゲーム名で検索してみてください。
    時が流れマシンが高性能化し、ADV(冒険するゲーム)ではなくADV(絵とテキストで進めるお話重視のゲーム)の方で多岐に進化したんでしょう。RRGしてないJRPGと同じ事。
    結局今は記号としてのADVであり、アドベンチャーではないと言うことでしょう。
    確かに意味を考えると違和感はあるけどね。

  14. namy より:

    こんにちわ~
    グラフィック機能がない昔のPCにおいて、世界を表現するためにはテキストで表すしかなく、こちら側の行動も「オホーツクに消ゆ」から始まった選択式ではなく、一から入力する入力式を採用していました。
    最初にでたこのジャンルのゲームは洞くつ探検をモチーフにしたものなんですが、テキストから情景を読み取り、次に行う行動を自分で考えるという点ではれっきとした冒険と言っていいように思えます。
    ゲームブックに親しんできた世代なら、この呼び方に違和感はあまりないと思うんですけどね~
    なんでも出来る今のハードの性能を基準にジャンルを考えたら細かくなりすぎるだけでキリがないですよ。
    結局、そのジャンルで表現できることというのはハードの性能に制約されちゃうものです。
    テキストオンリーで始まったアドベンチャーも、絵がつき、それがポリゴン化し、主人公も選択式から自分で操作できるように変遷していきます。
    操作できることによって可能になった敵との戦闘要素を加えればアクションアドベンチャーの誕生ですよね。
    ノベルゲームというのは分岐に主点を置いたアドベンチャーゲームという気がします。
    最近の主流ではありますがw
    アドベンチャージャンルのサブカテゴリーの1つでしかないかと。

  15. ゆうすけ より:

    再定義しなおせばadventurerというジャンルはなくなるでしょうね。ジャンルじゃなくてテーマです。
    少しそれて、このところのゲームは既存のジャンルではくくれないものが多くなってきましたね。
    シェンムーが高らかに「FREE」と言っていたのが懐かしい。

  16. ユキ より:

    呼ばれた気がするんで来ました。
    RPGだって別にロールプレイングでゲームしてるわけじゃないっすよ!
    とだけコメントしておきますね…。うん。

  17. kentさんのブログを見て大変驚きましたよY(>_<、)Y
    私はキャパが大変小さい人間なので、動揺しまくり顔真っ赤!ですY(>_<、)Y
    それにしても、タイトル、、、もっとましなものにすれば良かったY(>_<、)Y
    私は変えたほうが良いとまでは思わないけど、アドベンチャーという名称はジャンルにとってちょっと損、かもしれないですね。
    とにかく分かりにくいですよね。

  18. kentworld より:

    >J・イラストリアスさん
    アドベンチャーゲームのアドベンチャーは
    最初に出たその名も「アドベンチャー」と言うゲームが
    当時としては冒険していると言える内容だったので、
    アドベンチャーはアドベンチャーで良いと思いますw

  19. kentworld より:

    >キシさん
    どうしても今のアドベンチャーゲームのジャンル名はしっくり来ません
    (探索できるタイプのゲームならまだ分かるんですけどね。文章中心のゲームはちょっと・・・)。
    それは僕がアクションゲームに慣れ親しんでから
    アドベンチャーゲームを知ったからなのもあると思いますけどねー。

  20. kentworld より:

    >狛犬さん
    当時からしたら十分アドベンチャー(冒険)ゲームと言えたんでしょうが、
    アクションゲームで冒険をしている気分になれる
    作品が沢山出てきた今となっては
    どうしてもしっくり来ないんですよね^^;
    まあ僕がアクションゲーム中毒に侵されているのもあるでしょうがw
    もちろんこの記事を書くにあたって
    アドベンチャーゲームの歴史は再度調べて
    狛犬さんが触れている初代アドベンチャーゲームも知ったんですが、
    どうしてもモヤモヤ感が^^;

  21. kentworld より:

    >ユウジュさん
    RPGもそうですね。
    でもこちらは完全に僕の中では
    記号と化しているので別に気にならなかったり。
    今回触れたアドベンチャーの意味に関して
    モヤモヤを持ってしまうのは、
    僕が冒険ゲーム好きだからなんですよね。
    もちろん初代アドベンチャーに関しても調べましたが、
    記事で触れておくべきだったなと反省しております^^;
    30分で書いた記事なので、
    何か伝えたい事が伝え切れていない
    練り込み不足な内容になってしまいました。

  22. kentworld より:

    >あいさん
    ノベルゲームだけじゃ確かに味気ないので、
    「サウンド~」とか「ビジュアル~」と頭に付けて
    みんな統一してくれたらしっくり来るんだけどなーと思いました。

  23. kentworld より:

    >キティさん
    僕もそんな感じです。
    やっぱりアンチャーテッドの方が
    アドベンチャーゲームって感じがしますよね。
    まあアンチャはアクションアドベンチャーと言うジャンル名になっていますがw
    チュンソフトのノベルゲームは
    サウンドノベルって名乗っているんですが、
    美少女系は未だに恋愛アドベンチャーと名乗っているので違和感を持ってしまいます。

  24. kentworld より:

    >まーるさん
    ゲームをやらないうちの母に
    アドベンチャーゲームとはどんなゲーム?
    と聞いたら冒険をするゲームと返ってきましたw
    やっぱりそう思っている方は多いようですね^^;

  25. kentworld より:

    >TOMさん
    最近はアドベンチャーゲームの中にも
    選択肢の無い、本当に読むだけのゲームがありますからねぇ。
    そう言うゲームもアドベンチャーゲームとして
    分類されているので、余計にモヤモヤ感が出てしまうんです。
    あと、もちろん僕も冒険は『危険を押し切って行うこと』・『日常ではあり得ない状況で、危険に身を置くこと』と言う意味で
    使っている・・・んですが、
    勢いで記事中に「現実でも冒険をするのが大好きな~」と書いてしまったんで誤解されちゃったんでしょうね^^;

  26. kentworld より:

    >朝霧さん
    アンチャーテッドの戦闘は確かにTPSですが、
    あのゲームはアクションアドベンチャーと名乗っていますね。
    ギアーズは完全にTPSと名乗っていますがw
    ノベルゲームと略称は確かに恰好がつかないかも。
    まあ今さら変える事は難しいでしょうね^^;

  27. kentworld より:

    >未知さん
    アドベンチャーゲームに戦闘が入ると
    アクションアドベンチャーやRPGに分類されてしまいますね・・・。
    まあ僕としては自由に操作して
    物を調べたり人と話して謎を解く事が出来れば
    アドベンチャーゲームの”アドベンチャー”に関しては
    ほとんど違和感は無くなって納得できるんですよ。

  28. kentworld より:

    >わっふるさん
    そうですね。今さらこんな事を考えてもしょうがないですからねw
    面白ければそれで良い!と言う事で
    みんな違和感を持ちつつも考えるのやめているんでしょうw

  29. kentworld より:

    >ottanさん
    ottanさんは僕とは逆の考えを持っているようですね^^;
    個人的にはアドベンチャーゲームって
    色んなタイプの作品があるので、
    細かく分類しても良いかなーと思っているんですけどね。

  30. kentworld より:

    >ズースカさん
    >結局今は記号としてのADVであり、アドベンチャーではないと言うことでしょう。
    それはRPGも一緒なんですが、
    どうしても冒険をするアクションゲーム好きとしては
    モヤモヤ感を持ってしまうんですよね。
    まあ伝われば良いのかな。
    ゲーム名、時間がある時に検索しておきます!

  31. kentworld より:

    >namyさん
    どうしてもアクションゲームに慣れ親しんでしまった者からすると、
    今のアドベンチャー(ノベル)ゲームのアドベンチャーと言う意味には
    違和感を持ってしまうんですよね。
    まあ今さらジャンルの再定義をしたら
    確かに細かくなり過ぎちゃうでしょうけどねw
    詳しい解説ありがとうございました。

  32. kentworld より:

    >ゆうすけさん
    ハードの性能が上がって何でもできるようになってきたので、
    確かに既存のジャンルではくくれないゲームは多くなって来ましたね。
    中には勝手に新しいジャンル名を作って名乗っているゲームもあるしw

  33. kentworld より:

    >ユキさん
    アドベンチャーゲームについて突っ込んだら
    RPGもそうなんですが、
    アドベンチャーと言う言葉の方が身近で
    アクションゲーム好きの僕としてはどうしても納得のいかない部分があって・・・。
    まあ歴史的な事情で仕方が無い事何だと思いますけどね。

  34. このことは僕も疑問に思っています。
    基本的なアドベンチャーゲームをやったことは
    あまりないのにアドベンチャーゲームを
    しているという変な感じです。
    まあ、実際のゲームの内容が
    ジャンルで左右されるわけではないですが・・・。
    あのタイプのジャンルを分けるのは難しいのでしょうか。

  35. kentworld より:

    >マダムにゃんさん
    いやいや、そんなに動揺しなくて良いですよ^^;
    みんなと疑問に思っている事の話し合いが出来て良かったじゃないですか!
    一方通行のまま話が終わってしまったらモヤモヤが全く消えませんし・・・。
    アドベンチャーゲームは色々とややこしいですね。
    分かりにくいと言う意味では損していると思います。

  36. kentworld より:

    >ガイファスさん
    一時期僕はアクションゲームもアドベンチャーゲームも同じものだと思っていました。
    アクションアドベンチャーって言うジャンル名のゲームがありますしね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。