2010/05/06/8:30 | M☆G☆Mコラム

オフラインモードとオンラインモードをバラ売りしてみては?



PS3/Xbox360「コールオブデューティ モダンウォーフェア」
Xbox360「ギアーズオブウォー」などのFPS・TPSでは
1人、または2人で協力してストーリーを進めるキャンペーンモードの他に、
オンラインに接続して遊べるマルチプレイモードが用意されています。

中にはアンロック&レベルアップ制を採用した作品も存在し、
その手の作品のマルチプレイモードはキャンペーンモードの数十倍長く遊べたりもします。
で、そう言うゲームをやっていて時々思う事。


オフラインモードとオンラインモードを別々に分けて売ってみては?


オンライン環境
がある僕はどちらのモードも楽しめるから良いのですが、
そう言う環境が無い人やキャンペーンモードの一番簡単な難易度しか
クリアできない人はオンラインモード自体を遊べなかったり
全く勝てずに楽しめなかったりするので、勿体ないじゃないですか?


70124ae7.jpg


ゲームによってはオンラインモードに比重を置いている場合もあるので、
オフラインモードだけでは定価の半分も楽しめない!何てこともあり得ます。
だから、そう言うゲームはすべての内容を収録した通常版の他に
それぞれのモードをバラ売りしたパッケージを出してみると良いと思うんですよ
※PS3「メタルギアソリッド4」に近い売り方ですね。


4c539cbe.jpgaf507020.jpg


結構「ネット環境が無いけど面白そうなので
オフラインモードだけでもやりたい!
でも、それだけのために7,000円も払うのは勿体ないな~」、
「対戦モノは苦手なのでオンラインモードはやりたくないけど
オフラインモードが楽しそう!でもオフ専で7,000円は高いよなぁ」
と考える人は多いと思うんですよね。まあ実際にパッケージで
これをやってしまうと小売が在庫の問題で困りそうなので、
ダウンロードゲーム向きの売り方だと思いますけどね。




PSP
Xbox360ではパッケージタイトルの
ダウンロード販売が始まっていますが、今後はこれをさらに発展させて
各ゲームの各モードをバラ売りすると良いかもしれません。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(16)

  1. アンチ小島秀夫監督ファン より:

    メタルギアソリッド4とかは確かメタルギアオンラインがバラ売りされましたよね
    管理人が言いたい事は、要はCDで言うシングルカットのような事ですな!
    そういえば管理人はメタルギアソリッド4プレイされました?
    個人的にはメタルギアオンラインも本編も微妙な出来と解釈してるんですが管理人のレビューが楽しみなんで是非プレイされてみては?
    お願いします×100億。
    ぶっちゃけメタルギアソリッドが凄いゲームとは到底思えないんですよ
    特に色んな洋ゲーやったあとだと
    その辺を管理人にズバりレビューして欲しい
    やたら日本ではメタルギアソリッドと言うゲームが神格化されてるのが納得いかないのですよ
    因みに私のメタルギアソリッド4レビューは60点です

  2. kentworld より:

    >アンチ小島秀夫監督ファンさん
    ああ、そうでしたね。
    ちょっと記事に内容を付けたしておきました。
    メタルギアソリッド4はねぇ・・・。
    レビューの書き甲斐があるタイトルだとは思うんですが、
    僕はそこまでメタルギアの知識がある訳ではないので
    ストーリーの伏線回収について正しい評価を出来ないと思いますし、
    多分合わないと思うんですよね。
    TPS部分についても絶対文句を言うだろうし。
    だからこの作品は触れないですw
    メタルギアが好きな人を見ていて思うんですが、
    このシリーズには愛が無いと高く評価する事が出来ないんですよ。
    ちなみに僕の弟はメタルギアシリーズを
    すべてコンプするような熱狂的なファンですw

  3. ようすけ より:

    6月に任天堂からトップシークレットの新作発表があるようですね♪
    何だろ、ピクミンかな??
    わくわく。

  4. 狛犬 より:

    分けるとして、ビジネス的に成功する作品は一握りなのと、現状オンラインが面白いゲームは海外作品中心ですからねえ。
    一方でシングルプレイ作品にもDLCが存在したり、従来だとシングルプレイ専用だったキャンペーンにCo-opが組まれるなど、
    オンラインの在り方も多様化してきています。
    今後はさらに分割が難しいのでは。

  5. a より:

    バラ売りは下手をすれば純粋に在庫が倍になっちゃうので厳しいかもしれませんね。
    ただソフトの値段を下げてオンライン部分をプレイするには+ポイント分を支払うって形がいいと思います。
    例えば今まで6000円で売っていたソフトを4000円で売り、オンライン部分をプレイするなら+2000円分のポイント(PSN、MSP等)を支払う。みたいな
    今は難しいかと思いますが、将来的にはこういう売り方が出て来てもいいと思います。

  6. kentworld より:

    >ようすけさん
    そうそう!そうみたいですね。
    過度な期待は禁物ですが、期待してしまう自分がいるw

  7. kentworld より:

    >狛犬さん
    単純にオフライン・オンラインを分けて売るのは難しくなってきたかもしれませんね。
    ではキャンペーン・マルチと分けて売るのはどうでしょうか。
    ネット環境が無い人はキャンペーンだけでも
    co-opが出来ないので少し損をしてしまいそうですが、
    ネット環境があるけど上手くプレイできなくて
    対戦が嫌いな人だったら喜びそうな分割だと思います。
    co-opで助けてもらえますし。

  8. 名無し より:

    欧米のゲーマーは、オンライン機能(対戦、協力、追加コンテンツ等)はついてて当たり前と考えているようです
    MGS4も本編に容量をもっと使いたかったのにMGOを入れたのはそのためだからと言われてます
    ですからオフ専のためにどうこうするという発想はないと考えていいでしょう

  9. kentworld より:

    >aさん
    パッケージでのバラ売りは現実的には厳しいでしょうね。
    >ただソフトの値段を下げてオンライン部分をプレイするには+ポイント分を支払うって形がいいと思います。
    あ、それは良いかも。
    その代わりHDDの容量を喰いそうですが^^;
    将来的にはアリだと思いますよ。
    マルチプレイモードってキャンペーンモードとは
    全くゲームとしての楽しさが違うので、
    何だか2本のゲームが入っているような感覚です。
    ネット環境があってそれなりに戦える僕の場合は
    お得感を味わえますが、みんながみんなどちらの
    モードを楽しめる訳じゃありませんからね。
    何らかの方法で分けて売るのはアリだと思います。

  10. kentworld より:

    >名無しさん
    僕は逆に最近の海外産タイトルをやっていると、
    もう少しネット環境が無い人の事を考えて作ってくれって思ってしまいます^^;
    MGS4も別にオフ専ユーザーの事を考えて
    分けていた訳ではないんですよね^^;

  11. ソーヤ より:

    自分はちょっと考えが違いますが、バラ売りして欲しい点については同意見ですね。
    先日、ロストプラネット2のオンライン対戦の体験版をやっていて、個人的になかなか面白く欲しいなと思っていたのですが
    戦争ゲー初めてなのでストーリーまでハマれる自信ないし、オンラインのみだったら欲しいな~と感じましたね。
    まぁオンラインハマる位だし、興味本意で買ってもいいですがフルプライスで手を出しにくいんですよね^^;
    と洋ゲー慣れしてない人の意見ですいませんでした><

  12. 狛犬 より:

    ネットインフラが家庭に「あるもの」として、今後の開発もそれを念頭に置くのはもはや必然ではないでしょうか。
    インフラを確実に備え面白そうなら多少の出品を抑えない、オピニオンリーダーに訴求できるモノ作りが大切だと思います。
    ネット弱者救済のために柱のひとつをカットしたバージョンを投入するに至る理由が、企業側には何も存在しませんよね。リソースも余分にかかりますし。
    また、もともとは他社との競争のために不随サービスとして表面化したオンラインモードが進化を経た結果、「楽しめない層のためにオミットしなきゃならない」となることそのものがおかしい気が。
    討論じみた発言ですみませぬ。

  13. kentworld より:

    >ソーヤさん
    オンラインのみだったら欲しいかぁ・・・。
    やっぱり片方だけ遊びたいって人もいるんですね。
    一応オフラインのキャンペーンモードは
    オンラインモードの練習も兼ねて作られているんですが、
    ソーヤさんの場合はそのようなモードは必要と感じられず、
    オンラインモードだけをやりたいんですね。
    海外産タイトルって高い物が多いですからねー。
    初心者がいきなり7,000円~8,000円払うのも敷居が高そうですし、
    初心者に売るための手段としてはアリかなと思っています。

  14. kentworld より:

    >狛犬さん
    オンラインモードを搭載したゲームの進化の過程や
    企業側の負担・オンラインを念頭に置いたゲーム作りを考えてしまうとちょっとどうなのかな?
    と思ってしまいますが、それでもタイトルによっては
    アリなんじゃないかな?と思います。
    記事ではあえて書きませんでしたが、
    僕がオンライン・オフライン、もしくは
    キャンペーン・マルチプレイをばら売りして欲しいゲームって
    ほとんどすべて海外産タイトルなんですよ。
    バラ売りするメリットの一つとして、価格を安くできる事がありますよね?
    http://www.geocities.jp/v7160c_l5/index.html
    評価が高い海外産のFPS・TPSの廉価版の売上が伸びているのを見る限り、
    「この値段だったら買おうかな?」と感じる
    海外ゲーム初心者のユーザーも多いと思うんですよ。
    バラ売りする事によってそのゲームの魅力が半減してしまう恐れもありますが、
    ライト洋ゲーマーが多い日本国内に限っては海外産タイトルを普及させる
    一つの手段としては、(タイトルにもよりますが)アリかなと思います。
    まあどうやって分けるのかはオンラインを念頭に置いたゲーム作りの負担になるので
    ゲームの形が出来あがってからになりそうですし、
    そこまで海外メーカーが日本のために
    リソースを割いてくれるのか?など色々疑問点はありますけどね^^;
    一見するとオンラインが出来ない人、オンラインを楽しめない人に気を配ったエントリーに感じられそうですが、
    実は一番は海外産タイトルを日本でもっと普及させるための
    手段として挙げてみたんですw

  15. 狛犬 より:

    なるほど。
    ソフトが安価であることを普及への足掛かりにする戦略と取るならありかもしれません。
    シューターなんて、キャンペーンがいくら良くてもオンライン対戦中心に語られる部分があるから、対戦だけのバージョンはいいかもですね。
    対戦専用のソーコムコンフロンテーションやMAGは過疎ってるのが玉に傷だったりしますが。
    半面、今やっているMGSPWはシングルとCo-opのゆるやかな融和のバランスが良く、これには国産ゲームの新たな可能性を感じる部分があり、
    モノにもよるのだなと思います。

  16. kentworld より:

    >狛犬さん
    オンライン専用ゲームの場合だと
    売上本数によっては発売直後しか楽しめない場合もありますが、
    高い売上を見込めて長く遊べるゲームだったらアリでしょうね。
    MAGはオン専用と言う事もあり、価格が安くて僕も手を出しそうになりました。
    2月に5本も購入予定ゲームが出来てしまったので、
    結局買いませんでしたけど^^;
    発売当時HD機が普及していなかった事も大きいと思いますが、
    本当に廉価版の海外シューターは良く売れるんですよ。
    だから、バラ売りでの低価格販売も場合によってはアリな戦略だと思います。
    メタルギアPWのようなゲームは流石に分割難しそうですがw

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。