2010/08/17/8:30 | M☆G☆Mコラム

ゲームの専門用語は業界人から教わった

9270ef09.jpgaa18bbd4.jpg



サードパーティ、マルチプラットフォーム、コンシューマー、
デベロッパー、プリレンダリングムービー、
トゥーンレンダリング、ソフトハウス、デバッガー、テクスチャ、
ハードメーカー、プラットフォーム・ホルダー

このブログを読んでいる人の中には、
上記の用語についての意味が分からない人も結構多いと思います。
これらの用語は、ほとんどゲーム業界だけで使われる用語ですからね。M☆G☆M+etc...

846bebcb.jpg



そんな普通の人にとって現実世界では使用頻度が低い言葉を
なぜ僕は覚えてしまったのかと言うと、ゲーム雑誌に載っている
”開発者のインタビュー記事”を幼い頃からずっと読んでいたから。
僕は昔からゲームクリエイターのインタビュー記事を読むのが大好きだったんです。

クリエイターさんはそれぞれ僕ら素人にとっては
目から鱗な話”を沢山して、凄くためになるんですよ。
正直、僕が書くコラム何かよりもゲームクリエイターさんの
コラムを読んだ方がずっと面白いですし”為”になります!
(まあ、僕は素人なので当たり前かもしれませんけどねw)

ゲームが好きでブログを書いている人は自分が好きなゲームを作っている
クリエイターのインタビュー記事を積極的に読んで欲しいですね。
そうする事で自分の好きなゲームの新たな一面が分かってゲームがより面白くなりますし、
自分にとっての”ゲームの価値観”がハッキリと見えてきます。
あと、業界用語も自然と身につくのでブログでゲームの事に付いて語る場合、
自然と説得力のある文章が書けるようになりますよ!

どんな分野でも言えることだと思いますが、
やっぱりブログの質を上げたい場合取り扱うジャンルの事を
深く知っておいた方が有利なんですよ。
僕はゲームの事ですらもほとんど理解できていないので、
今後もゲーム雑誌などに掲載されている開発者の
インタビュー記事を読んでゲームの知識をいっぱい覚えるぞー(≡^∇^≡)M☆G☆M+etc...M☆G☆M+etc...

ファミ通.com
電撃オンライン
4Gamer 任天堂:社長が訊くシリーズ

↑今はウェブサイトでも開発者のインタビュー記事を読めるので、
もし本を読むのが苦手なのであればこちらをチェックするのも良いと思います。



桜井政博のゲームについて思うことX


↑あと、インタビュー記事だけではなく、
ゲームクリエイターが
執筆した書籍を読むのも良いと思います。大ヒットを連発している
クリエイターの記事は読んでいて面白いよ!
桜井政博さんとか、小島監督とか、宮本茂さんとか・・・
(何気にゲームクリエイターって容姿がカッコイイ人多いよね)。


※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(8)

  1. マージ より:

    好きなゲームへの知識を高めるために、皆さんのブログを楽しく読ませてもらっています(-^□^-)
    自分が書いているのは、ただの日記ですからねぇ…
    でも、質のよい「ブログ」を目指してみようかなぁ…

  2. 名無し より:

    週刊トロステーションの特集でもインタビューが好きですね。制作側が何を考えているのか知るのは楽しいです。
    ゲームじゃなくても漫画アニメその他色々好きで前にNHKでやってたマンガノゲンバが特に好きだったのに終わってしまったのが残念。

  3. アリム より:

    サードパーティーとかゲーム始めたばかりの人はよく分かりませんもんね。
    そういう人のことを考えると使って良いものか迷いますわ。

  4. kentworld より:

    >マージさん
    愛をより多くの人に伝えるためには
    知識が必要なんですよね。
    だから、僕は自分の好きな物の知識を
    これからもどんどん高めて行きたいなと思っています!
    一番は作った本人の文を読む事だと思いますが、
    なかなか読む機会が少ない事も多いですし、
    ファンの文章を読むのもアリだと思います!

  5. kentworld より:

    >名無しさん
    漫画家さんの考えってなかなか知る機会が少ないので、
    マンガノゲンバは貴重な番組でしたね。
    自分も昔は漫画家に憧れていましたし・・・(´・ω・`)

  6. kentworld より:

    >アリムさん
    そうなんですよねー。
    一番は解説を記事中に加える事だと思いますが、
    それをやっていたら骨が折れますし・・・w

  7. ミーア より:

    アンチエイリアス
    ジャギ
    フレームレート
    パブリッシャー
    ロンチ(ローンチ)
    プロダクトコード
    Co-op
    NPC
    ゲーム用語というかコンピュータ用語も混じってますが、この辺りも雑誌などでよく目にしますよね
    専門用語は必要だと思いますが
    「FPSにはfpsが重要なんです」
    なんて書いてあっても、ライトユーザー(←これもほぼゲーム用語ですねw)には???でしょうし
    雑誌などで上記の単語を使うときは、必ず注釈を付けるようにしてもらいたいです

  8. kentworld より:

    >ミーアさん
    ライトユーザーもほぼゲーム用語ですねw
    時々無意識にゲーム用語を使ってしまって
    この言葉もゲーム用語だったなーと思ってしまいます^^;
    ゲーム雑誌は僕にとって”ゲームの教科書”みたいな物なので、
    注釈はどんどん付けてもらいたいです。
    ゲーム雑誌で教わった事は本当に多いんですよ。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

日本市場特有のSCEとPSファンの間に感じられる乖離感
祝!初代Xbox生誕15周年!Xbox360に繋げるため短命に終わったハードの一生を振り返る
kentが語る、オタクの苦手なところ(自虐ネタ)
E3 2015で感じられた日本企業の一時的な復活と素直に喜ばないユーザー
かつて人気だったのに、最近パッケージでの新作が発売されていないシリーズ物
祝!Wii10周年!何もかもが異質だったゲーム機の10年間を振り返る
コレジャナイ感が強いせいで過小評価されたシリーズ作品
コストパフォーマンスの頂上決戦!超お買い得なコレクションパッケージを紹介
グラフィックの向上は麻薬みたいなもの
一発屋が多いSCEのコミカル系アクションゲーム。KNACKはどうなる!?