2011/03/28/8:30 | M☆G☆Mコラム

音楽は思い出に残りやすい!

2d75cae8.jpg



僕の場合、ゲームにしても、映画・ドラマにしても、振り返る時には
自然とその作品のBGMが頭から流れて来ます。
自分の過去を振り返る時も、自然とその時に聴いていた曲や
流行っていた曲が頭から流れて来ます。

そう考えると”音楽”って思い出に残りやすいんでしょうね。
たまにゲームでサウンドを一番重視する方もいますが、
そう言う方はゲームで思い出を残したいのではないのでしょうか?

あと、音楽って思い出を美化させる不思議な力があるような気がする。
僕は時々古い音楽を聴いてその当時の事を振り返ったりするんですが、
「あの頃は辛い事もあったけど、楽しかったよな~」と良く思いますね(´∀`)
でも、冷静に考えてみると辛い事の方が多かったりもしました(笑)
その時に「やっぱり過去って美化するんだなー」と思いましたね。



そして、その過去を美化させているのは、間違いなく音楽の存在が大きいんだと思う。
今だって巨大地震の影響で色々と嫌な事が多いけど、
僕の中で密かにヘビーローテーション中の
GIRL NEXT DOOR「Silent Scream」やRADWIMPS「DADA」等が
数年後に今の出来事を美化させてくれる事でしょう。

でもコレって上手く使えば良い商売に使えますよね。
例えばゲームの場合、ゲーム部分は””だけど、
音楽の力によって作品の魅力が高められ、やがてその作品は過去の物になり、
美化され名作と変わる。そう言う作品は意外と多いと思う。



名作とは今も思っていませんが、最近では
Wii「FRAGILE ~さよなら月の廃墟 ~」が僕の中では美化されつつあります。
この作品はハッキシ言ってプレイしている時は苦痛な事が多かったんですが、
メインテーマが凄く良い雰囲気を醸し出していてしばらく遊ばないでいると
だんだん「あのゲームも結構面白かったな」と思うようになって来ていますw

もちろん、今改めて遊んだらまた以前の感想に戻ると思うんですけどね。
でも、僕はこの作品が嫌いになれないんです。
間違い無くこれは作品の世界観、そして音楽の影響が大きいのでしょう。

今は「国産ゲームよりも海外ゲームの方が面白い!」と良く聞くけど、
リアル・ネットユーザーを問わず「最近発売された好きなゲームを挙げて」と言う
質問があったとしても国産タイトルを挙げる人が圧倒的に多いですよね?

これは単純にやっている人が少ないだけではなく、
日本人にとっては国産タイトルの方が作品を好きになるための
重要な要素と言える世界観やストーリー、キャラクター、
そして音楽に価値観を持てるためだと思います。

僕も「面白いか?」では無く「好きか?」で作品を決めるとなると
間違い無く国産タイトルを選ぶだろうね。
音楽の可能性について、改めて感じている今日この頃です。


※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(9)

  1. TOM より:

    「面白い」か「好き」かの違い・・・kentさんの仰る通りですね。
    確かにゲームシステムや完成度(≒作りこみ)は海外ゲームの方が上かもしれませんが、音楽やキャラクターなどの魅力は間違いなく日本ゲームが上だと思ってます。おそらくこの先も、海外の人たちでは(マンガ・アニメといった)文化的に絶対に日本にはかなわないはず。
    僕が国産ゲームを好きな理由も、やっぱり【魅力的】【印象的】な作品が多いからですしねw

  2. lemse より:

    英語も好きで、米国の文化も好きですが、
    ゲームになると、断然日本製です。
    海外の物はあまりにもリアリティーをゲーム
    において追求しすぎていて、日本人から見ると
    ロマンがありません。
    いや、もちょっとアクションが得意ならそうでも
    無いだろうけど、日本のアドヴェンチャーゲーム
    なんて、絶対売れそうもないけど、音楽、シナリオ、キャラクターへの力の入れようは凄い
    ですよね。
    そういう要素はやはり日本製が一番優れて
    いると、いまだに感じます。
    この部分だけは、今後も守られるでしょうね。

  3. kentworld より:

    >TOMさん
    日本は力量勝負では海外には及びませんが、
    何か不思議な力を持っている気がします。
    なので今後も完全に日本が海外に食われる事はなさそうですね。
    自分はゲーム性の事ばかり話すけど、
    音楽やストーリー、キャラクター、世界観などの
    調味料によって
    その作品がますます好きになるんだなと思っています。

  4. kentworld より:

    >lemseさん
    海外産タイトルは
    確かにリアルを追求した物が多く、
    似たような雰囲気の作品が増えていますよね・・・。
    その辺は僕も不満に思っています。
    国産のアドベンチャーゲーム(ノベルゲーム)は
    日本人ならではの発想で作られていますから、
    海外では絶対に真似できないでしょうね。
    日本は小さい国だけど、
    独特の良さが沢山あって自分は好きだなー。
    先日発生した地震時の対応と言い、
    日本人であることを誇りに思いますよ^^

  5. Ryou より:

    ■印象に残りやすいBGM
    はかなり重要視しています。
    ゲームだと任天堂作品(マリオ、スパドン)。
    CD関連だとだんご三兄弟やら挙げられます。
    他にも、ルージュの伝言、少年期やら色々あるんですが、
    これらは聞いてて飽きないんです。
    特別な魅力があるんでしょう。

  6. Ryou より:

    ×■印象に残りやすいBGM
    ○■印象に残りやすいBGM&音楽

  7. kentworld より:

    >Ryouさん
    そうですね。実は最近、
    海外ゲームの購入率が上がったせいか
    イマイチ印象に残り易いBGM&音楽を
    ゲームで聴く機会が減ってしまいました。
    任天堂系はもちろん良い曲だらけなんですが、
    もうちょっと新曲で印象に残るのが欲しいなと思ったり(笑)
    最近印象に残ったゲームのBGMは
    ゼノブレイドに多いです。

  8. 龍鬼 より:

    確かに、その通りです。
    自分が聞いた「音楽」が思いに残れば残る程、日々の生活にその「音楽」が出てきますからね~。
    普通の音楽やゲーソン、アニソンにしろ、一度聞いて自分からその音楽が出てくようになれば、それは自分にとって「何かしらの印象を与えた音楽」ですから、思い出にも残ると思いますよ。
    今なら、某CMの「あいさつの魔法」が印象に残ってますね。
    (何度も聞いている内に、あの曲がもう頭から離れなくなり、とある動画の影響で聞いただけで笑いが飛び出す位です。)

  9. kentworld より:

    >龍鬼さん
    あぁ・・・某CMはこれからずっと印象に残りそうですね。
    今はまだ傷が癒えませんが、
    数年経った後に某CMの「あいさつの魔法」を聴けば、
    また感じ方も変わってくるでしょうね。
    音楽と言う物は本当に不思議で素晴らしいです^^

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。