2012/05/28/8:30 | M☆G☆Mコラム

大器晩成なPSハード

PSハード(PS1、PS2、PS3、PSP)はいずれも日本国内に限定すると、
トップシェア、もしくは一定の地位を獲得しています。
しかし、いずれも発売当初から絶好調だった訳ではないんですよね。
今回の記事では大器晩成なPSハードを振り返ってみたいと思います。


e079b22e.jpg
PS1

1994年12月発売。発売から5ヵ月ほどで100万台を出荷するなど
新規参入メーカーが発売したゲーム機にしては好調な出足だったものの、
同時期に発売された「セガサターン」の方が当時は売上が好調で、
1番手とは言える状況では無かった。それが1996年1月に
「ファイナルファンタジーVII」がPSで発売される事が決まると状況は一転。
ミリオンヒットが続出して、普及スピードも一気に加速。
またたく間に国民ハードとなった。M☆G☆M+etc...


dc1bd5f2.jpg
PS2

2000年3月発売。PS1との互換性やDVDプレイヤー機能によってあっという間に
100万台を超える販売を記録するものの、ゲームソフトの方は
ハードの販売台数に見合った本数を販売できず、
2000年いっぱいはハード主導の動きに。

ところが年が明けて2001年になってからは「鬼武者」、「グランツーリスモ3」、
「ファイナルファンタジーX」とミリオン、ダブルミリオンセラーが続出して、
一気に当時のスタンダードと言えるゲーム機に。

9a42aef2.jpg
PSP



2004年12月発売。PS初の携帯機として売り出されたものの
需要に見合った供給をする事がしばらくは出来ず、きちんと出荷が
出来るようになったら今度はゲームソフトのヒット作がなかなか生まれず、
同時期に発売されたニンテンドーDSに大きく水を開けられる形に。

しかし、2005年12月に発売された「モンスターハンターポータブル」が
ジワジワと売上を伸ばし、続編で一気に爆発したのに加え、
PSP-2000、PSP-3000と新型を連続で発売した事によって
一番手にはなれなかったものの、二番手ハードとしては
異例と言っても良いほどの高い地位を獲得。M☆G☆M+etc...

5b5749a7.jpg
PS3



2006年11月発売。高スペックで高精細の解像度、BDプレイヤー機能を
ウリにしていたものの、発売当初の価格がゲーム機としては
あまりにも高く(60GBが62,800円)、BDプレイヤーとしての需要も
あまり無かったため、PS2とは思えないくらい鈍い出足
(週間販売台数は発売半年目にして4桁に突入)。

しかし、ハイビジョンテレビの普及、BD市場の拡大、
ソフトラインナップの充実、徐々に下がって行った販売価格が
後押しして爆発的ではないものの徐々に普及ペースが上がっていき、
今ではゲームファンの間ではスッカリ定着したゲーム機に。




1e05dcbc.jpg



どのハードも巻き返すきっかけとなった理由は異なりますが、
国内に限定するとPSハードは大器晩成なんだと言う事が良く分かる事実だと思います。
そう考えると現在苦戦中のPSVITAがこのままフェードアウトするとは思えないんですよね。
だから僕はこのハードを他の人よりも長い目で見ています。

ただ、PSVITAにはPS2やPSPであったメディアプレイヤーとしての
需要があまり出ていない点はちょっと気になります。
価格もなかなか下げられないでしょうし、巻き返すには、
これまで以上にソフトラインナップが重視されるでしょうね。
関連記事:最近の任天堂ハードはPSハードに比べて寿命が短い!

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(38)

  1. TOM より:

    PS2はDVD、PS3はBDという明らかな付属価値があったのは大きいですよね。
    とすると、PSPとPSVの付属価値ってなんなんだろ?
    それよりも、2008年中ごろの時点で、kentさんが完璧に未来を言い当てていたことにイチバンびっくりしましたw

  2. ざるてぃす より:

    PS3を購入したときはそれほどタイトルは充実していませんでしたが、気付いたらもう優良ソフトが豊富になっていて安心してますw
    同じくvitaもそうであると信じています。
    大人になってからと言うもの、据え置き気に触れる時間が少なくなってきたので、もはや据え置きと変わらない性能の携帯機vitaには頑張ってもらいたいです!w

  3. 通りすがりの名無し より:

    PS3はPS2の後継機だったので
    強力なタイトルも発表されていたし
    HDTVの普及·BDプレーヤーとしての要素もありました
    PSPはDSとの性能差·メディアプレーヤーとしての要素
    なによりも「モンハン」がありました
    VITAはその分僕はキツいと思います
    今後モンハンがVITAにでるとしても
    3DSにもありますし、DS-PSPの時よりも
    性能差は縮まりましたからね
    DAZEようにもっとファーストが率先して
    面白いソフトを出してほしいです

  4. W・D より:

    メディアプレイヤーとしての需要が減ったのは、スマホやiphoneなどが台頭してきたからじゃないでしょうか?ゲーム機を公共の場でいじるのは恥ずかしいけど、iphoneやスマホだと恥ずかしくない的な風潮というか流れもあると思います。ゲームとメディアという意味ではPSPもありますし、それも影響しているかもしれません。
     もちろん、ゲームもメディアもできる!と思う人もいるでしょうから、プラス要素には間違いありませんが、PSPのときほどの需要はないと考えます。

  5. MMB. より:

    うーんこれはまた突っ込み甲斐のある記事を…w
    PS3とPSPは大体同傾向ですし、VITAをその例に当て嵌めるのも悪くないと思います
    でもPS1や2は大器晩成じゃなかったと思うんですね
    まずPS1ですがSSとの次世代機戦争は当初から一進一退で、発売直後こそバーチャ需要で若干リードを許したものの、目立った優劣はありませんでした
    (64は完全に後塵でしたが…)
    そして前世代機で覇権をとったPS2は猛烈なスタートダッシュを決め、DCの追随を許しませんでした
    他機種に負けている状況と、単にハードを活かしたソフトが出ないのを同じ大器晩成という言葉でくくるのは違うと思います
    PS2は圧倒的な普及台数を武器に、後から出てきて性能も上だったGCやXBの追随も許しませんでした
    一方のPS3やPSPは最初から3年先のスペックを載せたらライバルが時代遅れになる3年間は売上が伸びなかった、という残念な流れです

  6. kazu より:

    その辺は何というか、「ハードの質」の違いというより「ユーザーの質」の違いなのかなぁと。
    Vitaは据え置きの領域に足を踏み入れちゃった部分があるので、その辺がどうなるか未知数ですかね。

  7. 僕もPSハードは大器晩成論を昔から唱えていますので、VITAもそうなると思っています。
    日本一ソフトウェアの20周年ソフトとか、何気に新規作品もポツポツ発表されていますし、まあ大丈夫でしょう(笑)

  8. gbs より:

    PSP、PS3は仰る通りかと
    ただPS2に関しては最初から好調だと思います
    発売翌年にはソフト販売本数が断トツのトップで地位を確立していたはずです
    それから2007頃まで存在感を発揮していたので
    寿命が長いとはいえますね
    ちなみに3DSは現時点でPS2に近いものを感じますね
    発売当年には好調なスタートを切り
    次の年ではソフト販売でトップになり一気に市場のメインハードとなる
    こんな形になるでしょう
    寿命が長くなるかについては疑問ですが

  9. 二年寝太郎 より:

    寿命が長いのはいいことだけど最初の二年が寂しい状態になるのはキツイです。
    そんなこんなで値下げ、新型、やりたいソフト、待ちで二年くらい待とうかな、とw
    そんな自分みたいな奴が多いから売れないのかも…

  10. kentworld より:

    >TOMさん
    PSPは一時期メディアプレイヤーの需要によって売れていたんですよ。
    当時、メディアプレイヤー目的で買っていた大学生が多かったんです。
    ソフトが全く売れないのに週5万とか売れていた頃がありましたからw
    でも、今はスマートフォンやiPhoneなどによって
    そう言う需要が薄れてしまい、
    PSVITAは伸びきれていないんですよね。
    何気に2008年の記事で言っている事が
    大体当たっていますよねw
    歴史は繰り返すと言うか・・・。

  11. kentworld より:

    >ざるてぃすさん
    新ハードが発売されて間もない頃は
    よくタイトルが少ない少ないって言われるもんなんですよねw
    PSVITAは間違いなく需要はありますので、
    これから細く長くかもしれませんが、
    伸びてくると思っています。

  12. kentworld より:

    >通りすがりの名無しさん
    そうですね。PSVITAならではの
    優位性は過去ハードよりも低いです。
    性能差に関してはもう1.2年くらいしたら
    3DSのスペックに不満を持つ人が増えて来そうなので、
    まだ期待できそうなんですけどね。
    SCEも面白いソフトは出しているんですが、
    アピールやアプローチの仕方が下手ですね。
    面白いものに限って魅力的に伝えられていなかったり、
    出来は良いんだけど、PS3から持ってきただけのような
    ゲームばかり出したりとか。

  13. kentworld より:

    >W・Dさん
    その通りです!
    メディアプレイヤーの需要は
    もうほとんどスマートフォンやiPhoneに
    取られているんですよ。
    これはPSVITAに限った話では無く、
    多くの家電メーカーが悩んでいることです。
    スマートフォンやiPhoneは
    便利過ぎて罪な存在ですわw

  14. kentworld より:

    >MMB.さん
    この記事の論点って
    過去のPSハードが大器晩成であることから
    PSVITAもそうなるかもしれないよ!ってことなので、
    PS3やPSPの例が的確である以上、
    もう10年以上も前になる
    PS1やPS2が大器晩成であるかどうかの議論は
    あまり関係ないのではないでしょうか?
    確かに、PS3やPSPと比較したら
    それらのハードは大器晩成とは言いにくいのですが、
    ハード発売から約1年が経ってやっとミリオンセラーが1本出るような状況は、
    当時の勝ちハードとしては珍しかったんですよ。
    大器晩成とは大げさな表現かもしれませんが、
    その頃からそう言う傾向があったのは確かなんです。
    話を戻して・・・過去のコメントもそうだったんですが、
    MMB.さんは揚げ足を取って論点をすり替える癖がありますね。
    その癖は治した方が良いですよ・・・。
    この記事で一番伝えたかった、
    PSVITAも大器晩成になる可能性がある!という点を
    認めている以上は、必要以上にPS1やPS2が
    大器晩成であるかどうかは触れなくても良いと思います。

  15. kentworld より:

    >kazuさん
    PSハードのエンジンがかかるのが遅い理由は、
    記事に関連記事として貼った過去記事に書きましたのでご覧ください。
    PSハードのサードパーティが主体な市場体質って
    良くも悪くもだと思うんですよね。
    今は苦い思いをする時期なんだと思います。

  16. kentworld より:

    >kojiぱみゅぱみゅ ザ ホルモンさん
    そうでしたね(笑)
    PSVITAはどうも中小企業が
    参入しやすい環境のようなので、
    そこが今度武器になると良いですよね。

  17. kentworld より:

    >gbsさん
    http://ameblo.jp/kentworld/entry-11112047172.html
    ↑PS2は発売当初から本体こそは良く売れていたんですが、
    ソフトに関しては当時のタイレシオ(ハード1本ごとの売上)が
    歴代ハードで最も低く、ハードは売れたがソフトは売れない。と
    各地で揶揄されていた時期があったんですよ^^;
    http://geimin.net/da/db/2000_ne_fa/index.php
    ↑実際、発売された年の年間ランキングTOP10に
    PS2ソフトが入れませんでしたしね。
    僕はそう言う記憶が強いので、大器晩成の例に当てはめました。
    まあ、PSPやPS3と比較して少し大げさな所はあるんですけどね。
    3DSに関しては確かにPSハードを
    思わせるような動きなんですが、
    あのスペックで5年以上続けられるのか半信半疑の上に、
    値下げ、強力タイトルのリリースラッシュと
    次々にカードを使っていて、このままでは長持ちするのか怪しいです。
    この後に新規タイトルのヒットを沢山生み出さないとね・・・。

  18. kentworld より:

    >二年寝太郎さん
    そこはPSハードの欠点なんですよね^^;
    最初の2年は苦い思いするのが
    定着しているので、そう言うのもアリだと思いますw

  19. くっぞこ より:

    こんにちは。
    確かに初期のPS2は、
    ゲーム機よりDVDプレーヤーのイメージが強かったですよね(笑)
    映画「マトリックス」のDVD+PS2のセットのイメージがあります(笑)
    PSVは、3DSの売れ方を見ていると、
    たとえ本体が安くなったとしても、結局ソフト次第なんでしょうかね~

  20. MMB. より:

    さっきのコメだと荒れそうなんでこちらに変えてください
    SONYハードが任天堂やSEGAに比べてスタートダッシュが遅いのは単に1stの力=自社開発力の差だと思います
    他ハードだって1stを除けば序盤は大したヒットが出ていません
    それを大器晩成と呼ぶのはやはり違うと思います

  21. レフ より:

    私もMMBさんの仰る通りだと思いますよ。
    この場合の大器ってなんなんでしょ
    よくわからないです

  22. やゆよ より:

    SCEはファーストが弱いと言ってる人がいますが、自分はそうは思いません。
    グラビティやアンチャーはとても楽しめましたし。
    ただそれが売上に繋がらないのは悲しい事ですが、売れないから弱い?とは思えないのです。
    そして、大器晩成という話。自分もそう思います。
    良いハードだと思うので普及してほしいですね

  23. 文民 より:

    なぜかSCEに対して大器と呼ぶのに気に入れない人達がいますが
    それをどう思うか人それぞれだと思いますし、
    やたらとkentさんに突っかからないと気がすまない人達なんですかね?
    たしか昔の記事の偏見について、「ただ、その片寄った見方を他人に押し付けたり、否定すると途端に気持ち悪く・・・」
    ってコメントした人がいますが
    kentさんではなく、コメントしてる人が押し付けてますよね

  24.   より:

    kentさんが大器晩成という言葉を使ったのは将来的な期待を込めて使ったと思うんですよ
    それを他のハードとかを比較して云々言うのはちょっと違うんじゃないのかなと思います
    もうちょっとkentさんがどういう意味合いを込めて文章を書いたのか、それをちゃんと考えてからコメントしてほしいです
    はっきり言ってそういうコメントを見ると気分が悪くなりますね

  25. kentworld より:

    >くっぞこさん
    DVDプレイヤー目当てでPS2を買って、
    ソフトはしばらく1本も買わなかった。と言う方は
    当時いましたね。GBAでもGBソフトがプレイ出来たので、
    似たような傾向がありました。
    付加価値目当てでゲーム機を買われる方は
    この頃から増えてきましたね。

  26. kentworld より:

    >MMB.さん
    また論点がずれてきましたね^^;
    PSハードはスタートダッシュが遅く、後半巻き返す現象を
    「大器晩成」かどうかという議論をするために
    この記事を書いたのではないのですよ。
    そこまでいうのでしたらこの記事に書かれている「大器晩成」という言葉をすべて
    徐々に売れていくなどの表記に変えれば良いだけのことですから。
    何度も言うように、PSハードは後半巻き返すのが定着しているので、
    PSVITAもそうなる可能性があるよ!ってのが
    結論ですので、その指摘が的確である以上は
    大器晩成という表現が適切であろうが無かろうが関係ありません。
    あと、お気遣いは有り難いのですが、
    結局コメント欄が荒れてきました。
    MMB.さんはPSハードに関しては
    コメント欄で触れない方が良いんじゃないですかね?
    ポジティブな話だったら歓迎なんですが、
    水を差すような話があまりにも多い。

  27. kentworld より:

    >レフさん
    そこは議論する所では無いと思います。
    大器晩成という表現が適切であろうが無かろうが、
    PSハードは後半巻き返す。という点は事実ですからね。
    なんでしたら大器晩成の部分を他の言葉に差し替えれば良いだけです。

  28. kentworld より:

    >やゆよさん
    確かに売れない=開発力が弱い。は違いますよね。
    それはビジネス面でしか物を見れていない証拠だと思います。
    必ずしも売れている=面白いではないのですよ。

  29. kentworld より:

    >文民さん
    PSハードが後半巻き返すから
    大器晩成という表現が適切であるかどうかは、
    この記事の論点では無いんですよね。
    ですのでこの点に関して
    やたら突っかかれると困ってしまいます^^;
    確かに偏った意見の押し付けは良くありませんね。

  30. kentworld より:

    > さん
    そうですね。PSVITAには期待していますよ。
    大器晩成という表現が適切であるかどうかは、
    この記事の論点では無いと思うんです。
    そこについて色々言われても・・・って
    コメントを読んでいて思いましたよ。
    それこそ揚げ足を取るです。

  31. 36歳ゲーマー より:

    久しぶりにコメントします。
    「大器晩成」というのが初めは伸び悩むが後半伸びてくる、という意味合いだし、個人的にPS1、2でも合っているとは思います。
    PS1は覇権をとったわけでもないSSに販売台数で一時差をつけられるし、PS2は鬼武者まで大ヒットしたソフト皆無だし。
    ただこれも人によりけりで、そこまでこの言葉自体にこだわらないでもいいと思いますけどね。
    VITAがどうなるかは未知数だけど、kentさんの言う通り先行型の任天堂ハードと晩成型のソニーハードという構造でゲーム戦争をメタなゲームという視点で捉えると興味深いですよね。
    大人物は遅れて頭角を現すということ。才能がありながら不遇である人に対する慰めの言葉としても用いる

  32. kentworld より:

    >36歳ゲーマーさん
    PSPやPS3の巻き返しを見た後だと、
    PS1やPS2の巻き返しは、
    あまり印象に残らないのかな?と思ってしまいました。
    PSハードが巻き返して行く現象を
    大器晩成であるかどうかについては、
    議論をしていくうちにどっちでも良いや。って思うようになりました^^;
    何度も言うように、ここが論点ではありませんからね・・・。
    とりあえずPSVITAが過去のPSハードと同じような
    伸び方をするかもしれないよ!ってのが
    この記事を読んで伝わってくれたら、それで良いです。

  33. レフ より:

    >kentworldさん
    ごめんなさい、私が言った「この場合の大器」っていうのはPSVITAの事なんですよ。PSシリーズ全体の事じゃないんです。
    PSPみたいに爆発的なヒット作がでるのか、PS3みたいにFF13から徐々に販売数を増やしていくのか、VITAの場合どちらのパターンになるのかなーって思ったんです。
    後半に販売数が増えるってのは同感ですよ。

  34. MMB. より:

    あれ?
    確かグラビティデイズもアンチャーテッドもセカンドですよね…
    違いましたっけ?

  35. MMB. より:

    すいません、アンチャは2ndですが、グラビティデイズは1stですね。
    失礼しました。
    ただ、いずれにせよSCEには自社開発力の弱さはあると思います。
    これは論点を摩り替えている訳ではなく、自社でヒットタイトルをバンバン出せた任天堂やセガとは違う、SCEの弱点ですし、それはハードの普及において無視できない点だと思います。
    つまり必然的にSCEハードは序盤が弱くなる傾向がある、ということです。(すくなくとも私はそう思います)
    それが良い悪いではないのでお間違えなく。
    PS1やPS2はそんな状況にありながら華麗なスタートダッシュを決めたことは普通にスゴイと感じています。
    PS3とPSPはその傾向が顕著に出た印象ですね。
    Vitaも同傾向にあるので2~3年したらすごいゲームがバンバン出てくる可能性は高いと思いますよ。

  36. mame より:

    >MMB.さん
    Gravity Dazeを作ったJAPAN Studio、
    PS3アンチャを作ったNaughty Dog、
    Vitaアンチャを作ったBend Studio、
    どれもSCEのWWS傘下なので全部ファーストってことでいいんじゃないかと思いますよ。

  37. kentworld より:

    >レフさん
    そうでしたか。うーん・・・未来は
    何が起こるのか分かりませんからね。
    とりあえずモンハンが出たらVITAは買う!って人は
    異常なくらい多いです。

  38. kentworld より:

    >MMB.さん
    PSハードのスタートダッシュが遅いのは、
    ファーストが中堅レベルにとどまっているからであるのは確かですね
    (あくまでセールス面であって、ゲーム自体は良作が多い)。
    ただ、SCEが中堅レベルで留まりつつも
    PS1時代は特に外交戦略が優れていたので
    サードパーティが大量に集まり、
    その流れが今も続いているのが現状なんだと思います。
    これは人によっては他力本願に感じる事かもしれませんが、
    なんだかんだで毎回この体質によって
    一定の地位を確保しているのは凄いですね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。