2013/10/25/8:30 | M☆G☆Mコラム

テレビゲームだからこそ出来る遊びを取り入れて欲しい!

130705-0057-08


昔は記号で構成されていたテレビゲームも
今では技術が進歩して、現実世界と区別が付かないほど
リアルなゲームが出てくるようになりました。
もちろん見た目だけではなく、挙動も本物そっくり!
現実世界で起こることをそっくりそのまま再現して、非・現実的な要素は一切無し。

ここまで来るともうゲームって言うかシミュレーターとなって、
本物そっくりな世界に入って雰囲気を楽しむゲームになるんですよね。
もちろんそういうゲームがあっても構わないんですが、
ユーモアや夢が無いと感じてしまいのも事実。
やっぱり僕はテレビゲームだからこそ出来る体験をしたいなぁ。

見た目は別にリアルでも良いんだけど、それ以外は
非・現実的でもゲームとして成立するなら良いと思います。
ぶっ飛んだ挙動だったり、火の玉がビュンビュン飛んできたり、キャラクターが100回転したり、
巨大化したり、復活したり、ゾンビが出てきたり、ワープしたり、空を飛べたり、
小さくなったり、魔法が使えたり、スーパーショットが打てたり、怪物が出てきたり、
2頭身のキャラクターが出てきたり・・・。そんな感じで、非・現実的な要素が欲しい。

何もかもリアリティを追及したシミュレーターのようなゲームを見ていると、
「じゃあ実際に現実世界でやって来れば良いじゃん?」って思ってしまうんですよ。
もちろん戦争ゲームのような命がけなものは実際にやったら危険すぎますし、
1つのストーリーを追体験する作品はゲームならではなので、
こういうものはリアリティを追求した作品でもやりたくなるけど。

スポーツゲーム、レースゲーム、テーブルゲームなど実在する
競技、遊びを題材にしたストーリー要素のない作品は何かしらゲームならではの
非・現実的な要素や独自の要素
が欲しい!と思ってしまいます。
僕の父はゲームをよくやる方だけど、その多くが現実世界で出来そうな
ストーリー要素が無いゲーム(麻雀やパチンコ)ばっかりだったので、
後ろで退屈そうに見ていて「早くマリオやらせてよー!」って言ってましたw

ゲームファンの中にはフォトリアル系にあまり興味が無い人も多いと思いますが、
それは「だったら実際にやれば良いんじゃないか?」と感じてしまったり、
「テレビゲームならではの夢が無い」と感じてしまうからではないでしょうか?
その気持ちはよく分かります。僕は見た目がリアルなゲームだったらまだ良いのですが、
ゲームならではの”嘘”や”体験”も排除してしまったゲームはあまり興味が持てませんから。

▼補足


そんな僕ですが、ストーリーに関しては割とリアリティを求めるところがあったりします。
特に推理物や人間ドラマを描いた作品でファンタジー要素が入ってしまったら冷めてしまう。
ギャグがメインの作品はふざけても良いと思っていますがw
リアリティはジャンルによって求めるのか、求めないのか変わってくると言う事ですね。

グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス-
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-12-05)
売り上げランキング: 24

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。