2013/11/26/8:30 | M☆G☆Mコラム

オンライン対戦で人間プレイヤーに勝つ嬉しさとその恐ろしさ

5afa48ef.jpg

オンライン対戦

全国のプレイヤーとネットワーク上で対戦が出来るという意味で、
コンピューターではなく、人間と戦う事になります。
昔はとてもハードルが高いものでしたが、PS3やXbox360が発売されてからは
スッカリ一般化しましたよね。そんなオンライン対戦ですが、お互いの顔が見えないので
一見するとコンピューターと戦うのと大差ない気がします。しかし、実際には全く違うんですよね。

コンピューターAIは動きが規則的なので、長く戦っているとパターンが読めてしまうものです。
その一方でオンラインプレイヤーは人間なのでそれぞれに独自の戦術があり、
人間的な動きをするから、戦略性が高いゲームだとパターンを掴みにくく、飽き難いんですよね。

そして何よりもオンラインプレイヤーに勝った時に感じられる優位感!
これが溜まらないんですよ!オンラインプレイヤーに勝ったと言う事実!
これは、何度味わっても嬉しさを感じられます。
ソロでもオンラインプレイが楽しい理由って、この辺りに潜んでいると感じますね。

ただ、あまりにもオンラインプレイヤーに勝つ快感を味わいすぎると
病み付きになってしまい、コンピューターとの戦闘に物足りなさを感じてしまうことがあります。
その結果オフライン・1人で遊ぶ事になる格闘ゲームのアーケードモードや
FPSのキャンペーンモードを重視しなくなってしまい、どうでも良くなってしまうと。

さらに度が進むと、RPGやアクションゲームなどストーリーを
進める1人用ゲームすらも興味を持たなくなってしまうと。
「コンピューターと戦うのは面白くないや」って感じでね。

そこを補うのがオフライン・1人プレイならではのストーリー性や豊富なギミックなんですが、
やはり良く出来たオンラインゲームでのオンラインプレイヤーとの
戦闘に面白さの面で勝るのはなかなか大変だと感じております。

僕は1人でアトラクションを体感する楽しさが好きなので
オフラインでの1人プレイをどちらかというと重視しており、
「オンライン対戦ばっかりやってそれ以外はおまけ!」なんて
プレイスタイルには一部の格闘系ゲームを除いてなっていませんが、
特定のゲームに収録されているオンライン対戦を何百時間もプレイして、
それ以外に興味を示さない人を見ていると、そっちに価値観が行ってしまっているような気がします。

e3e3de98.jpg


例えば「ロボティクス・ノーツ」の主人公、八汐海翔 (やしおかいと)くん。
彼は格闘ゲーマーで暇が出来たら作中に登場する
格闘ゲームのオンライン対戦に明け暮れており、
オフラインの1人プレイ用ゲームをやっている描写は見られません。

大作RPGが求められている日本ではまだこういう人は目立っていないように感じますが
マルチプレイが重視される傾向にある海外では、きっとこんな人ばっかりなんだろうなぁ。
そういう風になってしまうのは心理的に無理も無いかなーと思う一方で、
「1人用のストーリーを進めるゲームの楽しさも忘れないであげて!」と感じます。
ゲームというものは、戦闘や協力だけではないと思いますから。

ROBOTICS;NOTES (通常版)
ROBOTICS;NOTES (通常版)

posted with amazlet at 13.11.25
5pb. (2012-06-28)
売り上げランキング: 1,664

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら
 何か分からないゲーム用語を見かけたら
こちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。