2012/12/15/8:30 | M☆G☆Mコラム

今年のコンシューマーゲーム業界は「3DS」の年だった!

3a7f0299.jpg


早いもので今年もあと2週間ほどで終わり。

この1年のコンシューマーゲーム業界を”客観的”にまとめると、
ニンテンドー3DSの年であったといっても過言ではないと思います。


▼2012年に起きたニンテンドー3DS関連の主な出来事




1月26日 バイオハザード リベレーションズ発売。25万本を超えるヒットに。
2月23日 牧場物語 はじまりの大地発売。20万本を超えるヒットに。
3月1日 マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック発売。20万本を超えるヒットに。
3月22日 新・光神話 パルテナの鏡発売。30万本を超える中ヒットに。
3月22日 新色コバルトブルーが発売。
3月29日 キングダム ハーツ 3D発売。30万本を超える中ヒットに。

4月19日 ファイアーエムブレム 覚醒発売。40万本を超える大ヒットに。
5月24日 マリオテニス オープン発売。30万本を超える中ヒットに。
5月31日 ドラゴンクエストモンスターズ
       テリーのワンダーランド3D発売。80万本を超える大ヒットに。
7月5日 逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!発売。25万本を超えるヒットに。
7月12日 太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ発売。30万本を超えるヒットに。

7月28日 New スーパーマリオブラザーズ 2発売。150万本を超える大ヒットに。
7月28日 ものすごく脳を鍛える5分間の
       鬼トレーニング発売。20万本を超えるヒットに。
7月28日 ニンテンドー3DSLL発売。
9月27日 わがままファッション GIRLS MODE
       よくばり宣言!発売。20万本を超えるヒットに。
9月27日 ニンテンドー3DSLLの新色ピンク×ホワイト発売。

10月11日 ブレイブリーデフォルト発売。25万本を超えるヒットに。
10月11日 ニンテンドー3DSLLの新色ブルー×ブラック発売。
11月1日 ニンテンドー3DSLLの新色ブラック発売
11月8日 とびだせ どうぶつの森発売。100万本を超える大ヒットに。

11月23日 ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮発売。
11月30日 レイトン教授VS逆転裁判発売。
12月6日 ペーパーマリオ スーパーシール発売。
12月13日 イナズマイレブンGO2 クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ発売。






大ヒット作を連発し、新型となる3DSLLの発売。

定期的に投入する新色やスペシャルパックの発売。
ニンテンドーダイレクトでの話題作りなど、やれることは惜しみなくやって、
コンシューマーゲーム業界を大いに盛り上げてくれました。

一時期の不調や、3D映像に関する風当たりが嘘のよう。
このブログで定期的に行っているアンケートの結果をみても
多くの方がニンテンドー3DSのソフトを楽しまれているようで、
本ハードの勢いを凄く感じられました。

ただ、この勢いは任天堂が自社の切り札を惜しみなく投入したから出来たのであって、
カードが少なくなってきた来年以降はどうするのか気になります
(一応、ポケットモンスター本編というものがあるけど・・・)。

また、これだけ勢いを付けているのにもかかわらず
ソーシャルゲームの勢いによってサードパーティのソフトはあまり集まっておらず、
海外での苦戦、逆ザヤ、赤字によって株式市場での
任天堂の評価が一向に上がらないのも気になりますね。

2012年の、コンシューマーゲーム市場の、日本国内という
ゲーム業界全体からすれば狭い市場に限って言わせて貰うと
大成功」と言えそうですが、DS、Wii時代にあれだけの成功を収めた
任天堂ですので、これだけではあまり高く評価される事は無さそうです。
Wii Uも発売されましたし、来年は任天堂にとって正念場となりそう。

ちなみに僕はといいますと、この1年で3DSには
大した関心はなくなったかな。色々と良いソフトが出たのは
確かですが、初期の頃に期待していた3D映像などの
新機能による「新しい体験」をあまり味わうことは出来ず、
良くも悪くも大衆向けハードになってしまったなぁと言う印象です。

だって有名シリーズの続編、リメイクばっかりですもんね
(New スーパーマリオブラザーズ2はその象徴とも言えるタイトル)。
そういう意味で、僕は以前ほど3DSに強い関心はなくなりました。
もう少し尖った作品と言うか、本体の機能を活かした野心作を出して欲しいです。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. 名無し より:

    まあ任天堂のIPは豊富にあるのでネタには困らなそうですが・・・
    海外ではまだDSの方が売れてますからね。早く移行を促して欲しいモンです
    マスコミがDSやWiiと比べるは個人的にはあまり好ましくないですが、まだ色んな層に3DSが広まってないなあとは思います。
    去年のスーパーマリオ3Dランドは立体視を生かしたいい作品でしたよね。ああいうのが再び出て欲しいです。思わず立体視をONOFFして確認したくなるようなのがね。

  2. kumaneko_8 より:

    3DS一色でしたねー。
    でも、こうしてラインナップを振り返ると、
    シリーズ物だらけの中に、
    『ブレイブリーデフォルト』そして『逃走中』の新規2作がひときわ輝いてますねー。
    ブレイブリーデフォルトみたいな作品が、これからもたくさん出てきてくれると、ゲームファンとしては嬉しいです♪
    逃走中は・・・ただただすごいΣ(゜口゜;

  3. こんなかんじ より:

    尖った作品という意味ではルイージマンション2には期待しています、続編物ですが久しぶりなので問題ないでしょう。
    逆転裁判5も3D化でどうなるか、楽しみです。声については少し不安がありますが。
    個人的にはF-ZEROとスタフィーの新作を希望しています、スタフィーを出すくらいならカービィでよい、という意見もありますけどね。

  4. パルテナは3Dを思いっきり生かせてたと思いますけどね
    今年はとにかく立て直すためにって動いてた感じなのでkentさんが望むような革新的なタイトルは少なかったですねー
    まあでもほとんどのタイトルが「すれ違い」を生かせているのはいいと思う
    過去のkentさんの記事にもあったと思いますが
    3DSのメイン機能というのは「通信」部分にあると思うのでね

  5. TOM より:

    3DSの年だったけど、【3D】はほぼ消えちゃった一年だった気がします。3Dテレビとか3D映画とか・・・・
    この現状を任天堂は見越していたのかどうか。

  6. 今年の3DSではファイアーエムブレム 覚醒がとにかく楽しかったですね。
    矢継ぎ早に投入されたソフト群に加え、3DSLLの投入もあり、密度的にはもの凄く濃かった1年だったという印象です。
    今は先日発売されたトリコ グルメモンスターズ!が密かにやりたいです(^_^;)
    3DSのサードソフトでは逃走中のジワ売れが目を惹きますが、他のメーカーからすると、二匹目のドジョウを狙ってフォロワータイトルを作ろうと思っても、題材が特殊なだけに難しそうだなぁと思います。
    そこがちょっと惜しいというか、残念な気がします。

  7. W・D より:

    私は続編がかなり好きなのでこのへんはそりがあわなそうですねw。リメイクは思いつく限り5本ですが多いほうなんですかね?なんにせよ何も出ないよりいいというか集客能力は平均的な新規より上でしょうね。新作にリソース割いてほしいという考え方もあるためkentさんの意見もわかりますが。
    WiiU・3DSは尖った作品はそこまででないと思います。wii・dsのときは「あの特殊なリモコン」「初めての2画面&タッチパネル」とあまりにも斬新でしたがそれに比べたらDSの後継の3DSと「DSでもあった2画面」が売りのWiiUはよくいえば工夫する必要があまりなさそう、悪く言えば余地が少なそうな気がします。据置きと携帯ともに2画面になったことで何か出来るかも?とかプラスの要素もあるにはあると思いますが。

  8. μ より:

    一年も残すところあと半月なんですね。。。( °д°)
    今回の勢いは、任天堂ファンからしてみれば嬉しかったのですが、
    やっぱり、タイトルがいまいち揃わないことと、
    kentさんの仰る通り、DS・Wii時代に見られた野新作が出てない印象なのと、
    あと、DS・Wiiでは受けていた印象の
    シリーズの売上の勢いが落ちちゃってることと…
    色々と懸念点があるので複雑な気持ちです。
    市場の勢い自体は数より量という感じで、
    春辺りまでは保てそうですが…(@Д@;
    それと、3DSらしいタイトルっていうのは、
    通信機能を活かしたタイトルが今は一番なのかな…と思います。
    (かつてのドラクエⅨのムーブメントなどのように)
    ハード自体は良いんだから、
    今のままで満足せず、なんとか、
    これこそ3DSのゲームっていう新機軸のゲームが出てくれないものですかね~(*^▽^*)
    来年に期待です!

  9. Alumi より:

    3D機能的に楽しめたのなら先に発売されたばかりのエクストルーパーズ良かったですよ
    リメイク云々の話に絡めても本作は完全新作ですしね
    世界観は共有という話でしたがその実別物ですし
    自分は3DSのゲーム遊ぶときは大概3Dオフですけれど
    エクストルーパーズのムービーのときだけは毎回必ずオンにしていました
    逆に普通のムービーとして見たらなんの変哲もないので
    こういうのは3DSじゃないと楽しめないものの一つだなと関心しました
    アクション部分も個人的にはエイミングとか複雑な操作は苦手なので気軽に楽しめて良かったです
    通信対戦オミットされてるのはクラニンのアンケートで文句書きましたが…^^;

  10. kentworld より:

    >名無しさん
    2013年いっぱいまではまだ任天堂の
    カードが不足することは無いでしょうが、
    来年、再来年となると、新規タイトルを
    投入しないと厳しい気がします。
    最悪、1ハード1作と言うルールを破るしか・・・。
    3Dランドはちょっと「お!」と思ったんですけどね。
    ああいう作品がなかなか続きませんなぁ。

  11. kentworld より:

    >kumaneko_8さん
    逃走中のヒットは予想外でした。
    こういうヒットが続けば3DS市場も安泰なんですが・・・。
    ブレイブリーデフォルトは出す時期が良かったですね。
    最近は古き良きRPGが不足していたので、
    そういうものを求めているユーザーが
    一気に飛びついてあれだけ売れたんだと思います。

  12. kentworld より:

    >こんなかんじさん
    ルイージマンションの前作は
    面白くなるところで終わってしまったので、
    2作目で花開いて欲しいですね。
    スタフィーはなんとかテコ入れしたほうが・・・。
    一時は人気だっただけにこのままではもったいないですよね。
    もちろんF-ZEROも!

  13. kentworld より:

    >いつもの名無しさん
    パルテナはそうですね・・・。
    でも、3Dランドと言い、もう一息!なんですよ。
    残念ながら凡作以下でしたが、
    心霊カメラのような野心作で、
    面白いと言えるような作品がもっと3DSに現れて欲しいです。
    今のところ僕の中で来年の3DSは影が薄いかな。

  14. kentworld より:

    >TOMさん
    そういえばほとんど聞かなくなりましたね!
    3DSの3D映像は任天堂自身も
    ゲーム性に繋げるようにしたいと仰っていますので、
    そういうタイトルを期待しているのですが・・・。

  15. kentworld より:

    >KOJIデラックスノンシュガーさん
    この1年の3DSはやれることはとにかくやった!と言った感じでしたね。
    これでもう少し新規性があったら・・・orz
    逃走中は市場を活性化させるような
    タイプの新規タイトルではないのは確かです。
    今回のヒットによってプラスになりそうなのは、
    続編が出そうってことだけかなー。
    その続編も、題材からして一気に売上を落としそうですがw

  16. MMB. より:

    出た当時も言ってましたが3Dは単なる客寄せパンダ
    実質は通信機能の拡張に本題があるハードなのである種当然の帰結です
    見た目に派手になっただけのハードは寿命が短いというのが持論ですので、そうならないかどうかは来年一年の如何によると考えています
    それはそうとレイトン裁判終わりました
    何だかんだ言いましたがシナリオはやっぱり面白く、システムの不備は途中で気にならなくなりました
    終わってみればややトンデモ展開で、全体としてちょっとレイトン教授よりなのが少し気になりましたが、両作いずれかのファンであれば確実に楽しめると思います

  17. kentworld より:

    >W・Dさん
    もちろん続編モノも良いんです。
    ただ、この1年を振り返ってみると、
    任天堂に関してはただひたすら自社が持っている
    カードをひたすら出して盛り上げているだけであって、
    このまま続けていたら先細りが見えてしまうと思います。
    PS2時代を思わせるような展開ですね。
    ハードの仕様、ゲームの価値観など
    様々な要素によってなかなか目新しいものが
    出せないのは分かりますが、
    "長い目"で見るとこのままではいけないと思いますね。
    土壌は出来てきたので、そろそろここで新境地の開拓を期待します。

  18. kentworld より:

    >μさん
    今年の3DSは凄かったんですが、
    仰るように懸念点も色々とあるんですよね。
    今のまま続けていると、短命になってしまうんじゃないかなぁ。
    サードパーティがこの売れ行きを見て、
    ソフトを沢山開発するようになったら分かりませんが、
    未だにその兆しが見えないのは気になります。
    とびだせどうぶつの森といい、
    確かに最近の3DSは立体視よりも通信に力を入れている印象です。
    それも携帯機らしくて良いんだけど、
    もうちょっと体感的な面での
    新しい体験に期待してしまいますね。

  19. kentworld より:

    >Alumiさん
    確かに3D映像って慣れると
    普通の映像が物足りなくなること、ありますよねぇ。
    でも、僕が3DSの3D映像に期待しているのって、
    表現的なものではなくてゲーム性につながるものなんですよ。
    そういう作品を出したいと言う話を
    初期の頃には色々聞いていましたので、
    どうしても期待してしまいますね。

  20. kentworld より:

    >MMB.さん
    残念ながら3D映像は仰るように現状では
    客寄せにしかなっていませんよね。
    発売初期の発言を聞いていると
    ゲーム性にも活かしたいと色々言っていた記憶があるんですが・・・。
    3DSが現状のままですと、僕にとってはあまり魅力を感じないかなぁ。
    もちろん自分にとって魅力的なシリーズの新作が出れば買ってしまいますがw
    レイ逆はレイトン教授寄りとは良く聞きますね。
    レベルファイブが発売元だし、
    レイトン教授を土台に逆転裁判を
    乗せた作品と見たほうが良さそうですね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。