2013/05/04/8:30 | M☆G☆Mコラム

ゲームは定価を考慮に入れてレビューしています

P3110218

僕はゲームソフトをレビューする時は、
例えそのゲームをどんなに安く入手出来たとしても、
定価を考慮に入れてレビューするようにしています。
なぜそうするのか?それは、みんながみんな
そのゲームを値崩れしてから購入する訳ではないからです。

やっぱり7,000円のものを定価で購入するのと
2,000円で購入するのでは、その作品の期待度が全然違うと思います。
7,000円で購入した人はものすごく期待しているでしょうし、
2,000円で購入した人は軽い気持ちになっているでしょう。
だから、最終的な評価にも大きく違いが出てくるでしょうね。

でも、安く買った気持で評価すると公平なレビューにならないから、
僕はどんな作品も定価を考慮に入れてレビューする訳です。
そうした方が読者の方も参考になると思いますからね。
やっぱり各ゲームにランクを付けている以上は、
この辺をしっかりしないとバランスが取れないんです。

レビュー済みソフト一覧

↑こちらには今までにレビューしたゲームと
それらの評価をズラーッとまとめています。
1個人の基準をしっかりとするため、たかが10段階の評価とは言え
矛盾が生じないよう一生懸命ランクを付けているんですよw

ここで安物買いによる”贔屓“をしてしまったら
このランクの信用が一気に無くなってしまうので、
その辺は気を付けている。と言う訳です。

あと、単純なコストパフォーマンスが評価の対象の1つでもある事も付け加えて置きます。
「このゲームは7,000円だけど、果たして価格に見合った
ボリュームや充実感を味わえるのか?」って感じですね。
今はゲームの価格崩壊が進んで価値観が
変わってきていますので、この辺は重要だと思っています。

▼追記

一部で誤解があったので触れて置きますが、
あくまでもゲームをレビューする際の判断材料の1つとして
定価やコストパフォーマンスが含まれているだけで、
僕のレビューがコストパフォーマンス主義と言う訳ではありません。
評価する際に一番判断材料となるのは、「単純な面白さ」です。

TPSの新境地を開拓した良作!ヴァンキッシュ レビュー
(ヴァンキッシュ/評価 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ)

↑例えばPS3/Xbox360「ヴァンキッシュ」は6時間程度で終わる内容で、
オンラインモードが搭載されていないのにも関わらず高評価にしました。
この記事では価格やコストパフォーマンスについて全面的に書いているので、
あまりこのブログを読んでいない方には誤解されやすい話ですが、
面白かったら多少ボリューム不足でも高評価にします。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。