2013/06/19/7:00 | M☆G☆Mコラム

カプコンとコーエーテクモは犬猿の仲?

90

カプコンとコーエーテクモ。ゲーム業界を代表する2大企業ですが、
両社は犬猿の仲ではないかとここ数年実は思っていたりします。
というのもコーエーテクモはカプコンを。カプコンはコーエーテクモの
人気シリーズを意識して作ったフォロワータイトルを
ここ数年立て続けに生み出していますから。ここからはそんなフォロワータイトルを紹介。

▼戦国無双(コーエーテクモ)→戦国BASARA(カプコン)

87

コーエーテクモの看板コンテンツである「無双」シリーズ。
三国志を題材にした「真・三國無双」がメインとなっていますが、
その派生タイトルとして2004年には「戦国無双」が誕生しました。

その2年後、カプコンから「戦国BASARA」というタイトルが発売。
内容の方は戦国時代を舞台にした3Dの一騎当千ゲームで、
画面構成からシステム周りまで、明らかに
「戦国無双」シリーズを意識した作りになっています。

しかし、「戦国BASARA」シリーズはキャラクターが
「戦国無双」シリーズよりもぶっ飛んでいるため独自の魅力を打ち出しており、
今では本家に負けないくらいの人気を獲得しました。

▼逆転裁判(カプコン)→采配のゆくえ(コーエーテクモ)

88

カプコンの人気コンテンツである「逆転裁判」シリーズ。
裁判で矛盾を暴きだす斬新なアドベンチャーゲームで、
今では同ジャンルのトップに君臨するほどの地位を獲得しました。

そんな「逆転裁判」が生まれてから7年、コーエーテクモから
采配のゆくえ」というアドベンチャーゲームが発売。
このゲームは題材こそコーエーテクモお得意の戦国モノですが、
ゲームの画面構成からシステムまで「逆転裁判」に酷似していると言われています。
しかし、残念ながら不発に終わってしまいました・・・。

▼モンスターハンター(カプコン)→討鬼伝(コーエーテクモ)

89

カプコンの看板コンテンツである「モンスターハンター」シリーズ。
巨大なモンスターを1人、もしくは仲間と討伐していくアクションゲームで、
今や社会現象にもなるほどの人気ぶりです。
そんな「モンスターハンター」が生まれてから9年後、
コーエーテクモから「討鬼伝」というアクションゲームが発売。

モンスターを1人、もしくは仲間と討伐していく内容から
画面構成まで明らかに「モンスターハンター」シリーズを
意識した作りで、開発者もそれを認めてしまっています。

カプコンに自社の看板タイトルである「無双」シリーズを脅かすほどのフォロワーを
生み出された一方、コーエーテクモは「采配のゆくえ」の不発によってそれが出来ませんでした。
それだけに、「討鬼伝」はなんとしても成功させたいところです。


こんな感じでカプコンとコーエーテクモは、お互い相手の看板タイトルを意識した

新規タイトルを生み出して、言い方は悪いですがパクリ合戦を繰り広げていますw
現時点では先に動いたカプコンが「戦国BASARA」を当てて一本取っていますが、
果たしてコーエーテクモは今回の「討鬼伝」で一本取る事が出来るのでしょうか?
僕はどちらが悪いとも思わず、遠くから高みの見物をする事にします( ̄∇ ̄)

討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付
コーエーテクモゲームス (2013-06-27)
売り上げランキング: 12

討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付
コーエーテクモゲームス (2013-06-27)
売り上げランキング: 46

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。