2014/04/12/12:00 | M☆G☆Mコラム

何故日本ではFPSを面白いと感じられない人が多いのか?

001

FPS(ファーストパーソンシューティング)

一人称視点でキャラクターを動かし、銃を構えて敵を撃っていく事がメインのジャンルですが、
日本ではあまり人気のあるジャンルではありません。
最近は「コールオブデューティ」や「バトルフィールド」の大ヒットで少しは人気が出て来ましたが、
まだまだ拒否反応を示してしまう日本人も多いと僕は認識しています。
今回の記事では、なぜFPSが苦手な日本人が多いのか僕なりの見解で書いていこうと思います。

① 視界が狭い

FPSは一人称視点で3D空間を移動するため、三人称視点のゲームに比べて
マップを覚えるのが難しいと思います。それだけだったら覚えたら良いんじゃね?って感じですが、
日本人は横スクロール、トップビューのゲームに慣れているため、
世界を見渡せる“のが当たり前と感じているので、視界が狭いと気持ちが悪いんです。
僕も、未だにFPSをやっていると「このマップは面白いから、
3人称視点で見渡せたら良いのになぁ」って思ってしまいます。

② 酔いやすい

多くのFPSでは”歩いている感じ”を出させるために、
移動をすると画面が少しグラつくようになっています。
そのうえ視界が狭いため頻繁に左右を見渡す事になるため、
三人称視点のゲームに比べて3D酔いが起きやすくなっています。
最近のゲームでは画面の中央に印を付けていて、
そこを見るようにプレイしたら3D酔いを軽減出来るようになっていますけどね。

③ キャラクターが見えない不安

日本人は昔からキャラクターが見えているゲームに慣れており、
そのキャラクターが笑ったり、泣いたりするところも楽しんでいたりします。
でも、FPSは一人称視点なので、少なくともゲームを
プレイしている時は主人公のリアクションを楽しむ事が出来ません。

そのため今、自分の身に何が起きているのか分かりにくいところがあり、
訳が分からないまま死んでしまう事がありますし、
キャラクター性を楽しむ事も難しくなっています。

もっと言ってしまうと、例え3人称視点でも、
360度カメラが回せるゲームの場合は視点によっては敵が見えなくなってしまうので、
それすらも嫌う人がいると思います。「銃で撃たれているのに、画面に敵が映っていない!」
3D系のゲームが苦手な人は、が見えない事すらも嫌う傾向にあります。
なので、視点は固定にした方が万人に受けるんですよね。


このような要因があるため、FPSに慣れていない人は
「なんか視界が狭いなぁ。あぁ、なんか酔って来た。
あれれ、撃たれているの?うわ!死んだ!訳分からん!つまらんなー!」
という
ファーストインプレッションを持ちやすく、ネガティブな印象を持つ人が多いのではないでしょうか?
実際、僕も昔はそんな感じでした。今でも「世界を見渡したいから、
3人称視点でやりたい!」って思う事が多いしね。

今回の記事ではFPSのネガティブな部分だけを取り上げましたが、
もちろん、FPSにはFPSならではの魅力も沢山あります。一人称視点であるために没入感があり、
まるで本当に自分がゲームの世界に入った感覚を味わえますし、
“狙って撃つ”楽しさ、中毒性もありますから。
ネガティブな部分だけを見て、嫌いにならないで貰いたいです。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー
ベセスダ・ソフトワークス

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(34)

  1. 生徒番号774番 より:

    記事に書かれていること以外で自分が原因だと思うのは・・・
    1.操作が難しい
    パッドでもマウスでも自由に照準を合わせるのに練習が必要。日本人はゲームのルールやシステムを理解するのは得意だけど操作が複雑なのは苦手なイメージ。
    2.過去の日本の歴史からくる戦争アレルギー?
    結構重要そうですけどドイツやイタリアとかでもFPSは普及してるので今は関係ないかも?
    3.PCでゲームをする習慣がなかった
    やっぱりこれが一番大きな原因だと思います。
    FPSとPCは切っても切れないので。
    面白い記事だったので、つい長いコメントを書いてしまいました。すいません・・・

  2. kiyoppy より:

    初めてFPSはPS3のBF1943でしたが、すごく衝撃的なシステムでした。以来、色々なFPSをプレイしていますが、何を毛嫌いするのか理解し難いですね。
    洋ゲーと言うだけで敬遠する人もいるんでしょうね。自分も昔のカラテカやモータルコンバットのイメージで洋ゲーは避けてましたしね。

  3. チキ より:

    <酔いやすい
    僕はFPSで3D酔いすることはあまりありませんがオレンジボックスのハーフライフ2だけは何度やっても酔います。
    胃がムカムカしてくるんですよ。ゲームの内容は面白いのにクリアできる気がしません…。
    <キャラクターが見えない不安
    これはよくわかります。
    僕は昔、PS2のターミネーター3のFPSをプレイしたのですがシュワちゃんの姿が見えないことに違和感ともどかしさがありましたから。
    大好きなキャラクターの姿が見えるのと見えないのではプレイするモチベーションが大きく変わりますね。
    今気になっているFPSは『ウルフェンシュタイン ザ・ニューオーダー』です。
    世界観とストーリーが独特で面白そうです。PS4本体を買うまで我慢するか360版を買うか悩んでいます。
    記事の最後にリンクが貼ってありますがAmazonでは何故かまだ日本語版の予約を受け付けていないんですよねえ…。
    今後はFPSの魅力を掘り下げたコラムに期待しても良いのでしょうか?

  4. より:

    自分は②の酔いやすいです。
    ポータルもボダランも15分が限界です・・
    フレンドにBF、CoDを遊んでいる人も多くプレイしたいのですが
    できないのが非常に残念・・
    「設定を◯◯にすれば酔いにくいよ」、「◯◯(タイトル)は大丈夫!」などアドバイスもらいましたが
    ダメでした◯几
    今は大作FPSが非常に多いのでとても損している気分です(涙

  5. こめた より:

    面白いと感じないんじゃなくて面白そうと感じないのでは?
    僕は1の理由でFPSやらないけど007は楽しめたしぼだらんが気になるので機があれば手を出してみようかなー程度です。

  6. kentworld より:

    >生徒番号774番さん
    >1.操作が難しい
    照準を合わせるのが苦手な人は多いですねー。
    個人的にはシステムを覚える方が苦手だったりしますが^^;
    >2.過去の日本の歴史からくる戦争アレルギー?
    戦争ゲームって重苦しい印象が強いので、
    それだけで敬遠する人は多いと思います。
    >3.PCでゲームをする習慣がなかった
    パソコンゲームは海外では浸透していますが、
    日本では不思議なくらい浸透していませんからね。
    日本でFPSが少し知れ渡ったのは、
    パソコンソフトでは無く、N64のゴールデンアイだったりしますから。

  7. kentworld より:

    >kiyoppyさん
    国産ゲームの作風と比較してしまうと、
    毛嫌いしてしまうのも無理はないかなー。
    日本のゲームって重苦しい印象は無くて、
    どちらかというと明るい印象が強いですから。
    作りの粗さで敬遠していた人は、
    今はだいぶ海外ゲームに対するネガティブな印象も薄れていると思いますけどね。

  8. kentworld より:

    >チキさん
    <酔いやすい
    ハーフライフ2はそんなに酔うんですか!?
    酔いは印象を悪くするので、
    酔いやすいのは勿体無いですねー。
    <キャラクターが見えない不安
    日本人の多くはキャラクターが見えているゲームに
    慣れているでしょうから、最初は違和感があるでしょうね。
    僕も最初は「何だこれは!?」って思いましたからw
    >ウルフェンシュタイン ザ・ニューオーダー
    これはまだAmazonで予約が開始されていないんですよー。
    まだ発売まで2ヵ月近くあるので、
    もう少ししたらされると思うんですが。
    FPSの魅力を掘り下げたコラム記事は、
    現在はストックにありませんが、
    個々のレビューでFPSの魅力は書けると思います。
    近いうちに何かFPSのレビューはしますよー。

  9. kentworld より:

    >中さん
    それは残念ですね・・・。
    FPSは感度を遅くして、中心を見るようにしたら
    酔いにくくなるようになっているんですが、
    それでも駄目だと厳しいです。
    ますは3人称視点のTPSで慣れてもらうしか^^;
    というか、FPSにも3人称視点モードが欲しいですね!
    スカイリムのように!

  10. kentworld より:

    >こめたさん
    実は僕、昔はFPSが面白く感じられなかったんです。
    その時に感じた面白くないを掘り下げてみました。
    見た目が似たり寄ったりで地味なので、
    面白そうに見えないと感じる人は多いと思いますが。

  11. NAON より:

    FPSはコールオブ…しかやったことないです。
    その理由は3D酔いです。
    ゲームしてたら、徐々に調子悪くなり、頭痛もしてきて…。
    初めは理由がわからなかったです。
    それからはすぐ具合が悪くなるので。
    なんかいい方法ないですかね?

  12. nanasi より:

    当時友人の持ってた64のゴールデンアイを遊んでFPSは絶望的に自分に合わないと確信しましたね
    理由は記事の1,3で特に視野の狭さは生理的に駄目ですね
    後はまぁ根本的に銃撃ゲームも苦手です。アンチャーテッドもそれが理由で遊ぶ気になれません
    殴りあい斬りあいならいいですが一人称のアクションゲームは距離感が感覚的に難しいからかあまり見かけないですね

  13. ケンタロ より:

    FPSはレジスタンス2、CoD MW、バイオショック1くらいしかやったことないです。しかもCoDはオン対戦をやってないという。
    FPSは、ホラー要素がないものでも、わたしにはすごく恐く感じられます。没入感が強すぎるんでしょうかね。
    CoDでは、ヘリ?から地上の敵を一方的に攻撃するステージがあったのですが、なんというか、すごく嫌な気持ちになりましたね。戦争のリアルな一面ではあるのでしょうが、楽しんでプレイはできませんでした。
    そういえば、同じ一人称視点のゲームではありますが、キングスフィールドシリーズは大好きです。

  14. aoi より:

    そもそもFPSを日本人が作りたがらない事に問題があるよ
    遊ぶ遊ばない以前に、モノがないのだから遊びようもないし、作り手がそもそも面白いと思ってないものを消費者が面白がれというのも無理がある。
    これは消費者側の問題ではなくて、供給側の問題。
    日本のFPS業界(あるのか知らんが)はウルティマをそのまま持ってきて、RPGは売れない売れないと嘆いているようなもの。
    日本でFPS売ってる会社は、FPSが売れないことを嘆く前にFPSにおけるドラクエポジのものを早く作るべき。

  15. boun-s より:

    自分は②ですね。TPSや3Dアクションでも酔いますし、FPSでも酔わないのがあったりします。
    酔っても面白いとは感じるので、ガムを3つほど噛んで(理由はよく分かりませんが酔いが軽減されます)プレイしてますね。でもラストオブアスやバイオショックが、気軽にプレイ出来ないのは悔しい(つД`)

  16. 1 より:

    リアルな描写で銃撃で敵を殺すのって、結構敷居が高いと思うよ。
    自分は最初そうだった。
    いかにもゲームっぽい非現実的なモノのほうが日本人には受けが良いんじゃない。
    モンハンとかPSO2とか正にそれだし。

  17. DTchainsaw より:

    酔うかどうかは、頭の中で戦況や戦略をイメージしてプレイしているかが大きいと思います。
    漠然と目に写ったものだけを射ったりせず、あらゆる事を考えて死なないように立ちまわったりする事で酔わないようになると思うんですけどねぇ。
    その作品の持つゲーム性の把握ですかね。
    僕も昔は、それこそ初めてやったFPSであるN64の「テュロック」なんかは酔ってしまって、しばらくはFPSに苦手意識を持っていましたが、HALOとかBFなどのマルチ対戦をやると全然酔わない事に気づき、要は脳の使い方なのかなと思ったり。
    ダラダラプレイしていると大概酔ってしまう気がします。あと、無駄にウロウロさせられたり。昔の洋ゲーはそんなの多いですね。
    オンラインマルチだけでなく、たとえばCODのキャンペーンモードなんかも難易度を上げてやると否が応にも頭を使わないといけなくなりますしね。
    それでも今のFPSは普通にプレイしても酔わなくなった方に思いますけどねー
    おもしろい作品もたくさんあるのでプレイしないともったいない!^^;

  18. sadako より:

    FPSが日本で売れないのは、脳の違いが影響しているのでは?
    狩猟民族と農耕民族の違いとか、女性脳と男性脳の違いなど
    3D空間把握能力が違うのが大きいのかも

  19. ナギ より:

    洋ゲー的に近いかもですが、世界観がリアル系ばかりというのも理由の1つかな‥JRPGみたいなアニメっぽいキャラとかトゥーンっぽいのFPSって‥ないですよね?
    物語もギリSFまでくらいで大体がおっさんかおにーさん?が主人公でドンパチみたいな‥下手すると物語自体なかったりしますし。
    その硬派な感じが醍醐味といわれたらそれまでですケド。
    近頃3DSでテレビ見つつゲームすると気持ち悪くなるようになりやすいのも3D酔いなんでしょうかねぇ?3D機能は切ってるし、据え置きでは3D酔いおこしたことがなかったので偏頭痛が頻発してるだけだと思ってたけど‥

  20. みっこ☆ より:

    Kentさん、お疲れさまです。
    FPSは私も大分毛嫌いしていた方なので、
    今一つ日本での受けは良くないというのは
    なんもなく分かりますね。昔はFPSと言えばDOOMのような独特な荒さやグロテスクな
    雰囲気だけを思い浮かべていましたので、
    あまり良いイメージは無かったです。
    ちなみに今はファークライ3辺りなら
    いつかやってみたいと思ってるので
    それほど毛嫌いしてる訳ではないです。
    今はPS3版の廉価版が出ていますが、
    ロード時間が長いかどうかが気がかりですね。
    国内はともかく、世界的にはPS4のデュアルショックが
    FPS向けだとアピールされたり、モーフィアス
    で視界の狭さに関する問題は解決しそうですし、次世代機は海外市場にフォーカス
    されたゲーム機だと改めて感じてしまいますね。

  21. 音無き者 より:

    自分はFPSは嫌いじゃないんですが、ジャンルが限定されてしまうというか…。
    因みにレースゲームは様々な視点がありますが、僕は基本的にFPS視点ですね。やっぱり没頭感覚が桁違いなので。
    他に言えば他のジャンルだと、没頭しすぎて把握しきれないのが問題だと思います。
    ストーリーとか世界観、自分が今どうなってるのか。
    それが把握しづらいから、楽しめないのだと思います。
    まあ後はアメリカとの趣向に対する違いだと思いますね。

  22. kentworld より:

    >NAONさん
    感度を落とす。中央を見るようにする。
    良い薬を用意する。こんなところですかねー。
    コールオブデューティシリーズは
    展開が早いので、酔いやすいゲームではあると思います。

  23. kentworld より:

    >nanasiさん
    近接攻撃メインのFPSになりますと、
    スカイリムやデッドアイランドですかねー。
    確かにどちらも距離感を掴みにくい。
    日本は銃社会では無いので、
    銃撃は剣よりも抵抗ある方が多いでしょうね。

  24. kentworld より:

    >ケンタロさん
    人対人で銃を撃つゲームが怖い。
    という人は何人か見た事があります。
    ケンタロさんもそう感じてしまうのかもしれませんね。
    こういう方は、没入感が
    悪い方向に作動してしまっているのだと思います。
    こればっかりは感じ方ですからね・・・リアル過ぎるのも問題です。

  25. kentworld より:

    >aoiさん
    日本でFPSを作らないのは、勝ち目が無いからでしょうね。
    もうFPSというジャンルは欧米では
    研究されつくしてしまっていて、
    日本が勝負できる土俵が無いのでしょう。
    それでも美少女キャラが戦うFPSとかあっても良さそうですけどw
    ぎゃるがんとかはFPSでもガンシューティングだしなぁ。

  26. kentworld より:

    >boun-sさん
    ガムの中には酔い効果を
    抑えるものがありますので、
    酔いやすい体質であれば効果的です。
    最近のゲームは大半が3D系なだけに、酔いやすいのは残念です。
    もしかしたら3Dの時点でユーザー層を狭めているのかも。

  27. kentworld より:

    >1さん
    そうですね、その時点で抵抗ある方は多いと思います。
    特に女性の方は。
    個人的にも非現実的な物の方が好きです。
    ファンタジー系とか。

  28. kentworld より:

    >DTchainsawさん
    それはあるかもしれませんね!
    僕もN64のテュロックが初めてのFPSだったんですが、やっぱり酔ってしまいましたw
    マリオ64を初めてやった時もそうだったなぁ。
    それは、頭の中でイメージできていなかったからもしれません。
    今では3D酔いなんてほとんど起きませんから。
    テュロックは楽しめましたが、
    あのゲームでFPSに対して苦手意識を持ってしまいました。
    それがPS3/Xbox360世代からは普通にやるようになって、
    スッカリFPSの苦手イメージも克服出来ています。

  29. kentworld より:

    >sadakoさん
    FPSは3D空間把握能力が無いと、
    厳しいジャンルだったりしますから。
    FPSが日本人には合わない事を追求すると、
    色々な答えが見えてきて興味深いです。

  30. kentworld より:

    >ナギさん
    >JRPGみたいなアニメっぽいキャラとかトゥーンっぽいのFPS
    ボーダーランズがちょっと近いかなー?
    完全なJRPGみたいなものはみた事がありません。
    あったら面白そうなので、
    日本のメーカーのどこかが作って欲しいなー。
    3DSで3DをOFFにしても3D酔いを起こすのは・・・
    ちょっと良く分かりません。
    テレビを見つつプレイする事に問題があるのかな?
    後はプレイしているゲームのジャンルにも寄ります。
    新パルテナの鏡だったらちょっと酔いそう。

  31. kentworld より:

    >みっこ☆さん
    ファークライ3はZ指定のゲームなので
    少し痛い表現はありますが、
    それでもかなり面白いのでおススメです!
    ロード時間は・・・僕はXbox360版なのでPS3版は分かりませんが、
    他のゲームと比べて特別長い!という印象はありませんでした。
    UBIソフトの作品という事で
    アサシンクリードシリーズのインターフェースを踏襲していて、
    かなり遊びやすい作りの作品ですよー。
    WiiUゲームパッドもFPSのために
    スティックの押し込み機能を入れたようですし、
    今の時代、FPSは軽視できない存在になってきていますね。

  32. kentworld より:

    >音無き者さん
    レースゲームの一人称視点。
    僕はリアルな挙動のゲームではやりますね。
    そうした方が没入感あるし、
    上手くカーブを曲がれる気がするんですよー。
    リアル系のレースゲームは、
    相手に攻撃される事が少ないから
    視野が狭くても安心して走行できるのが良いです。

  33. 柴田理恵 より:

    立ち回りとか駆け引きとかが対人ゲーの魅力だと思うけど、これに興味を持てない。
    人それぞれなんでDDDDD

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。