2013/08/11/8:30 | ゲームの話

あぁ・・・これはプラチナのゲームだ。ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン(体験版)レビュー

234
ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン/Wii U

8月24日に発売されるアクションゲーム、Wii U「ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン」。
今まで謎に包まれていたタイトルでしたが、先日配信された体験版をプレイして大体の内容が
分かって来ました。今回の記事では体験版をプレイした感想を書かせていただきます。

体験版でプレイ出来たのは、序盤のステージとワンダフルミッションモードの一部。
リプレイ性が高いうえに1周プレイで大体30~40分遊ぶ事が可能で、
アクションゲームの体験版としてはかなりのボリュームだと思います。

▼あぁ、これはプラチナのゲームだ

130811-0453-14

このゲームのスクリーンショットを見ていると、クォータービューの画面
小さいキャラクターがウヨウヨしていてなんだかよく分かりません。そういうのもあって
どんなゲームなのか分かりにくかったんですが、体験版をプレイして大体分かりました。

このゲームはプラチナゲームズのタイトルに多い、
道なりに沿ってステージをクリアして行くアクションゲームなんですね。

ステージ内のミッションをクリアしないと先に進めなかったり、
ミッションクリア後にランク付きの評価をされるところもプラチナらしい(笑)
アクションに関しても、1つのボタンでコンボを繋げて行くのを基本に
ガード・回避をしたりとこの辺も他のプラチナタイトルと大差ありません。
沢山の仲間キャラクターが付いてくるけど、リーダーだけ操作すれば問題無し。

ただ、Wii Uゲームパッドのタッチスクリーンに記号を描いて
戦闘スタイルを変化させるシステムは目新しく感じました。
一応右スティックで記号を描いて戦闘スタイルを変化させる事も可能だけど、
タッチスクリーンに描いた方がずっとやりやすいです。

130811-0354-29

↑基本的には戦闘メインですが、時には謎解きをしないと先に進めないエリアもありました。
こういうところではWii Uゲームパッドのタッチスクリーンに
記号を描いたり、戦闘スタイルを変化させたら良いみたいですね。

130811-0413-38

↑先に進むと、クイックタイムイベントが発生する事も!?
単純にボタンを押すだけではなく、Wii Uゲームパッドの
タッチスクリーンに指定の記号を描く必要もありました。

▼自ら内容を分かりにくくしているような?

130811-0343-23

1時間くらいプレイしましたが、なかなか面白いゲームでした。
でも、積みゲーだらけの中、発売日に買うほどではないかなーと思ったりも。
プレイしていて思ったんですが、このゲームは面白さの本質自体は
万人向けで分かりやすいのに、変なシステムがそれをボヤケさせているように感じました。

爽快なアクションで敵をボコスカしようと思ったら攻撃を受けて仲間が散らばって
しばらく派手な攻撃が出来なかったり、本来ならボタン1つで出来るような
戦闘スタイルチェンジをわざわざタッチスクリーンに記号を描いて行わないといけなかったり、
画面内に情報が多くて分かりにくかったり・・・。奇をてらった物を作るのは良いんですが、
このゲームの場合は自ら内容を分かりにくくして売れないようにしているようなw

130811-0435-09

ボリュームに関してはどんどん先に進んでいくステージクリア形式の内容から察するに、
これまでのプラチナゲームズのタイトルと同じく1周は10時間未満で終わりそう。
ただ、ランクシステムがある事から、何周もプレイしてスコアを伸ばして行く
タイプのゲームなんでしょうね。そういう意味では「ピクミン」に似ていると思います。

どちらも視点が離れていて、沢山のキャラクターが画面内に居るしw
キャラクターを操作して直接攻撃出来る点、制限時間が無い点、
ルートが決まっている点など、ゲーム性は異なっていますが。

何にしても、僕は体験版で満足してしまいました。
7月に買った新作ゲームをほとんどクリアしていないので、
発売日に買うのはキャンセルします。買うとしたらしばらく経ってからかな。
すぐに安くなる雰囲気が漂っているし。


↑こちらは先日公開されたThe Wonderful 101(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン) Direct。
あの神谷さんが岩田社長に代わってゲームの内容を説明しています。
ツイッターでの江戸っ子っぷりを見ていると「やけに丁寧な口調だなー」と
思ったんですが、これは岩田社長のパロディみたいですねw

その証拠に、「直接!」「ツゥイッター」と岩田節が炸裂していましたからw
何度もタイトルと発売日を告知しているのもパロディの一環で、
いつものダイレクトのように複数のゲームを取り扱っているように見せかけたかったのでしょう。

The Wonderful 101
The Wonderful 101

posted with amazlet at 13.08.10
任天堂 (2013-08-24)
売り上げランキング: 53

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(6)

  1. 通りすがる より:

    https://twitter.com/favstar50/status/329014119153930241
    プレイ時間に関しては神谷氏がツイッターで「買った次の日に終わるゲームが嫌なら、やめたほうがいい」って言ってましたね
    https://twitter.com/Nintendo/status/365851258441039872
    ダイレクトは岩田社長が「自分が神谷さんの脳内で
    どのように受け止められているのか、わかるような気がしました」ってツイートしてましたw

  2. MMB. より:

    レビュー参考になります
    自分は逆に発売日に購入を決定しました
    こういうチマチマしたクリア型アクション好きなんですよ~
    操作感については慣れの問題かもしれませんが、パッとやりたいことができるまでの手間が多い気がしました
    それもプラチナくさいといえばプラチナくさい部分で、最終的には慣れてしまうのでしょうが

  3. kentworld より:

    >通りすがるさん
    その発言からも分かるように、1周はかなり短いんでしょうね。
    もしかしたら6時間程度かもしれません。
    今回のダイレクトは、神谷さんから見た岩田社長とも考えられますからねw
    岩田社長がそうおっしゃるのも分かります。

  4. kentworld より:

    >MMB.さん
    チマチマした感じは、据え置き機では僕はマイナスでした。
    低い視点で爽快なアクションが楽しみたかった。
    操作に関してはそうですね。
    もっと簡単に出来そうなのに煩雑にさせているところが
    どうも気になってしまい、もう少し素直な作りにして欲しかったです。

  5. pp より:

    自分は元々購入予定ですが今回のダイレクトと体験版でより期待感が増しました。
    発売日に買うのはキャンセルしちゃいますかー。ちょっと残念です。
    言われてみればプラチナのゲームって値崩れが激しいですしね…。
    確かにプラチナのアクションゲームはベース部分が似たり寄ったりな感じしますねー。
    加えて101はちょっと取っ付き難いゲームですしね。慣れれば楽しいんですが。
    プラチナゲームズはわりと好きなメーカーですがもっと色んなジャンルのゲームを
    作って欲しいという願望もあります。
    爽快感のあるゲームデザインはトップクラスに上手いと思うんですがね。

  6. kentworld より:

    >ppさん
    すみません・・・いずれは買うと思うんですけどね。
    今はこのゲームをプレイする前にやりたいタイトルが色々あるのでw
    プラチナのゲームってベース部分は毎回同じで、
    そこでアクション性やグラフィックに変化を加えているような印象です。
    確かにプラチナの色んなゲームをもっとみたいなぁ。
    アクションゲームに拘りのある会社なので、なかなか難しそうですが。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

これは”ちょっと”マリオパーティだね。マリオパーティアイランドツアーを友人から触らせてもらいました
ローカライズされて欲しいゲーム特集。何故、日本で発売されない?
戦闘がなかなか楽しくなってきた!アキバズトリップ2・セカンドインプレッション
これはかなりのストライク!今更ながらもサルゲッチュシリーズをプレイしています!
今回も凄いゲームだけど、評価が分かれそう。ビヨンド:ツーソウル(体験版)レビュー
祝!初代ポケットモンスター20周年!当時の勢いや思い出を語ってみる!
スマブラとは意外と違うが…プレイステーション オールスター・バトルロイヤル・ファーストインプレッション
歴代ゼルダセット、PS2向けテイルズセット、64DDセットなど、超豪華な読者プレゼントのお知らせ!
なんだこの懐かしさは!?異史戦国伝宿業をやってみた!
日本史上最も手が込んだゲームと言っても過言ではない!龍が如く5 夢、叶えし者・セカンドインプレッション