2014/10/05/20:00 | M☆G☆Mコラム

ボーナスステージが楽しい理由

Screenshot_2013-08-14-17-04-32

ボーナスステージ

古くはファミコン時代から存在するステージです。
様々な形のボーナスステージがあるけど、多くは制限時間の中で
ゲームの有利になるアイテムを動きまわって獲得して行くものだと思っています。
個人的にこのボーナスステージは凄くワクワクして楽しいものだと思っているんですが、
何故そんなに楽しいのか考えてみました。

それは、攻略の自由度が高いからです!

制限時間の中で、どのルートを通ればより多くのアイテムが入手できるのか?
そう考えているだけでも楽しいですし、何回もチャレンジして試行錯誤するのが楽しいんです。
そこで楽しげなBGMが流れるようだとさらにGood!

テレビゲームから少し外れてしまいますが、
ショッピングモールやお祭りなどで見られる「掴み取り」や、
スーパーで見かける「詰め放題」にも似たような楽しさがありますね。
「どれだけ掴んで入手出来るのか?どれだけ詰め込めるのか?」
そうやって考える楽しさや、攻略の自由度が高いから、ついついやってしまう。

130713-0623-09

何故僕がGC「ピクミン1」とWii U「ピクミン3」の
チャレンジモード/ミッションモードが好きなのか考えてみると、
ボーナスステージに通じる楽しさがあるからなんですよね。
制限時間の中で箱庭マップを自由に歩き回り、敵やアイテムを運んでスコアを稼ぐ。
これが楽しいからつい何回もやってしまうんですよ。

逆に考えてみると、攻略の自由度が低いボーナスステージは
遊びの幅が狭くなってすぐに飽きてしまうように感じます。
一本道でスコアを稼いでいくものだったら一番奥に行けたらその時点で満足してしまい、
それ以降はボーナスステージ自体を楽しむのではなく、
本編を有利に進めるため仕方が無くプレイするものになってしまう。
ボーナスステージが楽しいのは、攻略の自由度が高いからこそなんだなーと思います。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

今井麻美のSinger Song Gamer ボーナスステージ
今井麻美
ポニーキャニオン (2010-06-16)
売り上げランキング: 123,429

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(6)

  1. koji より:

    ボーナスステージと聞くと、スト2のクルマをボコボコにするミニゲームが真っ先に思い浮かびますw
    ボーナスステージは時として本編のステージよりも熱中して頑張っちゃったりしますね。

  2. マージ より:

    やはり最初に思い付くのは、マリオの豆の木の上のステージです。
    自由度などは、勿論ありませんが…

  3. ズースカ より:

    ボーナスステージと聞いて思い出したのは、
    ギャラガ、マッピーでした。
    当時のナムコはボーナスステージ好きだったような・・・
    マッピーのボーナスはBGMもすきだったな~

  4. kentworld より:

    >kojiさん
    あー!懐かしい!あれはストレス解消に良かったですよね♪
    どうやって壊すのかいつも考えていました。

  5. kentworld より:

    >マージさん
    >マリオの豆の木の上のステージです。
    あれは見つけた時の喜びが大きかったですねー。
    未だにすべてのコインを集める事が出来ませんorz

  6. kentworld より:

    >ズースカさん
    アーケードゲームでは残機数が非常に重要なので、
    ボーナスステージは燃えますねー!
    みなさん、ボーナスステージと言えば、
    やはり80年代のゲームを思い浮かべるんですね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。