2014/04/16/7:00 | M☆G☆Mコラム

キャラクターに魅力があるほど熱狂的なファンが増える

180

熱狂的なファンは、そのコンテンツに存在するキャラクターが魅力的なほど増えるものだと思っています。
それをよく表しているのがアイドルとアニメです!
アイドルと言えば、ジャニーズやAKB48グループ。
どちらのファンも熱狂的で、CDは特典目当てで何枚も買うわ、
地方からはるばる都会のコンサート会場まで足を運ぶわ、
本人が現れると大きな歓声を出すわで、物凄い愛を感じます。

アニメにしてもそう。好きなキャラクターがいる場合、
頭の中はその事でいっぱいになったり、SNSのアイコンにしたり、
関連グッズを大人買いしたりとこちらもファンは熱狂的な印象が強いです。

ゲームでもよく考えてみると、キャラクター性が高いタイトルほど
熱狂的なファンがよく集まっています。例えば美少女ゲームや乙女ゲーム。
どちらも売上本数自体は大したことないんですが、
ネット上での人気は高くてよく話題に挙がりますし、売上の大半は初週に偏っています。

もちろん熱狂的なファンを集める手段がキャラクター性だけではありません。
本質に中毒性のある内容だから、熱狂的なファンが集まっている事だってあります。
でも、熱狂的なファンを集める手段で一番簡単なのがキャラクターの魅力だと思うんですよね。

で、何を言いたいのかって、キャラクターに魅力があるから熱狂的なファンが集まっている作品は、
安易に批判出来ないなーと言う事です。キャラクター自体の批判じゃなくても、
そのコンテンツに関わる批判を熱狂的なファンの前ですると、
「身内や友人の悪口を言われた」気分になりますからね。

自分の悪口よりも、身内や友人の悪口を言われた方がムカッと来る人は多いと思います。
僕だってそうですから。それにアニメやアーティストでも好きな作品はありますし、
それらの批判を聞いてしまうと重く受け取ってしまうことだってあります。

そういう批判を聞いていて思ったんですが、
「身内や友人の悪口を言われた」気分になるんですよ。
関係者とは赤の他人のハズなのに、不思議です。
きっとそれだけ関連するキャラクターに”憧れ”や”恋”をしているからなんでしょうね。
主にキャラクターの魅力で熱狂的なファンを集めているコンテンツの批判は、慎重にした方が良いです。
言い換えればその人にとっての”恋人”や”友達”を批判している事になりますから。

▼熱狂的なファンが多いコンテンツのAmazonレビューについて

余談ですが、熱狂的なファンが多いコンテンツのAmazonレビューって、
絶賛レビューばかりじゃないですか?星1つの荒らしばかりなのも問題ですが、
宗教的な絶賛レビューばかりが並んでいるのも問題だと思います。

例えば僕はUVERworldのファンですが、とあるシングル曲がイマイチに感じていたりします。
「これ、わざわざシングル曲で出すようなものなのか?」と。
そう思ってAmazonのカスタマーレビューをチェックしてみると、
あらまーなんと聞き訳の良いレビューが並んでいた事かw
こうなってくると別の意味で参考にならなくなって来ます。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ラブラドール・レトリバー Type-A(初回限定盤)(多売特典生写真なし)
AKB48
キングレコード (2014-05-21)
売り上げランキング: 20

ええじゃないか【初回盤(なにわ侍盤)】(CD+DVD-A)
ジャニーズWEST
(株)ジャニーズ・エンタテイメント (2014-04-23)
売り上げランキング: 26

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. 名無し@MLB NEWS より:

    それは私も同感です。例えばVitaはPS3より、コアなユーザーが多いです。同じソフトでも、PS3のレビューより高くなってることがあります。

  2. こめた より:

    絶賛レビューの隣に批判的なレビューを書くのって少し抵抗がありますね。
    それでも批判する時は批判しちゃうけどw
    そうすると必然的に絶賛レビューばかりが並んでしまう事もあるのかなー
    コアなファンを作りやすいコンテンツ(ここでは主にキャラクターコンテンツ)自体も、それらにハマって評価する人も当然悪くはないんだけど、結果として絶賛ばかりの盲目的な状態は健全ではないですね。なんだかなー

  3. 桜子 より:

    こんにちは!「絶賛レビュー」で思い出しましたが、私がPS3の風ノ旅ビトを購入するきっかけになったのが、実はKentさんのゲームレビューを読んだからですw
    当時、風ノ旅ビトは何処も絶賛の嵐で、私は逆に信じられなくなっていったんです。そうして辿り着いたのがKentさんのレビューで、評価が低い理由もきちんと書いてくれていたのでそれが私の背中を押してくれました。結果、風ノ旅ビトは私にとって大好きな作品の一つとなりましたが、Kentさんのようなアクション得意な人には確かに物足りないだろうな~とプレイする度思います。
    私は批判的な意見も大歓迎ですが、他の人はどうなんでしょうね。物事は色々な角度から見ないと全体が掴めないので、色々な意見があっても良いと思っております。

  4. ナギ より:

    難しいですねぇ‥
    レビューは良いトコと悪いトコを両方書くのが前提ってサイトだと読みやすいですけどね。こちらもそのゲームが自分の好みに合いやすいか判断する材料が増えるので助かります。
    批判するにしてもやっぱり何がその人に合わなかったのかきちんと書いてあれば、自分がそのゲームをすごく好きな場合は「そうじゃないけどな~」と思いつつ納得出来るんですけどね。理由もなくただ「ダメ」言われるのは現実でいうトコの「生理的に嫌」レベルでもうどうしようもない気分になります‥
    ちなみに絶賛はしないけれど熱狂に近いのは「バロック」と「フラジール」です。
    特に「フラジール」は批判多いけれど、その批判は的を射てると思うし僕自身は機種が合わずにやっていないのでいくら批判されても反論する資格自体ありません(笑)
    「バロック」もクセが強すぎるのによく何度も何機種もでたなぁと好きなくせに思います

  5. TOM より:

    キャラクターが魅力ってことは、そのコンテンツを支える立派な武器ですもんね。アイドルにハマったことはありませんが、そういうビジネスを作り上げた人は素直に凄いと思います。(その良し悪しは別として)
    自分もネット上で1番信用していないのはAmazonのレビューですね。
    両極端な意見しかない上に、発売日に投稿される中身のない感想文のなんと多いことか。
    「こいつら発売初日に何全てを悟ったかのような口聞いてんの?」って思いますもん。1日で何がわかんねんwと。

  6. nuwer より:

    amazonのレビューは熱狂的ファンか熱狂的アンチの票が多すぎて両極端になりがちですね。
    誰だって好きでも嫌いでもない作品のために時間を使いたくはないですから当然といえば当然ですが。
    少なくとも星に関してはもう完全に無価値だと思ってます。

  7. kentworld より:

    >名無し@MLB NEWSさん
    言われてみると確かに!!!
    PSVITAは濃いユーザーが多い印象ですね。
    あの普及台数でここまでコンスタントに
    ヒット作が出てくるのは凄いです。

  8. kentworld より:

    >こめたさん
    おそらく音楽CDの場合、
    ライトファンとコアファンがハッキリと分かれてしまい、
    レビューするのは後者ばかりになってしまっているからだと思います。
    あんまりこういう言葉は使いたくないんですが、
    宗教臭を感じてしまうと引いてしまいますね・・・。
    もっと素直なレビューがあっても良いと思う。
    音楽にしてもゲームにしても、
    作り手を尊重し過ぎて何でもかんでも正当化するのは違いますよね。

  9. kentworld より:

    >桜子さん
    あのレビューがそんなきっかけを与えてくれたとはw
    確かに他の人は書きそうにない視点からのレビューなので、
    逆に参考になるところはあったのかもしれません。
    このゲームは熱狂的なファンが多そうだから、
    批判的な事は書きにくいなーと思う事があるんですが、
    ちょっと背中を押されました。ありがとうございます(笑)

  10. kentworld より:

    >ナギさん
    あぁ、そうだ!ただひたすら褒めまくった、
    欠点までも正当化してしまうレビューを見て引いてしまったのは、
    悪いところを全く書いていなかったからです!
    本人はそれだけ夢中なんだと思いますが、
    ここがしっかりしていないと説得力は落ちますねー。
    >批判するにしてもやっぱり何がその人に合わなかったのかきちんと書いてあれば、自分がそのゲームをすごく好きな場合は「そうじゃないけどな~」と思いつつ納得出来るんですけどね
    これはこの前のコラム記事でも触れた事ですね。
    個人的にもここがしっかりしていたら、
    批判的な感想もウェルカムだと思っています。
    フラジールは雰囲気ゲーでしたねぇ。
    ホント、雰囲気だけは素晴らしかったです。
    それだけにあのゲーム性は残念。

  11. kentworld より:

    >TOMさん
    確かにキャラクターの魅力をビジネスにしているのは、
    考えた人は凄いなーと思っています。
    秋元康さんは天才企画屋だと思いますよ。
    Amazonのレビューにも的を射たものはあると思うんですが、
    最近は極端なレビューが増えてきているとは思いました。
    変なレビューばかりになると信用が一気に落ちますよね。

  12. kentworld より:

    >nuwerさん
    そうなってきていますね。
    悪意があるアンチの方が厄介ではありますが、
    熱狂的ファンのレビューも盲目的で参考になりません。
    Amazonでも良質なレビューがあるだけに、
    今の状況ではそれらが埋もれてしまって勿体無いです。

  13. ahusa より:

    確かに美少女ゲームは高評価ばかりですが、
    半信半疑でプレイしたFateやシュタゲが楽しめた身としては、
    そのことに対して文句は言いづらいですね。
    何でもかんでも高評価で参考にはできない、とは思いますが。
    それに、一般向けのADVがそれらより面白いかっていうと、
    そうでもない気がしますし。
    その手のADVって変に大衆を意識して、内容が薄い作品が多いんですよね。
    先週発売された「魔都紅幽撃隊」なんてその最たる例です。
    まあ近々初の恋愛ADVとして、「WHITE ALBUM2」をやってみる予定なので、
    それに対してどういった感想を抱くかで、また価値観は変わってくるかと思いますけど。
    ネットの評価を参考にするなら、
    自分と趣味が合う人の評価を参考にするのが一番だと思います。

  14. kentworld より:

    >ahusaさん
    余談に書いた話によって
    少しややこしくなってしまいましたね・・・。
    美少女ゲームについてはまたユーザーの性質が変わって来ますので
    美少女ゲームで高評価が多い事に関しては何とも言えませんが、
    少なくとも音楽アーティストに関しては、
    キャラクター性が強過ぎるあまり盲目的なファンを生み出してしまっているなと思っています。
    とりあえずこの記事では熱狂的なファンが
    出来上がって行く仕組みのようなものを書いてみました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。