2014/04/14/12:00 | M☆G☆Mコラム

発売までのワクワク感、発売された感を味わいにくいダウンロード専売タイトル

37

最近はゲームソフトでもダウンロード専売が増えて来ました。
僕もダウンロード専売タイトルはちょくちょく購入するんですが、
どこか物足りない気持ちがあるんですよねー。
その理由の1つに実物が無い事なんですが、一番は”発売された感”が薄い事。

これまでのパッケージタイトルは、発売数ヵ月前に情報が公開されます。
その後は何度も続報を公開し、発売直前になるとTVCMの投入。
そして発売日になったら店頭に商品がズラーッと並び、作品によっては行列が出来ます。
それを見て毎回僕は「あぁ、発売されたんだなぁ」という感覚を味わっているんですよね。

しかし、ダウンロード専売タイトルはどうだろう?例外はあると思いますが、
その手のタイトルって発表から発売までの感覚が非常に短く、
基本無料タイトルによっては当日に配信される事も珍しくありません。
物理メディアでは無いので当然店頭には並びませんし、
何日も前からTVCMを打つなんて事も滅多にありません。

それが個人的には凄く嫌だ!新作が発表された時のワクワク感。
続報が発表された時のワクワク感。発売前にTVCMが流れる事によるワクワク感。
そして発売日に店頭で購入するワクワク感。
この複数段階あるワクワク感を味わう事が出来ませんから!

この想いはブログを始めるようになってからますます感じるようになって来ました。
当ブログでは新作ソフトが初公開された時、続報が公開された時、
発売週になった時は記事の中で紹介していますが、
当日に発表&配信なんかされたらそれらの楽しみが無くなってしまいます。

今後のゲームは続々とダウンロードにシフトして、
基本無料タイトルも増えると思いますが、そうなると発売までのワクワク感が無くなって
発売日以降に火が徐々に付く形が増えそうで、情報中毒者としては残念です。

▼ダウンロードタイトルが発表から発売までの期間が短い理由

91

ちなみにダウンロードタイトル、基本無料タイトルの
発表から発売までの期間が非常に短い事は訳があるようです。
最大の理由は、その手のタイトルはユーザーが情報を見た瞬間に
「じゃあ、今すぐやらせてくれ!」と言われる事が多いかららしい。
ユーザーの心理を考えると仕方が無いけど、せめて発売まで待つ感覚が欲しいなぁ。

▼日本人のパッケージ志向から増えて来たパッケージ版

9143

僕のようにダウンロードタイトルだと軽視してしまう人が多いためか、
最近増えて来たのがダウンロードタイトルのパッケージ版です。
本来はダウンロード専売タイトルだったものを、あとからパッケージ版としても発売する商法ですね。

PSV「テラリア」
PS3「ストライダー飛竜」
PSV「ファントムブレイカー:バトルグラウンド」
Wii U「ファミコンリミックス1+2」
PS4/PS3「チャイルド オブ ライト」
PS4「トライアルズ フュージョン」
PS3「rain」
PS3「ラチェット&クランク 銀河★最強トライスターパック」

2014年前半に発売、発売予定のタイトルだけでも、これだけありました。
これらのタイトルは本来ならダウンロード専売だっただけあって低価格だったり、
限定特典を付けていたりと、通常のパッケージタイトルと比較してやや特殊な売り方をしていますが、
パッケージタイトルならではの”発売された感”は味わえそうで、
個人的には今後も増えて行って欲しいと思っています。
ただでさえパッケージタイトルの発売が少なくなって寂しくなっていますからね。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ファミコンリミックス1+2
任天堂 (2014-04-24)
売り上げランキング: 149

チャイルド オブ ライト (初回限定特典ARTBOOK &天野喜孝氏描き下ろしポスター 同梱)
ユービーアイ ソフト (2014-05-01)
売り上げランキング: 51

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(7)

  1. Ryou より:

    こういった販売戦略は大歓迎!
    パッケージ版はこのソフトを買ったぞー
    という実感が直で味わえますからね。
    だからファミリミ、購入リスト入りになった訳です。
    ダウンロードのみだったら手が伸びなかった事でしょう。
    ただ、ダウンロードのみでも1000円までなら許容できます。
    あとはバチャコンやアーカイブス等で配信される昔のソフトとか。

  2. eight より:

    まあ選択肢が増えることはユーザーにはいい事で、ファミコンリミックスのようなタイプはメインでプレイする大作などの間の息抜きとして短時間プレイするのでディスク入れ替え不要なダウンロード版、rainはやり込み要素が少ないので一度クリアしたら手放す可能性が高いとみてパッケージ版、というようにソフトによって使い分けていこうと思ってます。

  3. ナギ より:

    真のゲーム好きには嫌われますがパッケージはクリア後売れたり中古で安く買えるのが有り難かったり‥
    ダウンロードはパッケージよりかなりお値打ち価格だったりしているのに、メモリー圧迫した時に消す事にたいして「せっかく買ったのに損するなぁ」という感覚が拭えないんですよ‥
    新作には「何年か待てばパッケージなら安くなるし、しかもクリアした後売れる!」という感情が‥‥メーカーにしてみたらひでぇ客です(;´д`)
    自己弁護するなら、本当に楽しみなものや応援しているものは発売日当日新品買いしているし、言うワリにはパッケージ家にごろごろしてます(笑)
    要は、クリアしたり途中で飽きて(失礼)浮気したりして手放した後、もう一度その「ソフト」と出会いたいと損得こみで思えるかが基準になってるのかなぁ‥
    ダウンロードは二回目も同じ代金、同じ待ち時間だから損してる気分が更に強いのかもです
    ダウンロード販売を嫌っているワケではないのですけどね‥モヤッと感の問題です。
    ワガママですね

  4. ナギ より:

    すみません、追記です。
    PSVのゲームだとPS+やパソコンに預けないとダウンロードを消去するとセーブデータこみですべて消えてしまうんでしたっけ‥?
    再ダウンロードしてもセーブデータは復元されない‥ですよね??
    メモリー間移動もPS初期のように二枚させないから出来ないような‥
    何かトンチンカンな事ばかり言ってたらすみません‥

  5. kentworld より:

    >Ryouさん
    個人的にファミコンリミックスは買おうか迷っていたんですが、
    パッケージで2作まとめたタイトルが
    出る事を知って購入する事にしました。
    やはり、パッケージの方が購買意欲上がりますねー。

  6. kentworld より:

    >eightさん
    パッケージ版、ダウンロード版の2つが存在すると、
    ユーザーのプレイスタイルに合わせて
    選択出来るのが嬉しいですよね!
    確かにrainは一回遊べば満足なので、
    売却できるパッケージ版はありがたい存在です。

  7. kentworld より:

    >ナギさん
    いえいえ、僕も似たような感じですよw
    >自己弁護するなら、本当に楽しみなものや応援しているものは発売日当日新品買いしているし、言うワリにはパッケージ家にごろごろしてます(笑)
    これ、凄い同意ですw
    >要は、クリアしたり途中で飽きて(失礼)浮気したりして手放した後、もう一度その「ソフト」と出会いたいと損得こみで思えるかが基準になってるのかなぁ‥
    僕も何度も売却しましたが、
    もう一度買い直す事は滅多にないなぁ。
    最近はメタルギアライジングで少し迷いました。
    >PSVのゲームだとPS+やパソコンに預けないとダウンロードを消去するとセーブデータこみですべて消えてしまうんでしたっけ‥?
    はい、困った仕様ですね。
    早く治してもらいたいですよー。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。