2014/05/04/12:00 | M☆G☆Mコラム

娯楽で溢れ返ってどんどんワガママになる消費者

P4261260

僕が子供の頃は、スーパーファミコンやプレイステーション全盛期でした。
有意義な時間を過ごせる娯楽の1つとして大活躍しましたが、
ゲームソフトは6,000~10,000円もしたので気軽には購入出来ません。

そのゲームソフトにしてもRPG系じゃない限りは5.6時間程度で終わってしまうものばかり。
アクションゲーム派の僕からしたら、1日の暇を潰せるものではありませんでした。
だからTV番組を見たり、友達と外で遊ぶ事もよくしたものです。

もっと時代を遡るとTVゲーム自体なかったでしょうし、
TVすらも無い時代がありました。僕ですらも考えられないほど娯楽が少ない時代・・・。
今から戻れ!と言われたら絶対に無理でしょうね!w

そうやって過去を振り返ってみると、今ではさらに娯楽が充実して、
安価で有意義な時間を過ごせるようになったから凄いなーと思います。
ゲームに関しても基本プレイ無料タイトル、体験版、PS PLUSなど
ほとんど無料で楽しめるようになってわざわざ数千円出す必要が無くなりましたし、
MMORPGという究極の時間浪費ゲームがありますから!

それ以外にもインターネットで動画サイトを見て暇を潰せるようになったし、
様々なSNSで情報収集したり、仲良くなったり、日記を書いたり出来るようになりました。
自分だけのサイトも気軽に作れるようになり、動画や音楽などの配信も出来るようになりました。

こうやって過去を振り返って今の世の中を見ていると、
どんどん娯楽が溢れてきている事を実感します。
安上がりで楽しめるようになったのは消費者側からしたら良い事ですが、
一方ではデフレ化がどんどん進んで、特に創作活動している人が
ご飯を食べるのが厳しくなっていると感じたりも・・・。

個人的に以前よりもコミックや音楽に払えるお金が少なくなって来ました。
それは安上がりな娯楽が増えた事によって、金銭感覚が変わってきたからです。
すぐに読めてしまう180ページ程度のコミックが400円?
10分程度で聴けてしまうシングルCDが1,000円?
高い!!!コストパフォーマンス悪過ぎ!!!そう感じてしまうんですよね。

ドライブにしてもそう。景色を見るのは好きだけど、
ガソリン代や車の維持費もバカになりませんから、
それだったら家でゲームをしていた方が安上がりで、
充実感を味わえるんじゃないの?と思ってしまう訳です。
こういう人が多いから「若者の車離れ」が起きてしまうんだろうなぁ。

何にしても、娯楽が充実した事によって消費者の
金銭感覚が以前よりもおかしくなってきていると思います。
安上がりで済むようになったのは良いけど、どこかでツケが回って来そう。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

チャイルド オブ ライト
チャイルド オブ ライト

posted with amazlet at 14.05.02
ユービーアイ ソフト (2014-05-01)
売り上げランキング: 5

rain
rain

posted with amazlet at 14.05.02
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-06-05)
売り上げランキング: 206

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(23)

  1. にはら より:

    私もそう思います
    ゲームをプレイしてない(持ってすらいない)のに批評が出来てしまうんですよね
    この国では(某通販サイト等で)
    そういう人間ほどゲームに対して無茶な要望を出してくるんですよね…
    その要望を全部取り入れたら海外の大手メーカーでも作れない代物になると思います
    素直にゲームを楽しむ感覚をみんなが取り戻さない限り
    残念ですがこの国のゲーム業界は無くなってしまうでしょう

  2. リンデ より:

    最近だとスマホゲームにお金を使うのは恥ずかしいと思う人が一定数いるくらいですからね。
    それはさすがにエスカレートし過ぎだと思います。

  3. sparrow より:

    ゲームに関してはスマホが特にその傾向が強いですね。
    スマホが出始めのころは、売り切り系のゲームって結構多かったのですが、ある時期を境にアプリ内課金のゲームにシフトしてます。
    理由としては、例えばPS3やXBOX360とかだと1500~1800ぐらいで順当とされるボリュームでも、スマホの場合1000円でも高いといわれます。
    その上、1000円で元が取れるかといえば結構厳しく、ものによっては赤字もあり得るでしょう。
    アプリを出した後もアップデートなどのメンテをしないといけないので、それが重たくなります。とくにスマホは端末やOSのアップデートで動かなくなることが多いので。
    基本無料のアプリ内課金の場合は、まるで売り上げが変わってきます。はっきり言えば売り切りソフトを売るのがあほらしいレベルです。
    つまり、売り切りアプリのビジネスモデルがスマホは崩壊していて、アプリ内課金にせざる得ないという現実がそこにはあります。
    これは、メーカーの思惑というよりも市場がそうなってしまったということです。

  4. lemse より:

    ゲームにかけるお金がどんどん少なくなってます。
    また車も手放したし、CDも以前より買ってない。
    コミックもそう、かけられるお金は限られてるから、
    それ全部、オーディオにつぎ込んでますね。
    ただ、メディアではブルーレイとハイレゾに随分
    お金つぎ込んでます。
    僕は、オーディオ業界のみに貢献してるけどお金が続かない
    ので、スピーカにはあんまりお金かけません。
    自分的には結構社会にお金使ってると思うな。
    別に自慢にならないけど。

  5. カサヲ より:

    一般の人達がお金を出し渋るのは今の経済情勢から仕方のない事だと思います。それこそ国がちゃんと政治を整えて経済効果をもたらさない限りグダグダ言っても解消されないかと。お金の使い方は人の自由ですがお金が無い人が浪費をすることが出来ないのは当然であってお金を使わないからとかそういう持論はお金に余裕のある人の理屈ですよね。ケチと節約は意味が違うと思いますし安い事に走るのは当たり前なので懐が緩くなるような日本になるまでは絵空事かと

  6. 匿名 より:

    米国と違い節約貯蓄好きは日本人の国民性だから無理だな。バブルで痛い目見ているから、景気が良くなってもある程度の年齢より上の世代は溜め込むだけ。ゲームをする世代だって非正規雇用多いし。
    安いのを求める流れは変わらない。

  7. くっぞこ より:

    こんにちは。
    景気が良くなっても給料があまり上がらないとか、色々あるとは思うんですけど。
    ゲームにしても音楽にしても、もうからないという事は、
    結局人が集まらなくなってしまって、その文化そのものが潰れていきかねませんしね~
    実際、日本のゲーム産業はそうなりつつあるのかもしれませんけど(笑)
    日本の国はそういう娯楽産業にはあまり税金を落とさないですし、
    結局ゲームファンが「自分が日本のゲーム文化を支えてやってる」くらいの自負で、
    なけなしのお金を出していかないといけないのかもしれませんね(笑)

  8. 勉助 より:

     アメリカでも日本のバブルと同じ流れで、土地を担保にがんがんお金を貸したサブプライムローンがきっかけになってリーマンショックを引き起こして全世界で金融危機になり、経済に大ダメージを与えた事という流れを知っていれば、資産を貯蓄に回す日本人の方がきちんと
    バブル経済から失敗した事を学んでいると思いますけどね。
     DS・PSP・360の頃には、割れソフトが大問題になっていましたし、安く遊べるなら、誰もがそっちに
    流れてしまうわけで、海賊ソフトが横行している中国みたいに売り切りソフトよりも課金にソフトメーカーが
    シフトチェンジしてしまうのも、ある程度は時代の
    流れなんだなと思います。
     今後のエンタメ業界は、ソフトを出してはいおしまいではなく、 アイドルマスターを応援するプロデューサーのように、ユーザーにいかにパトロン的な気持ちになってもらうかどうかが、より重要になると思います。

  9. aoi より:

    消費者のワガママというか、ネットの普及が原因でしょ。
    ネットが普及して娯楽が増えたというが、ネットが普及するとなぜ娯楽が増えるのかを、ちゃんと考えている人は少ないのではないか。
    考えてみれば理由は簡単。ネットの普及によって娯楽をタダでばら撒く人が増えたからだ。
    元来、自分の創作物に金銭的価値を見出している人というのは少ない。
    しかしネット以前は、満足に流通させる為には市場に乗せる必要があった。その為には資金が必要なので創作物に回収できるぶんの値段をつけたのである。
    それに商売の匂いを嗅ぎ付けた人間がよってきて会社となった。
    今、会社を維持するためにゲームは金の奴隷になりつつあるが、本来、創作というのは逆。金を稼ぐためにゲームを作るのではなく、ゲームを作ったらお金を稼げたというのが正しい順序。
    このブログもネット普及以前だったら、ゲームのコラムを書きたいと思った場合、出版社に持ち込んで原稿料をもらうという手段をとっていたはず。
    ネットの普及によって、市場流通という半強制的に創作物に値付けをさせるという制度が崩壊した結果が、娯楽の価値の大暴落に繋がったんだよ。
    別に消費者がタダやセガのように低価格でゲームをばら撒いてくれと頼んだわけじゃない。実際、ゲームに寄生していた商売人はより集金システムとして出来のよいスマホに行って客はそれに大金を払っている。
    だとすれば流通と商売人の支配から解放された結果、あっちが勝手にタダなり低価格にしてゲームの価値を暴落させてるだけ。創作者というのは自分の創作物で金とれるとは本質的には思ってないから、値づけの強制力が薄まれば、どんどんタダに近くなっていく。
    それをありがたく受け取るのは、消費者のワガママなのかな。(ただし割れは除く)

  10. kentworld より:

    >にはらさん
    もっと商品を買っている人と
    買っていない人の批評に関する権力みたいなものが
    強まったら良いんですけどね。
    何か上手いシステムは無いのかなー?
    どんな経緯があれど、どんどんユーザーが間違いありませんよね。

  11. kentworld より:

    >リンデさん
    そんな人がいるんですか!?
    僕は恥ずかしいというよりは抵抗ある感じかな。
    どうしてもスマホでゲームをするのは馴染めなくって。

  12. kentworld より:

    >sparrowさん
    確かに最近のスマホ向けゲームを見ていると、
    売り切り型タイトルから
    基本プレイ無料タイトルへシフトしている印象です。
    僕はスマホで遊べる売り切り型ゲームの
    コストパフォーマンスが高い事から
    価格崩壊が進むのでは?と思っていましたが、
    その行く末が基本プレイ無料タイトルだったんですね。
    ある意味、コンシューマーが生き残る道が出来たとも言えますが。
    昨年末にドラゴンクエストVIIIがスマホで発売されましたが、
    売上は芳しくないと聞いています。あれだけ低価格だったのに、
    スマートフォンでは通用しないんですね。

  13. kentworld より:

    >lemseさん
    いえいえ、お金を使っているのは社会に貢献していて、
    凄く良い事だと思いますよ!
    オーディオ業界にとって、lemseさんは神様のような存在でしょう!
    僕としては、ゲーム業界にもお金を使ってくれたらもっと嬉しいんですけどね♪
    お金を使う娯楽はコストパフォーマンスもありますが、
    結局はその人の価値観に寄るのでしょうね。

  14. kentworld より:

    >カサヲさん
    何だか話がズレテしまいそうですが・・・
    僕としては、娯楽が溢れかえってしまい、
    安価で楽しめるようになってしまった事が問題だと思っています。
    確かに経済面での事情もあるとは思いますが、
    どうしても欲しいものは多少身を削ってでも買うでしょう。
    しかし、そう言う事をする必要が無いくらい、安価な娯楽が溢れかえっている。

  15. kentworld より:

    >匿名さん
    僕も貯蓄は好きなので、それは分かります(笑)
    やっぱりある程度の貯金が無いと、
    危機感が出てきてしまいますよね。
    貯蓄では無いけど、このブログでは
    膨大なストック記事があるし。

  16. kentworld より:

    >くっぞこさん
    >ゲームにしても音楽にしても、もうからないという事は、
    >結局人が集まらなくなってしまって、その文化そのものが潰れていきかねませんしね~
    本当にそうですね。
    実際、そうなりつつあると思います。
    少なくとも僕だったらゲーム、音楽を作って
    食って行こうとは全く思いません。
    生き地獄を味わうのが目に見えていますからねw
    >結局ゲームファンが「自分が日本のゲーム文化を支えてやってる」くらいの自負で、
    >なけなしのお金を出していかないといけないのかもしれませんね(笑)
    同感です。今後もこの業界を支えるために、
    新品のゲームへお金を出して行こうと思います。

  17. kentworld より:

    >勉助さん
    貯蓄に回す日本人の体質は現実的だな。と思いますが、
    その体質によって自分が好きな業界が滅んでしまいそうなのは、何とも悲しいものです。
    売り切り型ゲームの時代が終わりつつあるのは間違いないでしょうね。
    今後はアップデートによって内容が刷新されるのは当たり前になりそうで、
    PSVITAの狩りゲーはその先駆け的存在になると思います。

  18. kentworld より:

    >aoiさん
    厳しいご意見ですが、確かにそれはあると思います。
    ネットの普及。これは価格の大暴落に大きく影響しているでしょうね。
    昔は文章を読むだけだったインターネット。
    しかし、今はあらゆるメディアの作品を公開する場になってしまいました。
    この記事では消費者が悪い!と言いたいわけではありません。
    環境の変化によって、結果的に消費者がわがままになってしまったよね。と言いたいんです。
    何にしても、ネット普及以前の方が世の中うまく回っていた訳ですから、
    少しでも当時の価値観を維持するためにも、
    好きな業界を支えていけたら良いなと思っています。
    好きな作品は中古待ちとは言わず、
    発売日に新品を出来るだけ定価に近い価格で
    購入するのがユーザーからしたら一番の近道なんじゃないかと。

  19. jk より:

    いまさらですが、上の方につっこまずにはいられません
    自分の作った筋書きに無理矢理辻褄合わそうとしていませんか?
    少なくともテレビゲームはおもちゃを売って商売していた任天堂が、新しい商品として作ったのがファミコンです。ゲームを作ったら稼げたではなく、稼ぐためにゲームを作ったのが正しい順序です。
    それから、自分の創作物に金銭的価値を見いだしてる人が少ない の根拠は何ですか?
    同人活動と銘打っている人達ですらお金をとっているのが主流ですが。
    ゲームの価格を暴落させているのはむしろ商売人のほうです。ゲームの将来を考えてないから、閉店前セールのようなことをするんです。

  20. 笹島 より:

    DQVIII他がスマホで通用しなかったのは、価格以外にもガッカリ仕様が…
    縦画面強制になっていて、更にコントローラーの類が使えないのでは
    DQ本来の腰を据えて遊ぶという欲求が満たされない仕様になっていますからね。
    私もDS3やDS4が使えて、横向きで遊べるならDQのどれか遊びたかったですが^^;
    ともかく、自分もKentさんと同じでスマホゲーは馴染めないです。
    根本的にパズルが苦手ですし、Knackのアプリも遊んで数分で消しましたしw、
    チープな造りや、基本無料で遊べるというのがあまり受け付けない…
    (昔は基本無料MMOも遊んでましたけどね)
    話題に上がってなかったですが、レンタル事業(TSU○AYA等)が
    すっかり根付いたというか、底値で定着した影響は大きいですよね。
    DVDもCDも新品を買う必要なく、子供のお小遣いで借りられる額で
    楽しむことができますし、業界や政府からの是正もなかったですから^^;
    これは動画サイトが流行ったことでも、若干相乗効果があるような…
    あまり関係ないツケというか余談ですが、高校生のノリで友達と
    体育館で遊んでみてください。次の日には体中が筋肉痛で悲鳴をあげます(笑)
    ゲームブログ的には関係ない話ですが、サービスばかり享受して
    競技をしないでいる(=使わない筋肉ばかり)と衰えるよ、って経験をしましたw

  21. kentworld より:

    >笹島さん
    ドラクエVIIIのスマホ版は少し触らせていただきましたが、
    やっぱりバーチャルパッドではなく、
    コントローラでやりたいよね。というのが本音です。
    ただ、最近はスマートフォン対応の
    コントローラが色々出てきていますよね。
    あれはどうなんでしょうか?追加でお金が結構かかるので、
    それだったらゲーム機でやるよ!と僕はなりますが。
    最近のスマートフォン向けゲームは、
    パズドラのヒットによってパズル系が増えましたね。
    個人的には少し前のカードゲームよりは良いと思っていますが、
    まだまだ積極的にやりたいとは思いません。
    レンタルの影響は、音楽業界、映像業界には
    かなりの影響を与えているでしょうね。
    言われてみると僕もCD、DVDは大半がレンタルだなぁ。
    もしレンタルというものが存在しなかったら、
    どれだけ売れていたんでしょうかね?
    作品に触る機会が減るので浸透しにくくなってしまうかもしれませんが。
    筋肉痛は分かりますよ(笑)
    僕は筋トレやランニングが好きなので
    その部分の筋肉は痛くならないんですが、
    スポーツなどをすると普段使わない筋肉を使って
    次の日がヤバくなりますw
    サービスばかりに頼っていては人間ダメになりますねw

  22. わぁ!私はケチ、、、いやいや、倹約家なので、妙に共感してしまいました^^;
    大人になって経済観念がついたというのもあると思いますが、
    お金をかけるものとかけないものがはっきりしてきた感じがします。
    そして、ゲームは「お金をかけるもの」に選ばれなくなってきたのかなと思ったりしました。
    私も知らないうちにワガママになってるんだろうなぁ。

  23. kentworld より:

    >わにやまさんさん
    僕も昔よりもお金を費やすジャンルが限られてきました。
    ゲームに関しては”支えたい”事もあって
    発売日に欲しいゲームはどんどん買うようにしていますが、
    一方では安売りゲームにも目が無かったりして、
    やっぱり安く済ませたい気持ちはあるようです^^;
    娯楽が溢れかえってしまったせいで、
    今は色々とバランス感覚がおかしくなっていると思います。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。