2013/12/03/17:30 | M☆G☆Mコラム

オタクは陳腐なものを嫌い、掟破りの捻くれた作品が好きな傾向にあると思う

8

みんながみんなそうではないと思うけど、傾向はあると思う。

と言う訳で今回はオタクの傾向について語ろうかなと。
僕の中ではオタクって性格が捻くれている傾向にあると思っています。
基本的に物事をネガティブ受け止めてしまったり、人との会話に否定から入りがちだったり・・・。
さらに言うとあまり注目されていなくて内容が秀逸なコンテンツを気に入る傾向にあり、
それの人気に火が付いてライトファンが大量にやってきたら離れてしまったり。

また、オタクはその分野のコンテンツに沢山触れている事もあって、
王道なものは嫌う傾向にあると思っています。例えば映画の場合、
女性ウケを狙った恋愛モノの邦画とか、そう言う人はまず受け付けないじゃないですかw
「陳腐過ぎて吐き気が出る」って感じで・・・。

アニメにしてもそう。サザエさん、ちびまる子ちゃん、ドラえもんなどの
国民的アニメはその分野のオタクにとっては「知っていて当たり前」の事なので、
わざわざ人前で語るのを嫌う傾向にありますから。

ゲームだって「スーパーマリオ」、「ドラゴンクエスト」辺りは
その分野のオタクは語るのを嫌う傾向にあります。
この辺りのゲームをレビューしたり、プレイ日記を書いている
ブログって売上の割にはそんなに無いじゃないですか。それがすべてを物語っています。

じゃあオタクはどんな作品を好む傾向にあるのか?

簡単に言うと、掟破りの捻くれた作品なんだと思います。
お約束に囚われたと思ったらフェイントでハメて来る作品とか、
パロディネタ満載のカオスな作品とか、何かしら毒がある作品を好む傾向にあるのではないかと。

それでインターネットの世界では濃いファン=オタクの声が
大きくなりがちなので、ネットで評価が高い作品は自然と
掟破りの捻くれた作品」が目立ってくるのではないでしょうか?

例えばゲームでは「シュタインズ・ゲート」、「ダンガンロンパ」などが
ネット上で凄く高く評価されています。どちらの作品もプレイした者としては
確かに凄く面白いと思いましたが、一方ではどちらもが強くて万人向けには感じませんでした。
10人にやらせたら、合わない人の方が多くいるかもしれない。どちらもそんな作品です。

何が言いたいのかと言うと、ネットで異常なくらい絶賛されている作品は
「万人向けでは無いけど、合う人はとことん楽しめる」ものが多いのではないかと言う事。
その辺を理解出来ず、一般人の感性に近い人が手に取ると「合わなかった!」となるでしょうね。
ちなみにオタクの傾向を色々と語ってみましたが、僕自身にも心当たりがある事が沢山あります・・・。
つまり、僕もオタク気質ってことですね。見た目はオタクっぽく見られないよう気を使っていますが。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら
 何か分からないゲーム用語を見かけたら
こちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。