2013/11/19/8:30 | M☆G☆Mコラム

ソフトの売れ方が特徴的なPS3とWii

6745c991.pngb0352c02.jpg
PS3ソフト歴代売上ランキング(ゲームデータ博物館)
Wiiソフト歴代売上ランキング(ゲームデータ博物館)

↑こちらのデータをご覧ください。PS3とWiiの歴代ソフト売上データです。
どちらのランキングも、大きな特徴があります。
まずはPS3について。ミリオンセラーとなっているタイトルは
「ファイナルファンタジーXIII」だけなものの、10万本以上を売り上げたタイトルとなると
150本以上もあり、バランス良くゲームが売れているように見えますね。

一方Wiiについて。こちらはミリオンセラーとなっているタイトルが14本もあります。
しかも1位は450万本超え。5位まで300万本超え。9位まで200万本超えと
上位のレベルが非常に高いです。しかし、10万本を超えた
タイトルになると100本以下で、PS3を下回っています。

つまりPS3はソフトがバランスよく売れるものの
突出したヒット作は少なくて、Wiiは売れるタイトルは
とことん売れるものの、売れないタイトルはとことん売れない市場なんですよね。
どちらも一長一短で、素直に良いとは言えない市場です。

ところがネット上では目立ったヒット作が少ない事をバカにしたり、
売れるタイトルと売れないタイトルの差が激しい事を
バカにしたりと、両者の欠点を貶しあっているんですよ。
僕としてはどちらが良いのか争うのはバカバカしいと思っています。
PS3、Wiiの売上共に、課題は大アリでしょう。

目立ったヒット作が出ないとハードの販売数がなかなか伸びなくて初期は苦戦しますし、
売れるソフトと売れないソフトの差が激しくなると、スタートダッシュは
決める事が出来てもそのうちタイトル数が不足して伸びなくなって来ますから。

3DSやPSVITAも両ハードメーカーの遺伝子
引き継いでいる事もあって似たような傾向となっていますが、
一番理想的なのはPS3とWiiの長所を融合させた市場ですよ。
ファミコンやスーパーファミコン、PS1やPS2がそうだった・・・。

PS3、Wii共に健全な市場とは言えません。
どちらが良いのか優劣を競っているネット上での争いを見ていると、
ドングリの背比べをしているようにしか見えないのですよ。

この記事のコメント欄にも「でも、バランス良くソフトは売れた方が
タイトル数集まるからそっちの方が良いだろ?」とか、
「起爆剤となるタイトルが現れないとハードは伸びないでしょ?」とか
片方の優位性だけをアピールしてもう片方の皮肉を言うような書き込みが出てきそうですし・・・。

スーパーマリオ 3Dワールド
任天堂 (2013-11-21)
売り上げランキング: 2

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら
 何か分からないゲーム用語を見かけたら
こちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。