2014/06/08/7:00 | M☆G☆Mコラム

アイテムは1つ1つ大切に使えるようにしてもらいたい

117

RPGをやっていると、終盤に回復や復活できる
アイテムを99個買って戦う!という展開が何度かありました。
強いボスの場合は本当に99個消費してしまう事があるんですが、そんな時に思うんですよ。

アイテムが可哀そうって。

一度の戦闘に回復や復活のアイテムを99個も使用するって、
それは1つ1つの効果が大したこと無いのを意味するじゃありませんか。
そういう沢山のアイテムを一度に使用する戦闘に挑んでいると
大雑把な印象が強まって来ますし、アイテムの使い捨て感が増してきます。

なんだかアイテムを粗末に使っているような気がしてくるんですよ。
まあ、RPGの場合はレベルを上げる事でそんなに沢山のアイテムを使用しなくて済むんですが、
ここで問題なのは普通にプレイをした場合にこういうアイテムの使い方をしてしまう事です。
「アイテムを粗末に使いたくなかったらレベルを上げたら良い」は乱暴な意見だと思います。

ジャンルは変わりますが、最近のマリオシリーズだってそう。
1UPキノコのレア度がどんどん下がってしまい、
最近ではマリオの残り人数が50を超える事も珍しくなくなって来ました。
その代わりコースの難易度は上がっているためマリオの残り人数は
どんどん減って行くんですが、何だかマリオが使い捨てのようで腑に落ちません。

このように最近のゲームは貰えるアイテムの数がインフレ化している一方、
難易度を高めて沢山のダメージを受けたり、死なせたりさせますが、
そうなるとアイテムが使い捨てのようで嫌なんですよ。

昔のゲームだったら同じアイテムはせいぜい9個しか持てず、1つ1つを大切に使いたくなりました。
もちろん、今のゲームでもアイテムが貴重な作品はあったりするんですが、
昔に比べるとアイテムが使い捨てに感じてしまう事が多くなったんですよね。

インフレ化は、派手に繋がる時もあります。
でも、”有難味”を失ってしまう事もあるのですよ。
最近のゲームを作っているスタッフは、よく使う回復アイテム、
復活アイテムも1つ1つ大切に感じられるようなゲーム設計をしてもらいたいです。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

スーパーマリオ キノコ しおコショウいれ 1upキノコ
エンスカイ (2011-11-03)
売り上げランキング: 59,911

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(9)

  1. KA より:

    確かに消耗アイテムを湯水の如く使うとそう感じてしまうこともあります。逆にラストエリクサーみたいなレアな消耗品みたいにここぞと使う回復アイテムを結局最後まで使わずじまいなのもこのような感じになってしまいますね。

  2. 二本のしっぽきゅうだん より:

    最近だとカービィのボス戦でアイテム回復をここぞというところで使いましたね。
    格闘王もそうですし、あと一つしかマキシムトマトないよ、とかもありましたねぇ。
    スマブラにもオールスター戦でそうなったりもして熱いですしね。
    RPGはあまり制限すると人によってはストレスになるだけなので、その辺の調整が厳しいところだったり。あまりにアイテムがあると管理も面倒いですしねw
    そういった意味ではRPGであるゼノブレイドは回復アイテムが無かったので管理もしなくて良かったのです。
    ちょっと違いますが、今回のマリオカート8はアイテムを一つしか持てないので、一つ一つのありがたみが更にわかるようになりましたね。

  3. kentworld より:

    >KAさん
    レアな回復アイテムは
    僕も残してしまう事が多いです(笑)
    ピンチになったら嫌でも使いますけどね。
    程よい調整をしているゲームを最近あまり見なくなりました。

  4. kentworld より:

    >二本のしっぽきゅうだんさん
    桜井さんのゲームではお馴染みの連戦モード(格闘王)は、
    アイテムの有難味が分かるモードですね(笑)
    ああいったアイテムの有難味を
    もっとRPGや残規制のアクションゲームで味わいたいです。
    >そういった意味ではRPGであるゼノブレイドは回復アイテムが無かったので管理もしなくて良かったのです。
    ゼノブレイドは戦闘後に体力が全回復するシステムでしたね。
    こういう割り切ったやり方もアリだと思います。
    マリオの残規制を廃止するとかね。
    マリオカート8のアイテム1つは、
    グランプリはまだしもバトルモードでは物足りなかったかな。

  5. ざるてぃす より:

    これを読んで思い出したのはE缶ですね。
    あれはなかなか手に入らず、入手してもすぐ使ってしまうアイテムでしたw
    だからこそこのアイテムを見つけた時は、助かった!と感激し、時には命失う覚悟で取りに行ったもんですw
    これもジャンルは違いますが、銃を扱うゲームんかだと最近すぐ弾が手に入っちゃって、ランボー状態になっちゃうんですよね。 どうせすぐ手に入っちゃうんだから、無駄遣いしてもいいやという心理が働いて、緊張感がないんですよね~;
    弾が全然手に入らなく、節約節約してようやく武器庫に辿り着き、弾を補充する。これが理想ですねw

  6. figaro より:

    今もっともアイテムの大切さや有り難さを痛感するゲームはRPGではなくモンハンなどの狩りゲーでしょうね。
    不用意に突っ込むとガンガンダメージを受けてしまい、一方で所持アイテムの数はそれなりに制限されていますから考えて使わないと高難度のクエストでは不足することもままありますし。
    上位の回復アイテムがお店で無尽蔵に購入できるのではなく調合などで素材を消費して入手するのもいいですね。定期的に補給する必要があるのは煩わしいかもしれませんが、自分で狩りの道具を管理してる感じがあって私は好きです。

  7. kentworld より:

    >ざるてぃすさん
    ロックマンは難しいゲームで、
    何回も体力が0になってしまいますので、
    E缶はとてもありがたいアイテムでしたよね!
    1UPも難しいところに設置してあるので、
    なかなか入手出来る度胸がありませんでしたw
    最近のアクションシューティングは、
    確かに弾が比較的多く用意されている印象です。
    ラストオブアスも高難易度モードじゃないと、
    中盤からは弾不足にならないしなー。
    弾を節約できるゲーム、もっと欲しいですよね!

  8. kentworld より:

    >figaroさん
    モンハンは確かに高難易度のクエストになると、
    回復アイテムを無駄遣いしにくくなってしまいますね。
    最近の作品では簡単にハチミツが入手出来てしまうので、
    以前の作品よりは調合する面倒さが無くなっていますが、
    今の時代はこのくらいの調整が良いのかもしれませんね。

  9. 휴 ㅂ 휴 より:

    kentworldさん
    >昔のゲームだったら同じアイテムはせいぜい9個しか持てず、1つ
    >1つを大切に使いたくなりました。
    RPGで同じアイテムが大量にあると管理が面倒なので全て99個まで持てるようにするべき。あとラストエリクサーは非売品ではなく店で買えるようにすれば終盤までとっておいて結局使わずじまいで終わることはなくなるな。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。