2014/10/15/17:00 | M☆G☆Mコラム

凝ったクリエイト機能は商業的には邪魔な要素

78364a4b.jpg

クリエイト機能

ゲームのステージやキャラクターなどを自分で作る事が出来る機能です。
僕は創作好きなのでこの要素が含まれていると購買意欲が上がってくるんですが、
商売として見ると凝ったクリエイト機能はあまり入れない方が良いと思います。

自由にステージが作れると言われたら夢が広がるけど、
多くのユーザーはそれで満足してしまい、
続編を出しても余程の魅力が無い限りは購入してもらえないでしょうからね。

例えば「リトル ビッグ プラネット」シリーズなんてまさにそうだと思います。
このゲームは2Dアクションゲームで、凝ったクリエイト機能を使って
オリジナルコースを作ったり、他人のコースをダウンロードする事が出来ました。
なので、一生遊ぼうと思えば遊べる内容なんですよ。

そう言うのもあっていくつも発売された続編は振るいませんでした。
SCEのプロモーション量が足りなかったのもあると思いますが、
多くのユーザーは1作目で満足してしまったのでしょう。
シリーズを全作品購入した僕でさえも、
最新作のPS4/PS3「リトル ビッグ プラネット3」は買う気がしません

「マリオカート」シリーズや「スーパーマリオ」シリーズは
なかなかクリエイト機能を搭載しないけど、
それは続編を買ってもらえなくなる恐れがあるからなのではないでしょうか?
僕は毎回「早く入れてくれ!」と言っていますけどね(笑)

あと、クリエイト機能って僕からしたら魅力的なんですが、
多くのユーザーからしたらハードルを高めてしまう要素のようで、
クリエイト機能が搭載されているからと言って必ずしも
ユーザーの満足度や購買意欲が上がる訳ではないんですよ。

実際、「メイドインワリオ」のゲームを作成できる
DS「メイドイン俺」はクリエイト面を前面に押し過ぎてしまったせいで
過去作品から大きく売上が落ちてしまいました。

このようにクリエイト機能は一部のユーザーが満足するだけで
多くのユーザーにとってはハードルを高める要素になりますし、
気に入ってもらえても「続編を買ってもらえなくなる」恐れがあるので、
商業的には邪魔な要素だと思います。

クリエイト機能を搭載するとしたら、もう続編を出す気の無いタイトルが良いでしょうね。
そう言う意味で2Dマリオもついにクリエイト出来る「マリオメーカー」を発表したので、
今後同シリーズがどのように展開していくのか気になります。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

リトルビッグプラネット3
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-12-04)
売り上げランキング: 649

リトルビッグプラネット3
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-12-04)
売り上げランキング: 643

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(2)

  1. FM より:

    クリエイト機能って人が作ってるの見ると面白そうなんだけども
    自分がやると難しくてやめちゃうんですよねぇ
    LBPも1はそれで買ったんですけどクリエイトが難しくてほとんど触りませんでした
    マインクラフトはブロックを積み上げるだけで色々作れちゃうので
    そこが誰でも遊びやすいし分かりやすくて良かったですね
    その分、他のクリエイトゲームよりはやれることは少ないですけど、
    逆にだからこそ工夫して凄いの作ろうって思えます
    最初は小さな土で出来た家だけど、木材の家に変えたり
    2階建てとか地下とか、海の上とか空高くとかトロッコを作りたいとか
    そうやって発想が広がっていきます
    何でも出来てしまうってのは逆に良くないのかもしれませんね

  2. kentworld より:

    >FMさん
    クリエイト機能は覚えるまでが大変ですね。
    そこをユーザーに理解してもらうようになるまでの
    ハードルが非常に高いと感じています。
    リトルビッグプラネットに関しては
    親切に1つ1つの要素をビデオで解説していますが、
    それをすべて見るのもまた面倒ですもんねぇ。
    マインクラフトはクリエイトゲームですが、
    その面倒さを感じさせない作りなのが凄いですね。
    クリエイトゲームとして頭一つ抜けたのは、
    その辺が大きな要因なのでしょう。
    ただ、この作品も続編は作りにくそうですね。
    クリエイトはある程度の制約があった方が、
    ユーザーとしてもとっつきやすいですし、
    制約する楽しさが生まれて来ます。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。