2014/08/23/12:00 | M☆G☆Mコラム

音ゲーのパーフェクトプレイはしません

100

リズムアクションゲーム

タイミング良くボタンを押してリズムに乗って行くゲームジャンルです。
タイミングが合った時の爽快感が良いタイトルの場合は
ついついプレイを続けてしまい、もう1曲!もう1曲とプレイしてしまうんですが、
僕はどんなに面白いリズムアクションゲームであってもパーフェクトプレイはしません。
ある程度やり込んだら、その時点で満足していまいます。

それは何故なのか?リズムアクションゲームの
パーフェクトプレイってストイック過ぎるんですよ。
例えば「太鼓の達人」シリーズ。このシリーズでは完璧なタイミングで叩くと「良」。
わずかでもズレていると「可」。大きくズレると「不可」になります。

コンボを繋げる場合は「」でも良いんですが、
パーフェクトクリアを目指すとなったらすべて「良」を狙わなければなりません。
これを意識して最高難易度でプレイしたら、どれだけストイックなプレイになるのでしょうか?

高速に流れる500個以上の音符をすべて完璧なタイミングで
叩かないといけないって、神経がおかしくなってしまいますよw
この想いはTV番組の「関ジャニの仕分け∞」をみてからますます強くなりました。

この番組では「太鼓の達人」のリズム感を対決する企画が用意されています。
あまりにもストイックなプレイを求められて見ている分には楽しいんですが、
自分はそういうプレイはしたくないな。と思うようになってしまったんです。
だって0.1秒でもタイミングがずれてしまったらダメなんですから。

人間はロボットでは無いので、正確な動きをするのは難しいです。
僕はアバウトで反射神経が鈍い方なので、尚更。
あくまでもゲームは楽しくプレイするものです。
ストイックなゲームは好きですが、あまりにもタイミングが物を言う場合は
突き詰めて行くとストレスばかりが先行してしまうので、やらないようにしています。

と言いつつもたまに行くゲームセンターで「太鼓の達人」や
「ビートマニア」辺りの高難易度モードを難なくこなして人だかりが
出来ているところを見ていると「カッコいい!自分も出来たらなぁ」と思うんですけどね。
実は2007年辺りはそう言う気持ちが強くて、「太鼓の達人」の練習をしておりました。

その甲斐あってある程度は上手くなりましたが、
やっぱり僕は凡人のようで、彼らのような神プレイは出来ませんでしたね。
それ以降、僕はリズムアクションゲームでは90点くらいまでなら頑張るけど、
100点満点は狙わないというプレイスタイルを貫くようにしました。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険
バンダイナムコゲームス (2014-06-26)
売り上げランキング: 53

ラブライブ!  School idol paradise Vol.1 Printemps 初回限定版
角川ゲームス (2014-08-28)
売り上げランキング: 79

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. たんす より:

    なんか分かりますw
    パーフェクトを目指すと、ミスした瞬間に「あああああああ」って楽しさよりもイライラのが勝ってしまうので自分もパーフェクトプレイは進んでやりませんね
    それも一つの楽しみ方なんでしょうが、自分はやっぱり楽しさを優先に求めてしまうのでw

  2. zzn より:

    実際のところ、判定が緩いゲーム(太鼓とか)とか一曲あたりのオブジェクト数が高々1000note程度のゲーム(jubeatとか)だと
    パーフェクトプレイ狙う人も結構いますけど、それ以上の領域だとそんなこと狙ってる人はほとんどいないと思いますw
    たとえば、記事で挙げられているbeatmaniaなんかはExScore(≒全体に占める良の割合)で競ったり、BPを減らす(≒全体に占める不可の割合を減らす)方向で頑張る人がほとんどですね。

  3. NAON より:

    よくわかります!!僕もどちらかと言えば凝ってしまうのでパーフェクトを目指したいのですが、かなりのストレスでゲーム自体が楽しくなくなってしまうのです。
    楽しんでゲームするには、僕にはある程度の難易度で、ある程度の成績が一番楽しめます。社会人は時間もないですし、昔みたいにはできないですね~。

  4. めがねぃ より:

    音ゲーはVITAの初音ミクしかやったことありませんが…すっかりハマってしまい、F2ndは難易度10以外は全てパーフェクトをとりました。
    初音ミクはすごくハマったのでパーフェクトプレイをしましたが、ゲームのハマり具合によってはパーフェクトなんて狙わないかもしれませんね。

  5. シロマ より:

    俺も同意です。
    前にデデデ大王のデデデでデンZを買って表と裏は全部プラチナ取りましたけどさすがに理論値を目指す気は起きませんでした
    少しでもミスするとストレス溜まりますね。

  6. kentworld より:

    >たんすさん
    ゲームと言うものは楽しむものですからね。
    ストイック過ぎるのも問題だと思います。
    僕もそんな感じです。
    楽しさとストイックのバランスは重要ですよね♪

  7. kentworld より:

    >zznさん
    ビートマニアなどになるとパーフェクトは
    人間では不可能なレベルですので、確かにそうですねw
    この記事で触れた音ゲーは、コンシューマー系が多いかな。
    例えばリズム天国とか。あれもパーフェクトプレイは挫折しました。

  8. kentworld より:

    >NAONさん
    ゲームが楽しく無くなってしまったら意味が無いですもんね。
    ゲームを遊ぶのを仕事のように捉えてしまったら、
    楽しさが無くなってしまいます。
    やり込みに関してはやるのもやらないのも
    プレイヤーの自由ですので、そこは選択して行かないとね♪

  9. kentworld より:

    >めがねぃさん
    本当に尊敬します。
    初音ミクも難易度10くらいになると物凄く難しいですもんねw
    パーフェクトプレイをするのは、
    それだけハマっているという証拠でもあると思います。

  10. kentworld より:

    >シロマさん
    僕もデデデはせいぜいオールプラチナです^^;
    プラチナだったら多少のミスは許してくれますからね。
    理論値に関しては勘弁してって感じですw

  11. ナギ より:

    音ゲー自体ほぼやらない(ゲーセンでは下手すぎて通りすがりの視線すら辛い&そもそも家庭用は買わない)のでマイバチを持って鬼レベルをズガガガと叩く人みるとすげーなーと思います
    ちょいと違う意味でミニゲームの目押し系も「あああああ」となりますねぇ‥攻略に必須でなくともご褒美は欲しいですから
    古いトコでゼノギアスのメトロノームとかシャドウハーツの月までゴー!とか
    とはいっても100回とか500回とかボタン押し続けるのはもうテンポ刻む機械になった気分になります‥

  12. kentworld より:

    >ナギさん
    >とはいっても100回とか500回とかボタン押し続けるのはもうテンポ刻む機械になった気分になります‥
    それ、凄い良く分かります!
    機械になった気分、まさにその通りです。
    記事にも書いた通り僕はアバウトなところがあるので、
    機械のように動くのが難しいんですよね。
    ミニゲームの目押し系も音ゲーに通じる
    テクニックが必要だと思います。
    アレも最近はダメになってきたなぁ。

  13. ☆☆☆☆ より:

    それだけにゲームによってはパーフェクトでは無いが、ほぼ満点的な評価がゲーム上で用意されてるのは有り難いですね。※に挙がったデデデのプラチナとかIIDXのAAAとか
    kentさんのプレーされる太鼓はそういうのが無い分、中級者には一番キツい作品かもしれませんね…自分も太鼓は苦手です

    • kentworld より:

      >☆☆☆☆さん

      95点でもパーフェクト扱いをするようなゲームですね。
      それだったら助かりますし、まだやる気になります。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。