2015/05/27/12:00 | M☆G☆Mコラム

日本市場特有のSCEとPSファンの間に感じられる乖離感

102

僕はこれまでに数多くのプレイステーション(以下、PS)ハードを
中心に遊ぶユーザーを見て来ましたが、少し疑問に思う事があります。
全員とは言いませんが、多くのユーザーはPSのハードメーカーである
SCEのゲームにはあまり興味が無いのではないかと。

「次にPSハードのゲームで何を買う?」という話をしても、
多くのユーザーはキャラクター性が強いタイプのサードパーティ製タイトルばかり挙げて、
SCEのゲームは滅多に挙げないんですよ。あったとしても「グランツーリスモ」くらい。

逆に僕はPSハードではSCEのゲームばかりを買っています。
「アンチャーテッド」シリーズ、「リトルビッグプラネット」シリーズ、
「インファマス」シリーズ、「グラビティデイズ」、「rain」、「風ノ旅ビト」などの新規タイトル等々。
PSハードには特に執着していない僕の方が「SCEファンなんじゃないの?」と
思わずセルフ突っ込みをしたくなってしまいますw

何気に買うSCE製タイトル。その理由は?

↑何故僕がSCEのゲームをよく買うのかは上記の記事で触れていますので、そちらをご覧ください。
自分でいうのもなんですが、普通のユーザーよりもSCE製タイトルを買っている方だと思います。
PS4では現時点で大半のSCE製タイトルを買っていますので。

話を戻しますと、プレイステーションファン=SCEのファンになるとは限らないんじゃないかと。
多くのPSユーザーはSCEが出すゲームに興味があるんじゃなくて、
あくまでもSCEが提示する遊び場(ゲーム機)に
興味があるだけなんじゃないかと思うようになって来ました。

もちろん、最近のSCEジャパンが海外スタジオ開発ゲームのローカライズばかりで、
日本人ユーザーの趣向とは異なるゲームばかりを出しているのが
このような乖離感を生み出しているのだと思いますが。

昔からPSハードはサードパーティ主体の市場とは言われていました。
なので「今更何を?」と思う方も多そうですが、
やはり、ゲーム機の特性を知り尽したハードメーカーのタイトルが
ユーザーからスルーされがちなのは「なんだかなぁ」と思ってしまうのですよ。

最近でもPS4で発売された「キルゾーンシャドーフォール」、
「インファマスセカンドサン」、「ジ・オーダー1886」、「ブラッドボーン」をプレイして
僕は「スゲー!これがPS4の底力なのか!」と感心しましたが、
「ブラッドボーン」を除けばPS4ユーザーの中でも存在感は薄い方で、あまり話題に上りません。
この状況はSCEが昔のように「ワイルドアームズ」、「アークザラッド」、
「ポポロクロイス物語」など日本に特化したタイトルを出したら変わるのかなぁ。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

Bloodborne(通常版)
Bloodborne(通常版)

posted with amazlet at 15.05.23
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-03-26)
売り上げランキング: 215

The Order: 1886初回生産限定 コスチューム3種、武器2種、戦闘アイテム2種をダウンロードできるプロダクトコード同梱
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-02-20)
売り上げランキング: 602

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(62)

  1. 街毛 より:

    なんというか、よくも悪くも統一感が無いんですよ。SCEらしいゲームという風にブランド化が出来てない気がします。
    あと普通の洋ゲーと何が違うかわからない人は多いでしょうね(笑)

  2. こめた より:

    逆にサードタイトルで遊ぶ為のハードという印象を持たせられたのがPSがここまで人気になった要因だと思います。
    自分は任天堂スキーですが、上田文人さんの作品も好きで、雰囲気ゲーというか触れるエンタメとして精度の高いSCEのゲーム群は割と注目しています。
    最近は和サードの元気がないのもあいまって、ハード問わずファーストの強さを感じる事も多いです。
    とりあえずPS買ったけど期待するゲームが出ないってライトな友人に勧めるのはSCEタイトルだったりしますね。

  3. dwui より:

    個人的に今のSCEのゲームは魅力が感じられないんですよね。
    ブラッドボーンも興味ないですし、
    ポポロクロイスやぼくのなつやすみ、みんなのゴルフなんかがPS4で出てくれると嬉しいんですけどね。
    好きか嫌いかで言えば任天堂の方がSCEよりも好きですが、持っているハードはPS4とVitaだけです。
    僕はやりたいゲームが出るハードを買うので自然とこうなっちゃいました。
    因みに来月はポポロが出るのでソフトと一緒にNew3DSを購入します。

  4. MGMの名無し より:

    個人的に多種多様性のあるゲームがたくさん出てるからじゃないですかね
    よってSCEもいいゲームだしているとは思いますがレンジが広くユーザーがまばらなのでそのような乖離的な問題も起こるのでは?
    その疑念は間違っては無いと思いますよ

  5. MGMの名無し より:

    アークは当時好きだったが、今出しても100%売れない
    そんなの復活させたところで無意味

  6. せり より:

    私もPSを中心に遊んでいますが思い出のゲームは?と聞かれるとサード作品が思い浮かびます
    その理由として比較しますが
    ・任天堂は一目でわかる作風で他と被らないのでわかりやすい
    ・SCEは一貫した作風がなく拘りもそれぞれのスタジオによって全く違う
    その統一感のなさがサード作品とも親和性が高いのかもしれないですね

  7. MGMの名無し より:

    そのゲームを遊ばないユーザー側ではなく
    そのゲームを遊ばせようとしてくれないメーカー側に問題があるかと
    目の前にゲームが二本あって、どっち選ぶかと言われたら面白そうな方を選ぶ
    メーカーとか関係無く

  8. ほにょ より:

    やはり、かつて出していたようなスカしたセンス、発想のソフトを改めて出すしかないような気がします。そういういかにもSCEらしいソフトって、PS3で出たキャスター付きの椅子にまたがってレースするソフト以来出てない気がします。PS2では、以前話題にした”幸福操作官”の他には、”正義の味方”もすきでした。特撮ヒーローが題材のゲームなんて、コテコテのマニア向けに作らないと許されないようなものなのにそうならないところがこの会社らしいと思ったし、むしろ新しいタイプのアドベンチャーゲームを模索するうちにたまたま特撮という題材に行き着いた感じが良かったですね。今にしてみると、”電線(仮)”がお蔵入りになったあたりからがケチのつき始めだったのかなぁ……。
    90年代にSCEがあれだけ成功できたのは、ハードが高性能でサードパーティーに恵まれたこともあるとは思うけど、それ以上に子供の頃からコンピューターゲームに触れて育った、子供でもマニアでもない人達を捕まえられたからだと思うんです。そしてそれはやはり、ソニーという会社がそれまでに築いてきたブランドイメージの高さがあったからこそだろうと。今観ても圧倒されますもん、80年代のソニーのコマーシャルって。CBS/EPICソニーのレコードやCDのジャケットや帯も、他のレコード会社に比べて頭ひとつ抜けて洗練されていて、お洒落だった。時代を越えたデザインだと思う。そもそもCDを開発した会社ですもんね。
    だから一番の問題は、昔に比べると”ソニー”そのものに対する求心力が落ちてきていることなんじゃないかと。経営的な面でもそうだし、カルチャーとしてもドン・キホーテ的なものに主導権を奪われてしまった感じがするんですよね。

  9. tanu より:

    Vitaのグラビティデイズはハードの特性を活かしていたけど売上はイマイチでした。
    この辺りからもSCEファンはSCEのハードが好きだけどソフトには興味がないのが伺えます。
    逆に任天堂ファンはマリオ、ゼルダ等のソフトが好きでハードはそれほどって印象です。
    私は3DSの3D機能やWiiUのゲームパッドを活かした斬新なゲームをもっと発売して欲しいのですが世間はあまり望んでないような気がします。
    マリオ64のようにこのゲームのためにこのハードがあると思わせるゲームを遊んでみたい。
    それが出来るのはハードメーカーの特権なので任天堂、SCE、MSには頑張ってもらいたい。
    Vitaはマインクラフトがトップになりそうで、なんだかなぁって思いますw

  10. シュウ(shu_night) より:

    日本向けのゲーム多くないですからね~

  11. KUMA より:

    SCEの自社ブランド物って長続きしませんからねぇ。自然とサードパーティの物優先になっても仕方ないんじゃないですかね。PS1の頃から継続してるシリーズなんて皆無ですもん。「どこでもいっしょ」、「クラッシュ」、「アークザラッド」、「ジャック×ダクスター」…PS1/2時代のは途中で廃れた物が大半ですね。グランツーリスモとみんGOLは辛うじて持ってる部類ですがかつての勢いは無いですし。
    私としては桝田省治氏のゲームなんかはかなり好きでリンダキューブとか俺屍とか数百時間遊んだ程ですが、俺屍2は壮絶に自爆しましたし、こっちも今後は期待できないですね。
    とは言え、(かつてに比べたら和サードのやる気の無さのせいで散々ですが他と比べればまだ相対的に)サードパーティが一番集まってるってのは強みですし、最近はフロムと組んで良い物は出してますし、ファーストが弱めでも、これはこれで良いんじゃないですかね。

  12. MGMの名無し より:

    SCEJAがソフト開発に今一つ力を入れてなかったということは吉田修平さんがソルサクのインタビュー等で語っていたのでおおよその認識としては誤っていないと思います。
    今のトレンドにあるゲームソフトをざっくり分けると、デフォルメ志向、アニメ志向、リアリスティック志向のゲームに大別されると思いますが、最初に上げたものほど日本では大きく売れる傾向がありますが、SCE製で特に受けが良いのは最後のリアリスティック系に偏ってる気がしますね。
    デフォルメ志向のゲームも積極的に出してはいますが(ナック、パペッティア、LBP新作、テラウェイ等)、日本だといずれも努力の割に報われてない感が否めません。
    リアリスティック系だとどうしても海外志向の成分が強くなるので、今後も今のイメージはしばらく変わりそうにないです。

  13. MGMの名無し より:

    要するに、PSハードに任天堂のソフトを出せばいいってことですよ

  14. MGMの名無し より:

    良くも悪くもSCEは主要マーケットの欧米の方を向いてますし
    日本のマーケットは縮小し続けるのでかわらないでしょう。
    これからもし中国マーケットが発展し、かつJRPGが売れるのなら
    かつてのワイルドアームズやアークザラッドみたいな作品出すんでしょう

  15. MGMの名無し より:

    日本市場はアニメ系のゲームもリアル系のゲームも平等にチャンスがあり、受け入れられているのが特徴だと思うけどね
    バイオやMGS、FFや龍が如く、ダークソウル、CoD等のフォトリアルタイプのゲームも非常に人気が高い。
    SCEJがソフト開発に力を入れてないとは思わないけど
    なんていうか赤字時代のバンナムコを見てる様だなぁ

  16. MGMの名無し より:

    まあ明らかに日本軽視にはなりましたよね。
    開発に必要な人手と金が増えて、アーク、WAまで手が回らなくなったのかと
    ライトユーザー向けのぼくなつやトロなどは売上右肩下りでしたし
    携帯機が成功しないと、ライトユーザー向けタイトルのヒットは難しいと思いますから、しょうがないんじゃないですかねー

  17. アサヒ より:

    SCEファンなんてそもそもいないんじゃないんですか?
    なんというか、EAファンだとかActivisionファンみたいな違和感を感じます。
    ノーティファンとかなら分かりますけどね。
    僕はSCEタイトルだから買ってるということはあまりないです。
    変わったタイトルがあるなと思って手に取るとSCEだったってことはありますけど。
    サードがまず出さないようなタイトルを堂々と出してくるところは好きですね。

  18. なみ より:

    こんばんは。いつも楽しく見させていただいてます。
    私はメーカーは気にせずに、気になったゲームを見境なく買いますが、考えて見るとSCEのゲームはあまり買ってないですね。
    私の中ではイマイチSCEのゲームはこれというイメージが湧いてこないんですよね。
    色々なタイプのゲーム出し過ぎ…?

  19. MGMの名無し より:

    記事を見て、あーなるほど確かに、と思ってしまいました。
    自分はSCEハードで出るソフトを中心に買ってますけど、SCE発売のソフトはほとんど買いませんね。
    最後に購入したのはフリーダムウォーズですけど、その前に買ったのって、ベスト版のデモンズソウルですね。
    さらにその前のは覚えてないです。
    もしかしたら、PS2のワイルドアームズ4かな?(汗)
    でも自分は任天堂ハードも同じだったりするんですけどね。
    ポケモン本編なら全て購入してますが、他の任天堂ソフトは何も買いませんから。

  20. セシル より:

    確かにSCEのゲームで定期的に買ってるの少ないですね、みんゴルを買ってる位かな。後はたまにグラビティみたいな面白そうなゲームが出たときに買うくらいかも。アンチャとかゴッドとかは日本人向けじゃないですからね、グラビティとか続編を期待されてるゲームも出るのが遅すぎですよ、日本法人もっと頑張れ~!

  21. KOJI より:

    アークやポポロはPS1時代は良かったんですけど、PS2に移行してからはゲームとしての質が1ランク低下してしまった印象があったので、個人的にはブランド終焉も頷ける流れでした。
    VITAの登場はポポロやアーク、ワイルドアームズのリロンチとしては最高のタイミングだったのに、それをしなかったのはガッカリでした。
    ソルサクとかグラビティデイズとか、魅力的な新規作品を生み出してくれているのは評価しますけど、SCEにはシリーズ作品を大事に育てていく大切さにも目覚めてほしいです(^_^;)

  22. 龍鬼 より:

    我が家のSCE製ソフトを漁ってみました。
    IQ
    ワイルドアームズ(初代、初代のリメイク版)
    幻世虚構精霊機導弾
    ガンパレードオーケストラ(三部作全て)
    絢爛舞踏祭
    俺の屍を越えてゆけ(リメイク版)
    グラビティデイズ
    ソウルサクリファイス
    勿論全てでは無いですが、けっこう自分も買っている方ですね。(笑)
    やっぱりPSハードは「ファーストがソフトを出さなくても、サードがソフトを提供してくれる」のイメージが定着しているんじゃないかな。
    其れだけSCE製のゲームが発表されれば注目もされますし、期待も高まるんですよね。
    ただ、難点はKOJIさんもコメントしてたように、「ヒットしたシリーズ物を蔑ろにする場合がある」のがちょっとな~。
    折角ヒットしたシリーズなら、もうちょっと存続の道を模索しても良いんじゃないかとは思いますが。

  23. Ryou より:

    ほんとこれですよね。要因としてはPS2時代まで出てたシリーズが
    PS3からは洋ゲー比重になってスッカリ出なくなってしまったことだと思う。
    ぶっちゃけPS2時代までは、そこら辺のPSユーザーよりSCEのゲーム
    やってましたよ。WA、ポポロ、アーク、ジャック、クラッシュ、サルゲッチュほかと。
    これらが出ないようじゃ遠ざかる訳だわと改めて思います。
    ハード購入に関しては基本的にファーストありきな考えなもんだから尚更。
    (因みにWAが出るなら4でもVでも買ったると決めてます。)

  24. バラザム より:

    >SCEが提示する遊び場(ゲーム機)に興味がある
    あー、PSを応援している人は”ハードのファン”というイメージは
    あるかもしれませんねー
    かつて「ファーストが強すぎるのは良くない」という意見を聞いた時はセガユーザーとは
    だいぶ違うな、と思ったものです。あちらは「セガは1社で頑張ってて偉い」でしたから。

  25. ゆき より:

    自分はわりとSCEの(正確にはSCEJA)タイトル好きです
    ぼくなつとかパタポン、パラッパラッパーとかスカイガンナー…
    今でも新作待ってますし…だからPS4買ってないんですけど(-_-;)
    特に最近(PS3以降)思うのはMSや任天堂と比べるとソフトの本数が少なく、開発期間が長く、自社のIPを育てる意欲が無いのかなという印象ですね
    サードに縦マルチからPS4に完全移行して貰う為には、
    SCEが日本でPS4を売る為に先頭でソフト出さないといけないと思うんですけどねぇ

  26. kentworld より:

    >街毛さん
    しいて言えばゲーム要素が薄い雰囲気ゲー。
    シネマティックなゲームですかねー。
    特に前者はきっかけによっては風ノ旅ビとのように
    日本でもブレイクするポテンシャルはあると思います。

  27. kentworld より:

    >こめたさん
    そうなんですよね、今の市場環境があってこそ
    多様性のある市場になっているわけで、
    一概に悪いともいえない部分はあると思います。
    >雰囲気ゲーというか触れるエンタメとして精度の高いSCEのゲーム群
    SCEの強みはここにあると思います。
    PS4でもこの手のゲームはいくつか手掛けているようですし、
    日本で浮上するきっかけがあるとするならばこのジャンルになるでしょうね。

  28. kentworld より:

    >dwuiさん
    PS4で発売されているSCEのゲームは
    世界観が暗いリアル系ゲームが多く、
    日本では受け入れにくい作品が並んでいると思います。
    ファーストのラインナップとしては少し問題がありますね。
    意外とハードメーカーのゲーム目当てで
    ゲーム機を買う人って少ないのかな。
    僕はハードメーカーのゲーム目当ての事が多いです。

  29. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >個人的に多種多様性のあるゲームがたくさん出てるからじゃないですかね
    卵が先か鶏が先かの話になりそうですが、
    SCEが日本で訴求出来るタイトルを出していたら
    また違っていたと思うんですよね。
    もちろん、あまりにも売れ過ぎると任天堂ハードのように弊害が起きますが。

  30. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >アークは当時好きだったが、今出しても100%売れない
    当時SCEの3大RPGと言われていたので、名前を挙げさせていただきました。

  31. kentworld より:

    >せりさん
    SCEのゲームにも傾向はあるのですが、
    沢山のスタジオで開発されているからか
    明確な作風の線引きというものはなくて、
    確かにサードパーティー製タイトルに溶け込んでしまっているというのはありますね。
    海外ゲームになるとほとんど区別がつけられなくなってしまいますから。

  32. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >そのゲームを遊ばないユーザー側ではなく
    どこの国でも面白そうなゲームをみんな選びますよね。
    SCEが考える面白そうなゲームは世界基準だからなぁ。

  33. kentworld より:

    >ほにょさん
    街スベリの事ですかね?
    確かにあれはかつてのSCEらしさを感じられるバカゲーでした。
    僕もあんな作品をもっと出して欲しいなーと思いますね。
    PS1はもちろん、PS2でもSCEは変なゲームを出していましたよね。
    正義の味方はムービーを作るのが好きなので、当時少し興味がありました。
    どんなゲームだったのか気になるなぁ。
    1990年代のSCEは任天堂が取りこめなかった層を獲得して、
    一番輝いていたころだと思いますし、
    あの時に頑張っていたからこそゲームが
    子供のためのものだけではなくなったと思っています。
    SCEの功績は素晴らしいものだと思いますが、
    最近はソフト面では勢いを感じられなくなってきましたね。

  34. kentworld より:

    >tanuさん
    グラビティデイズはもっと売れてほしかったところですが、
    売上は10万本すらも越えられず、残念でしたね。
    せめて海外では売れてほしかったんですが、
    PSVITA本体自体の勢いがなくて不発で売れず、報われない作品でした。
    任天堂はコンテンツのパワーがズバ抜けていますからね。
    例えゲーム機の機能を活かしなくても、
    ブランド力のあるタイトルだったらそれだけで
    訴求出来るほどのパワーがあると思います。
    マインクラフトも一応SCEから出していますが、SCEのゲームでは無いですもんね。

  35. kentworld より:

    >シュウ(shu_night)さん
    最近は海外スタジオ開発がメインになっていますもんね。
    SCEJは何をやっている!?

  36. kentworld より:

    >KUMAさん
    昔からSCEはブランドを作るのが苦手と言われていました。
    今や1990年代から残っているのは
    200万本クラスだったみんなのGOLFとグランツーリスモだけですもんね。
    PSの顔と言われていたクラッシュバンディクーを捨てたのはあまりにも勿体ない。
    俺屍は待望の復活を遂げましたが、
    2作目の評判を聞いた感じだと次は厳しそうですね。
    せっかく復活しただけに残念です。
    今のPSはファーストが弱いからこそ成り立っていますので、
    不本意だとは思いますが、これはこれで良かったりするから難しいところです。

  37. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >SCEJAがソフト開発に今一つ力を入れてなかったということは吉田修平さんがソルサクのインタビュー等で語っていたのでおおよその認識としては誤っていないと思います。
    そんなことを話されていましたか!?
    SCEが発売したゲームを振り返ってみると
    デフォルメ志向、アニメ志向、リアリスティック志向。
    いずれもしっかりと発売してはいるんですが、
    仰る通り結果が出ているのはリアル系中心で、
    それ以外は限定的の事が多いですよね。
    海外では成功している以上、今の流れは変わらないだろうなぁ。

  38. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >要するに、PSハードに任天堂のソフトを出せばいいってことですよ
    ???

  39. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >これからもし中国マーケットが発展し、かつJRPGが売れるのなら
    懸けるとしたらここですね。
    立ち上がりは静かですが今後に期待です。

  40. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >バイオやMGS、FFや龍が如く、ダークソウル、CoD等のフォトリアルタイプのゲームも非常に人気が高い。
    リアル系だから売れないという事はないんですよね。
    何かのきっかけで売れる事もある訳なんですが、
    その何かがイマイチわからなかったりします。

  41. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >開発に必要な人手と金が増えて、アーク、WAまで手が回らなくなったのかと
    この辺りの話を吉田さんに聞いてほしいんですけどねー。
    意外とこの辺を触れるメディアって少ないと思います。

  42. kentworld より:

    >アサヒさん
    >SCEファンなんてそもそもいないんじゃないんですか?
    数は少ないですが、いないってことはないと思います。
    SCEは日本だと固定ファンが少ないんですよね。
    アニメタイアップ頼りのソニーミュージックも少ないですし(笑)
    僕もSCEだから買うというよりは気が付いたら買っている人です。

  43. kentworld より:

    >なみさん
    SCEが発売したゲームを振り返ってみると
    確かにバラエティには富んでいますね。
    最近はリアル系中心になってしまいますが。
    メーカーを気にせず購入するのは柔軟性があって良い事だと思います。

  44. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >記事を見て、あーなるほど確かに、と思ってしまいました。
    同意のコメント、ありがとうございます。
    フリーダムウォーズの次はデモンズソウルですか!?
    それは、またかなり期間が開いてしまっていますね(汗)
    そんなに買わないものなんですか・・・。
    ポケモンは他の任天堂タイトルとは違って
    意外と上の層を取り込めている印象です。

  45. kentworld より:

    >セシルさん
    グラビティデイズは次回作を出したら
    日本でも化けそうなだけに、早く正式発表して欲しいですよ。
    前作からもう3年も経っていますからね。
    ジャパンスタジオは何をやっているんか。

  46. kentworld より:

    >KOJIさん
    確かにPSVITAでいくつかのシリーズを
    復活させるチャンスがあっただけに、
    それをしようとしなかったのは残念ですね。
    俺屍2を発売したのは頑張りましたが。
    SCEが新規タイトルに積極的なのは嬉しいですが、
    それでかつてのシリーズタイトルが消えていくのであれば複雑です。

  47. kentworld より:

    >龍鬼さん
    おー、結構買っているじゃないですかー。
    ラインナップを見た感じだと、
    最近のSCEが手薄の路線のタイトルが目立っていますね(汗)
    その中の多くは次回作が出るのか怪しかったりしますので、
    今後は龍鬼さんも購入するSCE製タイトルが減ってしまうのかなぁ。

  48. kentworld より:

    >Ryouさん
    どれか一つでも良いから復活したら良いんですけどね。
    今だったら懐かしさで手を出す人も多いでしょうから。
    個人的にはクラッシュの新作を待っているんですよー。
    サルゲッチュは比較的最近まで続いていましたが、
    スピンオフを連発して自滅しましたね。
    何故PS3で本編を出そうとしなかったのか。

  49. kentworld より:

    >バラザムさん
    コメント欄に他の読者の名前を書いてはいけない訳ではありませんが、
    誰かに喧嘩を売るような書き込みはマナー違反です。
    申し訳ありませんが、名指しの部分はカットさせていただきました。
    何故、遠まわしに他の読者へ喧嘩を売ろうとするのでしょうか?
    結局のところ、ゲームハード論争に近い事をしているのを自覚してください。

  50. kentworld より:

    >ゆきさん
    >ぼくなつとかパタポン、パラッパラッパーとかスカイガンナー…
    懐かしいゲームが並んでいますね。
    あまり目立っていませんが、
    最近、ダウンロードタイトルで
    ホホクムというかつてのSCEを彷彿させるタイトルが配信されまして、
    ちょっとプレイしたので近いうちに感想を書いていきます。
    今はジャパンスタジオのPS4新作に期待しています。
    絶対、何か作っていると思うんだよなぁ。

  51. チキ より:

    僕は子供の頃はクラッシュバンディクーに夢中でしたし、洋画が好きですからアンチャ、インファマス、ヘビーレイン、ラスアス、ジ・オーダーなど見逃せないゲームがあるので自然とSCEが出してるゲームを買っていましたね。
    SCEだから買っていたというよりは、PSでしかプレイできないゲームだから優先して買っていました。
    SCEのタイトルを結構買っている身としては、せっかくの独占タイトルの存在感が無い今の状況にはモヤモヤしてしまいますね…。

  52. mame より:

    トロフィー欄で数えたらSCEのソフト50本近くありましたw
    といってもだいたい海外製ですけどね。
    PS1時代はゲーム自体殆どやってなかったんで、
    よく挙げられるWAアークポポロ等のシリーズにはあんまり思い入れがないんだよなぁ。
    個人的には天地の門シリーズが復活したら嬉しいです。

  53. MGMの名無し より:

    SCEってPS2まで任天堂みたいな万人向けゲーム作ってましたね。PS3から段々減って今は完全にゲーマーにターゲットしてるみたい
    両方作れって今の時代難しいのでは。任天堂にフォトリアルなゲーマー向け作れと言う意見と同じな気がします
    気持ちは分かるけど、現実は無理でしょみたいな。

  54. ひらこうじ より:

    SCEはもう日本の市場より
    世界の市場に焦点を合わせていると思います
    日本で100万本より
    世界で300万本の方がより
    PS陣営に魅力的だと思いますし
    言語を英語で作るだけど
    世界中で売ることが
    容易ですが、日本語だけだと
    日本だけでしか売れません
    ps4本体の発売が米国での発売より
    大幅に後回しにされた時点で
    日本の市場に対して
    敬意は払うが(リミテッド版)
    重要視はされていない
    そんな気配が伺いました
    SCE自体も経営的に辛い時代で
    仕方なかったのは解りますが
    寂しい限りですね
    SCEのゲームは大好きです
    洋ゲー入門にはうってつけです
    今は、世界の素晴らしいゲームを
    日本に広めている会社だと思います
    アンチャーテッド
    GOW
    infamous
    ヘビーレイン
    リトルビックプラネット
    etc・・・
    丁寧なローカライズで
    新しい世界に連れて行ってくれます
    ちなみに最近購入したのは
    勇者のクセになまいきだor2
    久しぶりにやりたくなって
    DL版先月かっちゃいましたw
    なんか文章ぐだぐだですね
    駄文コメントで申し訳ないです

  55. 黒詩★紅月 より:

    『アンチャーテッド』シリーズ全部買いました。
    『リトルビッグプラネット』無印版やりました。
    『インファマス セカンドサン』トロフィーコンプリートまでやりました。
    『グラビティデイズ』トロフィーコンプリートまでやりました!
    『ジ・オーダー1886』トロフィーコンプリートまでやりました!
    やっぱSECJのタイトルは足りないからでしょうね。
    最近は『俺の屍を越えてゆけ2』以外なにかが出ましたっけ…。
    もしVITAとPS4に完全新作を出てもかならず話題になるのにね。
    『グラビティデイズ』はすごくテンション上がって、エンディング除いたら、最高の一作です。
    何年も待って、SECJが作った新作がこれぐらいしかいないのはソニーエンターテイメントの悪いだと思います。
    和式ゲームはもうやらないですし、トリコ先輩はいつ出来上がれるかどうかも不明です。
    上田文人さんが退社した後、SECJに不信感があります。

  56. kentworld より:

    >チキさん
    僕と同じような感じですね!
    なんというか、お互い、自分の成長に合わせて趣向にあったゲームを
    SCEが発売しているような印象です。
    もう少し映画好きなどがゲームを始めたら、
    SCEのゲームも注目を集めると思うんですけどね。

  57. kentworld より:

    >mameさん
    今のSCEはPS1時代からは発売するタイトルのラインナップが
    大きく変わっているので、ファン層も入れ変わっていると思います。
    それぞれに良さがありますので、どちらも受け入れられたら良いんですけどね。

  58. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >SCEってPS2まで任天堂みたいな万人向けゲーム作ってましたね。PS3から段々減って今は完全にゲーマーにターゲットしてるみたい
    実際にはナック、テラウェイ、パペッティアなどいろいろ作っているんですけどね。
    フォトリアル系ばかりが目立ってしまうせいでそういう印象が強いんですよ。
    今のSCEは万人向け、ファミリー向けよりも、日本のアニメファン向けのゲームが足りないです。

  59. kentworld より:

    >ひらこうじさん
    >勇者のクセになまいきだor2
    こういうユニークなゲームこそSCEはもっと出して欲しいですね。
    ダウンロード専売タイトルではボチボチ発売されていますので、
    今後もそこは続けてほしいと思っています。
    今のSCEはワールドワイド志向が強いですね。
    日本人からしたら寂しい限りですが、
    逆にいえば日本がガラパゴス化しているのも確かで、
    もっとユーザーが今、SCEが発売しているゲームに興味を持っても良いと思っています。
    そこまでアニメチックな方向性に拘らなくても・・・。

  60. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    紅月さんはSCEのゲームをバランスよくプレイされていて、
    PSユーザーの中でも珍しい部類だと思います。
    SCEJは俺屍2以来、なにも出していないような?
    というかPSVITAソフト自体ほとんど出していないんですよー。
    グラビティデイズ2もなかなか発表されませんし、
    SCEJに関しては不満が爆発しております。
    東京ゲームショウまでに何もなかったら記事にしてやる!w

  61. MGMの名無し より:

    具体的な発売日決まってないものが多いので、グラビティデイズ2、人喰いの大鷲トリコ、アンチャーテッド4など期待してる作品はありますが、次にPSハードのゲームで何を買うと聞かれてもSCEタイトルはあげないと思います。
    SCEタイトルでは、アンチャーテッド、グラビティデイズ、ICO、ワンダと巨像、KNACKなどプレイしました。
    サードはキングダムハーツシリーズ、戦ヴァル1がとくに好きですね。
    CERO BとCらへんのタイトルをプレイすることが多いです。
    海外と日本のソフトの趣向の違いを見ると毎回レーティング別の売上比率が見たくなります。

  62. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >CERO BとCらへんのタイトルをプレイすることが多いです。
    よく考えたら最近、SCEが発売するゲームってDやZが多いですね。
    僕はCEROを気にせずに購入していますが、
    そこを意識して購入する人も一定数いるようですね。
    一般的なゲームファンはCEROではCやBを中心に買っているのかも。
    一番売れているのは任天堂が強い関係でAだと思いますけどね。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。