2014/01/08/17:30 | ゲームレビュー

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~【レビュー・評価】中盤までの温さがキツイ!

3132

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~

/PS3(通常版) /
(プレミアムボックス)
新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
/PSV(通常版) /
(プレミアムボックス)

2013年11月に発売されたPS3/PSV「新・ロロナのアトリエ はじまりの物語
~アーランドの錬金術士~
」を今回はレビューします。
PS3/PSV「新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~」は、
錬金術RPG「ロロナのアトリエ」をリメイクした作品です。
※レビューしたのはPSVITA版です。

良いところ

2013-11-27-160656
癒される世界観

このゲームの世界は、とてもほんわかしています。
可愛いキャラクターが沢山登場して世界が明るいですし、自然もいっぱいです!
BGMも聴いていて心地良い曲ばかりで、プレイしていると癒されます。

岸田メルさんのイラストも相変わらず素晴らしい!
各キャラクターの顔はもちろん、衣装もピンクを基調にした
可愛らしい物ばかりで美少女系の中でも独自の雰囲気を作り上げています。

各キャラクターのモデリングはオリジナル版ではデフォルメされていたせいで
イラストとの差異が見られましたが、リメイク版となる今作では
イラストを忠実に再現しており、なかなかのクオリティに仕上がっていました。

2013-11-26-142013
各採集地を探索する楽しさ

このゲームの目的は、3年間以内にアトリエでの仕事が出来る事を証明して営業を続ける事。
3ヵ月ごとに様々な課題が提出され、その課題を達成するため調合してアイテムを作ったり、
フィールを探索して素材を採集したり、敵と戦ってレベルを上げて行きます。

それでフィールドマップには10以上の採集地が存在するんですが、
いくつものエリアに分かれていて、どんどん奥へ進んでいく事になるんです。
奥へ進むには単に敵を倒すだけではなく、時にはアイテムを使って
邪魔な障害物を壊したり、水辺の奥へ進む事になります。

採集地の奥には強力な敵キャラクターが潜んでいる場合があり、
レアなアイテムを隠し持っていたりするので、各採集地のほとんどが
1エリアしか無かった「トトリのアトリエ」や「メルルのアトリエ」とは違って
冒険している感を味わえ、各採集地を探索する楽しさがありました。

2013-12-03-062430
やり込み甲斐がある延長戦

リメイクにあたって、新たにもう1年楽しめる延長戦が追加されました。
延長戦では未来からやってきたトトリ、メルルと冒険が出来る内容となっていて、
新たに採集地も3つ追加されています。どの採集地も非常に難易度が高く、
レベル上げや装備の強化、厳選した素材での調合が求められて、やり込み甲斐がありました。

また、延長戦では同世代のロロナ、トトリ、メルルが初めて一緒になっているので、
彼女たちのイベントシーンも注目です。とあるイベントシーンでは
ロロナが際どい格好をさせられて、サービス満点ですよー。

2013-12-03-191614
ファンサービスが充実している

毎回ゲームをクリアすると楽しめるおまけモードは、今回も充実していました。
気になっているキャラクターがいる場合は、必見ですよ!
また、リメイクにあたってコスチュームが増えていたり、
家具の設置、アイテム栽培、BGM変更の種類が追加されているのも注目です。
特にBGMの変更は過去作品から様々な曲を用意しているので、サービス満点に感じました。

悪いところ

2013-11-22-073853
自由度が低く、作業的

中盤まではやれる事が少なく、訪れられる採集地も少なめです。
そのため自由度が低く感じられ、与えられた課題をせっせとこなすしかなくて、
作業的に感じました。1周目はともかく、2周目からはキツイです。

また、本作は3ヵ月ごとに大きな課題1つと複数の小さな課題が提示され、
大きな課題さえ期間内にこなせたら次に進めるというシステムになっているんですが、
3ヵ月もあればメインの課題だけなら簡単にこなせてしまい、
ゲームオーバーになる危機感が薄いのもダレました。
もちろん一番良い評価を狙ったらギリギリなスケジュールになるんですが、そうでない場合は退屈です。

ちなみに本作はイベントシーンが「アーランド」シリーズの中では少なめとなっています。
これまでの作品はゲーム的に退屈でもイベントシーンがそれを補っていたんですが、
今作では少ないので補えていません(その分、ゲーム的なぶつ切り感は無くなりましたが)。

2013-11-22-073907
中盤までの戦闘難易度が低い

中盤までの戦闘難易度は、異常なくらい低いです。
ゲームを開始してからすぐにステルクという男剣士が仲間になるんですが、
彼が強過ぎるし、ロロナも装備によってすぐに強くなるので、
敵から受けるダメージは大抵1だったりします。コマンドバトルなのもあって
基本ボタン連打で済むので、自由度が低い事もあって中盤までは非常に退屈です。

2013-12-03-181538
少しカクカクする

アトリエシリーズは、様々な場所へ頻繁に移動します。
メニュー画面も頻繁に呼び出して結構画面の切り替えは多い方なんですが、
PSVITA版の場合はちょっとでも激しい処理をするとカクカクするのが少しストレスです。

例えばキャラクターに話しかける時。別のエリアへ行く時。
フィールドマップで敵に攻撃を加えて先制攻撃をした時など。
酷い場合は2.3秒ほど画面が止まった状態になります。
ゲームをプレイする分にはそこまで大きな支障はないんですが、
PS3版では快適に動いてくれたので気になりました。

フィールドマップでも瞬時にワープ出来たり、調合画面に
ショートカット機能があったり、2周目以降はイベントシーンを
まるごとスキップ出来るようになってたりとそれ以外のところは快適でしたが。

2013-11-27-161850
もう少し動きが欲しかった

キャラクターモデリングはリメイク版と比べて大きくパワーアップしました。
しかし、戦闘シーンではさほど派手な動きはしませんし、
イベントシーンでは大半が立ち絵のイラストを使った物なので、
もう少しポリゴンモデルの動きが欲しいと思いました。
せっかくクオリティが大幅アップしただけにね。

2013-12-03-184759
バトルカーソルの位置が保存される

デフォルト状態だと、バトルカーソルの位置が保存されてしまいます。
そのため前回の戦闘で必殺技やアイテムを最後に使った場合そのまま保存されてしまい、
ボタン連打で通常攻撃連打で進めようとしたら誤って必殺技やアイテムを
使用してしまう事がありました。オプションで位置の保存を無しに出来ますが、この仕様は余計です。

2013-11-26-151729
よくフリーズする

ゲームをプレイしていたら、3回はフリーズしました。
そのせいでかなり前まで戻されてしまう事もあって萎えます。
セーブはこまめに行った方が良いです。


世界観は良いんですが、中盤までがとにかく退屈でした。
中盤以降は戦闘難易度が高まって少しは熱くなりましたが、
「トトリのアトリエ」や「メルルのアトリエ」ほどの中毒性は感じられません。

こんな人には特におススメ。
・シリーズファン。
・癒されたい人。

こんな人にはおススメできない。
・面倒くさがり屋。
・作業ゲーが苦手な人。

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~/評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約20時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

Race The Sun(レース・ザ・サン)【レビュー・評価】懐かしきアーケードスタイルゲームの魅力を感じられる一作
龍が如く5 夢、叶えし者【レビュー・評価】5本分のゲームが詰まった超豪華な作品!
これぞ次世代のパズルゲーム!ポータル2 レビュー
ブラストドーザー【レビュー・評価】ありそうでなかなかない建物の破壊をメインにしたゲーム
ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス【レビュー・評価】前作から正当進化したWiiらしいメトロイドヴァニア!
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム
マックス・ペイン3【レビュー・評価】堅実な作りのシネマティックアクションシューター
行列ナゲループ【レビュー・評価】PS1時代を思わせる変なゲームだが、パズルとしては手堅い作り!
秋葉原のファンアイテムとしてなら…アキバズトリップ レビュー
マリオカート7【レビュー・評価】手堅く3DS向けにまとめて来たコミュニケーションツール!