2014/08/26/12:00 | M☆G☆Mコラム

戦いばかりのゲームはそこまで好きじゃなかったりします

2013-07-26-215402

世に出回っている多くのゲームは、戦いがメインとなっています。
敵をバサバサと斬ったり、チャンバラを楽しんだり、
パンチとキックで格闘をしたり、銃を撃ちあってドンパチをしたり、
巨大なマシンに乗って戦ったり、空中でドッグファイトを繰り広げたり・・・。

何故戦いがメインのゲームばかりなのか?
それは、ゲーム性に取り入れやすく、派手だからだと思います。
戦いをゲームに取り入れると攻撃・移動・回避・狙い撃つなどの要素が必然的に含まれるから、
メリハリが出て来るんですよね。

でも、僕は意外と戦いばかりのゲームはそこまで好きじゃなかったりする。
戦闘と言う要素がゲームの良いアクセントになっている事は確かなので、
全く無いと流石に寂しく感じてしまいますが、ゲームプレイの大半が戦いばかりだと、
「こんなので良いのかなぁ?」と思ってしまうんです。

それよりも僕は「冒険」や「探索」といった要素が好きだ。
ジャンプなどで道なき道を上手く進んで行ったり、
大迷宮を探索して隠れたアイテムを探したり、
出口を目指したり、パズルを解いて奥へ進んだり・・・。
その過程に「戦い」という要素がサブとして加わるのが個人的に理想的です。

殺伐な印象が強い海外産のフォトリアル系タイトルでも、
戦闘重視の「ボーダーランズ」や「デッドアイランド」より、
ステルス・探索重視の「アサシンクリード」や「ウォッチドッグス」が好きなのも、
僕がゲームで「冒険」や「探索」を求めているからなんだと思います。
最近の「キングダムハーツ」シリーズにしてもギミックよりも戦闘が重視されているから、
個人的にはちょっと物足りなかったりします。

たまにみんながやっているゲームを眺めていると、
「戦いばっかりじゃん!」って突っ込みを入れたくなってしまうんですよね。
複数のプレイヤーと協力してモンスターを狩ったり、
銃でバンバン敵を倒したり、剣と盾を使って魔王を倒したり・・・。

もちろん今時のゲームは単に戦うだけではなく、
ストーリーだったり収集だったり様々な要素が含まれているんですが、
流行っているゲームの多くは戦いがメインだ。
ゲーム好きのメイン層は若い男性なので彼らが好んでいる少年漫画も同じく戦いばかりだから、
その流れもあってゲームでも戦いばかりを求めてしまうのかもしれませんけどね。

まあ、そういう僕も「ソウル・サクリファイス」のような戦闘重視のタイトルには大ハマりしたし、
格闘ゲームやFPSのマルチプレイもよくやる時期があるけどw
だから戦闘重視のタイトルを完全否定はしないけど、
本当にやりたい!って思うタイプのゲームは戦いがメインでは無いんだよなぁ。

例えば僕が好きな「ゼルダの伝説」シリーズの多くは謎解きや探索がメインで、
戦闘はおまけ的位置付けだったりするし。
例え戦いばかりでもその作品にパワーがあれば何だかんだでハマってしまうんですが、
本当に僕がやりたいゲームは戦闘メインでは無いのは確か。

そう言えば僕は、漫画でも戦闘は重視していなかったりするんだよなぁ。
それよりもギャグ要素が沢山含まれているかどうか、
サスペンス要素が含まれているのかどうかを重視していたりする。
ちょっと他の男の子とはズレた感性の持ち主なのかもしれませんねw

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ゼルダ無双 (通常版)
ゼルダ無双 (通常版)

posted with amazlet at 14.08.25
コーエーテクモゲームス (2014-08-14)
売り上げランキング: 26

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. wat より:

    ほう、冒険や探索ね。
    その割りには、アサクリ4に宝箱マークがたくさんあった気がする(´・ω・`)
    もうちょっと探索しょうぜ

  2. 野球好き より:

    ゲームの魅力は戦い。
    冒険や探索は、旅行や映画と言ったコンテンツのパワーには勝てない。
    自分は野球部でしたが、運動音痴でした。
    もし自分が身体能力に優れていて、自分がイメージする通りに体が動かせたら、仮にNo.1になれなくても、スポーツは楽しかったかも。
    ゲームは上手い.下手関係なく、自分が操作した通りのアクションが出来ますから。戦いが楽しいです。

  3. lemse より:

    そうですね、kentさんは前から、戦いがメインより探索や
    冒険が好きといってました。
    RPGも日本製のRPGは戦いメインですが、僕も戦いあんまり
    いらない、テイルズの戦いなんて、ただのヴォリューム水増し
    なんじゃないかと思う、レベルアップなんて他の方法でもよい。
    いや、戦いは嫌いじゃないですよ、テイルズ好きですし、
    でも戦い取ったらヴォリューム3分の1以下じゃないかと思うので
    改善して欲しい。(たぶん、いままでの流れで無理だろうけど)
    かつて、菅野さんはyu-noをアドヴェンチャ-ではなくRPGだと
    言ってました。
    戦い=RPGではないですから、戦いゼロのRPGがあってもいい。
    ゲームの魅力は戦いばかりではないです。
    また、ステルスアクションは戦いを切り詰められるものもあり、
    そっちの方がスリルがあって好き。

  4. もきゅっと名無しさん より:

    確かに戦いのゲームが多いですね、でもポケモンや妖怪ウォッチ、パーティーゲームはする気がしない。

  5. kentworld より:

    >watさん
    ダークソウル2が発売されてやる暇がありませんでした><
    購入タイトルが増えると、
    1つのゲームをやり込めないのが残念です。
    あれでも頑張った方なんですけどねー(達成率52%)。

  6. kentworld より:

    >野球好きさん
    この記事はあくまでも自分の好みを伝えたかっただけで、
    世の中のゲームを探索・冒険重視にしろ!と言いたい訳ではありません。
    コメントで書かれている事は、
    野球好きさんの趣向に過ぎないと思います。
    ちなみにマリオは戦いを重視しておらず、アスレチック重視。
    ゼルダは言うまでもなく探索・冒険重視の作品です。

  7. kentworld より:

    >lemseさん
    lemseさんのコメントでも、
    いつの日か戦いばかりはそこまで好きではない。
    と返信した覚えがあります。
    僕はFPSやTPSもやっている方なので、
    戦いが好きと勘違いされている方もいると思います。
    なので、この記事では自分の趣向を改めて伝える事にしました。
    テイルズもそうですが、日本のRPG全般が戦いメインで、
    プレイタイムの大半が戦闘になりますね。
    確かにレベル上げにかかる時間は長いので、
    僕も水増しに感じてしまう事はあります。
    もっとレベル上げにかかる時間が短くなってくれたら・・・。
    その代わり、どこかでボリュームを増やしてくれないと物足りなくなってしまいますが。
    >戦いゼロのRPGがあってもいい。
    確かゲームキューブのギフトピアは
    戦わないRPGとしてアピールされていました。
    こういう作品はもっと増えても良いですよね。
    >また、ステルスアクションは戦いを切り詰められるものもあり、
    >そっちの方がスリルがあって好き。
    そうそう、ステルスアクションは
    戦闘を回避できるのが好きなんですよね。

  8. kentworld より:

    >もきゅっと名無しさん
    もっとゲームの多様性が高まると良いですよね。
    戦わないタイプでゲームファン向けの作品は、
    昔はもっとあった気がするんですが。

  9. ys より:

    主人公や仲間と同じ時間を共有するのが楽しい、
    ゲームの世界のいろんな人達とのふれあいが楽しい、
    町やダンジョンなど世界を見るのが楽しい、
    直接的なゲーム性以外てもゲームの魅力っていろいろありますね。
    私は戦闘よりもそういった点を重視しています。

  10. kentworld より:

    >ysさん
    そう考えると最近流行っているゲームって、
    戦闘ばかりを重視していて
    色々な物をスポイルしている気がします。
    それは狩りゲーだったり、最近のソーシャルゲームだったり。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。