2014/02/04/8:30 | M☆G☆Mコラム

新しいゲーム機本体と同日に発売される新作ゲームは大抵ボリューム不足

132

新しいゲーム機本体と同日に発売される新作ゲームは、
大抵はボリューム不足だったりします。何故ボリューム不足になってしまうのか?
それはスケジュールの都合上、どうしても開発期間が短くなってしまうからでしょう。

ハードメーカーならともかく、サードパーティ製タイトルの場合は
新しいゲーム機でソフトを開発するための機材が届くのが遅かったりしますし、
新たに研究しないと行けない事も増えて来ますからね。
また、そのゲーム機が売れてゲームソフトも売れるという好循環が起きるのかも分かりませんから、
開発費をかけ過ぎるとリスクが大きくなってしまいます。

これらの理由からゲーム機本体と同日に発売される新作ゲームが
ボリューム不足になってしまうのも無理はありません。
ユーザーはそんなこと知ったこっちゃないので、
ボリューム不足!と文句を言っても良いとは思いますけどね。

じゃあ、新ハードとゲームソフトを発売日に買ってはいけないのか?

それは価値観にも寄ると思います。確かに新ハードと
同日に発売される新作ゲームはボリューム不足の事が多いんですが、
その代わり新しいゲーム機だからこそ体験出来る新鮮さがありますので、
そこに魅力を感じるのかが重要です。僕は新鮮さも重視しているので、
ロンチタイトルが多少はボリューム不足でも新鮮さを感じられたら許せてしまうんですよ。

6188605f.jpg


例えばPSVITAで発売になった「グラビティデイズ」。
プラチナトロフィー獲得まで20時間もかからず今となってはボリューム不足に感じますが、
僕はそれ以上に斬新なゲームシステムやPSVITAだからこそ出来た新しい体験に満足できたから、
満点評価にして2012年のマイベストゲームにしました。

ボリュームを重視する人は、新ハードとゲームソフトを発売日に買わない方が良いです。
開発期間の関係で長く遊べたとしても、水増しボリュームの事が多いですから。
基本的にコンシューマーゲーム機って発売された直後は新鮮味があるものの
ボリューム不足のタイトルが多く、時間が経つ事で次第にボリュームの少なさが
改善されて行く一方で新鮮さが無くなって行きますから。

HNI_0084

最近、3DSで発売されるタイトルはボリュームが多くなってきています。
中には前作の内容をそのまま収録しているタイトルも出てきており、
良くも悪くも成熟期になったんだなぁと実感していますよ。

ボリュームを重視する人は、新しいゲーム機は3年目くらいに買った方が良いです。
その頃になったらゲーム機市場も成熟して、濃い内容のタイトルが揃って来ますから。
ただ、最近はマルチプラットフォーム化がどんどん進んでおり、
過去作品の移植タイトルも増えてきているので新しいゲーム機と
同日に発売されるゲームでもボリュームのある作品は増えて来ました。

今回話したボリュームが少ないロンチタイトルは、あくまで新ハードに合わせて
発売される独占の新作タイトルであることを頭に入れておいてください。
例えばXboxOneで発売される「フォルツァモータースポーツ5」は
ロンチに合わせてしまったあまり、前作からコースや車種が大幅に減っているそうです。
これはロンチタイトルとして売り出すための代償なのでしょう。

逆にPS4で発売される「真・三國無双7 with 猛将伝」は元々PS3で発売された
2作品をセットにしたパッケージなので、本体と同日に発売されるとは言え物凄いボリュームだと思います。
逆に言うとPS4ならではの遊びを実感しにくく、新鮮味はあまり味わえないと思いますが。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

真・三國無双7 with 猛将伝
コーエーテクモゲームス (2014-02-22)
売り上げランキング: 256

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(8)

  1. いぬん より:

    確かにローンチソフトはボリューム不足しがちですよね。
    近年のリッジは凄まじいものがありますねw
    逆に3DSの戦国無双クロニクルはローンチらしからぬボリュームがありました。
    無双シリーズに飽きてた俺も新鮮なシステムでしたし、珍しい(?)パターンでしたね(^^)

  2. 黒詩★紅月 より:

    PS4とONEはハード歴史の中でも
    ちょっと異例な存在だよね。
    前のハードのゲームを簡単に移植できることは
    素晴らしいです。
    確かに新鮮感も減るね。
    その新鮮感を補足するために、
    グラフィックアップだけでなく、
    完全版+Aの仕様がいいだと思う。
    例えば『トゥームレイダー』+PS4限定追加トゥームとか。w
    VITAのロンチは多かったが、
    ボリューム面に満足できない作品が半分以上よね。w
    『真・三國無双NEXT』と『忍道2 散華』の
    システムはそれなり完成度が高いのに、
    手抜き感は半端じゃない。w
    『アンチャーテッド』はさすが看板タイトルね。
    『グラビティデイズ』のボリュームは満足だったが、
    ストーリーはあれ?終わったの?の感じで。
    PS4ロンチではどっちも完成度が高いが、
    新タイトルと日本製タイトルの数が満足できない。
    特に後者ね。
    アジアがもう発売していた『真・三國無双7』を除いたら、
    日本製タイトルの数はひどい。
    日本国内発売日はなんのために最後にするか
    ちょっとわからなくなってしまう気分。w
    やっぱりPS4でも『戦国無双4』を発売して欲しかった。

  3. ライリ より:

    なぜ、いーあるふぁんくらぶなんです…? ロンチタイトルは新ハードが手に入る喜びもあって、ついつい色んなタイトルを買ってしまいがちですよねー。私の中ではロンチと言えばメイドインワリオだったんですが…。それはそうと先日、PS4体験会に行ってまいりまして、キルゾーンを遊ばせていただきました。シリーズ未体験なんでまともに進めることが出来ませんでしたが、あのハンパない臨場感は恐怖すらおぼえましたね。何度すげぇと呟いたか…。横でちびっこ達がプレイルームを遊びながら大騒ぎしてたのも微笑ましかったですね。いいハードになりそうですよ。PS4。

  4. kentworld より:

    >いぬんさん
    3DS、PSVITAとも発売日に買って
    直後には色々と手を出しましたが、
    多くのタイトルがボリュームだけを見ると少なめでした。
    だからといってダメな作品ばかりという訳ではないんですけどね。
    戦国無双クロニクルは、3DSのロンチタイトルでは飛びぬけていましたね!
    ついでに出したような作品と見て油断していました。

  5. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    >PS4とONEはハード歴史の中でもちょっと異例な存在だよね。
    そうですね、これまでは独占の新作タイトルばかりが
    ロンチにはラインナップされていた中、
    これらのハードは大半がマルチタイトルの上位バージョンで、
    今回の記事では当てはまらないタイトルが多いです。
    今でこそ異例になりますが、マルチプラットフォームの流れが止まらなくなってきているので、
    今後の新ハードはこれが当たり前になるかもしれませんね。
    >VITAのロンチは多かったが、ボリューム面に満足できない作品が半分以上よね。w
    確かに・・・その分だけ冒険している作品が多くて、
    バラエティに富んでいましたけどねw
    >PS4ロンチではどっちも完成度が高いが、
    >新タイトルと日本製タイトルの数が満足できない。特に後者ね。
    海外のゲームばかりとは良く聞きます。
    最近は海外ゲームが日本でも売れてきているので、
    その流れにうまく乗ったら良いんですが。

  6. kentworld より:

    >ライリさん
    >なぜ、いーあるふぁんくらぶなんです…?
    特に意味はありません(笑)
    手持ちの画像で適当にチョイスしてみました。
    メイドインワリオはDS、Wiiでロンチで発売になりましたもんね。
    確かに多少はそんな印象もあったりします。
    >それはそうと先日、PS4体験会に行ってまいりまして、キルゾーンを遊ばせていただきました。
    僕もプレイしましたが、この作品がロンチタイトルでは
    一番PS4のパワーを引き出しているような気がしました。
    今後はこんな作品がバンバン出て来るのかな?
    プレイルームは子供受けが良さそうですね。
    僕も触ってみましたが、色んな遊びが入っていて、
    大画面のテレビが置かれたリビングで子供と遊んだら面白いなと思いました。

  7. ☆☆☆☆ より:

    いーあるふぁんくらぶの画像からミライ2→ミライでらっくすの流れの事を言ってるのかと思いきや、まさかの2014年の記事!

    • kentworld より:

      >☆☆☆☆さん

      はい、古い記事だと今となっては見方が違うので、
      そういうのも含めて楽しんでください。
      っていうか古いコラム記事に沢山コメントが来て驚きましたw
      それだけ、このブログが気に入ったのかな?

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。