2015/05/07/12:00 | M☆G☆Mコラム

忘れかけていたゲームでふざける楽しさ

54

ステージをクリアする。悪い奴をやっつける。困っている人を助ける。
ブロックを揃える。ライバルを追い越してゴールをする。勝負に勝つ。
ハイスコアを更新する。ターゲットに弾を当てる。

ふと思ったんですが、僕はゲームを真面目に遊ぶ事が多い気がします。
攻略する行為が好きなので当たり前と言えば当たり前なんですが、
先日、友人の家で「セインツ・ロウ」と言うゲームをからは
ゲームってそれだけじゃないんだな!と思いました。

「セインツ・ロウ」にも明確な目的はあるんですが、
それ以外にもふざけて遊べるようになっているんですよ。
「グランド・セフト・オート」シリーズのように住人を殴り倒す事が出来るんですが、
オプション設定によって攻撃がヒットした時に破裂させる事が出来たり、
格闘技で倒す事が出来たり、住人をゾンビにしたり、住人にコスプレさせたり出来て、
クリアとはまた違った楽しさがあると思いました。

そう言えばその友人と協力プレイなどでコミュニケーションを取ると、
邪魔して来たり、変なメッセージを送ってきたりするなぁ。その時は「なんだよぉ」と思いましたが、
「セインツ・ロウ」を見てからはこれもゲームの楽しみ方なのかな?と思うようになって来ました。

最近の協力プレイでは共闘感が重視されているけど、
「Newスーパーマリオブラザーズ」では相手を持ち上げて奈落の底に投げたり、
ジャンプしている時にブロックを出現させてミスをさせると言ったお邪魔プレイが定着しているし、
「モンスターハンター」シリーズでもクエストクリア後の待ち時間中に仲間同士で攻撃し合ったりしますし、
時にはふざけて笑うのもゲームの楽しみ方なんだな。と思いました。

インターネット上ではよくゲームヒロインのパンチラが話題になるけど、
それもふざけて遊ぶの一環だと思います。
僕も昔はN64「ゼルダの伝説 時のオカリナ」でスカートのぞきをやりまくっていたしw

最近のゲームはサブイベントが多く、自由度が高いとは言われていますが、
ユーザーが工夫して遊ぶ事は少なくなって来ました。
そんなことをやらなくてもゲームが遊び場を提供してくれるから良いんだけど、
工夫して遊ぶ能力は常に持っておきたいものです。
昔はゲームが無かったけど、子供たちは色んな遊びを編み出して楽しんでいましたから。

ただ、協力プレイのゲームでふざけて遊ぶ場合は、
他のプレイヤーに迷惑をかけない事も大切だと思います。
ソロプレイだったらコンピューターしかいないのでふざけても誰にも迷惑がかからないんですが、
協力プレイだとそうはいきませんからね。僕がふざけて遊ぶ楽しさを忘れていたように、
みんながみんなふざけて遊ぶ発想がある訳ではありませんから。

▼海外の方が笑いを重視されている?

Trials Fusion™_20140530220624

海外のゲームでは、ミスした時にお笑い要素を入れる事が何気に重視されていたりします。
ガチガチのリアル系ではなかなかそんな事は出来ませんが、
ちょっとでもコミカル系になるとミスした時に首チョンパしたり、
爆発でぶっ飛んだりと笑いたくなるような演出を入れる事が多いんですよ。
リアル系のゲームでもバグが見つかったらそれを笑いの種にして動画投稿する事も多いですし、
向こうの人の方がゲームをいろんな角度から楽しんでいるなーと思いました。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

セインツロウ IV リエレクテッド
スパイク・チュンソフト (2015-04-16)
売り上げランキング: 1,112

セインツロウIV 超完全版
スパイク・チュンソフト (2015-04-16)
売り上げランキング: 2,343

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(18)

  1. たくめ より:

    ゲームでふざけ会うのは楽しいですね!
    Ps4のデッドライトのco-opを、学生時代の友達とやっています。
    いかに邪魔するかが楽しいですww
    ゾンビを擦り付けあったり、わざと強敵見つかって混乱させたりw
    もちろん、知らない人などとやるときはオンラインマナー を守って、楽しくやってますが、こういう悪ふざけも無くてはならない要素のひとつだと思います笑

  2. ゼノピンク より:

    セインツはわざと車にぶつかって保険金稼ぐミッションとか、
    こういう遊ばせ方もありかーと遊んでいて感心してしまいますよね。

  3. コアーズ より:

    小学生の時ファミコンの初代マリオブラザーズでころしあいをよくしたなあw協力プレイより断然盛り上がりました

  4. 龍鬼 より:

    >「モンスターハンター」シリーズでもクエストクリア後の待ち時間中に仲間同士で攻撃し合ったりします
    ああ!これはやりますね。
    仕事場の狩り仲間やリアル集会所、更にはオンラインプレイでも「一狩りすればみな狩友」みたいな感じで攻撃してます。(笑)
    勿論モンスターの剥ぎ取りを終わらせてからですよ。
    後は「アイスクライマー」のおいてけぼり作戦ですね。お互い残りの残機でこの作戦使うと、気まずい雰囲気になっちゃいます。でも、ボーナスステージで落ちて痛み分けになることも有るから、そこは笑いで収める感じで楽しく遊んだ事を思い出しました。(笑)

  5. バラザム より:

    セインツロウは3、4を買ってあるんですが積んだままなんで、今度友達が来た時に遊んでみようかな。
    システムリンクにも対応しているみたいだし2本揃えてw
    >ミスした時にお笑い要素
    昔のゲームだと感電したときに骨格が見える、なんてのが結構あったような。
    SFCのパイロットウィングスだとパラシュートでの降下面で最後までパラシュートを開かない、
    ってのは皆1度はやったでしょうが任天堂もしっかりと「人型の穴ができる」という
    アンサーを用意していましたねw
    PSで出たちっぽけラルフの大冒険は近年多い「高難度・即死・チェックポイント多め・即再開」の
    2Dアクションですが、やられ方多いですよ~
    レアソフトで自分も苦労して買いましたが、後でゲームアーカイブスになったというね(;^_^A

  6. μ's海岸 より:

    シムシティで街をぶっ壊す、
    ダビスタでムカつく奴の名前を入れて
    無茶苦茶な調教とか(笑)

  7. 街毛 より:

    死ぬときに豪快なリアクションで笑わせるのは海外のゲームって感じかな。
    一番好きなのは日本のゲームでこっちの悪ふざけを想定してテキストが仕組まれてることです。ドラクエ5の嫁選択でルドマンに話し掛けるとちゃんと対応してくれるあの感覚。

  8. kentworld より:

    >たくめさん
    ダイイングライトの事かな?
    ゾンビゲーってどれもバカゲー的な要素がありますよね。
    オープンワールド系になると尚更。
    協力プレイが搭載されている作品は、
    ふざけ合うのを含めて楽しめたら良いと思います。

  9. kentworld より:

    >ゼノピンクさん
    GTAのフォロワーは沢山ありましたが、
    その中で唯一(?)生き残っているのは
    オリジナリティがあってこそなのでしょうね!

  10. kentworld より:

    >コアーズさん
    僕もスーパーマリオコレクションの
    スーパーマリオブラザーズ3に収録されていた
    マリオブラザーズは友達とふざけあってハマっていましたw

  11. kentworld より:

    >龍鬼さん
    モンハンのクエスト終了後って結構待つけど、
    ふざけ合うのも含めた時間なのかな?と思いました。
    攻撃して吹っ飛んだ時とか面白いですよね。
    アイスクライマーはリアルタイムでプレイしたことありませんが、
    ふざけ合うゲームの定番でしたね!
    このゲームでマルチプレイはやったことないので、一度やってみたいです!

  12. kentworld より:

    >バラザムさん
    セインツ・ロウ。見た目は洋ゲーっぽくて地味に感じますが、
    実際にプレイしてみるとなかなかのネタゲーで、
    友人と集まった時にプレイするゲームとしてはかなり良いです。
    >感電したときに骨格が見える
    これは結構ありましたね。スマブラでもありました。
    でも、当たり前すぎて今では笑えなくなってきました。
    >人型の穴ができる
    これも当たり前すぎてお笑い要素に感じなくなってきたw
    もしかしたら、海外の人からしたら
    首チョンパも当たり前過ぎてお笑いとして捉えられなくなっているかも。

  13. kentworld より:

    >μ’s海岸さん
    あぁ、それも良いですね!
    苦労して積み上げてきた物を壊すのも、
    積み木崩しみたいで楽しい!

  14. kentworld より:

    >街毛さん
    >一番好きなのは日本のゲームでこっちの悪ふざけを想定してテキストが仕組まれてることです。
    あぁ、ありますよね!そんなネタ。
    表現ではなく、テキストで笑いを表現するところは日本のゲームっぽい。
    最近はフルボイスによってテキストを読む機会が減ってしまいましたが、
    テキストだからこその良さもありますね。

  15. ひらこうじ より:

    キンタマリオ
    昔はこれだけで爆笑してましたw
    なつかしい
    FC時代はバグとか
    製作者がウル技用にわざと入れたり
    隠しキャラを仕込んだり
    遊び心が許された
    逆に入れていないと面白くない
    そんな時代だったと
    ちょっと懐かしくなりました

  16. kentworld より:

    >ひらこうじさん
    ファミコン時代は裏技が流行っていて、
    雑誌の裏技コーナーが大盛況だったようですね。
    僕も裏技コーナーを見るのが楽しみでした。
    今ではネットの普及で発売前から知っている事も多いです。
    遊び心はいつの時代も欲しいですね!

  17. チキ より:

    これが噂のキン○マリオか…。初めて見ましたよw
    トライアルズ フュージョンのゴールした時の演出には毎度笑っています。そこまでせんでも…と思ってしまいますねw

  18. kentworld より:

    >チキさん
    お、存じませんでしたかw
    単にコインアイコンと重ねただけなんですw
    トライアルズシリーズは主人公が可哀そうなはずなのに、
    なぜか笑ってしまいますw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。