2014/05/10/12:00 | M☆G☆Mコラム

面白さを理解するのに時間ががかるゲームが許されるようになったコンシューマーゲーム業界

11

新作ゲームを買ってきた!早速プレイするぞー♪

・・・ん?なんだこれ?微妙だぞ。50点。

せっかく買ったんだし、ちょっと我慢してプレイするか。

・・・。

お、だんだん面白くなってきたぞ!

うぉー!めちゃくちゃ面白い!90点!

最近のコンシューマーゲームは昔よりも面白さを理解するのにかかる時間が増えた気がします。
要因を考えてみたら、システムが複雑になりすぎたから。操作性が煩雑・複雑だから。
チュートリアルが退屈な作りだから。序盤がストーリー主導過ぎて、ゲームパートの比率が少ないから。
出し惜しみし過ぎて序盤は仕掛けが少なくて単調だから。などが挙がって来ました。

でも、これじゃあいけないと思うんですよね。
やっぱりゲームってパッと触って面白さが分かるようにしないと、
良さが伝わりにくいと思うんです。最近のコンシューマーゲームを触っていると、
開発者が「買い切り型だから、序盤はこんなもんで良いだろ!」と思って
作っているんじゃないかと勘繰ってしまいます。

ユーザーが高いお金を払って買ったから、そのうち面白くなれば大丈夫だろ!

そう思いながら作っているんじゃないかと。
また、そういうゲームに慣れてしまっているユーザーも問題だと思います。
僕は評判に釣られて評価が高いゲームを買う事があるけど、
その中には最初の3.4時間は凄くつまらないことがあるんですよ。

大抵は我慢してプレイしますが、「よくこんなつまらない序盤をみんな耐えたなー」と思ってしまいます。
僕の場合は前評判によって高評価である事実を分かっているので我慢出来ましたが、
評判が出回っていない頃に手を出したユーザーは「訓練されているんだなぁ」と思いましたw
「この程度の取っつきにくさ、普通じゃん♪」、「いやいや、そりゃないっしょ」。

スマートフォンのゲームは、すぐに面白さが分かる事を重視して作られています。
向こうのユーザーはちょっとでもつまらないと感じてしまったらすぐに投げてしまいますからね。
1分だけプレイして面白さが分からなかったら、すぐに「つまらない!」と口に出すと思います。
ですが、これが本来のゲームユーザーだと思うんですよ。
コンシューマーゲームをプレイしているユーザーは訓練され過ぎです!w

すぐに面白さが分かるように作らない開発者と、
そんなゲームに訓練されてしまったユーザー。

コンシューマーゲーム業界がどんどんマニア向けになっているのは、
すぐに面白さが分からないゲームが許容されてしまっているのもあると思います。
新規ユーザーを取り込むには、すぐに面白さが分かるように作らないと厳しいでしょうね。
これまでにヒットしたゲームを思い浮かべてみても、すぐに面白さが分かるゲームばかりです。

「テトリス」、「ぷよぷよ」などのパズルゲーム。
「スーパーマリオブラザーズ」などの横スクロールアクションゲーム。
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」などの脳を鍛えるゲーム。
モンスターの育成・交換が楽しい「ポケットモンスター」。

「モンスターハンター」シリーズなどの例外もありますが、
ヒットゲームの条件として「すぐに面白さが分かる」という点は非常に重要だと思います。
僕もこういうゲームの方が人に勧めやすいですし。
面白さが分かるのに3.4時間もかかるゲームだとね・・・
例え友達に貸したとしても、面白くなる前にやらなくなってしまうんじゃないかと恐れてしまいます。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

モンスターハンター4
モンスターハンター4

posted with amazlet at 14.05.09
カプコン (2013-09-14)
売り上げランキング: 3

星のカービィ トリプルデラックス
任天堂 (2014-01-11)
売り上げランキング: 28

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(32)

  1. はにわ丸 より:

    そんなKentさんにはぜひアーマードコアシリーズ全作品をプレイしていただいてレビューを書いていただきたいですw

  2. Kiyoppy より:

    僕も龍が如く4を第1部でクソゲー認定して2年程ほったらかしにしましたが、最近積みゲー消化の為に退屈なのを我慢して続きをプレイしていましたが、第2部から突然面白くなって一気にプレイしてしまい勢いで5も購入しました。
     バイオハザー5と無双シリーズも序盤で諦めて以来手をつけていません。たまたまかもしれませんが、日本産のゲームはそういうのが多いと気がします。
     

  3. ブング より:

    確かにそうなのかもしれないですね。
    僕も大作系のモノでも、触りで「自分には合わない」
    と思ったものが少なからずあります。
    時間が以前よりないという事と、
    操作性にあまりストレスがない、
    ということに主機を置いているからかもしれませんが(^^;;
    映画では冒頭10分、
    漫画では3~5ページ目、
    までに勝負が決まる!!と聞いたような覚えがあります( *`ω´)
    エンターテイメント性が高いものは特に。
    ゲームでも同じようなことが言えるのかもですね。
    ソコに長けていれば、
    様々な角度から自分なりの面白みを見つけて
    楽しめることもあるでしょうけど、
    (その分見極めはシビアになりそうですが)
    そういうところって本当に開発者側は、
    あまり深く考えていないのしょうか?
    だったら、少しビックリで、残念ですね(/ _ ; )
    あとは最初から、コンセプトやターゲットが
    はっきりしているってことなのかもしれないですね。
    でも逆に、
    「すぐに面白さが伝わる」というものは
    深みがあまりない、と言えるモノも少なからずある気はします♪

  4. Gamehard774 より:

    KentさんはあえてタイトルあげなかたですがRPGにおおいような気がしますねえ 
    終盤に一気に行ける所が増えたりやることが増えたり。
    それがダメとは思わないが、買った人全員が終盤まで飽きずにやる前提だと、今の時代かなりの人がすぐ次の趣味にいっちゃうよ・・・
    ゲーム好きにだけ、これからも売っていくつもりならいいけどパイを広げていくには瞬間で面白いと感じるソフトが増えないといけませんよねえ

  5. pp より:

    段階的に面白くなるゲームと序盤から100%面白いゲームとでは後者の方が圧倒的に作るのが難しいわけで、前者が多くなったのは結局開発側の甘え(というと変な言い方ですが…)なのかなって思います。
    序盤から面白いゲームってシステムや操作が滅茶苦茶シンプルな作りという条件があるわけで開発者のセンスや発想力が問われますしね。
    最近はそういうゲーム任天堂か海外のスタジオがたまーに出す程度ですねえ。
    最近MH4を新しいデータで再プレイしてるんですが序盤はほんと苦行でしたw
    まあでも苦行があるがゆえの達成感もあるんで一概に悪いとも言えないですね。

  6. リンデ より:

    CSも元々はシンプルなゲームばかりだったんですが、そればかりだと
    単調で飽きられるからだんだんと複雑になっていったんですよね。
    とは言っても、さすがにエスカレートし過ぎだとは思います。
    いちどシンプルな頃へ立ち返る必要はあるでしょうね。

  7. 匿名 より:

    むしろ昔に比べて面白さが分かるまで短くなったと思いますよ
    そもそも例として挙げられているタイトルが偏りすぎてます

  8. セシル より:

    ゲームばっかりに時間割けない中、2~3時間やって面白くなかったらそれっきりってなっちゃいますよ。

  9. ys より:

    そういう意味で無双は優れてるのかなと思いました
    誰でも簡単に気持ちよさを感じることが出来るので

  10. nuwer より:

    許されるようになったというよりは、許せる人以外は離れていってしまったという感じですかね。
    かくいう私も我慢してまでプレイしようとは思わなくなりました。

  11. kentworld より:

    >はにわ丸さん
    アーマードコアシリーズは凄く取っつきが悪そうですね。
    最終的に面白かったらそれなりに評価しますが、
    悪いところに取っつきが悪い!とは書くでしょうねw

  12. kentworld より:

    >Kiyoppyさん
    龍が如くシリーズは操作面では悪くないんですが、
    序盤のゲーム比率が少なくて説明的なのが退屈ですよね。
    あれは勿体無いと思いますよー。
    仰る通り、日本のゲームで取っつき悪いタイトルが多いと思います。
    奇抜さを狙って滑っているタイトルが多いという事なんでしょうね。

  13. kentworld より:

    >ブングさん
    >時間が以前よりないという事と、
    >操作性にあまりストレスがない、
    >ということに主機を置いているからかもしれませんが(^^;
    僕もそんな感じで、ここがダメだったら印象が悪くなります。
    >映画では冒頭10分、
    >漫画では3~5ページ目、
    >までに勝負が決まる!!と聞いたような覚えがあります( *`ω´)
    見切りを付けるのが早い人は結構いますからねー。
    そう言う人にも楽しんでもらう事が、
    大ヒットへの道のりだと思います。
    僕の周りにはこういう人、結構多いです^^;
    >でも逆に、
    >「すぐに面白さが伝わる」というものは
    >深みがあまりない、と言えるモノも少なからずある気はします♪
    そうですね。単にシンプルなだけではすぐに飽きられてしまいます。
    そこに奥の深さを加えているタイトルでは無いと。
    少ない要素で応用が効くようにして作らないといけませんね。

  14. kentworld より:

    >Gamehard774さん
    そうですね、最近のRPGはストーリーを重視し過ぎて
    自由度が低かったりして、序盤は退屈な事が多いです。
    今は見切りを付ける人が多いので、
    ある程度序盤で面白さが分かるようにしないと厳しいですね。
    それこそJ-POPでいきなりサビを持って来るように!

  15. kentworld より:

    >ppさん
    シンプルで奥が深いものって、
    確かに開発者のセンスが重要視される物だと思います。
    今のゲーム(特に国産タイトル)は
    奥を深くさせたい気持ちは伝わってくるんですが、
    単に肉付けして複雑化させているだけだったりして・・・。
    この辺りの話はまたコラム記事にしたいと思います。
    モンハン4は過去作品で何を学んだの?
    と言いたくなるくらい序盤が退屈でしたねw
    確かに苦行があるがゆえの達成感もあると思いますが、
    あれはもっとスマートにさせるか、
    スキップ出来るようにしても良かったです。

  16. kentworld より:

    >リンデさん
    複雑にする方法を間違えているゲームが
    国産タイトルでは多いんですよねー。
    シンプルで応用が効く、ギミック満載のゲームが一番です!

  17. kentworld より:

    > さん
    昔がファミコン時代なのか、PS2時代なのかで話が変わって来ますが、
    後者でしたら同意です。PS2時代はもっとひどかったですもんねw
    今は海外ゲームやスマホゲームの登場によって
    遊びやすいゲームが以前よりは増えて来ました。

  18. kentworld より:

    >セシルさん
    >ゲームばっかりに時間割けない中、2~3時間やって面白くなかったらそれっきりってなっちゃいますよ。
    そう言う人は多いと思います。
    ゲーマー目線で見てはいけませんよね。

  19. kentworld より:

    >ysさん
    そうですね、無双は取っつきの良さでは最強!
    だからライトユーザーがまだ多いのでしょうね。
    でも、単調になりがちなので、無双に関しては
    面白さを持続させる工夫が必要だと思います。

  20. kentworld より:

    >nuwerさん
    それはあるかもしれませんね。
    ユーザーに「我慢」を強要させるのは、良い事とは言えません。
    TV番組のように常に興味を持てるようなゲームを作って欲しいです。

  21. 亀さん より:

    アーマードコアそんなに取っ付きにくいかな?…
    確かに我慢を強いる所は大いにあると思うけど、結局あれの一番の売りは「ロボット」だからね。
    そこに引かれて手に取ったユーザーには十分最初から楽しめると思う。
    で、慣れてくると機体が思うままに動かせるようになっていき同時にパーツが解禁されて更に色々な組み合わせが楽しめて…。とまあ、飼いならされたユーザーの意見だから、あまり参考にはなりませんけどね。

  22. mai より:

    転換期が来てるんじゃないですかね
    とっつきの悪いソフトは今の時代厳しいと思います
    仕事で疲れて帰ってきて少ない時間を趣味に当てる事自体疲れますしね
    そんな中面白さを分かるまで時間のかかるソフトは厳しいと思います
    そういう意味では音楽や漫画、映画はいいですよ。
    スマホのゲームやアプリも同じくとっつきがいいですよね?
    据え置きの場合特にとっつきの悪さがネックです。
    WIIUは起動や処理速度などに不満がありますしPSやxboxはとっつきの悪いゲームばかり。
    そりゃ、他の娯楽に客は流れますよね。実際私もほとんどゲームしなくなりました。
    とにかく仕事で疲れて帰ってきて、すぐに眠くなるので手軽に気楽にとっつけるネットサーフィンやスマホ、テレビ、音楽や映画鑑賞や読書。
    これらの方が楽だと言うのに社会人になり痛感してきました。
    年をとればとるほどゲームってダルくなる、そんな気がします(笑)
    やはり年相応の趣味を持てとはよくいったものだなぁとつくづく思う今日この頃です(笑)

  23. みっこ☆ より:

    Kentさん、お疲れ様です。
    たしかに取っつきの良さは今のゲーム
    飽和時代にはかなり重要ですよね。
    パズルゲームはその最たるもので、
    始めてすぐに面白さが分かる、ジャンルが
    アイデア勝負なので開発コストもそれほど
    かからず安価という部分が強いです。
    しかも「頭を鍛える」などの典型的な殺し
    文句がありますから、脳トレなんかは
    そのあたりのユーザー心理を上手くついた
    ものだなと思います。
    マイクラにしても大雑把な言い方をすれば、
    オープンフィールドで大きなパズルゲーム
    をやってるようなものですからね。
    今の国産ゲームはお手軽な携帯機、
    可愛い見た目、システムやルールが
    シンプルなこと。
    あわせて、テレビアニメ等のゲームを
    始めさせるための導線が他に用意されて
    いること。
    これら取っつきの良さに関わる項目を
    複数満たすことがヒット作品の生まれる
    条件ではないでしょうか。

  24. peco より:

    そういった観点から見ると、スマブラの凄さに
    改めて気付かされますね。
    とっつきやすさとルールの単純明快さ、なおかつ操作も簡潔。
    それでいて深くもはまる…これが理想形なのかも?
    普段ゲームをまったくしない友人がものの数分で馴染み、
    心底楽しんでいたのもスマブラでした。
    いやはや、発売が楽しみです♪

  25. mane より:

    やっぱり素晴らしいゲームって面白さの本質を分かりやすく噛みくだいて序盤から楽しめる様にしているものが多いと思うんですよね。
    「スーパーマリオブラザーズ」ってスクロールする画面の中で敵を踏んで倒していくのが楽しいのであって、その延長線上に無限みたいな超絶テクニックという楽しみがある、みたいな。
    あとから面白さが花開くというゲームでも、その花開く前の段階からも面白さの種を感じ取れるようなゲームデザインなりを心掛けてもらえると嬉しいですね。

  26. kentworld より:

    >亀さん
    話の流れからアーマードコアは取っつきにくい。
    という印象からあんな返信にしましたが、
    実際に僕は一切触っていないので何とも言えません。
    ただ、取っつきにくいという世間一般のイメージはあるでしょうね。

  27. kentworld より:

    >maiさん
    そうですね、ただでさえ起動時間がかかるというのに、
    取っつきが悪かったりしたら仕事帰りで
    疲れている時にやってられません!
    それを吹き飛ばすほどの中毒性があったら良いんですが、
    そう言うタイトルってほとんどありませんよねぇ。
    最初から中毒性の分かるタイトルが欲しいです。
    ただ、起動時間に関しては
    どこのメーカーも気を使い始めているので、
    少しずつではありますが遊びやすくなってきていると思います。
    個人的には早くPS3からPS4へ流れて欲しいなぁ。
    リモートプレイなど、快適になってきているので。

  28. kentworld より:

    >みっこ☆さん
    パズルゲームって地味な印象ですが、
    ちょっとでも見せ方を工夫すれば
    今でも爆発的な人気を作る事が出来るジャンルですよね。
    そう言う意味でパズル&ドラゴンズ、マインクラフトは凄かった。
    この手のゲームは反射神経を要求されず、
    誰もが遊べ、しかもみっこ☆さんが仰るように
    脳にとっても良い働きとなるので、
    多くの人に訴求できる魔力があると思います。
    ヒットゲームになる条件は今でもある程度見えていますので、
    特定の層ばかりを狙わず、コンシューマーでも一発ヒットを狙って欲しいです。

  29. kentworld より:

    >pecoさん
    確かにそうですね。
    スマブラはそういうのもあって大ヒットしたのでしょう。
    あとは任天堂キャラクターも入り口としては良かったです。
    こういうゲームがもっと生まれて欲しい。
    桜井さんは間口を広めるのが上手ですね。

  30. kentworld より:

    >maneさん
    今はゲームが複雑になって本質が見えにくくなっているので、
    まずはその本質が分かるように
    デザインをしていく必要があると思います。
    余計なシステムの導入は後。
    長いストーリー語りも後。
    ゲームとして何が楽しいのかを分かりやすく見せて欲しいです!

  31. かめのこ より:

    とっつき難いのは、慣れですよ。
    普段から格ゲーやってれば、似た格ゲーでも、初めからソコソコ出来ます。
    ストIIが出た頃、6つボタン!?とビックリしたけど、慣れたら普通に使えるようになりました。
    2つだけ(ストI)よりも、複雑になりましたが、面白みも多くなった分けです。
    そして、似た格ゲーもスグに楽しめる事が出来るようになります。
    シミュレーションとかも、キャラが変わっただけで、システムの所は、あまり変わらないので「あ~、アレと同じだな」と理解して序盤から、楽しく出来るんですよ。
    しかし、普段からゲームをやってない・以前に似たゲームをやってないと、ルールや技術力を1から学ばないと駄目なので、とっつき難いのでしょう。
    複雑=面白い じゃなく
    適度に複雑なのが面白いと思うのですが、
    時代によって結構、変わるので、
    そのサジ加減が難しいですね。

  32. kentworld より:

    >かめのこさん
    ええ、仰る通り慣れれば大丈夫だと思います。
    特に格闘ゲームなどは練習の積み重ねによって
    マスターした時の達成感があって、
    苦労したからこその面白さがありますよね。
    僕が苦言を呈したいのは複雑な操作性の物よりも、
    ムービーばかりでなかなかゲームを始められないものや、
    序盤は手加減し過ぎてゲームとして薄味な物です。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。