2014/02/07/17:30 | M☆G☆Mコラム

マリオがスノボ?ロックマンのアドベンチャーゲーム?こんなゲーム発売されていたの?と思うタイトル

ゲーム業界が出来上がってから30年以上が経ったと言う事で、
振り返ってみると物凄く膨大なタイトルが発売されました。
中には完全に存在が忘れ去られている意外なタイトルもあったりして、
「え?こんなゲーム発売されていたの?」と思ったりもします。
今回の記事ではそんなタイトルを集めてみました!みなさんは全タイトル、覚えているかな?

95
バーチャファイターキッズ/SS

セガサターン最大のヒット作となった3D格闘ゲーム、「バーチャファイター2」。
本作のキャラクターを子供向けにデフォルメしたのが「バーチャファイターキッズ」です。
基本的にはオリジナル版をベースとしていますが、
子供でも楽しめるように調整が加えられているんだとか。

売上本数は21.1万本。流石にオリジナル版の141.7万本と比べたら少ないものの、
元からある作品に調節を加えた作品でこれだけ売れたら十分だと思います。
ゲーム市場にとって低年齢層は欠かせませんので、狙いどころも良いですね。

ちなみに「バーチャファイター」シリーズは、
PS2とGCで「バーチャファイター サイバージェネレーション」という、
比較的低年齢層を狙った3Dアクションゲームを2004年に発売していたりします。
しかし、こちらはセールス・評判共に最悪で、シリーズの黒歴史と言っても良いでしょう。

96
ゴエモン 新世代襲名!/PS

スーパーファミコンなどで人気を博した「がんばれゴエモン」シリーズの関連作。
本作が発売された2001年ごろは既にこのシリーズは衰退しており、
そのテコ入れとして発売されたのが本作です。

キャラクターを美形に。世界観を近未来風にするという大胆なイメージチェンジを図りましたが、
もはやゴエモンでは無くなっており、シリーズファンからは大反発を食らったそうです。
売上本数も散々で、本作が発売されたのが、
年末商戦真っ只中の12月20日という事もあって拾えませんでした。

ちなみに翌年の2月にはGBAで本作をベースにした作品が発売になりましたが、
こちらも不発で販売本数は不明です。ただでさえ売上が大きく下がっていた
「がんばれゴエモン」シリーズですが、本作の発売によって
さらにブランド力が下がってしまい、シリーズを続ける事自体が困難になってしまいました。

97
SSX On Tour with マリオ/GC

海外で人気が高いスノボアクションゲーム、「SSX」シリーズの関連作。
同時期に発売されたPS2「SSX On Tour」をベースにした作品で、
マリオ、ルイージ、ピーチがキャラクターとして登場していたりします。

あくまでも「SSX On Tour」として見られたのか、
売上本数はマリオシリーズの中でも歴代最低レベルで、1万本売れたか売れていないかレベルです。
そもそもPS2版自体も全然売れませんでしたからね。

ちなみにEAのスポーツゲームではGC「NBAストリートV3 マリオでダンク」という作品も発売されました。
こちらもマルチタイトルにマリオキャラクターを追加させた作品ということで、
大して売れていません。この頃のマリオはゴルフやテニス、パーティだけでは飽き足らず、
野球、バスケ、スノボ、そしてピンボールとブランドの安売りをしていましたね。
今のように本編はそんなに出さなかったので、乱発という印象は今ほどありませんでしたが。

98
パワフルゴルフ/DS

パワプロ君が登場するゴルフゲーム。
2011年に発売された比較的新しい作品ですが、
パワプロ君は野球のイメージが強すぎるため、
既に本作に対して意外な印象を持たれる方も多い事でしょう。
売上本数は4.3万本。震災の影響もあったと思いますが、さほど売れませんでした。
パワプロ君は可愛いけど、あまり汎用性が高いキャラクターでは無いのかもしれませんね。

99
スーパーアドベンチャーロックマン/PS/SS

ロックマンシリーズ初のアドベンチャーゲーム。
物語はアニメーションで描かれ、時々出現する選択肢によってストーリーが分岐するそうです。
コンセプトとしては悪くないと思いますが、非常に評判が悪く、あの稲船敬二さんは、
「ロックマンを安売りした最低レベルの作品で、ファンに申し訳ない」と述べていたりします。
売上ランキングでも発売週ですらPS版、SS版共にTOP30に
ランクイン出来ておらず、売上本数は相当低いと思われます。

この頃(1998)のロックマンシリーズは本当に色々出していて、
ナンバリングタイトル以外にも「X」シリーズ、「DASH」シリーズ、レースゲーム、
さらには「ロックマン&フォルテ」という外伝作からアドベンチャーゲームである本作と、
シリーズのファンでもついて行けないくらい関連作品が発売されたものです。
本編シリーズでも売れて50万本程度だったのに、
何故こんなに関連作が発売されたのか、今思うと不思議だ・・・。

100
A VISUAL MIX/PS2

人気女性歌手、浜崎あゆみさんのヴィジュアルソフト。
2001年に行われた東京ドーム公演を収めた作品で、
リアルタイムにあらゆる角度から見る事が出来たそうです。

売上本数は約3万本。当時発売されたベストアルバムが
400万枚を超えるほど人気絶頂だった事を考えると、売れていませんね。
ヴィジュアルソフト自体がニッチだったためか?でも、PS黄金期は
こういう非・ゲームユーザーをターゲットにしたタイトルが色々と発売されて、
ラインナップの幅広さを改めて感じます。

101
うちゅう人田中太郎でRPGツクールGB2/GB

RPGを作成できるツールソフトの関連作。
当時「月刊コロコロコミック」で連載されていた漫画、
「うちゅう人 田中太郎」のキャラクターをサンプルとして追加した内容で、
サンプルゲームとして「うちゅう人 田中太郎」のキャラクターが登場するゲームが収録されていました。

GBで発売されたと言う事で当時の子供に人気だった「うちゅう人 田中太郎」と
コラボしたかったんでしょうが、やっぱり今思うと意外な組み合わせだ・・・。
売上本数はターゲット層が合わなかったからか当時の週間売上TOP30にも入る事が出来ず、
大惨敗でした。水面下で売上を伸ばしたのかもしれませんが、少なくとも初動は0.5万本以下です。
ちなみに前作は累計5.7万本売れていたというデータが出てきています。

102
ポケモンでパネポン/GB

パズルゲーム「パネルでポン」のポケットモンスター版。
「パネルでポン」シリーズは一部で高い評価を貰っているものの、
「ぷよぷよ」や「ドクターマリオ」のような人気シリーズにはなれずに苦戦していたと言う事で、
そのテコ入れとして「ポケットモンスター」のキャラクターを持ってきたんだと思います。
売上本数は13.1万本。ポケモン効果は多少あったようですね。

103
バイオハザードGAIDEN/GB

人気サバイバルホラーアクションゲーム「バイオハザード」シリーズの関連作。
開発はイギリスのゲームメーカーが担当したようですが、
ゲームシナリオはカプコンのバイオチームが手掛けており、
ラクーンシティが消滅した後の世界を描いているそうです。

気になるゲーム画面は、通常は2Dフィールド画面でのプレイになるものの、
ゾンビとの戦闘になると画面が切り替わって3D画面に変化するんだとか。
バイオハザード」シリーズは高スペックなゲーム機で求められているシリーズだと言うのに、
GBで発売するとはなんと無茶なw しかも発売されたのはGBA発売から1年後の上に、
1週間前にはGCで「バイオハザード」のリメイク作品が発売されていたし・・・。
このような状況では当然売れるハズも無く、当時の週間売上TOP30にもランクイン出来ていません。

104
ぼく、ドラえもん/DC

プレイヤーがドラえもんになりきってプレイするゲーム。
全部で150個以上あるひみつ道具を使ってのび太を助けて行く内容になっているようです。
のび太の家や街並みを、ドリームキャストの描画能力を活かして3Dポリゴンで描いている事も特徴。
今となっては夢のようなコンセプトのゲームですが、
肝心の対応ハードがドリームキャストである事がネックでしたね。

当然のように売上本数は拾えないくらい不発です。
発売はセガトイズですが、3DS辺りで移植しませんかね?
当時のドラえもんと今のドラえもんは声優や作画が異なるから無理かな?


どうでしたでしょうか?正直なところバーチャルコンソールやゲームアーカイブスでは、
ここで挙げたようなタイトルを配信するべきだと思うんですよ。
いずれのタイトルもそこまで売れていませんから、
今、入手するには困難なタイトルも多いですし・・・。
中には黒歴史な作品もあるので、メーカーとしては配信したくないのかもしれませんが(汗)

参考 メディアクリエイト / ゲームデータ博物館 / GEIMIN.NET

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

ゴエモン 新世代襲名! PS one Books
コナミ (2002-12-12)
売り上げランキング: 29,366

“A”VISUAL MIX

posted with amazlet at 14.02.07
ソニー・ミュージックエンタテインメント (2001-12-13)
売り上げランキング: 12,779

バーチャファイターキッズ
セガ (1996-07-26)
売り上げランキング: 21,002

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(22)

  1. マロ より:

    ぁあ…全部、わかっちゃう自分がヤダー!!( ̄▽ ̄;)

  2. koji より:

    バイオハザードGAIDENはどちらかと言うと黒歴史方面に分類されるような作品ですけど、音楽がやたら“ズンチャ!ズンチャ!”とうるさかったり、キャラの顔イラストが全然似ていなかったりと、奇ゲー好きなら「はは、こやつめ」と思わず微笑んでしまうような要素が妙にちりばめられていて、なかなかあなどれないんですよね。
    …同じ人気シリーズのGB作品でもメタルギアGhostBabelなどは評価も高いんですけど、どうしてこうなったのか…。

  3. Ryou より:

    どれもあったあったと言わせるようなものばかりですねw
    パワゴルは3DSでリベンジして欲しい。評判も良かっただけに。
    ゴエモンはこの頃は迷走気味でしたな。
    ドラはDCを買おうと思ったソフトでしたね。結局買えてませんがorz
    ニコ動の某氏の実況プレイをみましたがこれが面白すぎてw
    内容もぶっ飛んだ物語で愛すべき馬鹿なセガを見た気分でしたw
    実はADV岩男もやりたかったゲームの一つでした。
    評判はイナフキンがそんな事言う程悪かったとは・・・。
    バイオ外伝は今風にリメイクしてみてもいいのよ?
    例えば新作の特典として収録とか。

  4. TOM より:

    ロックマンアドベンチャーが僕のPS1同時購入作品でした(半ギレ)
    当時は横スクロールのロックマンだと思って購入したのですが、実際は一枚絵に向かってボタン連打するだけというゲーム性もクソもない作品だったので、とてつもなくガッカリした記憶がありますw
    アニメを一切スキップできないという仕様上、ディスク2の中盤で一時間近くムービー(アニメ)を見続けることもあった気がする。
    あれはゲームじゃなくOVAとして見るべきですねw

  5. nanasi より:

    パワフルゴルフは今更DSで何がやりたかったんだ?としか言えない
    野球の方がちょっとイマイチだからゴルフもやってみるか~的な感じが

  6. 伯爵 より:

    結構意外なソフトが多いですね。
    まさかパワプロゴルフなんて出ていたとはw
    昔はこんな感じの挑戦的なソフトが多く出ていたものですが最近は開発費の高騰もあってめっきり保守的なものが多くなりましたねえ。SONYはグラビティデイズ、パペッティア、テラウェイなど挑戦している印象ですが・・・

  7. バラザム より:

    この中ではパワフルゴルフとドラえもんを買っていますね。
    パワフルゴルフ、ワゴンに入っていて安かった(でも2980円位だったかな)ことと評判は良かったので
    購入しましたが結局遊んでいませんね。3DSのマリオゴルフが出る前に遊ばないと機会を失いそう(><;)
    ドラえもんはDC末期当時、”ややレア”的な感じでして中古ショップにも流れておらず、
    名古屋駅の松坂屋地下2階(名古屋駅地下1階からエスカレーターで
    降りる、と言えば解りますか?)の
    三省堂がゲームも扱っていましたので定価で新品を買いました。
    秘密道具の中にドリキャスがあり、ドラえもんが「最高のゲーム機なんだ~(byのぶ代)」と
    コメントするのは一部では有名?
    ちなみにPCEについてもドラはCMで「面白さド真ん中マシーン」と持ち上げてます(o^-‘)b

  8. mymy より:

    パワフルゴルフはDSのゴルフゲームとしては最高の出来&積みゲーに回さざるを得ないほどのボリュームなだけに残念でした。東北地方太平洋沖地震6日後はさすがに……まあ正直、急に発売日を延期しても+微量ほどでしょうけども。個人的にはPSPでも出して欲しかった一番のDSゲーム。
    新世代ゴエモン、自分は好きでした。PS版もGBA版もクリアしちゃいましたもん。FC「がんばれゴエモン2」のEDがあれだったのでエビスが女の子になったのもそんなに抵抗なかったですし。結果、真っ黒になっちゃいましたけど(笑)PS版は一時期、中古価格が高騰してましたね。
    ドラえもんはDC本体持ってるのでたまに買うか悩んだりしてます(笑)

  9. kentworld より:

    >マロさん
    す・・・凄い!
    僕は逆に好感度アップですよ!w
    マロさんとマニアックなゲームのお話がしたいです。

  10. kentworld より:

    >kojiさん
    そんなゲームが2002年に発売されたとは!?
    しかもゲームキューブ版バイオハザードの1週間後に。
    昔からカプコンって外注選びのセンスが無いですね。
    今回紹介したスーパーアドベンチャーロックマンも外注だし。
    >音楽がやたら“ズンチャ!ズンチャ!”とうるさかったり、キャラの顔イラストが全然似ていなかったりと
    これはカプコンとしても黒歴史扱いにしそうw
    何故出したんだ!?と思ってしまいます。

  11. kentworld より:

    >Ryouさん
    >どれもあったあったと言わせるようなものばかりですねw
    そう言われるように意識してチョイスしてみましたw
    パワフルゴルフは3DSでも出した方が良いと思いますが、
    最近のコナミだからあまり期待出来ないんですよね。
    ぼく、ドラえもんは凄く気合を感じますね。
    レアなゲームなので、これを実況プレイしたら確かに盛り上がりそう!w
    スーパーアドベンチャーロックマンも、
    ロックマンのアニメが見られると言う意味では魅力的ですね。
    スキップ出来ないようなので、周回プレイは苦痛そうですが。
    バイオ外伝はシナリオが秀逸だったらリメイクもアリだと思いますが、
    カプコン的には無かった事にしたさそうw

  12. kentworld より:

    >TOMさん
    >ロックマンアドベンチャーが僕のPS1同時購入作品でした(半ギレ)
    凄いゲームを一緒に購入されたんですね!?
    今ではなかなか入手するのが難しいですから、
    内容はともかく、今も持っているのでしたら大切にしてください。
    >アニメを一切スキップできないという仕様上、ディスク2の中盤で一時間近くムービー(アニメ)を見続けることもあった気がする。
    これは想像しただけでウンザリしてしまいました!w
    アドベンチャーゲームは快適性が命なだけに、
    この点を疎かにしてしまったらストレスが溜まってしまいますね。
    昔は繰り返し同じアニメのビデオを見たもんですが、
    それを強制させられるのはちょっと・・・。

  13. kentworld より:

    >nanasiさん
    何故DS末期に出した?とは思いました。
    PSPや3DSで出しても良かったとは思います。

  14. kentworld より:

    >伯爵さん
    パワフルゴルフ、存じませんでしたか!
    決算期にひっそりと発売されていたんですよ。
    確かに最近は有名タイトルの続編や
    過去作品のアレンジバージョンばかりで、
    あまり面白いラインナップでは無くなりましたね。
    SCEは昔からチャレンジングなので、そこは気に入っています。

  15. kentworld より:

    >バラザムさん
    パワフルゴルフは少し値崩れしていますね。
    といってもめちゃくちゃ安い!ってほどではないので、
    購入するのを迷ってしまいますが。
    最近はゴルフゲーム自体が少ないので、買ってしまいそうですがw
    ドラえもんは定価購入しましたか!?
    高い分だけは満足できたのかな?
    秘密道具にドリームキャストを持って来る辺りは、セガのゲームですねw
    何気にセガファンにも嬉しいゲーム?
    この記事を公開したおかげで、
    こういう存在感が薄いタイトルの話が沢山出来て満足しています。

  16. kentworld より:

    >mymyさん
    パワフルゴルフ、安易な企画かと思いきや、
    パワプロならではのサクセスモードもあって
    結構気合が入った作りのようですね。
    それだけに単発で終わりつつあるのが勿体無い。
    売れなかったから出せないんだと思いますが。
    確かにもっとスペックが高いハードで出しても良さそうですね。
    新ゴエモンは、拒否反応こそは強いものの、
    全く遊べない!という訳ではないようですね。
    個人的には和風の雰囲気こそゴエモン!だと思っているので、SF路線は残念なんですが。
    エビス丸については実は原点回帰とも言えますねw
    でも、仮の姿でも良いからあの中年おっさんのままでいて欲しかった。
    ぼく、ドラえもんは安く売っていたら買っても良さそう。

  17. 二本のしっぽきゅうだん より:

    超お久しぶりです。
    このロックマンは今現在も持ってますが、当時子供だった私でさえ、そこまで面白いとは思いませんでした。
    ゲーム内容はQTEや選択肢で進むルートが変わり、回復やカードがあったりボスも変わると言った感じです。
    ディスクが3枚あり、それぞれOPムービーが変わるのとディスク3から始めてもいいのと、次回予告が個人的には良かったかなと。
    あとはクイックマン好きにはいい作品。
    ちなみに一番強い攻撃は初期状態の連打攻撃です。
    このゲームで連打能力を鍛えました(笑)
    そして当時からファミ通を読んでいたので、全てをプレイした訳ではありませんが全部知ってます。
    個人的には64のドラえもんは面白かったかな。
    あとはソニックシャッフルがあのソニックのパーティゲームと言う事でビックリしました。
    移植もしていない作品なので、何気に忘れ去られてる作品だったり。
    面白い作品なのだけどね。

  18. kentworld より:

    >二本のしっぽきゅうだんさん
    おお!お久しぶりです!急に来てビックリしましたw
    スーパーアドベンチャーロックマンは、
    なんかアスラズラースを思い浮かべてしまいましたw
    個人的にはこういうインタラクティブムービーは嫌いでは無いんですが、
    スキップ出来ないのであれば困りますね。
    最低限、そこはきちっとして欲しかった。
    >ちなみに一番強い攻撃は初期状態の連打攻撃です。
    ゲームバランスがお粗末すぎますw
    今回紹介したタイトルは、僕が過去作品の一覧を見て
    「こんなのあったなー」と思った物をピックアップしてみました。
    実はソニックシャッフルも候補の一つでした。
    あとはソニックピンボールパーティも良かったかなー。
    ある程度経ったら、第2弾でもやってみましょうかねw

  19. ほにょ より:

    新世代襲名はやったことがあって、いい意味でオーソドックスな大変良くできたアクション物だった印象があります。アドバンス版のニューエイジ出動だと、よりテンポよく遊べるのでさらに好印象。これだけ出来がいいのに物笑いの種にされる意味がわかりません。ボンボンからコミックも出ていたはずです。
    バーチャキッズは企業とタイアップして画面に広告が映り込んだり、勝ったキャラクターがタイアップ先の飲み物を持ってアピールしていたと思います。セガ党にとっては、華やかだった時代の思い出なんじゃないでしょうか。キッズギア用にキャラクターごとのスピンオフソフトも出たはずです。
    サイバージェネレーションはデジモン風味ですが、冒頭に3Dアクションの操作のイロハを教え込むくだりがあったりして、伊達に鈴木裕が関わってるわけじゃないと思わせてくれます。システムソフトのサイバー大戦略もそうであったように、次の世代のためにジャンルの基本を噛んで含めて伝えようとする姿勢は、”ゲームリーダー”の矜持以外の何物でもなかったと思います(つづく)。

  20. ほにょ より:

    (つづき)ロックマンアドベンチャーはLDゲームとかインタラクティブ・ムービーとか言われたジャンルの、最後の頃のソフトだと思います。今は無きシナジー幾何学の鉄人やガジェットなどは3DOではキラーソフト的な扱いでしたし、ムービーそのものにゲーム性を持たせるとというのは、PC-FXの追究したテーマのひとつでもありました。バトルヒートやキューティーハニーFX、銀嬢伝ユナFXの戦闘シーンなんかがそうです。後にPS2でTVDJが出たとき、NECにはこういうセンスがなかったんだなぁ、と思ったものです。
    DCのぼくドラえもんは確かに傑作です。が、やはり他のドラえもんゲーと同様に根本的なミスを犯しています。漫画のドラえもんを読んでいて、ドラえもん自身がお話の主人公だったことがどれだけあるでしょうか?やはりドラえもんと名乗るゲームでプレイヤーの分身となるのは、ほとんどの場合のび太くんでなくてはなりません。そういう意味で究極のドラえもんゲーになりうるゲーム、明らかにドラえもんが設定の下敷きになっていて、キャラクター等を替えるだけで、ドラえもんゲームの理想型になる……であろうソフトがあるのです。
    それは18禁アドベンチャーの古典である、エルフの同級生2です。主人公の鳴沢恵一がのび太くんで、ヒロインで血のつながらない妹の鳴沢唯がドラえもんなのです。遊んだことのある人はわかりますが、このゲームは恵一が寝ているところを唯に起こされるところから始まります。そして唯は自分の部屋を持っていますが、確かここには彼女とのイベントが最後まで進まないと入れないので、普段は押し入れか戸袋から出てきているようにしか見えないという。僕がそう思っているだけですけどね。エルフ作品をPSやSFCに移植していたバンプレストがそれに気づいて、同級生2をベースにのび太くんの日常を描くソフトを出してくれたら良かったのになぁと、今でも思います。

  21. kentworld より:

    >ほにょさん
    >新ゴエモン
    ゴエモンの先入観がなければ意外と楽しめるという話は聞いたことがあります。
    しかし、公式が黒歴史を認めてしまいましたね・・・
    >バーチャキッズ
    セガは昔から広告をゲームにうまく取り入れていますね。
    何気にセガの得意分野かも。
    >サイバージェネレーション
    実はちょっと興味がありました。
    初報の時は華やかな印象でしたが、
    気が付いたら発売されてしまった印象です。

  22. kentworld より:

    >ほにょさん
    >ロックマンアドベンチャー
    この手のゲームって日本人には嫌われがちですね。
    PC-FXとの相性は良さそうな印象ですが。
    個人的には見せ方次第では嫌いじゃないです。
    クイックタイムイベントも含めて。
    >ぼくドラえもん
    なるほど、確かにドラえもんでの主人公は
    ドラえもん自身ではなく、のび太です。
    そう言えばドラえもんのゲームでは
    のび太ではなく、ドラえもんばかり操作している気がする。
    言われてみるとここにズレを感じますね。
    >同級生2
    こんなところにドラえもんを思わせる設定の作品があったとは。
    ジャンル的に違いすぎるので、
    これを下地にするという発想はなかなか思い浮かばないと思いますけどね^^;
    それにしてもぽにょさんはマニアックなゲームを色々ご存知なんですね。
    先日の3DOのコメントといい、驚きました!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。