2014/03/24/17:00 | ゲームレビュー

ドンキーコング トロピカルフリーズ【レビュー・評価】あえてWii Uらしさを抑えた手堅い作品

56

ドンキーコング トロピカルフリーズ/Wii U

2014年2月に発売されたWii U「ドンキーコング トロピカルフリーズ」を今回はレビューします。
Wii U「ドンキーコング トロピカルフリーズ」はドンキーコングが
主人公の2Dアクションゲームシリーズの5作目となる作品です。

良いところ

140216-2252-50
相変わらずの凶悪難易度

前作は難易度が高い事で有名ですが、その点は今作でも健在でした!
相変わらず1UP出来る回数が多く、残り人数は30を超えたりするものの、
終盤になって来ると残り人数がそのくらいあっても
ゲームオーバーになってしまうほど難易度が高く、非常に歯ごたえがあります。
1ステージで10回ミスしてやり直しは当たり前。
1ステージをクリアするのにかかる時間も、下手をしたら30分は超えたりします。

それだけ初見殺しな罠が満載で、ステージ構成を覚えない限りはクリアできません。
もし終盤のステージを1発でクリア出来るのであれば、
その人は余程反射神経が良いか、勘が鋭いかです。
普通の人間だったら2つ、3つの仕掛けを乗り越える度に1回はミスをするハズです。

140214-0119-49
立体感のある演出

前作から最も大きくパワーアップした点はここ!
本作は前作同様横スクロールアクションゲームなんですが、
奥行きを活かした仕掛けが増えており、よりアトラクション色が強くなっています。

前作同様タル大砲からタル大砲へ飛び移って行くエリアでは画面奥に飛んでいく事になるんですが、
今作ではそれに加えてカメラが回転するようになっていて、よりダイナミックになっています。
また、トロッコステージでは手前のレールから奥のレールへ飛び移ったり、
カメラが回転して奥スクロールになったりと、
N64「ドンキーコング64」のトロッコステージっぽくなっていました。

このように各ステージは立体感のある構造になっているため、
1ステージだけでもかなり作るのが大変そうに感じます。
こんなステージが60以上もあると考えたら凄い事ですね。
このクオリティで作られたら30ステージくらいが普通なのに。

また、ステージのバリエーションは、前作よりも多彩になっている気がします。
前作にあったトロッコステージ、ロケットバレルステージ、ランビステージはもちろん、
今作から新たに使えるようになったディクシーコング、
クランキーコングのアクションを活かしたステージや水中ステージが加わり、
ロケーションも多彩になっている事から、より飽きずに楽しめますね。

140214-0159-38
BGMが良い!

スーパーファミコンで発売された「スーパードンキーコング」シリーズは、
雰囲気の良さでも定評がありました。自然を上手く再現したグラフィックの美しさに加え、
デビッド・ワイズ氏が作曲した幻想的なBGMがよくマッチしていて、
横スクロールアクションゲームながらも圧倒的な臨場感があったものです。
それが前作のWii「ドンキーコングリターンズ」では薄れてしまい、少しガッカリしていました。

しかし、今回のWii U「ドンキーコングトロピカルフリーズ」ではデビッド・ワイズ氏が復帰した事もあり、
雰囲気の良さが戻ってきています。洞窟ステージは不気味さが出ていたし、
カントリーチックな新曲も加わり、水中ステージではあの幻想的なBGMが
アレンジされて復活していたので、「これだよこれ!」って思いました。
前作は「リターンズ」でありながらも60%程度しかスーパードンキーコングらしさを感じませんでしたが、
今作では20%くらい増えて80%は感じられるようになっていると思います。

140217-0002-52
隠し要素が満載!

前作同様、隠し要素は沢山ありました。
各ステージには5~9個のパズルピースやKONGパネルが隠されており、
それらを集める事で隠しステージが出現したり、おまけモードのイラストが増えます。
また、隠しステージをすべてクリアするとさらに良い事が起き、
さらにそちらもクリアすると良い事が起きて、完全クリアには相当な時間がかかります。。

140215-0635-44
細かい部分が強化

フィギュアを集める要素が追加!
⇒バナナコインを使う事で新たにガチャガチャからフィギュアを集める要素が追加されました。
 一度見たキャラじゃないと入手出来ないので、終盤に集める事をおススメします。

乗り物ステージの難易度が適度な物に
⇒前作とは違って一回当たっても大丈夫になり、適正難易度になったと思います。

必殺技が追加
⇒新たにバナナを集める事で必殺技が使えるようになりました。
 使用する事で画面内の敵が1UPバルーンになります。

ディクシーコング、クランキーコングが操作キャラに追加
⇒新たに相棒キャラが追加され、相棒を選ぶ楽しさが加わりました。

隠しゴールが追加!
⇒1ステージに複数のゴールが存在するようになり、
 隠しゴールを探す楽しさが加わりました。

タイムアタックモードがオンライン対応に!
⇒全国のプレイヤーやフレンドとの比較が楽しめるようになり、
 よりタイムアタックをする楽しさが増しています。
 また、ランクインしたユーザーのリプレイデータも見る事が出来るので、
 より競争心を加速させる作りになっていると思いました。

ボーナスステージのバリエーションが増加!
⇒各ステージに隠されているボーナスステージ。
 前作ではバリエーションが少なく、重複も目立っていたんですが、
 今作では大幅に増えて重複が少なくなっています。

悪いところ

140214-0113-09
もっと変化が欲しかった

ギミックに関しては、相当頑張っていると思います。
前作にあった乗りものステージがまた登場していたりと重複しているところはあるのですが、
新たに水中ステージや巨大フルーツがギミックのステージ。
水中迷路を探索して宝箱を見つけるステージなど、
ギミックに関しては挑戦的で新鮮味がありました。
ただ、欲を言えばシステムにもっと前作からの変化を加えて欲しかったです。

・1ステージに隠されたパズルピースをすべて集めるとおまけの「イラスト」が1つアンロック。
・1ワールドに隠されたKONGパネルをすべて集めるとラビリンスステージが出現。
・各ワールドのラビリンスステージをクリアするとさらなる隠しステージが出現。
・101%クリアをする事で裏モードが出現。

・ステージに散らばっているバナナコインを使ってお助けアイテムを購入出来る。
・一度クリアしたステージはタイムアタックに挑戦できる。
・ボーナスステージのアイテムをすべて取るとパズルピースが1つ貰える。
・ゴールしたタイミングによって貰えるボーナスアイテムが変化する。

こんな感じで本作は前作のシステムをベースにし過ぎているので、
ステージやギミック、ちょっとしたストーリーを変えただけのバージョン違いにも感じてしまうんです。
必殺技やプレイアブルキャラクターの追加、隠しゴールの追加など、
前作から追加されたシステムはあるんですが、追加だけではなく、変化も欲しかった。

例えばボーナスステージのクリア条件を変えるとか、
ゴールのシステムを変えるとか、隠し要素をアンロックする条件を変えるとか。
別のゲームとして発売する以上は、一見すると完成されたように見えるところでも、
再構築して欲しいです。本作ではその辺にあまり力を入れているようには感じないので、
どうしてもバージョン1・5的な印象を持ってしまうんですよね。

140215-0636-02
ワールドマップの作りが意地悪

ワールドマップには隠しゴールから行けるステージや、
各ワールドのKONGパネルをすべて集める事で行けるラビリンスステージのマスが表示されています。
そのため隠しゴールがどのステージにあるのかある程度は特定出来るんですが、
KONGパネルをすべて集める事で行けるラビリンスステージのマスと間違えてしまう事もあり、
意地悪に感じました。ラビリンスステージのマスは出現するまで隠して欲しかった。

140215-0644-05
ボス戦が冗長

どのワールドのボス戦も、冗長に感じます。
普通のアクションゲームは3回攻撃を当てたら良いものなんですが、
本作では3回攻撃を当てると第二形態になり、
さらに3回攻撃を当てると第三形態になったりと、どのボスもラスボス並みに冗長なんです。
ラスボスだったら良いんですが、それ以外のボスはもっとシンプルで良かった気が?

140216-2024-45
Wii Uらしさを感じられない

本作はWii Uソフトですが、立体的なギミックを除けば、
Wiiでも出せるような内容です。Wii Uゲームパッドは
全くと言って良いほど活かしていませんし(TVモードでプレイすると音が鳴るくらい)、
ゲーム的な変化もほとんどありませんから。Wii Uで発売した事に商業的な物を感じます。

140216-1357-45
細かい部分が劣化

前作からステージ数が減少
⇒前作は70以上のステージがあったのに、今作では60に下がっています。
 その影響でワールドの数は8+αから6+αに減ってしまいました。
 その分だけ、1ステージの密度は濃くなっていますが。

お手本プレイが廃止
⇒前作では同じステージで何回かミスをすると、
 スーパードンキーが自動でステージを進めてくれる「お手本プレイ」が搭載されていました。
 しかし、今作ではそれが廃止されています。
 お助けアイテムのおかげである程度は苦手な人でも大丈夫なんですが、
 前作よりはハードルが高くなっていますね。

ロード時間が長くなった
⇒起動時、ステージ選択時、終了時などには、10秒以上のロード時間が発生します。
 これでもWii Uソフトでは短い方なんですが、前作から大幅に長くなっているし、
 任天堂のゲームとしては許せない長さです。

テンポが悪くなる引っこ抜き
⇒一部のステージでは地面に埋まったフックを掴んで
 先に進むための足場を出現させる事になるんですが、
 タイムアタックをやる分にはテンポが悪くなっています。


前作と大差なく、ちょっとした改悪点も散見されますが、
それでも全体のクオリティは非常に高く、前作が楽しめたのなら買って損はありません。
前作以上に「スーパードンキーコング」を意識した
オマージュネタが盛り込まれているので、さらに原点回帰した作品とも言えます。
救済措置があるとはいえ、基本はアクションゲーマー向けですが。

こんな人には特におススメ。
・ドMゲーマー。
・アクションゲーム好き。
・かつてスーパードンキーコングを楽しんだ人。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。
・Wii Uらしさを求める人。

ドンキーコング トロピカルフリーズ/評価 ★★★★★★★★☆☆ 星8つ
プレイした時間・・・約22時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(8)

  1. ジャム より:

    確かにWiiUらしさには欠けてました。
    WiiU買ってまでやる意味はかなり薄いと感じましたし。
    色々パワーアップしてはいるものの驚きという部分が少ないんですよね。
    良くも悪くも想像通りといった感じに纏まってたなぁと。
    本体牽引もそういう面のせいか出来てなかったですし。
    期待は裏切らないけど越えてくることもない、kentさんの言うように堅実な作品でした。

  2. アカリョシカ より:

    そういえばトロピカルフリーズ発売直前のダイレクトか何かで
    引っこ抜きについてドヤ顔で話してた任天堂社員いたけど
    「余計なことすんな!」ってマジで思ったわw
    あと最近のレイマンと比べると、動きがもっさりだったのが
    俺にはちょっと合わなかった。
    WiiUならもっとぬめぬめ動いて欲しかったなー♪

  3. kentworld より:

    >ジャムさん
    Wii Uで発売するからには、
    どうしても前作からの驚きを求めてしまいますね。
    Wiiがまだ元気だったら、Wiiで発売しても良かったと思います。
    これのために本体を買う事はあまりおススメしませんが、
    本体を持っていたらおススメ!そんな作品でした。

  4. kentworld より:

    >アカリョシカさん
    引っこ抜きは別にウリにするような要素ではありませんよねw
    テンポが悪くなっているので、むしろマイナスなんじゃ!?
    そこはちょっとズレを感じます。
    レイマンに比べてモッサリなのは、僕も感じました。
    やり込んで行くうちに慣れましたけどね。

  5. ヘビコン より:

    wiiuという機能を全く生かさないのならクラコンに対応して欲しかったですね。対応できたと思うのですが…
    引っこ抜きは前作の息吹きよりはましだなぁとは思いました。
    後はやっぱロード時間ですね。マリオ3Dワールドの後だとやっぱり長く感じます。

  6. kentworld より:

    >ヘビコンさん
    クラシックコントローラはもうサポートの対象外なんでしょうかねぇ。
    使えても良いとは思いますが。
    前作の息吹き、ありましたね。あれも蛇足だと思いましたw
    ロード時間は任天堂タイトルとしては落第点ですね。

  7. なめこ より:

    どうせお手本には一切頼らないスタイルだから廃止されて良かったと思うわ。自分でやらないと永久にうまくならないんだからな
    あの豚が手を振ってる時の動作や音も正直鬱陶しかったし、時間と根気があるんならお手本プレイというシステムは不要。

  8. kentworld より:

    >なめこさん
    自分が良ければすべて良しではないのです。
    そこは客観的に判断しました。
    間口が広いのは良いに越したことはありません。

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

イースVII【レビュー・評価】超丁寧に作ったクラシックスタイルの王道アクションRPG
ディスオナード 2【レビュー・評価】より味わい深くなったスルメを詰め合わせたステルスアクションゲーム!
探索要素を追求し過ぎた作品 Wiiであそぶ メトロイドプライム2 ダークエコーズ レビュー
バリアント ハート ザ グレイト ウォー【レビュー・評価】戦争を題材にしたゲームの新たな一面を感じられた作品
flOw【レビュー・評価】極力無駄を排除した結果、フリーゲームっぽくなった雰囲気ゲー
よりアトラクション色が強いTPSに!ギアーズオブウォー2 レビュー
サンセットオーバードライブ【レビュー・評価】おバカテイスト炸裂のアスレチックオープンワールドアクション!
キャッチ!タッチ!ヨッシー!【レビュー・評価】あまりにも割り切った作りのDS初期に発売された意欲作
ゼルダの伝説 大地の汽笛【レビュー・評価】DSの機能を必要以上に活かしまくった作品。ただし対戦ゲームとしてはおススメ!
タッチ操作で深夜プレイも安心♪太鼓の達人DS タッチでドコドン レビュー