2014/04/22/12:00 | ゲームレビュー

初音ミク -Project DIVA- F 2nd【レビュー・評価】続編というよりバージョンアップ版だけど、今回も超面白い!

64[171
初音ミク -Project DIVA- F 2nd/PS3 /
PSV

2014年3月に発売されたPS3/PSV「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」を今回はレビューします。
PS3/PSV「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」は初音ミクを題材にしたリズムアクションゲームの、
「F」シリーズとしては通算3作目となる作品です。

良いところ

2014-03-28-114655
相変わらず中毒性が高いリズムゲーム

シリーズで定評のあるリズムアクションは、今回も良く出来ていました!
単にボタンを押して行くだけではなく、長押しや同時押し、スクラッチなどアクセントとなる要素が多いし、
何よりボタンを押すタイミングが楽曲とマッチしていて、
特に高難易度モードでは自分が演奏しているかのような気分を味わえます。
どの曲も中毒性が高いので、プレイし続ける事でいつしかみっくみくにされる事でしょう!

2014-03-29-144957
様々な遊び方を用意

リズムゲームは、今回も様々な遊び方が用意されています。
難易度は4段階用意されているのでリズムゲームが苦手な方は最低難易度を。
リズムゲームが得意な方は難しいモードを極める事が出来ますし、
ヘルプアイテム、チャレンジアイテムによってさらに幅広い層が遊べるようになっています
(今作からヘルプ/チャレンジアイテムは最大3種類まで同時に使う事が出来るようになりました)。

また、これまで通りマーカー音量・タイプを変更出来る事に加え、
スクラッチ操作をタッチフリックだけではなく、スティックでも出来るようになっていたり、
チュートリアルに上級者向けのバージョンを用意していたりと、
さらに痒いところにも手が届くようになっていました。

2014-03-29-212435
リズムアクション以外にも様々な遊び要素を用意!

今回もリズムアクションゲーム以外に様々な遊び要素が用意されています。
用意されているのは初音ミクなど6人のキャラクターとスキンシップ、
部屋の模様替え、ミニゲームなどで遊べる「コミュニケーションモード」。
自分でオリジナルPVが作れる「エディットモード」。ARを使った遊びが楽しめる「ARモード」など。
これらの要素によって、リズムアクションゲームが苦手でも、
初音ミク達のファンであれば楽しめると思います。

2014-03-29-213718
リズムアクションとPVを連動させた演出

リズムゲームではPVを見ながらリズムアクションを楽しむ事になるんですが、
今作ではこれまで以上にリズムアクションとPVを連動させた演出が目立ちました。具体的には・・・

「メテオ」→☆スクラッチが流星シーンで流れて来る。
「結んで開いて羅刹と骸」→霊が出現するシーンで「ホールドマーカー」がフワフワして飛んで来る。
「DECORATOR」→☆スクラッチによるフィニッシュがラストシーンとマッチしている。

また、今作では一部楽曲で分岐要素が存在しており、
そう言う意味でもよりPVのインタラクティブ性が増していると思いました。

105
多彩なローディング画面

今作でもローディング中は様々なイラストを見る事が出来ます。
どれも初音ミクの世界観を膨らましており、本家にはない魅力を打ち出していたりも!?
ちなみに今作でもライブラリー機能によって一度見たローディング画面をまた見る事が出来ます。

2014-03-30-013027
細かい不満点が改善!

より完成度が高まったコミュニケーションモード
⇒前作ではひたすらプレゼントしまくる事で簡単に好感度を上げられましたが、
 今作ではリズムアクションをプレイして時間を置かない限り、再度プレゼントをあげる事は出来ません。
 また、スキンシップもタイミングがシビアになり、しかもそのタイミングは数パターンあるので、
 よりキャラクターの好感度を上げるのにテクニックや時間が必要になりました。

「あっち向いてホイ」がサクッと楽しめるようになった
⇒コミュニケーションモードでたまにプレイ出来るミニゲームなんですが、
 3点先制ではなく、2点先制になった事でダレにくくなりました。

ミニゲーム「アルプス一万尺」が追加!
⇒今作から新たに追加されたミニゲーム。反射神経が要求されて楽しいですし、
 「あっち向いてホイ」以外のミニゲームが加わって嬉しいです。

ロード時間が短縮
⇒リズムゲーム開始時のロード時間が、前作の3分の2程度に短縮されています。
 比べてみるとなかなかの差を感じると思いますよー。

PSVITA版の内部解像度が改善!
⇒前作のPSVITA版はキャラクターの輪郭が少しボケていましたが、今作では改善されていました。
 なので、キャラクターの輪郭はクッキリしていますよー。

個人的に合わない&気になったところ

2014-03-28-114925
リズムアクションの新システムが蛇足

今作から新たに「リンクスクラッチ」と「ダブルスクラッチ」が加わりました。
が、どちらも癖が強くて本作の取っつきをより悪くしている気がします。
まず「リンクスクラッチ」について。このシステムの追加によって☆のスクラッチアイコンが
線で繋がれたラインをすべるように移動するパートが追加されたんですが、
動きが加速したり、減速したりと変則的でタイミングを掴みにくいんですよね。

ダブルスクラッチ」に関しても2ヵ所を同時にフリックしなければならず、
この操作を大量のマーカーが飛び出した時にやるのは煩雑に感じます。
フリックするタイミングが楽曲とマッチしているためこれでも慣れたら問題無いんですが、
それでもこの要素はアクセントというよりは難易度を上げるためだけのものに感じられ、
追加する必然性はあまり感じられませんでした。

2014-03-29-205131
過去作品からの流用が多い

収録曲は40曲。遊び方も多彩。リズムゲーム以外の遊び要素も充実。
コミュニケーションモードのイベント数が大幅に増加。
と、ボリュームは申し分ないんですが、過去作品からの流用があまりにも多過ぎます。
収録曲の多くは過去作品からのリメイクだったりしますし、
コミュニケーションモードのモデリング・イベント・モーションの多くは前作からの流用ですからね。

個人的に収録曲の重複に関してはシリーズをさほどプレイしていないのであまり気になりませんでしたが、
コミュニケーションモードはシステムが多少変わったとはいえ、
同じイベントを見させられるのは少し苦痛でした。
キャラクターゲームの側面が強いだけに、せめてモーションだけでも刷新して欲しかった。

2014-03-30-171719
相変わらず取っつきにくいエディットモード

前作同様PVやリズムゲームをエディット出来るのは良いんですが、
設定画面がごちゃごちゃしていて、慣れないうちは苦労します。
PSVITAのタッチスクリーンを上手く活かして、
もっと直感的なインターフェースにして欲しかった


パワーアップしている点は色々ありますが、過去作品からの流用部分も多く、
新作というよりはバージョンアップ版の側面が強い作品。
今回もめちゃくちゃ面白いんですが、新鮮味は期待しない方が良いです。

こんな人には特におススメ。
・リズムアクションゲーム好き。
・初音ミク好き。

・綺麗になった過去作品の楽曲を演奏したい人。

こんな人にはおススメできない。
・リズムアクションも初音ミクも興味無い人。
・新鮮味を求める人。

初音ミク -Project DIVA- F 2nd/お気に入り度 ★★★★★★★★★☆ 星9個
プレイした時間・・・約15時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. 匿名 より:

    リンクスクラッチは初見殺しですが数回やればPVと曲にあった流れなので慣れました
    ダブルスクラッチはPS3版なのでスティックのストロークが大きく高難度の曲だと☆○○○という感じで畳み込まれるとかなり厳しいです
    どっちもアクセントになり飽きにくくなりましたが初見は「は?」となるし高難度だと難しいのでどんなに適当にやってもSAFEにならない前作仕様のままでも良かったかもしれませんね
    EXTREMEはあと8曲ほどクリアできてないしもちょっとゲーム上手くなりたい

  2. めがねぃ より:

    VITAのシリーズしかやってないので、曲とかは新鮮で楽しめました。リンク・ダブルスクラッチは演出的に割と好きです。
    現在エクストリームのパーフェクト狙いでやってますが、あと4曲程とれない…二次元ドリームフィーバーもうちょっとなんだけどなー(-_-)

  3. mp より:

    リズムゲーム部分が大きく進化したとし、新要素も薄いながらもまだ新鮮味があると評し、ネットでも絶賛の目立つmirai2が★8つ。
    新鮮味も薄いと評し、リズムゲーム部分への苦言もあり、ネットでの評判もどこか今ひとつなDIVA-F 2ndが★9つ。
    やはり最後は個人の好みなんだなと思いましたww。
    自分は前作DIVA-Fとmirai2をプレイしましたが、どちらかといえば前者はコア向け、後者はライト向けという印象を受け、どちらも甲乙が付けがたく住み分けがよく出来ていると思いました。
    DIVA-F 2ndに関しては、発売当初からネットで難易度への不評が目立ち、恐らく自分にはついていけないと思い、スルーしました。

  4. 笹島 より:

    mirai2は体験版を遊びましたが、DIVAと比べると明らかにショボ…
    客観的に見て、kentさんがあげてるDIVAの短所は大きく減点される部分ではないと
    思います。スクラッチの二つの要素は、十分遊べば誰でも対応できますし
    リメイクPV・リメイクモジュールは美麗、エディットは触らない人にとっては
    ないようなものですからね^^;
    HARDの大半が難しく感じる人、ルームやエディットを重視する人は気になるのかも。
    EXTREMEはかなり難しいですが、リズムゲームもよくできているし
    曲・PV・キャラクターがすべて好きな自分にとっては、★10でした。
    評判がいまいちに見えるという人も、一度実機でPVを見てほしいくらい
    よくできていると思いますよ。これだけで元取れます!w
    後、Vitaユーザー的にもfからかなり進歩したことが非常に嬉しかったです。
    これだけ大容量読み込んでるのに、ロードがかなり速くなりましたし、
    ボケもほとんどなくなって、本当にPS2.8くらいになったなぁとww

  5. kentworld より:

    > さん
    リンクスクラッチは、慣れたら確かに大丈夫ですね。
    そこはマーカーが出るタイミングとBGMが
    規則的である今作の強みですね。
    最高難易度の一部の曲は毎度のことながら
    コントローラが壊れてしまいそうな狂いっぷりですねw
    あれはなかなかクリアできません><

  6. kentworld より:

    >めがねぃさん
    僕も似たような感じですね。
    今作は主に演出部分の磨きが印象的でした。
    もう完成型になっていますので、
    次はどう攻めてくるのか気になっています。
    って最高難易度でパーフェクト、そこまでやっているんですか!?

  7. kentworld より:

    >mpさん
    いえ、好みというか、個人的にリズムアクションゲームで大切な
    演奏する楽しさは、DIVAの方が勝っていると思っているからです
    (ただ、DIVAではマーカー音を大きめに設定していますが)。
    そこを説明するには「mirai」よりも面白いという文章にしなければならず、
    それは嫌なのでじゃあどうするのか?となった時に星が説得力あるんじゃないかなと。
    ネットでの評判については、ハードルと実際の内容に対するギャップが大きいのでしょう。
    特にゼルダの伝説なんかはそうなんですが、
    実際にはどの作品も良く出来ているのに、
    過去の傑作と比較されて星3とかにする人は多いと思います。
    僕はその辺感情的にならず、ある程度客観的に出来を見て評価しています。
    DIVAとmiraiについては本流と派生なので、
    期待度に関しては後者の方が低い人が多いと思います。
    それであの出来(良作)なので、余計に高く評価されるのでしょうね。

  8. kentworld より:

    >笹島さん
    このブログのレビューは、
    減点方式と加点方式の両方を採用していて、
    例え欠点が多かったとしても、
    良いところで挙げた点で一つでも強烈な物があれば満点にしたりします。
    本来なら満点とかなしに星12とか13でも良いんですが、
    それだと説得力が無いかな?と思って
    無理やり10を最高にしていますw
    評価が低い点については、
    前作が前作だったのでハードルが高すぎたのでしょうね。
    それを超えられていないと感じている人が多いので、
    感情的になって必要以上に下げている人が多いんだと思います。
    良くも悪くも、個人のレビューって感情的に評価をしがちなんですよねw

  9. kiki より:

    私はこのシリーズは全部買ってきましたが、今作にも大変満足してますね。過去のリメイク曲もいい出来で良かったです。
    ただ、男なんて死んでも撫でたくなかったのに、今回DIVAルームの仕様変更で撫でないと効率よく好感度上がらないのは辛かったですね。
    それと、今回水着が似合う曲が無くて、水着を着せる場面が無かったのも少し残念でしたね。

  10. 匿名 より:

    キャラや曲より音ゲームとして
    ノーマルの難易度を上げたのとタッチ操作を増やしたのが評判が悪くなった原因だろう。
    音ゲーは余計な操作増やすより、曲の入れ替えでいい太鼓がそうなんだから。

  11. kentworld より:

    >kikiさん
    リメイクされた曲はちょっと比較してみました。
    細かいところまで色々と変えているんですね。
    >ただ、男なんて死んでも撫でたくなかったのに、今回DIVAルームの仕様変更で撫でないと効率よく好感度上がらないのは辛かったですね。
    ハハハ、確かにカイトをなでなでしたり、
    ほっぺをモミモミしていた時は変な感じでしたw
    水着・・・そう言えば夏っぽい曲は無かったような?

  12. kentworld より:

    >匿名さん
    音ゲーは保守的になりがちなジャンルなので、
    挑戦する事自体は良いと思うんですが、
    変に凝り過ぎると逆効果なのは確かで
    そこは難しいところですねぇ。

  13. 秋葉鳥籠 より:

    自分はPS3版で一週間遊んだ後VITA版をプレイしたので、タッチスクリーンでのスクラッチがやりにくかったです。
    VITA版でやりなれていると、タッチスクリーンでも、スクラッチは簡単にできるんでしょうか?
    初めてこのシリーズをプレイしましたが、本編には満足しています。
    ただ、トロフィーを取ろうとすると、DIVAルームのアイテムイベントがランダム、プレゼントをあげるのに時間経過が必要、撫でるのにも時間が必要となり、どうしても作業感が強くなります。

  14. kentworld より:

    >秋葉鳥籠さん
    スクラッチ自体は判定が甘いので、気になっていません。
    でも、最初は戸惑いましたねー。
    今回加わった新要素はそこからさらに捻ったものなので、
    余計に戸惑う方が多いでしょう。
    今作はトロフィー入手の難易度が上がっていますよね。
    コンプも考えましたが、面倒そうなので止めましたw
    トロフィーを狙っている人からしたら
    コミュニケーションモードの変更はマイナスでしょうね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

レイトン教授VS逆転裁判【レビュー・評価】少し違和感があるもののよくまとまっている!
ヨッシーアイランドDS【レビュー・評価】名作に似せただけの凡~佳作
がんばれゴエモン!からくり道中【レビュー・評価】1986年当時の超大作アクション!
前作よりもややこしいパズルに。引ク落ツ レビュー
ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 【レビュー・評価】せっかくの良作が仕様とユーザーのマナーで台無しになった残念な作品
これぞ究極のSDゲーム!ゴッド・オブ・ウォー レビュー
ニュートピア【レビュー・評価】あまりにも「ゼルダの伝説」に酷似した問題作!
Submerged(サブマージド)【レビュー・評価】切なさを感じる浸水都市探索シミュレーター
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで【レビュー・評価】ギャルゲーとゼルダ要素を上手く融合した良作!
アザーMの前にやっておきたい!ス-パーメトロイド レビュー