2015/04/20/12:00 | M☆G☆Mコラム

自己主張が強い個人ゲームブログを楽しく読む方法

428

このブログでは様々な意見を発信しています。
良い事も悪い事も含めてとにかく何でも自己主張をしていて、
全く意見が書かれていない記事の方が珍しいくらい。

ここまで沢山の意見がブログに書かれていると、
多くの方が僕と意見の不一致が出来て来るでしょう。
自分が楽しんでいる作品をボロクソに批判していて、腹が立つ事だってあると思います。

ですが、そこは「こんな意見もあるんだな」と受け止めて欲しいです。
少なくとも僕はゲームの感想に関しては自分で触った上での感想を正直に書くようにしていて、
「何故これが良いのか?」、「何故これが悪いのか?」を具体的に書いているから、
曖昧な表現でモヤモヤする事はそんなに無いハズ!?
※もしあるようでしたらどんどんコメント欄で突っ込んでください。

どうしても人間って自分が好きな物を批判されたら不快になりがちですが、
僕としては具体性のある批判だったらそれを受け入れて欲しいと思っています。
「この人はこういう感性を持っているから、俺とは違ってこの要素は合わないんだなー」と。
「俺が楽しいと思うものを批判したらどんな理由があろうと許さん!」となってしまう人は、
ちょっと盲目的に感じてしまいます。

もちろん、宗教や陰謀論を絡めて批判する人は論外ですよ?
そんなバイアスがかかった批判をする人は、どんどん突っ込んでも良いと思います。
同じように事実誤認があった場合、突っ込んでください。
勘違いしたまま楽しめないのは嫌ですからね。

個人的には正直で具体性のある批判意見はどんどん聞いてみたいです。
例えば日本のアニメ系ゲームばかりをやる人は、何故海外の凄いゲームをやろうとしないのか?
何故○○のゲームが合わなかったのか?何故ストーリーが無いゲームはダメなのか?
何故リアル系のゲームをやろうとしないのか?とかね。これらの質問を答えてくださる方は、
きっと僕の視点からは感じられなかった斬新な意見を出して来ると思います。
そこからまた新たな価値観が生まれてきそうだから、自分への吸収になるんですよね。

ピコッ!ゲームだらけのM☆G☆Mラジオ 放送リスト

↑当ブログではインターネットラジオのコーナーがあり、様々なゲストをお呼びしていますが、
ゲストのみなさんは必ずしも僕と趣向が合う人では無かったりします。
中には180度異なっている人だっている。でも、それが良いんです!

価値観の違う人間が話し合う事で新たな発見が生まれて、
視野が広がるきっかけになるかもしれませんから。
自分の価値観を押し付けて来るような人は嫌ですけどね。

こういう意見もあるんだな。

そうやって受け入れる事が、より多くの人と付き合って行く近道ではないでしょうか?
そこで自分の価値観を押し付けてしまっては、仲良く出来る人は限られてきます。
このブログを読んでくださる方の中には僕と価値観が全く異なる人がいると思いますが、
そう言う方ほど今回の記事を読んでもらいたいと思っています。

※これまでに公開したコラム記事の一覧はこちら

「嫌われるのがこわい人」のための自己主張レッスン (PHP文庫)
石原 加受子
PHP研究所 (2013-04-03)
売り上げランキング: 103,870

自己主張がラクにできる本―ありのままの思いを上手に伝える (サンマーク文庫)
石原 加受子
サンマーク出版
売り上げランキング: 225,212

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。