2014/05/16/8:30 | ゲームの話

クソゲーと話題の時と永遠~トキトワ~をやってみた!

P5031319

時と永遠~トキトワ~

2012年10月にバンダイナムコから発売されたイメージエポック開発のRPGなんですが、
そのガッカリ内容から2012年のクソゲーオブザイヤーの次点を受賞しました。
そんなPS3「時と永遠~トキトワ~」を先日980円で購入したので、
今回の記事では本作を触った感想を書いて行きます!

▼名作を予感させるコンセプト・デザイン

140515-1705-00

本作はアニメキャラクターを操作出来るRPGというコンセプトで発売されました。
近年はトゥーンレンダリングと言う技術を使って3Dポリゴンキャラでも
アニメのような外見を実現していますが、本作ではそれをあえてやらず、
動作の1枚1枚を手書きで描いているんです!

これって凄い事だと思うんですよ。
ただでさえ1枚の絵を描くのに何時間もかかるっていうのに、
それを数え切れないほど描く事になる訳ですから。
剣を振るだけのアニメーションで、一体どれだけの手間がかかっているのでしょうか?
考え始めると気が遠くなって来ます。

33

そしてパッケージデザイン!女性キャラ推しなのが気になるものの、
ファンタジーRPGの王道を行く内容に見えて、良さ気に感じます。
本当にこのゲームがクソゲーなのか?恐る恐るゲームをプレイ始めてみると・・・

おぉぉぉ!なかなか良いBGMじゃん♪

これは意外と感動出来る名作RPGなのかな?

お、アニメが始まった!キャラクターは手書きだけど、背景は3Dポリゴンなのね。

なんか会話が始まったぞ。ん・・・なんだこの展開?

・・・

・・・・・

おいおい~Σヾ( ̄0 ̄;ノ

と、ゲームを始めて30分もしないうちにガッカリ感が漂い始めて来ました。
本作のガッカリ感を強めている大きな要因が、ストーリー、アニメーション、戦闘です。
まず、ストーリーについてなんですが、ギャグの配分を間違えている気がしますね。
パッケージ画像やタイトル画面のBGMを聞いていると、
王道のファンタジーRPGのようなストーリーを期待してしまいますが、
実際にはギャグコメディ色が強い深夜アニメみたいなストーリーでした。

140515-1717-46

メインヒロインのトキ/トワこそは割とまともなキャラクターなんですが、
主人公の男が深夜アニメによくいるナヨナヨドM野郎で、全然カッコ良くない。
さらに敵もおバカ系が多く、終始コメディ路線で続いて行きます。
もちろん死などのシリアスな展開もあるんですが、
あまりにもギャグコメディ要素が多くて全く感情移入できません。

個人的にはギャグは好きなのでストーリーも楽しんでいますが、
王道のファンタジー系を期待している人はガッカリするでしょうね。
ギャグの中にはファンタジー世界なのに現実世界のネタが含まれているしw

140515-1652-54

そして本作の目玉とも言えるアニメーションについて。
これも過度な期待は禁物と言える出来だと思います。
フィールドでは3D空間を自由に移動出来るんですが、
3Dポリゴンで作られたフィールドの中にいるアニメキャラが凄く浮いていますし、
動き方もぎこちなく、アニメーションの数も少ないので、
これだったらトゥーンレンダリングを使用した3Dポリゴンキャラの方が良いのでは?と思ってしまう。

140515-1653-30

戦闘にしても手書きアニメーションである関係上からか基本的にボタン連打、
たまに回避やガードと言った感じでパターン化しやすいですし、
1対1での戦いになるので長引きやすく、最初は良くてもだんだん飽きそうな予感。

▼評価できる点も色々ある!

140515-1656-42

と、非常に粗削りな内容ではあるんですが、
ある程度実績のあるイメージエポック開発であるためインターフェースは分かりやすいと思うし、
ロード時間も長くは無くて、評価できる点も色々あります。
操作性が悪い!難易度が極端で理不尽!と言う事も今のところありませんしね。
ですので、個人的には何だかんだ言って今のところ楽しんでいます。ストーリーも嫌いではないしw
ただ、このゲームは中小企業が作るゲームでは無いよなーとは思いました。

奥の深いゲームプレイ。滑らかな映像。

これを手書きアニメーションで実現するには、何十万もの絵を描かなくてはいけませんからね。
そんな事、中小企業では人件費の問題で無理ですよ。
人海戦術が可能な海外スタジオでやっと実現できるんじゃ?

140515-1733-28

トゥーンレンダリング機能を使った3Dポリゴンキャラが登場するゲームが有り触れている中、
あえて手書きアニメーションで勝負をしようとしたその試みは素晴らしいと思いますが、
考え方が甘かったようですね・・・。何故みんなやろうとしなかったのか、
この結果を見てイメージエポックも痛感したのではないでしょうか?

時と永遠~トキトワ~(通常版)
バンダイナムコゲームス (2012-10-11)
売り上げランキング: 3,306

時と永遠~トキトワ~LIMITED EDITION (初回封入特典:ダウンロードコード同梱)
バンダイナムコゲームス (2012-10-11)
売り上げランキング: 5,955

時と永遠〜トキトワ〜 コンプリートガイド (ファミ通の攻略本)
週刊ファミ通編集部
エンターブレイン
売り上げランキング: 275,182

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(8)

  1. みっこ☆ より:

    Kentさん、お疲れ様です。
    トキトワはvofanさんのイメージイラストや
    若本さんの声によるプロモーションが
    上手かったので注目はしていました。
    しかし、ゲーム画面のPVではアニメー
    ションがガクガクだっのでそこはかとなく
    地雷臭が漂っていましたね…。
    作る時代が10年前ならこれでも許された
    可能性がありますが、最近のアニメの
    技術水準が上がってしまったので、
    この完成度では如何せん出すのが遅すぎた
    というイメージが強いです。
    フルHDアニメーションの世界で違和感
    なくゲームキャラクターを操作をすると
    いう壮大なコンセプトに挑戦したことは
    凄いとは思いますが、今後も誰も実現
    できないハードルかも知れませんね。

  2. ys より:

    深夜アニメですら最近絶滅してるような感じの主人公だったので逆に新鮮に見えるレベルでした。
    さすがにアニメーションでぬるぬる動かすには海外の大作レベルの制作費が要るのではないでしょうか。
    ちょっと現実的ではないですね。

  3. koji より:

    十分に遊べる内容にはなっているようで安心しましたw
    ただ、主人公がそんなキャラだとは知らなかったので、そこだけ激しく不安ではありますけど…(^_^;)
    我慢できる範囲であることを祈りますw

  4. 名無し より:

    案外面白そうですねw
    安いしわたしも買ってみるかな~

  5. kentworld より:

    >みっこ☆さん
    そうですね、トキトワは発売直前から地雷臭がしていました。
    まさか本当にクソゲーオブザイヤーに入ってしまうとは・・・。
    実際にやってみた感じでは、クソゲーとは思っていませんが、
    現代で求められている水準には達しておらず、
    仰る通りあと10年発売が早かったら・・・って感じです。
    最近はアニメの完成度もどんどん上がってきていますので、
    ユーザーの目も厳しくなっている印象です。
    僕もどんどんワガママになっているしなぁw

  6. kentworld より:

    >ysさん
    そうですね、奥の深いゲームプレイを実現しつつ、
    今の深夜アニメくらいのクオリティを実現しようとしたら、
    開発費がバカ高くなってしまいます。
    この主人公は深夜アニメでも珍しいんですか!?
    僕の中ではドS女子、ドM男子という構図が定着していますが。

  7. kentworld より:

    >kojiさん
    はい、全く遊べない!という内容ではありません。
    ストーリーは受け付けない人は
    とことん受け付けない物だと思いますけどねw

  8. kentworld より:

    >名無しさん
    980円だったらまあ良いと思いますw
    ハードルを下げまくったら意外と行けるかも!?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

今、話題のチャイルドオブライトをやってみた!
久しぶりに徹夜しました!世界樹と不思議のダンジョンが面白すぎる!!!
PS4/Xbox360ユーザーは絶対注目!中毒性抜群のトライアルズ フュージョン大特集!
5人で集まってWii UとWiiの対戦ゲームをプレイしてみた!
【特別企画】俺たちの可愛いゲームヒロインを作ろう選手権!
世の中にはこんな素晴らしいブログがある!積極的に更新しているおススメのゲームブログを紹介!(vol.2)
制作期間約2ヵ月!?インタビュー記事もあり!友人がけいおん!でお馴染みの豊郷小学校をマインクラフトで作ってみた!
週刊ファミ通を半額近い値段で購入する方法を発見!
桜井政博のゲームを作って思うこと2/遊んで思うこと2【レビュー・評価】今回もコラム記事のインスピレーションになりました!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:マスターワークス【レビュー・評価】BotWの大きな謎が判明!設定資料としてはもちろん、読み物としてもオススメ!